アウトドアリビングのおしゃれな施工例まとめ!上手な取り入れ方は?

昨今DIYの人気に伴いアウトドアリビングに注目が集まっています。屋外にリビングがあるとおしゃれですし、家族の楽しい空間、パーティなどイベントの場所となります。アウトドアリビングをお住まいに取り入れたい方の参考になる施工例をご紹介いたします。

アウトドアリビングのおしゃれな施工例まとめ!上手な取り入れ方は?

目次

  1. アウトドアリビングとは?
  2. アウトドアリビングで気を付けること
  3. 屋内に収納しやすい家具を選ぶ
  4. 照明や家電の使用の注意
  5. 緑を取り入れたアウトドアリビング施工例
  6. 雨の日も楽しめる施行例
  7. 今の住まいでも簡単にできるアウトドアリビング施工例
  8. おしゃれでプライバシーを守れる木柵の施工例
  9. 家具に合わせた雑貨でおしゃれ上手に見せる施工例
  10. おしゃれなアウトドアリビング家具
  11. 日差しを遮るおすすめ家具
  12. 住まいの中にアウトドアリビング作って楽しい週末を

アウトドアリビングとは?

贅沢なキャンプが話題となりアウトドア関連の商品が売れ行き好調など、アウトドアブームですが、アウトドアなのにリビングと合わせた「アウトドアリビング」という言葉が生まれ話題になっています。

庭にウッドデッキを設置したり、ベランダが広い場合はベランダにデッキを作るという手段もあります。アウトドアリビングは、暮らしの中で自然と共にリラックスする時間を過ごすことができます。

狭いベランダでもアウトドアリビングは作れる

アウトドアリビングはマンションなど庭が無い、ベランダも広くない方でもできる取り入れ方もありますので施行例と一緒に紹介します。

アウトドアリビングで気を付けること

家具や建物のメンテナンス

雨や風、日光で家具は劣化していきます。防腐処理や防水加工されていても定期的に塗り直しが必要です。家に隣接するデッキなどは白アリが発生していないかメンテナンスが必要です。

屋外に設置するので虫の発生に注意が必要です。中が空洞な部分が有る木材の家具は虫の住処になり易いので虫よけ剤が必要です。アロマなどは防虫効果が有るのでおしゃれでアウトドアリビングの維持も出来ます。

屋内に収納しやすい家具を選ぶ

台風などで家具が飛ばされることが有ります。出来るだけ屋内に取り込める大きさのものを選びましょう。アウトドアリビングの家具は屋外用ですが劣化するので買い換えやすい価格、大きさのものが良いです。

日本には梅雨の時期や台風、冬の時期はアウトドアリビングを使えないです。その為ソファなどの雨風に弱い家具を使いたい場合は使う時だけ外に出し、日ごろは室内で使うことがおすすめです。

照明や家電の使用の注意

コンセント使用の注意

間接照明や暖房器具を置き夜や季節問わず楽しめる工夫ができます。電気器具を取り入れる際の注意点はまず、コードの長さです。延長コードや野外用の発電機があれば良いですが無い場合は屋内のコンセントが届く範囲の利用となりますので気をつけてください。

野外ですと急な雨や前日の天気で水が近くにある場合が多いです。感電やショートの原因になりますので利用環境の確認が必要です。

アウトドア感満載ランタン

ランタンは、アウトドアで使うアイテムの一つです。レトロなデザインのものなどディスプレイとして飾るだけでも雰囲気が出ます。大きめのランタンなら一つでもいいし、小ぶりのものを複数設置しても綺麗です。

住まいの害虫の虫除けにもなる扇風機

アウトドアリビングの気をつける点で挙げた害虫被害ですが殺虫剤以外にコバエやハエなど飛ぶ虫に対しては扇風機が役に立ちます。扇風機の風で虫などは近づけなくなるので暖かい虫の出る季節は扇風機の設置をしてみるのもいいです。

アウトドアリビングを取り入れた家にする

これから家を造る予定の方でアウトドアリビングに興味があったとしても「アウトドアリビングが欲しい」と伝えて造るのではなく、まずどんな暮らしがしたいのかということを考え、理想のアウトドアリビングをハウスメーカーや建築会社と一緒に考えるのが大切です。

アウトドアリビングを生活の中心に置くのもいいですがアウトドアリビングは屋外のデメリットがあります。そして屋内のリビングとテーマや趣味が違うとちぐはぐになります。

アウトドアリビングを行う方の多くはリビングからアウトドアリビングまでが一つの空間となるように作られます。これから紹介するアウトドアリビングの施行例を参考にどのようなテーマの家にするか考えてみてください。

緑を取り入れたアウトドアリビング施工例

季節によって外に出れない日本ではせっかくアウトドアリビングの家具を設置しても使わない時期があります。そんな時期は植物を見て癒しの空間にしませんか。

年間通じて楽しめる住まいに

開花季節の違う花を取り入れてガーデニングを楽しむのもアウトドアリビングの楽しみ方の一つです。

梅雨の時期など常に使えるわけではないのがアウトドアリビングのデメリットです。なのでアウトドアリビングだけを楽しむのではなく植物を取り入れ窓から見える景色をおしゃれにして生活に取り入れましょう。

周りから見えないようにする

アウトドアリビングはくつろぎの場所、プライベートな空間です。家族や友人と楽しみたい時に周りの目が気になるのは嫌ですよね。そんな時は植物などでさり気無くカバーしてみるのはいかがでしょうか。

雨の日も楽しめる施行例

広めのサンルームや住まいの中庭の空間の天井部がガラスで日の光が取り込める設計にするとより外の景色や空間を楽しめるのですすめです。サンルームの様に雨の日でもアウトドアを楽しむ設計がアウトドアリビングの話題と共にたくさん提案されています。

屋内でも楽しめるアウトドアリビングを作る

アウトドアリビングのデメリットである雨の日ですが、工夫次第で雨の日でも楽しめます。屋内から見て楽しむ方法とこれからお住まいを作る方には雨の日でも使えるようにガラスの天井などたくさんの方法が各種建築会社も考えています。

屋内と屋外がつながっている住まいですと季節を問わず景色を楽しむことができます。大きなガラスの場合外からの光を住まいにより上手く取り入れることができます。

今の住まいでも簡単にできるアウトドアリビング施工例

スペースが無いと諦めがちなマンションでもアウトドアリビングをDIYして楽しむ型はたくさんいます。大勢で過ごせなくても、自分だけの特別な空間として楽しんだり、見晴らしの良さを楽しんだり、人目を気にせず出られる気軽さがあります。

床面や柵でおしゃれな雰囲気を作る

ベランダは基本コンクリートの殺風景な洗濯物を干したりするだけの空間という方も多いでしょう。ガーデニングが趣味の方は植物など置いているけどなんだか雰囲気が出ないと感じたことはありませんか。その違和感は床が殺風景の原因かもしれません。床を変えた施工例をいくつか紹介します。

人工芝で緑ある空間の施工例

ペットを飼われたりお子様が遊ぶ空間にしたい方におすすめな取り入れ方が人工芝を引くことです。本物の芝生のような柔らかい素材の人工芝はホームセンターやネットでも安価に売られています。欲しいサイズにカットして貰えばあとは敷いて置くだけで簡単にできます。

人工芝生は安価で手に入れやすいです。床に敷くだけで綺麗に見えますし周りに玉石を敷いたりリクライニングソファを置けばくつろぎスペースが出来上がります。

ただ緑の人工芝だけだと殺風景でチープにも見えてしまうので上手に家具や雑貨を置いたり他の素材のパネルを設置してみるとおしゃれになります。

モダンな雰囲気を作るウッドパネルの取り入れ方

木を組み合わせたウッドパネルの床のベランダはおしゃれで憧れますよね。あらかじめパーツが出来上がってあとは並べるだけなので、大変な作業ではなく自分の置きたい所にパネルを置いて行くだけでできるので簡単です。

おしゃれでプライバシーを守れる木柵の施工例

マンションなどの柵だけのベランダだと外から丸見えの事が多いです。そういう場合は板壁をおすすめします。取り入れ方は希望の高さと幅の板壁ワイヤーで括りつけるので簡単です。

一緒にホームセンターにや100均に売っている木製の箱よ棚を取り付ければおしゃれなだけでなく上手に外から見える面積を減らせます。

室内にバルコニーが住まいもありますのでこれから家を建てようとする方は広い中庭や庭が無くても年間通じて楽しめる方法なのでおすすめです。

家具に合わせた雑貨でおしゃれ上手に見せる施工例

IKEAやH&MHome,ZARAHomeなどではアウトドアリビングに使える雑貨を豊富にそろえています。上記のブランドは手に入れやすい価格で気品あるアイテムが多いので上手に取り入れてホテルやカフェの様に見せる事が出来ます。

クッションカバーでも単色や柄などたくさん種類がありますよね。テーマに合わせたカラーや図柄のカバーでより雰囲気を出しましょう。

ラグやクッションソファと言った布製のアイテムは日光に当たると退色するのでこまめに取り替えたりすることでいつ見ても綺麗なアウトドアリビングを作りましょう。

おしゃれなアウトドアリビング家具

最近では、日本でも専用のソファやテーブルが多く販売されるようになった、アウトドアリビング家具です。アウトドアリビングに最適なユニットタイプのソファがたくさんありますのでおすすめです。

おしゃれな家具ハンモック

ハンモックのある生活はまだまだ、取り入れる方が少ないアイテムというのが現実ですが、自分の部屋やリビング、青空の下でゆられてくつろぐのはいつもより贅沢な時間になります。

春先や温かい時期にのんびり過ごしたいときにハンモックが有るとおしゃれでアウトドアリビング上手になります。ハンモックは設置も取り入れ方も簡単なのでおすすめです。

こちらのデイベッドタイプのように屋根の梁や体重を支えられる支柱が無くても可能なタイプのハンモックは多く販売されています。

リクライニングチェアでゆったりとした時間

リクライニングチェアは手ごろでくつろげる家具として人気です。最近では屋外用のリクライニングチェアとしてウッドベースのものも多く売られています。

取り入れ方簡単なウッド家具やアイアン家具

アウトドアチェアは簡単に折りたたむことができるので、片づけやすく屋内もアウトドアテイストにすれば中へ入れてもおしゃれでな家具として置いておけます。

ウッド家具の取り入れ方でおすすめなのは床も木材でそろえると一体感がありまよりおしゃれな空間になります。上手な取り入れ方が不安な場合同じ色合いで統一するとなおいいです。

日差しを遮るおすすめ家具

明るいカラーのタープやパラソル

外に出て自然を楽しみたいけれど日差しが辛い、そんな場合はパラソルやタープを使いましょう。明るい色です日に当たり明るい雰囲気になります。

カフェのような雰囲気になるモノトーンパラソル

テラス席のあるカフェで見かけるおしゃれなパラソルやタープを住まいに取り入れ方はいかがでしょうか。ダークグリーンやモノトーンで一層おしゃれな雰囲気になります。

住まいの中にアウトドアリビング作って楽しい週末を

自然を感じるところ出かけたいけど遠いし時間も少ない方は自宅で気分を味わうことができるアウトドアリビングで家族や友人たちと週末楽しんで見ましょう。おしゃれな家具やアイテムを上手に使い憧れの空間を作りましょう。取り入れ方次第でカントリーテイストや西海岸、ホテルのようなリゾートが出来上がります。

リビングに関する記事はこちら

Thumb写真の飾り方ってどうしてる?リビングの壁におしゃれに飾る方法!
Thumbリビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介
Thumb海外インテリアがおしゃれ♪リビング・カーテン・キッチンなどご紹介
Thumbマンションのインテリア実例集!レイアウトでリビングやダイニングを広く!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-17 時点

新着一覧