カニの栄養成分・効能まとめ!美味しいだけではなく美容や健康に効果あり?

高級食材として人気を集めるカニは、美味しいだけでなく体に良い栄養成分が豊富に含まれているんです。カニに含まれる栄養成分と、その効果効能について解説します。美容や健康に効果のあるカニの栄養を、しっかりチェックしておきましょう!

カニの栄養成分・効能まとめ!美味しいだけではなく美容や健康に効果あり?

目次

  1. 美味しいカニは栄養豊富!
  2. カニが赤くなる成分!アスタキサンチン
  3. 代謝を助けてダイエットに!ビタミンB群
  4. 抗酸化でアンチエイジング!ビタミンE
  5. 健康と美容に重要!ミネラル類
  6. 身体の基本!材料になるたんぱく質
  7. 疲労回復の有名成分!タウリン
  8. 免疫力を高めて元気に!キチン・キトサン
  9. 骨を丈夫に健康に!カルシウム
  10. カニの栄養で美味しく健康になろう

美味しいカニは栄養豊富!

カニといえば、高級食材のイメージが強いですよね。カニはとても美味しいごちそうですが、美味しいだけでなく実は栄養面でもとても優れた食材であることをご存知ですか?ここでは、カニに含まれる栄養成分と、その効果効能について解説します。

カニは、健康や美容に良い栄養成分をたくさん含んでいます。せっかく美味しいカニを食べるなら、体にどんな良い効果があるのか知った上で食べたいですよね。では早速カニの栄養についてチェックしていきましょう!

Thumbカニを美味しく解凍するには?急ぎの時の方法やゆで方・食べ方を紹介

カニが赤くなる成分!アスタキサンチン

カニの栄養成分と効能①

カニには、「アスタキサンチン」という天然色素の栄養成分が含まれています。この成分は、カニだけでなくエビや鮭などにも含まれています。元々、アスタキサンチンはたんぱく質と結びついています。加熱によってたんぱく質から分離したアスタキサンチンが、空気に触れて酸化すると赤い色のアスタシンという成分に変わり、カニが赤くなるのです。

アスタキサンチンは、抗酸化作用がとても強い栄養成分です。人間は、毎日たくさんの酸素を吸い込んで、エネルギーを作り出して生きています。この酸素の一部が強い酸化作用をもつ「活性酸素」に変化します。活性酸素は、人間の免疫力を保つためにとても大切な役割をしているのですが、過剰に発生すると老化の大きな原因になるといわれています。

過剰な活性酸素は、健康な才増を酸化させて体を錆びさせて、肌のシミやシワ、疲労感、記憶力の低下、筋力の低下、薄毛や白髪など、様々な老化現象につながります。活性酸素は、通常の人間の生命活動で発生するだけでなく、大気汚染や化学物質、紫外線、睡眠不足、喫煙、強いストレスなど、様々な要因によって増えてしまいます。

カニに含まれるアスタキサンチンが持つ強い抗酸化作用は、このような活性酸素を除去する効果を持ちます。そのため、老化を予防するアンチエイジングに役立ちます。更に、アスタキサンチンには脂質をエネルギーに変えるのを助ける効果もあるため、内臓脂肪の減少や疲労回復にも役立ってくれます。

代謝を助けてダイエットに!ビタミンB群

カニの栄養成分と効能②

カニには、ビタミンB2やビタミンB12といった栄養も豊富に含まれています。ビタミンB2は、脂質の代謝に大切なビタミンです。また、粘膜を健康に保つのに役立つビタミンなので、肌や髪を美しくするのに効果的な栄養素です。

ビタミンB12はヘモグロビンの合成を助けて正常な赤血球作る効果を持つため、貧血の予防改善に効果的な栄養素です。また、ビタミンB12は末梢神経の修復に必要なビタミンであるため、神経症の人には特に必要な栄養素だといわれています。

健康のために、肉や魚よりも野菜をたくさん食べるようにしているという人がいるかもしれませんが、ビタミンB12は肉や魚介類などの動物性食品に多く含まれるビタミンであるため、野菜ばかり食べていると不足してしまう可能性があります。健康のためには、なんでもバランス良く食べるということが大切なんですね。

カニには、ビタミンB群の一種であるナイアシンも含まれています。ナイアシンは、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に必要な栄養素で、アルコールの分解を助ける作用や、毛細血管を拡張して血行を促進する作用を持っています。お酒をよく飲む人はナイアシンの消費が多いので、不足しないように注意が必要です。

抗酸化でアンチエイジング!ビタミンE

カニの栄養成分と効能③

カニにはビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEも、アスタキサンチンと同様に強い抗酸化作用を持っています。そのため、活性酸素による体の老化を防ぎ、年齢に負けない健康と美容を作るのに効果的な栄養素です。

また、カニに含まれるビタミンEには末梢の血管を拡張して血行を良くしたり、コレステロール値を正常にする効果もあります。ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがありますが、ビタミンEは脂溶性ビタミンです。油と一緒に摂取することによって吸収率が上がるため、カニを食べる際には良質な油を一緒に摂れるようなメニューにすると良いでしょう。

健康と美容に重要!ミネラル類

カニの栄養成分と効能④

カニの栄養としては、銅や亜鉛などのミネラル分も特徴的です。銅は、貧血の予防改善のために大切な栄養素です。貧血予防といえば鉄分を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、体の中で鉄分を使うためには、実は銅も必要になります。そのため、貧血対策のためには鉄分だけでなく銅を摂取することも大切なのです。

また、カニに含まれる銅は食べたものを消化してエネルギーに変えるために必要な酵素を作ってくれる栄養素ですので、人間の生命活動には不可欠な存在です。

亜鉛も、カニに含まれるミネラル分です。亜鉛は体中のあらゆる臓器に存在する成分で、特に舌で味覚を感じるのに必要な味蕾を作っているという特徴があります。亜鉛が不足すると味覚障害の原因になってしまいます。美味しいものを美味しいと感じられるためには、亜鉛をきちんと摂ることが大切です。また、亜鉛は生殖機能を健康に保つためにも重要な栄養素です。

身体の基本!材料になるたんぱく質

カニの栄養成分と効能➄

カニには、良質な動物性たんぱく質が豊富に含まれています。人間の体は、内臓も筋肉も肌も髪も、全てたんぱく質を材料にして作られているため、良質なたんぱく質を摂取することは健康と美容のためにとても大切なことです。

カニに含まれるたんぱく質は、摂取するとまず血管血液や内臓など生命活動に不可欠な器官から使われて、肌や髪、爪などに届くのは後になります。そのため、女性にとって気になる美しい肌や髪の毛を作るためには、全身にたんぱく質が足りている状態を作らなければなりません。たんぱく質不足は、美容の大敵なのです。

また、カニに含まれるたんぱく質には免疫力を高めるための抗体を作るという役割もあります。感染症などの病気にかかるのを防いでくれるんですね。カニは、低脂質で高たんぱくな食材なので、美容と健康を両立させたい女性にはぴったりな食材です。

疲労回復の有名成分!タウリン

カニの栄養成分と効能⑥

タウリンは、よく栄養ドリンクに含まれている成分ですね。カニにも、タウリンが豊富に含まれています。カニに含まれるタウリンには、肝臓の細胞再生を助けて肝機能を正常にする作用があります。アルコールの分解も助けてくれるため、二日酔いの症状を緩和する効果があります。

また、タウリンは血中のコレステロール値を低下させる効果を持つ栄養素ですので、コレステロール値の高い方には動脈硬化などの防止のために摂取して頂きたい栄養です。更に、タウリンは目の網膜や角膜の回復に作用する栄養素であるため、眼精疲労の回復にも効果的です。

免疫力を高めて元気に!キチン・キトサン

カニの栄養成分と効能⑦

カニには、キチン・キトサンという栄養成分が多く含まれています。これは、エビなどの他の甲殻類にも多く含まれる栄養成分です。血中のコレステロール値を下げる効果や、免疫力を高める効果を持っている成分で、水溶性のものをキトサン、不溶性のものをキチンと呼びます。両者の違いは判断が難しいこともあり、キチン・キトサンとまとめて認識されることが多いようです。

骨を丈夫に健康に!カルシウム

カニの栄養成分と効能⑧

カニには、カルシウムも豊富に含まれています。カルシウムといえば、骨や歯を丈夫で健康にするために大切な栄養素としてよく知られていますよね。女性にとっては、骨粗しょう症を予防するためにもカルシウムは重要な栄養素です。カルシウムは他の魚介類にも含まれているのですが、カニは特にカルシウムの含有量が多いです。

例えば、可食部100グラムあたりのカルシウム量で比較すると、生のサンマが32ミリグラム、生の真鯛が11ミリグラムなのに対して、茹でたズワイガニは120ミリグラム、茹でたタラバガニは48ミリグラムです。カニの種類によっても栄養の量は違うんですね。

カニの栄養で美味しく健康になろう

カニは美味しいだけじゃなかった!

カニに含まれる栄養成分と、その効果効能について解説してきました。高級で美味しいカニには、こんなにも健康と美容に嬉しい栄養素が含まれていたんですね。抗酸化作用の強いアスタキサンチンやビタミンEは女性にとってアンチエイジングの味方として頼もしい栄養ですし、たんぱく質やカルシウムも健康のために大切な栄養です。

美味しいカニを食べることで、健康になれるなんてとても嬉しいことですよね。もちろん、カニだけでなく栄養バランスの良い食事をすることが大切であることは言うまでもありません。栄養のバランスを考えながら、カニの健康効果もうまく食生活に活かしていけると良いでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-07-02 時点

新着一覧