アイシャドウでグラデーションを作る方法!立体的な塗り方や色の選び方は?

メイクをする上で一番ワクワクするのはやっぱりアイシャドウですよね!けれどグラデーションってとっても難しいものです。縦にしたり横にしたり、同系色を使ったり、組み合わせも星の数ほどあります。今回はそんなアイシャドウのグラデーションを作る方法をご紹介していきます。

アイシャドウでグラデーションを作る方法!立体的な塗り方や色の選び方は?

目次

  1. アイシャドウの基本
  2. グラデーションを作る応用
  3. 縦割りグラデーションを作る方法
  4. 横割りグラデーションを作る方法
  5. アイシャドウのグラデーションは縦か横か
  6. グラデーションに使う色について
  7. 同じアイシャドウパレットでグラデーションを作る
  8. アイシャドウのグラデーションを違うパレットで
  9. シングルアイシャドウでグラデーションを作る
  10. アイシャドウのグラデーションを一色で作る
  11. 立体的なアイシャドウのグラデーションとは
  12. アイシャドウのグラデーションは濃い色から?
  13. グラデーションを作るアイシャドウの選び方
  14. グラデーションに適したアイシャドウパレットの選び方
  15. アイシャドウで立体的な目元になろう

アイシャドウの基本

メイクをしていく上でアイシャドウは大変重要なポイントになってきます。使う色や濃さ、使う色の数などをTPOに合わせて考えなければなりませんし、それを踏まえて立体的なグラデーションを作るとなると、メイク初心者からするとかなりの至難の業ですよね。今回は立体的なグラデーションの画像を見ながらその塗り方と作り方についてご紹介していきます。

アイシャドウでグラデーションを作る時は通常2色か3色、慣れた人だと4色以上使ってまぶたにグラデーションを作っていきます。立体的な目元の作り方というと難しいと感じるかもしれませんが、基本的には薄い色と濃い色をまぶたに乗せていくだけです。色の選び方を間違えなければナチュラルかつ立体的な目元が簡単に作れます。

基本的なグラデーションの作り方は、1つのアイシャドウパレットから2色か3色を選び、薄い色をまぶた全体に乗せ、濃い色をアイラインのようにまつげの際に乗せていく方法です。アイシャドウパレットによってはグラデーションを作りやすいように塗り方がパッケージにかかれている場合もありますので、参考にしてみて下さい。

グラデーションを作る応用

アイシャドウのグラデーションの作り方は1つのアイシャドウパレットから自分の好きな色を選んでまぶたに乗せていく方法が簡単で一般的ですが、違うパレットを組み合わせてみたり、シングルアイシャドウどうしを組み合わせたり、1つのアイシャドウで濃さを自由に調節しながらグラデーションを作ったりすることもできます。

アイシャドウと聞いて思い浮かべるのはパレットに並べられたパウダータイプのアイシャドウだと思いますが、最近はクリームタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプなど様々なアイシャドウがあります。それぞれグラデーションに適していますので、色んな組み合わせを試しながら自分に合ったアイシャドウを選ぶのがおすすめです。

パウダータイプでのグラデーションの作り方は、アイシャドウブラシでまぶたに置いていく方法が一番塗りやすいです。一方、クリームタイプやリキッドタイプは指で少しずつ重ねながら濃淡を調節すると、綺麗で立体的なグラデーションが作れます。クリームタイプやリキッドタイプはまぶたの保湿剤にもなるので、乾燥肌の方にとっては一石二鳥です。

縦割りグラデーションを作る方法

縦に割ったようにグラデーションを作るアイシャドウの塗り方についてご紹介していきます。こちらは立体的なまぶたが簡単に作れますし、アジア人でも彫りの深い目元を実現させる事ができます。まぶたを縦に分け、目頭側に薄い色を、目尻側に濃い色を塗っていきます。欧米でよく見られるアイシャドウの塗り方で、目を開けてもグラデーションが見えたままなのでおすすめです。

縦に分けた目頭側にはハイライトを入れたり、自分のまぶたの肌に近い色を入れることが多いです。マットな質感よりもキラキラするものやメタリックなアイシャドウの方がゴージャスな目元になるので、マットなアイシャドウは避けたほうが立体的なグラデーションの色の選び方としては正解です。顔を動かした時に光沢が分かるくらいが理想です。

横割りグラデーションを作る方法

まぶたを横に割ったアイシャドウ塗り方についてご紹介していきます。横割りグラデーション作り方は縦割りよりも簡単ですが、縦割り同様に立体的な目元に近づけることが出来ます。まぶたの色に近い自然で薄めな色をまぶた全体に入れて、中間色をまぶたの下半分に、一番濃い色をアイラインのように入れます。横割りグラデーションは目を閉じた時にまぶたを綺麗に見せてくれます。

横割りグラデーション用のアイシャドウの選び方は、縦割りよりも幅広いものがあります。自然な色の組み合わせのパレットを選んでも、少し個性的なパレットを選んでも自然な仕上がりになるのが横割りグラデーションのいいところです。アイシャドウの色が合わなくてしばらく使ってないパレットがあっても、横割りグラデーションには使えるかもしれませんよ。

アイシャドウのグラデーションは縦か横か

立体的なグラデーションの作り方としては、横割りグラデーションの方が簡単かもしれません。アジア人のまぶたに乗せやすい塗り方ですし、色の組み合わせやアイシャドウパレットをの選び方も、そんなに迷うこともありません。また多くの美容雑誌やメイク動画で紹介されるのも横割りグラデーションなので、自分のメイクに取り入れやすいという大きなメリットがあります。

今日はいつもと変わったアイメイクにしてみたいという日や、女子会などおしゃれに決めたい日や、人とかぶるアイメイクは嫌だという時には、縦割りグラデーションのアイシャドウがおすすめです。アジア人のまぶたに縦割りグラデーションは少し難しく地道な練習が必要なのですが、慣れさえすればアイメイクに幅が出て毎日のメイクの時間がたちまち楽しいものになります。

グラデーションに使う色について

立体的なグラデーションの作り方と塗り方についてご紹介してきましたが、ここからはグラデーションに使う色の選び方について画像とともにご紹介していきます。一番オーソドックスな色といえばベージュやブラウン。アイシャドウパレットも数え切れないほど展開されていて、選びきれないほどです。自分に合うブラウンを見つけるのも楽しく、日常使いもしやすい色といえます。

しかし、毎日ブラウンやベージュばかり使っていては飽きてしまいます。そこでおすすめなのがピンクとパープル。ピンクといっても実に様々で、ピンクやパステル系の可愛いピンクから落ち着いたくすんだピンクまで、幅広い年代の方が使える色なのです。パープルはパーティーや女子会、イベントの時におすすめ。ブラウンとパープルの2色のグラデーションだと取り入れやすいです。

同じアイシャドウパレットでグラデーションを作る

立体的なグラデーションにはやはり計算されたアイシャドウパレット1つを使うのが一番簡単で自然ですね。グラデーション作り方も、アイシャドウの塗り方も調べやすく、購入時に店員さんにも聞きやすいです。予めどの色を使えばよいのかまで綿密な計算がされているので、色の選び方の観点からも1つのパレットで済ませるのはおすすめです。

季節ごとに様々なデパコスブランド、プチプラブランドから可愛いアイシャドウパレットが発売されるので、1つのアイシャドウでグラデーションを作るスタイルをしていてもアイメイクに飽きることはないでしょう。2色しか入っていないパレットもありますが、中には5色も入っているパレットもあり、1つのパレットで何パターンものグラデーションを作ることができます。

アイシャドウのグラデーションを違うパレットで

立体的な目元のため、複数のアイシャドウパレットを組み合わせるグラデーションの作り方もあります。パレットの選び方や、アイシャドウの塗り方などを自分で試行錯誤する必要がありますが、メイクすることが好きな女性にとってはそれも楽しいものではないでしょうか。違うブランドのアイシャドウパレットでも組み合わせによっては自然になることだってあるのです。

1つのアイシャドウパレットから薄めな色を選び、もう1つからは濃い色を選びます。その組み合わせを考えている時間が洋服を選んでいるような感じがして楽しいのです。とあるパレットに特にお気に入りの色があるんだけど、他の色はそんなに使いたくはない、という時にはアイシャドウパレットを複数使ってグラデーションを作ればよいのです。色の選択肢も一気に増えます。

シングルアイシャドウでグラデーションを作る

近年人気なアイシャドウにシングルアイシャドウがあります。シングルアイシャドウを使って立体的なグラデーションの作り方・塗り方と、シングルアイシャドウの選び方をご紹介していきます。1色だけで売られているものをシングルアイシャドウと呼びますが、好きな色を組み合わせて買えるので、長く愛用する自分だけのアイシャドウを作ることができるのです。

基本的には薄い色と濃い色を組み合わせて購入します。ピンクベージュとバーガンディカラーのように同系色で組み合わせても、ゴールデンベージュとダスティーパープルのように少し個性的な組み合わせができる所も、シングルアイシャドウの楽しいところです。シングルアイシャドウは100色近く展開するブランドもありますから、ぜひ自分だけの組み合わせを見つけて下さい。

アイシャドウのグラデーションを一色で作る

アイシャドウのグラデーションというと違う色を使ってのものをイメージすると思いますが、実は同じ色を使って立体的なグラデーションを作ることも可能なのです。1色でのグラデーションの作り方・塗り方は、まずブラシや指にアイシャドウを少し取り、まぶた全体に薄く伸ばします。その次に細いブラシやチップにアイシャドウをたっぷり取り、アイラインのように塗っていきます。

1色でグラデーションを作る時のアイシャドウの選び方としては、やはりクリームタイプやジェルタイプがいいでしょう。アイグロスと呼ばれるアイシャドウも使いやすいでしょう。指で薄く伸ばしたり、ポンポンと叩くようになじませたり、アイライナーブラシを使って濃く引いたりと、アイシャドウの濃淡を表現することがパウダータイプに比べてとても簡単です。

まぶたの乾燥が気になる人は、アイシャドウにクリームをまぜてアイシャドウを薄くするという方法もあります。まぶたの保湿もできますし、アイシャドウの色を薄くし、まぶたへの密着力を高めるといった効果も期待できます。

立体的なアイシャドウのグラデーションとは

立体的なアイシャドウのグラデーションとは、目元の陰影を上手に表現したアイシャドウのことです。光の当たっている感じ、影になっている様子をアイシャドウで自然に表現することが、綺麗な目元への第一歩です。そんなアイシャドウの塗り方、綺麗な目元の作り方は光を意識することが重要なポイントです。

光がどこに当たるのかを考えてそこにハイライトカラーを、目のくぼみになる部分に濃い色を入れましょう。

立体的なグラデーションを作るためにはアイシャドウの選び方も重要なポイントです。光を表現するにはマットなアイシャドウではなく、ラメや光沢感を感じられるようなアイシャドウを選びましょう。キラキラとしたアイシャドウをまぶた全体に塗ってもいいですし、マットなアイシャドウを塗った上に、まぶた中央にのみラメのアイシャドウを重ねても立体感が出ます。

アイシャドウのグラデーションは濃い色から?

立体的なグラデーションを作るためには、アイシャドウは濃い色から塗ったほうがいいのか、逆がいいのか悩むところですよね。グラデーションの作り方にもよりますが、今回は一般的な塗り方をご紹介していきます。アイシャドウは薄い色から塗っていったほうが綺麗なグラデーションができます。まぶた全体に薄い色を最初に塗る方がおすすめです。

しかし逆の場合もあります。濃い色を最初に塗ると後から塗る薄い色で濃いアイシャドウがぼかされて、ナチュラルな印象に仕上がります。あまり濃いアイメイクに仕上げたくない時、目元を抑えたメイクにしてチークやリップを主役にしたい時は、濃い色を目のキワに最初に塗り、後から薄い色をまぶた全体に重ねていく方法がおすすめです。

グラデーションを作るアイシャドウの選び方

アイシャドウの選び方は好みだけで選んでもいいのですが、より品のある目元のために、自分の肌色や髪の色、またはTPOも考えてアイシャドウを選んだほうが良いでしょう。自然かつ立体的なアイシャドウのグラデーションを作るためには濃すぎず、薄すぎないブラウン系のアイシャドウがおすすめです。黄身のある肌にも赤みのある肌にも、黒髪にも茶髪にも合う万能な色です。

グラデーションを作りやすい色はブラウンの他にも、ピンク系があります。いくつかのピンクが入ったアイシャドウパレットもありますし、ブラウンと組み合わせたアイシャドウパレットもあります。また近年はバーガンディカラーも流行していて、ブラウンパレットの中にアクセントとして入っている事が多く、日常使いしやすく、使いやすく選びやすい色といえるでしょう。

グラデーションに適したアイシャドウパレットの選び方

グラデーションを作るためにお気に入りのアイシャドウパレットを探すことになると思いますが、実に沢山のアイシャドウパレットがあって、選びきれないですよね。まずは自分の予算を決めて、その価格で買えるアイシャドウパレットを探しましょう。多くの場合はカラーバリエーションがあると思うので、まずはブラウンかピンクを選びましょう。

ここでブルーやパープル、グレーを選んでもいいのですが、立体的なグラデーションを作る練習を重ねるとなると日常的に使う必要があるので、普段使いしやすいブラウンはピンクを選んだほうが賢明をいえるでしょう。

アイシャドウで立体的な目元になろう

アイシャドウで立体的なグラデーションを作る方法についてご紹介してきました。いかがだったでしょうか。色や質感など、アイメイクの中でも特にこだわっていて楽しい部分ですし、彫りの深い目元を作る一番簡単な方法がアイシャドウだと思います。自分のお気に入りのグラデーションを見つけてアイメイクを楽しんでいきましょう。

もっとアイシャドウについて知りたいアナタに!

Thumbアイシャドウの似合う色診断!肌色別の選び方や魅惑の目元を作る塗り方は?
Thumbアイシャドウ・おすすめプチプラブランドまとめ!20代の一番人気は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-22 時点

新着一覧