スタンスミスのサイズ感を徹底解説!初心者でも失敗しない選び方のポイント

ギネス認定、世界一売れたスニーカー「スタンスミス」。復刻版が大流行!靴を買う時に大切なサイズやサイズ感。靴のサイズはメーカーやモデルによってもまちまち。スタンスミス初心者さんもネット購入の際にも役立つ、サイズ感や選び方のポイントを徹底解説します。

スタンスミスのサイズ感を徹底解説!初心者でも失敗しない選び方のポイント

目次

  1. 世界一売れたスニーカーはスタンスミス!
  2. スタンスミスが新たな定番!その魅力は?
  3. 大人コーデに使えるのはスタンスミスシューズ!
  4. スタンスミス選びの大事なポイントは?
  5. 靴紐タイプでサイズ感が変わるスタンスミス
  6. スタンスミスのベルクロタイプのサイズ感は?
  7. 靴紐タイプのスタンスミスの履きこなしのポイントは?
  8. ベルクロタイプの履きこなしポイント!
  9. スタンスミスのサイズ感を足幅のサイズで比較
  10. 他スニーカーとスタンスミスのサイズ感を比較
  11. まとめ:スタンスミスのサイズ感を試してみよう!

世界一売れたスニーカーはスタンスミス!

アディダスオリジナルス

アディダス社の歴史を継承し、復刻モデルやコラボレーションアイテム、トレンドを反映させた新作モデルなど、現代の洗練された商品を展開しています。

スタンスミスの歴史

1970年代に発表されたアディダス社のスニーカー。「ハイレット」というモデルが元となっています。有力なテニスプレーヤーであったロバート・ハイレット氏の名を冠したモデルとして誕生しますが、引退後、人気選手のスタンスミス氏に提供し、モデル名も「スタンスミス」と変更されました。世界で一番売れたスニーカーとしてギネスにも認定されています。

スタンスミスが新たな定番!その魅力は?

キレイめにもモードにも仕上がる万能スニーカー

スニーカーといえば、カジュアルな服装に合わせるものという印象でしたが、スタンスミスはそこが全く違いました。カジュアルにはしっかりとした印象をプラス、フォーマルにはカジュアルダウンを叶えてくれます。スタンスミスはそのきれいでシンプルなシルエットから、カジュアルでもキレイめに合わせる女性が多いのです。

子育てママの強い味方

小さいお子さんがいると欠かせないのが、スニーカースタイル。あちこち走り回る子供を追いかけたり、一緒に公園で遊んだり、咄嗟(とっさ)の行動にも対応できるので、お子さんの安全面を考えて、ママもスニーカーを選ぶ方が多いのです。

それでも、おしゃれがしたい!いかにもなスニーカーではなく、キレイめなファッションにも合わせられるスニーカーを求めた多くのママさんたちがサイズ感もいいスタンスミスを愛用しています。

大人コーデに使えるのはスタンスミスシューズ!

レースのワンピースにスリムなデニム、スタンスミスが映えます。スタンスミスのシューズはどんなコーデでも合うのがいいところですね。

ワイドパンツにもしっかりとスタンスミスのシューズが合っていますね。ポイントは白いシューズと言うところじゃないでしょうか。

黒のかっこいいパンツに白のスタンスミスがグッド!逆に白いパンツに黒のスタンスミスを合わせてもいいですよね。

シンプルコーデにも馴染みます。スタンスミスならでは、スニーカーがポイントとなってしっかりと感をプラスしてくれていますよね。

スタンスミス選びの大事なポイントは?

サイズ選びとサイズ感の違い

靴のサイズといっても、メーカーやブランド、タイプによって変わってきます。「いつものサイズで購入したけど、なんだかきつい…」、「かかとが抜けちゃう」などサイズ感の違いで失敗してしまった方も多いのではないでしょうか?

例えばナイキのスニーカーは幅も狭いし、甲も低いです。コンバースのオールスターも幅が狭いですよね。足のサイズは合ってるはずなのに、しっくりこないサイズ感はどこから来るのでしょうか?

スタンスミスのサイズ感はタイプによって違う

スタンスミスには「靴紐タイプ」と「3本のベルクロタイプ」(ただしくは「スタンスミスコンフォート」)があります。サイズ感が少し違うので、比較してみました。選び方のポイントにしてください。

靴紐タイプでサイズ感が変わるスタンスミス

スタンスミスは「世界一売れたスニーカー」といわれるだけあって、世界中で販売されています。旧モデルなどで「for japan」のものを除くと、日本人の足に合うように設計されているわけではありません。ポイントとしては少し大きめなのですが、甲高な足に合うようになっていないということです。まさにサイズ感が重要になってくるスニーカーなのです。

靴紐タイプの場合、幅が広くなく甲高でない方は、ワンサイズ小さめを選ぶといいと思います。甲高な足の方は靴紐を結ぶ時に調整可能ですので、ジャストサイズでいいと思います。ここから、脱ぎ履きする時にわざわざ紐をほどきたくない!という方は、ワンサイズ大きいのが楽ですよ。

スタンスミスのベルクロタイプのサイズ感は?

前途の通り、スタンスミスは日本人の足に合うように設計されているわけではありません。基本は少し大きめなのですが、日本人に多い甲高幅広な足に合うようになっていません。サイズ感がしっくりこないのです。

ベルクロタイプでの購入については、甲高な方はワンサイズ若しくはツーサイズ上げての購入が無難です。つま先に近いほうのベルトはしっかりと締まりますが、足首側のベルトがしっかりと締まらないといった失敗談もあるほどです。甲高といってもそれぞれですので、実際に試着してサイズ感を確認されることをお勧めいたします。

靴紐タイプのスタンスミスの履きこなしのポイントは?

靴紐タイプの場合、靴紐を通す際に足首に一番近い穴を外しておいて結ぶといいですよ。これによってつまり感がなくなって、足元が少しすっきりとした印象になります。また、紐の渡り幅(穴と穴の横幅)がつま先から足首にかけて徐々に短くなっていく形が理想的です。これだけのことですが、履きこなしてるといった印象に変わりますよ。

ベルクロタイプの履きこなしポイント!

ベルクロタイプの場合、ベルトの上側に来る部分であるループが大きく被さってしまうと、ボリュームがプラスされてしまいますので、スタンスミスの何とも言えないすっきり感が損なわれてしまいます。あくまでも3本ともがベルトの下側の部分であるフックとループがぴったりと合うようにしましょう。

甲高な足の方は、ぴったりとなるように締められるか?をサイズ選びのポイントにしてもいいでしょう。このポイントさえクリアすれば、ベルクロタイプは甲高な足の方には、履きやすく、かつ、気になる甲部分もカバーしてくれるのですっきりとした印象を与えてくれますよ!

スタンスミスのサイズ感を足幅のサイズで比較

アディダスオリジナルスをはじめ海外ブランドの製品は、日本人に合うようには設計されていません。なんとなく分かってはいるものの、実際はどの程度のサイズの違いがあるものなのでしょうか?足幅にポイントを置いて比較してみました。

足幅のサイズ

皆さんはご自身の足のサイズはお分かりですよね?もちろんですよね「23.5㎝」だったり「24.0cm」。でも足のサイズはこれだけではないんです。実際は、足幅もしくは足囲も測定する必要があるんです。これが合ってない事によって「なんかきつい…」というサイズ感の違いが起きているわけなのです。

外国の方との足幅の比較

足幅のサイズはAから始まりB、C、D、EやEE、EEE、Fなどで表されます(あくまで日本の表記です)。日本人の平均は「E」、外国の方は「B」や「C」が平均だというのです。ちなみに、女性の足長23.0㎝の場合に足幅BとEでは0.7mm違いがあります。これだけ見ても海外ブランドの靴が日本人にはあいにくいのが分かりますよね。

他スニーカーとスタンスミスのサイズ感を比較

初心者の方でも一番わかりやすい選び方は、今まで履いていたスニーカーとの比較ですよね。
代表的なブランドをピックアップして幅と甲の高さをポイントに絞って選び方を比較してみました。

NIKE(ナイキ)とのサイズ感を比較

NIKE(ナイキ)は伸縮性のある素材、足首から甲を包む形状等、より足にフィットするシューズが展開されるブランドです。NIKE(ナイキ)の足幅は狭いといわれており、「EE」や「2E」でも狭く感じられることがあるほどです。

狭く感じるにはアッパーの素材やデザインも大きく影響します。全てメッシュの場合伸縮が多少あるので、狭いと感じられることが少なかったりします。スタンスミスを購入される際の選び方としては、普段、NIKE(ナイキ)で履かれているスニーカーと比較すると、ワンサイズ下でもよいかもしれません。

New Balance(ニューバランス)とのサイズ感を比較

New Balance(ニューバランス)は偏平足などの足の問題を改善するためのシューズを展開しています。足について追及し、より足に良いもの、歩きやすいもの、足に合うシューズ作りから始まっているのがポイントです。New Balance(ニューバランス)の足幅には「D」「EE」「4E」「G」があり、タイプによっては足囲でもサイズを選択する選び方があります。

足ありきのもの作りがうかがえますよね。Dはやや細身、EE・2Eは標準、4Eはワイド、Gは超ワイドとなっています。スタンスミスを購入される際の選び方としては、普段、NewBlance(ニューバランス)で履かれているスニーカーと比較するとサイズが同じ、甲高な足の方でベルクロタイプを選ばれる方はワンサイズ上げてみるのがいいのではないでしょうか。

CONVERSE(コンバース)とのサイズ感を比較

CONVERSE(コンバース)オールスターは元々、雨や雪の中でも作業できるように製造され、のちのちバスケットボールシューズへと展開していきます。

CONVERSE(コンバース)オールスターはとにかく履き口が小さく、キャンバス生地ということもあり、伸縮性に欠けるので、大きめで2サイズくらい上を履いてる方が多いのではないでしょうか。もっと大きく履いてる方も、オールスターに関しては多いですよね。足幅についても狭いです。足長ジャストサイズで履いてしっくりくる日本人は少ないでしょうね。

比較が少し難しいのですが、スタンスミスを購入される際の選び方としては、普段、CONVERSE(コンバース)オールスターで履かれているスニーカーと比較すると、ワンサイズ下げてみるのがいいかもしれません。

まとめ:スタンスミスのサイズ感を試してみよう!

人によって靴のサイズは違います。毎日履く靴だからこそ、自分に合った靴のサイズは大切ですよね。まずはお店に出かけて自分に合う靴を探してみましょう!

靴に関連する記事はこちら

Thumbスタンスミスのコーデまとめ!真似したいスニーカーを使ったスタイルとは?
Thumbスタンスミスの人気の色や種類って?シーン別におすすめをご紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-08-08 時点

新着一覧