キムチダイエットにおすすめのレシピ集!正しいやり方・注意点や効果も紹介

なかなかダイエットしたくても出来ないという人いますよね。今回は、正しいやり方で注意点に気を付けてやれば成功するキムチダイエットを紹介します。キムチダイエットは、楽しんでできるダイエットでキムチ好きにはおすすめです。また、キムチダイエットのレシピも紹介します。

キムチダイエットにおすすめのレシピ集!正しいやり方・注意点や効果も紹介

目次

  1. キムチダイエットの効果するレシピ集!
  2. そもそも、キムチダイエットって?
  3. キムチダイエットの効果とは?
  4. 正しいやり方でキムチダイエットに挑戦!
  5. 注意点に気を付けてキムチダイエットをしよう
  6. キムチダイエットにぴったりな韓国風スープのレシピ
  7. 切り干しキムチ納豆のレシピでキムチダイエットをしよう
  8. ヘルシー納豆キムチパスタでキムチダイエット
  9. キムチ入りお味噌汁もキムチダイエットに良い
  10. 豚肉の納豆キムチ炒めでキムチダイエットに挑戦
  11. 体温まる納豆キムチーズ雑炊のレシピ
  12. 簡単にキムチダイエットに挑戦できるキムチ味納豆チャーハンのレシピ
  13. 夏場にぴったり!キムチダイエットのキムチ納豆冷製パスタのレシピ
  14. おつまみ感覚のいか納豆キムチ冷奴でキムチダイエット
  15. キムチダイエットで代謝を良くしてきれいに痩せよう!

キムチダイエットの効果するレシピ集!

ダイエットしようと思ってもなかなか続かなかったり、効果がでなく辞めたくなりますよね。なかなか難しいダイエットですが、今回紹介するダイエットは、キムチダイエットというものです。キムチダイエットの効果点や注意点などを紹介し、尚且つキムチダイエットに効果的なレシピも紹介します。キムチダイエットでステキな体を作りましょう。

そもそも、キムチダイエットって?

そもそもキムチダイエットというダイエットは、ご存知ですか?キムチダイエットというのは、毎日の食事にキムチを取り入れるだけのダイエット方法です。では、キムチだけしか食べることはできないのかというとそうではありません。いつも食べている食事にキムチを加えて食べてもいいですし、漬物の感覚でキムチを食べてもいいです。注意点に気を付けてやってみましょう。

Thumbキムチ納豆はダイエットに良い!効果的な食べ方やレシピを徹底調査!

キムチダイエットの効果とは?

次にキムチダイエットをすることでどのような効果が発揮できるのでしょうか?キムチダイエットは、女優の深田恭子さんがキムチダイエットをして-10キロを減らしたと話題になっています。キムチ好きの人には、とても人気のダイエットの一つです。では、キムチダイエットの効果を具体的にまとめていきましょう。

キムチダイエットの効果①お通じも良くなる!

キムチには、食物繊維と乳酸菌が入っているためお通じが良くなると言われています。キムチの野菜には、食物繊維がたくさん含まれているので、便秘にはいいです。そして、キムチを作る工程で発酵させています。発酵させることで乳酸菌が含まれています。乳酸菌も便秘にいいので、キムチという食べ物は便秘解消にとっても良いものです。便秘に悩んでいる人もおすすめです。

キムチダイエットの効果②代謝を上げる

糖質の代謝を上げる効果が期待できます。糖質というのは、脂肪が多くなってしまうと思いがちですが、糖質というのはある程度取る必要があります。糖質は、適度に撮ることでエネルギー代謝の栄養になります。そこに食物繊維が脂肪をたまりにくくさせます。また、キムチのにんにくに含まれているアリシンが糖質の代謝をよくするビタミンB1を向上させ代謝を上げます。

キムチダイエットの効果③脂肪を燃焼させる

最後の効果としてキムチダイエットの効果の理由は、脂肪を燃焼させてくれるという事です。キムチの唐辛子に含まれているカプサイシンが体を温かくしてくれます。体が温かくなると消費エネルギーが増えて、脂肪がため込みにくくなり、脂肪燃焼が期待されます。辛い物には、基本的にカプサイシンが含まれていることが多いですよ。

Thumb納豆ダイエットの効果、徹底解説!キムチやご飯を使ったレシピも紹介!

正しいやり方でキムチダイエットに挑戦!

キムチダイエットの効果というのが分かってきたところで、実際にキムチダイエットに挑戦してみましょう。ただキムチを食べればいいというわけではありません。ここでキムチダイエットの効果が発揮できる正しいやり方を紹介します。正しいやり方をしていくことで、キムチダイエットを成功させていくことができます。3つのポイントのやり方を押さえていきましょう。

キムチダイエットのやり方①納豆も一緒に食べる

まずは、キムチと一緒に納豆も食べるという事です。このやり方は、納豆もキムチと同じ発酵食品で乳酸菌がたくさん入っています。そして、キムチと納豆は相乗効果で代謝を上げれることや便秘解消が期待できます。キムチも納豆も同じような成分が含まれているので、納豆を一緒に食べるとよりキムチダイエットの効果が期待できます。深田恭子さんも納豆と一緒に食べていたそうです。

キムチダイエットのやり方②食べる時を気を付ける

キムチダイエットは、ただ食事にキムチを食べればいいというわけではありません。キムチダイエットの効果的な方法は、朝食前か夕食前に食べましょう。そして、必ずしも食事前に食べてください。キムチに含まれている食物繊維が満腹感を少し感じることができ、いつも食べるご飯が減ります。朝食か夕食に食べれば一日が元気になります。昼食は普通に食べてください。

キムチダイエットのやり方③毎日食べましょう

とりあえず、毎日食べ続けましょう。無理をすることはありません。一日食べれる量を食べてください。毎日食べれる量を朝食前か夕食前に食べ続けてください。だんだん体が慣れて、徐々にダイエットが期待されます。食事前に食べて食事をしっかりと取り、健康的なダイエットをやりましょう。

注意点に気を付けてキムチダイエットをしよう

キムチダイエットの正しいやり方を見ていったら次に注意点もしっかり学んでいきましょう。ただ決まった時間にキムチと納豆を食べればいいというわけではありません。注意点もとても多いんですよ。しっかりと注意点を学んでからキムチダイエットに挑戦してください。それでは、キムチダイエットの注意点である3つのポイントをまとめていきましょう。

キムチダイエットの注意点①食べ過ぎると胃が荒れる

まず初めの注意点は、キムチを食べ過ぎると胃が荒れてしまうという事です。キムチは唐辛子の刺激物があるためたくさん食べると胸やけをする恐れがあります。特に食道炎などを持っている人は、気を付けて食べてください。胃に負担が来たらすぐさまにキムチダイエットを止めることをおすすめします。程よいキムチを毎日食べてくださいね。

キムチダイエットの注意点②食欲増進の作用に注意

キムチは、食欲増進の作用があるためにキムチダイエットには注意点を図りましょう。キムチに含まれているカプサイシンは、脂肪燃焼効果がありますが、それに伴い食欲増進の効果があります。それにより、ダイエットに挑戦しているのに失敗することになってしまいます。ダイエットをしていなければいいのですが、今回はダイエットが目的なので、食べ過ぎには注意してください。

キムチダイエットの注意点③塩分の取りすぎ注意

最後に注意点として、塩分の取り過ぎは気を付けてください。キムチは、塩などで漬物の要領で漬け込んでいます。そのためキムチには塩分がたくさんあるため食べ過ぎるとむくみなど健康上よくありません。なので、ほどほどに食べてください。キムチ大好きだからといい気になって食べると良くないという事を覚えておいてくださいね。

Thumb脂肪燃焼の効果がある心拍数ダイエットがおすすめ!やり方や効果を高める方法

キムチダイエットにぴったりな韓国風スープのレシピ

最初におすすめするキムチダイエットのレシピは、韓国風スープです。簡単に作れて家にあるもので作れるという嬉しいレシピです。材料は、鯖の水煮缶を1缶、人参を1/2本、玉ねぎを1/2玉、ジャガイモを1個、小松菜を約4束、春雨を20g、ごま油を小さじ1/2、だしの素を小さじ1、コチュジャンを約小さじ1、キムチを適量、韓国海苔を適量です。この材料は、2人前です。

作り方を見ていきましょう。まずはニンジンを乱切りに玉ねぎをくし切り、ジャガイモは好きな大きさに切ってごま油で炒めます。炒めたら、水と出しの素と鯖の缶詰を汁ごと入れ、柔らかくなるまで煮込んでいきます。そこに春雨と小松菜とコチュジャンを入れ3分ほど煮込みます。春雨は戻すものは、戻してから入れてください。そして器に盛り、キムチと海苔をトッピングし完成です。

Thumbキムチ鍋の具材でおすすめは?定番から意外と美味しい変わり種まで紹介

切り干しキムチ納豆のレシピでキムチダイエットをしよう

次に紹介するおすすめのレシピは、切り干しキムチ納豆です。副菜としておすすめのお料理です。材料から見ていきましょう。1人分の材料は、キムチを30g、納豆を1パック、切干大根を10g、お酢を小さじ1です。低カロリーで食べれて、尚且つ食物繊維がとても多いので、キムチダイエットにはおすすめのレシピですよ。次に切り干しキムチ納豆の作り方をまとめていきましょう。

切り干しキムチ納豆のレシピを紹介します。まずは、切り干し大根を元に戻しましょう。切り干し大根を洗い、ボウルに入れて水に浸しましょう。切り干し大根が戻ったらキッチンペーパーで水気を絞り、キムチとお酢を混ぜ合わせます。そして、納豆も加えてタレも一緒に混ぜていきます。お皿に盛ったら完成です。ササッと作れるのでおすすめのレシピです。

ヘルシー納豆キムチパスタでキムチダイエット

次のキムチダイエットのレシピは、ヘルシー納豆キムチパスタです。普通のパスタとは違い、糸こんにゃくでパスタを代用しているのでヘルシーに食べることができます。材料は、糸こんにゃくを200g、納豆を1パック、キムチを100g、もやしを50g、えのきを70g、しめじを80g、マヨネーズを大さじ2、スライスチーズを1枚、オリーブオイルを小さじ1/2です。

まずは、下準備としてえのきとしめじは石づきを切り落としほぐし、納豆は付属のタレと一緒に混ぜておきます。フライパンにオリーブオイルを回し入れ、もやしとえのきとしめじを炒めます。しんなりしてきたら、納豆とキムチを入れ軽く炒め、水分をふき取った糸こんにゃくを入れ混ぜ合わせます。最後にマヨネーズを加えお皿に盛ったらチーズを乗せて完成です。

キムチ入りお味噌汁もキムチダイエットに良い

とてもお手軽にできるキムチダイエットのレシピは、お味噌汁です。日本人なら誰でも大好きなお味噌汁の中にキムチを入れます。お味噌汁には胃の粘膜を強くしてくれる成分が含まれているので、とても健康的なお料理です。そして、お味噌汁にキムチは合うのかという所ですね。意外にもキムチとお味噌汁は合います。好きな具のお味噌汁を盛りキムチを入れ食べてください。

豚肉の納豆キムチ炒めでキムチダイエットに挑戦

キムチダイエットのレシピは、豚肉の納豆キムチ炒めを紹介します。材料から見ていきましょう。材料は、豚肉を200g、キムチを60g、玉ねぎを1/4個、納豆を1パック、ごま油を約大さじ1、白ゴマを適量、千切りのキャベツを適量、ミニトマトを1個です。白米のお供にとても美味しいおかずですよ。千切りキャベツと一緒に食べたら格別ですね。

下準備として納豆は付属のタレと混ぜて、食べやすいようにキムチは細かく切ります。フライパンにごま油を入れ豚肉をしっかりと炒めます。そして、次に玉ねぎも入れて炒めていき火が通ったら、キムチを加え軽く炒めます。そのあと納豆も入れ軽く炒めたら、お皿に盛り白ごまをふりかけ完成です。豚肉の納豆キムチ炒めの上に千切りキャベツとミニトマト添えたらお洒落です。

体温まる納豆キムチーズ雑炊のレシピ

体から温まるキムチダイエットのレシピの一つである、納豆キムチ―ズ雑炊を紹介します。雑炊なので、少なめのご飯でお腹いっぱいになり、尚且つ体の芯から温まります。2~3人分の材料は、ご飯を250g、納豆を2パック、白ネギを50g、かまぼこを適量、とろけるチーズを30g、卵を1個、水を500cc、白ダシを大さじ3、キムチを適量、小口切りネギを適量を用意してください。

納豆キムチーズ雑炊の作り方を見ていきましょう。鍋に水と白だしを入れ沸騰させます。沸騰させたらご飯とネギを入れ、付属のタレと一緒に混ぜ合わせた納豆を入れます。その次にかまぼこを入れ、とろけるチーズも入れて軽く混ぜ合わせます。ここで味見をし薄かったら、塩を入れ味を調えます。溶き卵を回し入れ、蒸したらお皿に盛りキムチと小口切りのネギを乗せて完成です。

Thumbキムチ鍋のしめでおすすめは?雑炊やラーメンなど人気のアイデアレシピ集

簡単にキムチダイエットに挑戦できるキムチ味納豆チャーハンのレシピ

チャーハンをアレンジしたキムチ味納豆チャーハンのレシピを紹介します。白菜のキムチを入れてもいいですが、今回のチャーハンは、キムチの素を使った料理です。2~3人前の材料をまとめていきます。材料は、玄米を大盛り2~3善分、納豆を2パック、ネギを2~3本、ひしおを大さじ2、キムチの素を大さじ1、バターとオリーブオイルを適量です。また、玄米なのでヘルシーですよ。

キムチが入っていてヘルシーなチャーハンのレシピを紹介します。まず先に納豆とひしおとキムチの素を混ぜ合わせます。フライパンにオリーブオイルとバターを入れ、ネギを炒めていきます。ネギがしんなりしたら納豆も入れ混ぜていきます。その後に温かい玄米を入れ混ぜ合わせ完成です。とてもヘルシーにがっつりと食べれるチャーハンです。好みで卵を入れてもいいですよ。

夏場にぴったり!キムチダイエットのキムチ納豆冷製パスタのレシピ

食欲がない時でも食べることができるキムチ納豆冷製パスタを紹介します。特に夏場などダイエットしたいけど、食欲がない時におすすめのレシピです。2人前の材料から見ていきましょう。材料は、冷製パスタ用のパスタを約200g、納豆を1パック、卵を2個、キムチを適量です。では、作り方を見ていきましょう。とても簡単なので真似したくなルレシピの一つです。

まずは、冷製パスタ用のパスタを袋の指示通りに茹でて水でしめときます。そして、納豆は付属のタレを入れ混ぜ合わせときます。お皿にパスタを盛り、納豆とキムチを乗せ最後に生卵を落として完成です。生卵が苦手な方は、ポーチドエッグを作り乗せてもいいですよ。食べる時には、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べてくださいね。涼しくしっかりと食べることができる一品です。

おつまみ感覚のいか納豆キムチ冷奴でキムチダイエット

キムチダイエットにおすすめのいか納豆キムチ冷奴のレシピを紹介します。おつまみ感覚で食事前にさっと食べることができます。材料は、絹豆腐を100~150g、キムチとイカのお刺身を適量、納豆を1パック、めんつゆと万能ねぎとゴマ油を適量です。とても簡単な食材で作れるので、便利なレシピです。では、いか納豆キムチ冷奴の作り方を見ていきましょう。

いか納豆キムチ冷奴を早速作っていきましょう。まずは、イカとキムチを食べやすい大きさに切ります。お豆腐をお皿に盛っておきます。次に納豆と付属のタレとイカとキムチを混ぜごま油も加えます。最後にめんつゆで味を調えてください。そして、お豆腐の上に納豆の具をたっぷりと乗せて、ネギも乗せて完成です。触感がいろいろと楽しめる冷奴になっています。

キムチダイエットで代謝を良くしてきれいに痩せよう!

今回は、キムチダイエットについて紹介してきました。キムチダイエットは、体の芯から綺麗に健康的にダイエットをすることができるという事も分かりましたね。正しいやり方で注意点に気を付けてキムチダイエットに挑戦してみてください。レシピも豊富にあるので、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-15 時点

新着一覧