自転車通勤のおすすめのアイテム5選!自転車の選び方やダイエット効果は?

通勤自転車はダイエット効果がある運動として人気が高まっています。ダイエットを目指して自転車通勤を始めるにあたり自転車通勤できる距離や自転車通勤におすすめの自転車や服装などのアイテムの選び方や人気のアイテムなどを知りたい人にまとめまてお伝えします。

自転車通勤のおすすめのアイテム5選!自転車の選び方やダイエット効果は?

目次

  1. 運動を兼ねて自転車通勤をしよう!
  2. 自転車通勤可能な距離の目安はどれくらい?
  3. 自転車保険に加入して自転車通勤を始めよう!
  4. 誰でもできる自転車通勤は運動とダイエット効果がある
  5. 足・腰の負担が少ない自転車通勤は体重の重い人も可能な運動
  6. ダイエット効果のある自転車の選び方
  7. 自転車通勤におすすめの自転車
  8. ヘルメット着用は未義務化だが自転車通勤にも着用をおすすめ
  9. 自転車通勤で気になる服装
  10. 自転車通勤では天気予報を気をつけよう
  11. 自転車通勤にグローブも必要なアイテム
  12. サングラスも自転車通勤に必要なアイテム
  13. 荷物入れも自転車通勤のアイテム
  14. 自転車の付属品も自転車通勤に必要なアイテム
  15. ダイエットを兼ねた自転車通勤を楽しみながら続けよう

運動を兼ねて自転車通勤をしよう!

なかなか運動の時間も取ることができないので、いっそのこと自転車通勤をしてみようかと考えている人も多いのではないでしょうか。さすれば生活の中に運動が取り入れてダイエットも兼ねることができ、電車の通勤時間が運動時間に変えられて春の健康診断で「健康のために運動を心掛けてください。」などと今年は指導をいわれないようにしたいと思い巡らせていることでしょう。

確かに、自転車通勤はからだを使いますから続けられたら適度な運動になります。満員の通勤電車で揺られて通勤するストレスを考えるとスイスイと走れる自転車通勤は電車より快適でしょう。思い立ったが吉日です。自転車通勤を始める際に整えたいアイテムなどについていくつかピックアップしてまとめてみましたので、自転車通勤の準備の参考にしてください。

自転車通勤可能な距離の目安はどれくらい?

今まで運動をしていない人が急に自転車通勤を使用とするときにどれくらいの距離の自転車通勤が可能でしょう。自転車通勤が可能な距離は、使用する道路状況、健康状態や肥満度などにより異なります。一般的にいわれている自転車通勤の距離は10㎞前後といわれています。最初は1駅か2駅の距離から始めて徐々に距離を伸ばしすとからだも運動に慣れ長く続けられるでしょう。

まず、長距離の自転車を利用する機会がなかったり、運動をあまりしたことがない人は、自転車通勤に使用する道路のアップダウン状況もチェックして自転車通勤ができそうと思われる距離から始めましょう。自転車通勤は帰路の暗い時刻の自転車を使用する状況にも配慮して続けられる距離から始めることをおすすめします。

自転車保険に加入して自転車通勤を始めよう!

自転車保険の加入は自転車通勤にもおすすめ

自転車通勤にも事故は付き物でしょう。誰も事故したいとも遭遇したいとも思ってはいませんが、いざ事故に遭遇した時のために自転車保険の加入をおすすめします。自転車保険の内容にもよりますが保険の保証や示談など自動車保険のようになっていますので、まだ義務付けられていないとはいえ安心して自転車通勤できるので加入も考えてほしいです。

自転車保険の掛け金はどれくらい?

自転車保険も自動車保険のように死亡保険、治療費の給付など保障があり、保障によって掛け金も違います。自転車保険は安い掛け金は月170円からあり、だいたい400~500円/月くらいです。あってはならないことですがないという保障もありませんので万が一に備えておすすめします。

誰でもできる自転車通勤は運動とダイエット効果がある

自転車通勤は有酸素運動

自転車通勤は、筋肉に軽い負荷をかけながら酸素を取り込む有酸素運動で体内の糖分と脂肪燃焼効させます。自転車通勤の運動は毛細血管の収縮を活発にさせ血管を太くなり血流が起こる血管が多くなるので血圧を下げる効果もありこの持続が脂肪燃焼を導きダイエット効果が期待できます。脂肪燃焼を起こさせるために自転車通勤は20分以上になるように設定すると効果的です。

体全体の筋肉の70%は下半身です。下半身の運動は自転車をこぐだけで太ももを刺激して歩くより体の筋肉をよく使うので脂肪燃焼効果が期待でき、ダイエットにつながります。例えば体重60㎏で自転車通勤1時間の消費カロリーは342kcal、脂肪燃焼量48.85gの消費の計算になり、自転車通勤は健康的なダイエットにもなり一石二鳥です。

Thumb自転車ダイエットの効果的なやり方や時間は?消費カロリーや痩せるコツも

足・腰の負担が少ない自転車通勤は体重の重い人も可能な運動

ランニングなどに比べ、自転車通勤はサドルと車輪に体重がかかるので膝や腰の負荷が少なく体重が重たい人も取り入れやすい運動です。下半身に70%の筋肉があるので将来の筋力をつけるためにも自転車通勤はダイエットと筋力をつける最適な運動です。からだの負担が少なくて筋力がつけられエネルギー消費もできる運動で健康的にダイエットできるおすすめの運動です。

ダイエット効果のある自転車の選び方

自転車通勤の自転車は長い目でみてあまり経費を抑えないで、3~5万円台の車体の重さが14㎏以下で風雨に耐えられ錆びないアルミ車体の自転車がおすすめです。自転車通勤の初心者におすすめは、細いタイヤでパンクが並みのクロスバイクか太いタイヤでパンクに強いがこぎ出し少々重いマウンテンバイクです。それぞれの特徴と利用する道路の状況などに合わせて選びましょう。

自転車通勤に必要なギア機能を確かめよう

急な坂道や平坦な高速走行に対応できる21段階以上のギアの自転車が自転車通勤にはおすすめです。マウンテンバイクならば街乗りに特化された自転車がおすすめです。クロスバイクは街乗りに最適なギア比でスピードが15~30㎞/hくらいで走行できます。マウンテンバイクの場合はできるだけ高速走行重視のギア比になっている車体を選ぶと自転車通勤に良いでしょう。

耐パンクタイヤの自転車を選ぼう

街乗りのクロスバイクは耐パンクに対して幅の広いタイヤなので週に1回程度空気圧のチェックで比較的心配はないでしょう。クロスバイクで細いタイヤならば購入後に太いタイヤに交換することも一案です。タイヤに溝があると雨天時の走行でスリップとパンクに強いメリットがあります。自転車通勤で走行の速さも大切ですが安全の点も考慮してタイヤを選びましょう。

自転車通勤におすすめの自転車

クロスバイクは自転車通勤におすすめ

先にも触れましたがクロスバイクは自転車通勤におすすめです。クロスバイクのEscapeR3は、使い慣れてくるとこだわりが生じグレードをアップすることもできるパーツの交換が簡単なメリットが注目されている自転車です。選び方として長く使えるアルミ本体でパーツの効果ができる自転車をおすすめします。

自転車を持ち運びしたいならば折りたたみ自転車

持ち運びを優先したいならばやはり折りたたみ自転車です。走行距離の目安は10㎞くらいまでです。移動が片道の場合持ち運びができると移動が便利で人気があります。車の移動時にもトランクに入り旅行などにも使え便利です。価格は2~8万くらいがスタンダードです。選び方としてなるべく軽く組み立てや折りたたみがしやすいタイプを選ぶようにしましょう。

マウンテンバイクは道の凹凸がある道の通勤と山道走行したい人におすすめ

舗装されていない道の通勤や山道も走行したい人にはマウンテンバイクがおすすめです。スピードが出しにくい、時速も18~25㎞/hでペタルをこぐのに疲れやすいので通勤の走行距離は20㎞以下でしょう。マウンテンバイクの選び方として自転車通勤用は高速ギア比がよいものを選びましょう。価格は3~10万円くらいです。

Thumb自転車のクロスバイクとは?初心者の正しい選び方とおすすめまとめ

ヘルメット着用は未義務化だが自転車通勤にも着用をおすすめ

道路交通法の改正が平成20年6月1日に行われ、13歳未満はヘルメット直用が努力義務として施行されています。自転車の機能が高性能になりスピードも出るようになって自転車の事故も増えています。自転車については義務化がされていませんが万が一の通勤時の事故による頭部のダメージを軽減させるためにサイズの合ったヘルメットをおすすめします。

自転車のヘルメットの選び方として予算の範囲以内で空力が考えられた空気の流れのデザインが人気があります。自転車通勤用のヘルメットの選び方は、頭に汗をかいては職場で困りますから通気性やクールマックス素材が使用された通気性が特化されたモデルを選ぶとよいでしょう。また、競技に参加を考えているならばJCF公認のヘルメットを選びましょう。

自転車通勤で気になる服装

自転車通勤で気になる服装の選び方は、会社に更衣室がない場合主にパンツスーツを消耗品と割り切って自転車通勤の服装としましょう。会社に更衣室があるあるいは私服で自由ならば自転車に適した服装で通勤して着かえるとよいでしょう。

スーツの自転車通勤の服装はメッシュ生地などの速乾性のあるドライスーツ

自転車通勤用のスーツはメッシュ生地のドライスーツがおすすめです。速乾性、防しわ性でケアが楽です。汗や急な雨に濡れてもギュッと絞ってもしわにならず速乾性があり定評です。

女性用の服装にも速乾性の高い生地のスーツなどがありますのでスーツで通勤したいならば、メッシュの生地の服装をおすすめします。

会社で着かえが可能ならば自転車相応しい速乾性のあるファッションをしよう

いくら会社で着かえが出来ても自転車通勤で汗をかきベタベタでは体臭が気になります。また、速乾性の高い服装ならば服のニオイが軽減され帰宅時の着替えがしやすいメリットがありますので、服装の生地で自転車通勤に快適な人気のファッションを楽しんでください。

自転車通勤では天気予報を気をつけよう

自転車通勤では天気予報の情報を確かめ、帰路の天候に困らない服装の準備が必要です。雨や風などの気象の変化に対応できる雨具や風よけの服装などを整えましょう。

雨天時の自転車通勤の服装は

雨天時に傘をさしての自転車通勤は危険でスピードも出せません。雨具の選び方として両手がハンドルが握られるかっぱやポンチョなどを準備しましょう。また通勤途中に簡単に着られるデザインを選ぶとよいでしょう。自転車通勤では荷物をできるだけ少なくしたいので嵩張らない生地の雨具をおすすめします。

さらに、靴が濡れないように靴カバーの準備もおすすめします。かっぱだどを使用する際は靴カバーを先につけ、上からかっぱで覆うと滴が中に入りません。出先や会社で濡れた靴を履かなくてもよいので靴カバーも自転車通勤のアイテムとしておすすめです。

冬場の自転車通勤で気をつけたい服装は防寒

気温が低くなると自転車通勤では風のため体感温度がずっと低くなります。歩行の時の防寒では寒さをしのぐことはできないので自転車通勤用の防寒の準備をしましょう。防寒具は身体だけではなく足や手の防寒も完備することをすすめします。

Thumb自転車用レインコートおすすめまとめ!人気のオシャレなものは?

自転車通勤にグローブも必要なアイテム

自転車通勤を汗などによりハンドルを握る手が滑らないように安全に楽しむためにグローブも必要なアイテムです。また、万が一転んだ時手首の捻挫や傷を軽減させる効果も期待できます。さらに、手の平側にクッションは長く握る手の疲れを和らげるとともに路面からの衝撃から腕や手を守るので安全な通勤ができます。 
  

寒い時はサイクリングの風の体感温度低いのでサイクリンググローブは手を温める防寒具にもなり、通気性のあるアイテムは蒸れないのでハンドルを握る手は快適です。グローブの選び方は使用する時期と快適なサイズの合ったグローブでグリップが強い滑りにくいグローブを選ぶことをおすすめします。

F-TUBAME サイクリンググローブ ハーフフィンガーはクッションの厚さ、フィット感、蒸れにくさとともにコスパで人気の高いグローブです。F-TUBAME サイクルグローブ フルフィンガーは冬用でグリップもしっかりとでき蒸れないグローブで表面が傷つきにくい耐久性も評価されている1500円くらいで購入できるグローブで人気があります。

サングラスも自転車通勤に必要なアイテム

サングラスも自転車通勤に埃や紫外線、風から目を守るため必要なアイテムです。サングラスの選び方として顔にフィットして目に傷をつけないように路上の小さな小石やほこりなどから目を保護するサングラスを選びましょう。色々なレンズの色がありますがどんな天候にも使えて強い日差しも車のライトや夜間走行にもよいブルーレンズがおすすめです。

初心者に人気のオージーケーカブトビナート3Rは、ミラーレンズとクリアのスペアレンズ昼と夜の使い分けができます。OAKLETサングラスのRADARALOCKPATH009206-10は国内正規品でロードサイクリングに最適でオークリーんpレンズテクノロジーが取り入れられている人気の高いサングラスです。

荷物入れも自転車通勤のアイテム

スーツをガーメントケースに入れよう

自転車通勤が1時間ほどかかる場合スーツの自転車通勤よりスーツをシワになりにくいガーメントケースに入れて運ぶ方が賢明でしょう。ヘンティにガーメントケースが丸められて背負えるバックが人気です。

荷物はバックパック型の自転車用リュックを利用しよう

自転車用のバックパックはからだに固定できるので走行中にずれたりしないメリットがあります。選び方としてリュックにクリップでテールランプがつけられたり、レインカバーがついているリュックがありますので使用環境に適したリュックを選びましょう。さらに大事な文書やパソコンなどの荷物は防水のメセンジャ―バックがおすすめです。

荷物は荷台に取り付けるキャリアを活用しよう

背中に背負うバックは動き辛いときもあります。荷台に取り付けるバックは両サイドに荷物が振り分けらるとバランスがとりやすく初心者の自転車走行に楽です。

自転車の付属品も自転車通勤に必要なアイテム

テールランプは自転車通勤の安全のためにおすすめ

自転車通勤では夜間の帰路の安全確保のために自動車に自転車の走行が分かりやすいようにテールランプの付属品を取り付けることをおすすめします。テールランプの選び方は振動と明るさによって自動点灯のランプで後方の自動車が把握しやすくてかつコストや手間の負荷が少ないランプを選びましょう。

CATEYEセーフティライトリフレックスオートTL-LD570Rはソーラータイプで振動と明るさのオートライト機能でLED5個付きの明るいランプで人気が高いです。CATEYERAPID3AUTOはライトオート付きで防水機能がしっかりとしたライトで人気があります。単4乾電池か単3電池使用で長く使えるモードでの使用がおすすめです。

ヘッドランプも自転車通勤に欠かせないアイテム

自転車通勤では夜間の帰路に備え暗い夜道を照らすライトと対向車に自転車走行がわかるように安全確保のために取り付けたいテールランプ同様にアイテムです。自転車のヘッドライトの義務化は2020年4月以降販売の新車に適用されますが無灯火の自転車に関して交通指導がさせることもありますから取りつけましょう。

ダイエットを兼ねた自転車通勤を楽しみながら続けよう

自転車通勤はからだ全体を活動させ足腰に痛みがあったり太り過ぎの人にもおすすめできる有酸素運動です。自転車通勤ができるだけ長く続けられるように自転車・服装・サングラス・グローブ・自転車の付属品などのアイテムにも気をつけて安全で安心の自転車通勤を時には寄り道をしたりしながら健康的なダイエットを楽しんでしてください。

もっと自転車通勤について知りたい人へ

Thumbクロスバイクでおしゃれな車種は?女性や初心者におすすめの自転車まとめ
Thumb自転車の人気メーカーは?おしゃれで女性におすすめの車種を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-26 時点

新着一覧