ダイエット中の夕食レシピは?太らない食べ方や食事メニューを徹底解説

ダイエットをしている時に最適な太らない夕食の食べ方や痩せるメニューをまとめました。ダイエットで痩せるためには太らない食事の食べ方や夕食メニューをチェックすることが大切。食事の食べ方を工夫しながら太らない夕食メニューで痩せるダイエットに挑戦しましょう。

ダイエット中の夕食レシピは?太らない食べ方や食事メニューを徹底解説

目次

  1. ダイエット中に太らない夕食の食べ方を知りたい!
  2. 太らないダイエットをするには食事バランスを考えよう
  3. ダイエット中の夕食の食事メニューは糖質類は控えめにする
  4. 夕食を食べる時間も痩せるダイエットでは大切
  5. 夕食の食事が20時以降になる場合の食べ方は?
  6. 夕食の食事メニュー順番を意識した食べ方もダイエットに役立つ
  7. 夕食をよく噛んで食べることはダイエットの大切なポイント
  8. ダイエットの夕食メニューに役立つ生野菜と温野菜
  9. 低カロリーでダイエットに最適なきのこ類・海藻類
  10. 豊富なタンパク質をとれる肉・魚類もダイエット中の夕食に入れよう
  11. 発酵食品を夕食に食べて腸内を活性化
  12. 痩せるダイエットのための夕食メニュー最適な穀物類
  13. 夕食に簡単に作れてダイエットにも最適なメニュー
  14. ダイエットの妨げになる避けておきたい夕食の食事は?
  15. 太らない夕食の食べ方で痩せるダイエットにチャレンジ!

ダイエット中に太らない夕食の食べ方を知りたい!

痩せるためには夕食の食べ方が大切

「効率的に痩せるようにしたい!」と思ったら、運動をすることも大切ですが食事方法にこだわることも重要なポイント。特に夕食の食べ方はダイエットにおいて大切になるのでダイエットで痩せたいと思ったら、夕食の食べ方をまずは見直してみましょう。夕食の食べ方を改善するだけでも日々のダイエットに役立てられるので頑張っていきたいですね。

ダイエット中はどういった夕食の食べ方をすれば良いのか把握しておけば、効率的なダイエットにつなげることができます。また、夕食に最適な食材もチェックしておくとダイエットに活用できるので便利。ダイエット中に取り入れておきたい夕食の食べ方を参考にして、ダイエットにチャレンジしてみませんか?夕食を見直してダイエットに役立ててみましょう!

夕食の食事メニューや食べ方を工夫して痩せるダイエットにしよう

「痩せるためにはどんな夕食の食べ方をすれば良い?」「ダイエット中の夕食に最適な食材について知りたい!」という場合に役立つダイエット中の夕食情報についてまとめました。基本的なダイエットのポイントをおさえておけば、簡単な食事方法で夕食を楽しむ事ができます。ダイエットのサポートになる夕食の取り方を学んでおきましょう。

太らないダイエットをするには食事バランスを考えよう

ダイエット中は1日あたり1500kcalの食事を目安にする

ダイエット中にしっかりと考えておきたいのが食事のカロリーバランス。1日のうちに必要なカロリーを摂取しながら、朝食・昼食・夕食とそれぞれにバランス良く配分していくことで健康的なダイエットにつなげることができるようになります。

成人女性が1日あたりに摂取しておきたいカロリーとされているのが1800kcalほど。ダイエット中は少し控えめにして1500kcalを目安にするとダイエットに役立てることができるようになります。この1500kcalを三食のうちに配分していきましょう。

夕食の食事メニューは400kcalを目指す

夕食は昼食や朝食と比べてカロリー控えめにするのがおすすめ。夕食のカロリーは400kcalほどにしてみましょう。残りの1100kcalは朝食と昼食で摂取していきます。カロリーの目安がわかれば、どのくらいの分量でどのような食材を取り入れていけば良いのか把握しやすいので便利。まずはカロリーの目安を参考にして、夕食のメニューを組み立ててみましょう。

Thumbダイエット中のお弁当レシピ!健康的に痩せる低カロリーのおかずを紹介

ダイエット中の夕食の食事メニューは糖質類は控えめにする

ダイエット中の夕食は糖質を控えめにして太らないように

ダイエット中の夕食で気をつけておきたいのが糖質。カロリーを計算することも大切ですが、糖質もバランスをとることによってダイエットにつなげることができます。糖質はエネルギー源として必要な栄養なので全く摂取しないのは健康に良くありませんが、糖質を摂取しすぎるとオーバーした分が脂肪となって蓄積されやすいので気をつけておきたいですね。

夕食の時間帯は、あとは体を休めるだけなのでエネルギー源をたくさん摂取しなくても大丈夫ですよね。だからこそ夕食は糖質を控えめにしてバランスをとることが大切になります。夕食に糖質を摂取しすぎると消費しきれずに脂肪として蓄積されやすくなってしまうのでダイエット中は注意が必要。

朝食や昼食のメニューで糖質をとる食べ方がおすすめ

炭水化物をはじめとした糖質類は朝食や昼食を中心に摂取するのがダイエット中にはおすすめです。朝食や昼食であればその日のうちにエネルギーとして消費しやすいのでダイエット中も安心。特に朝食は1日のエネルギーを蓄えるためにしっかりと食べておきたいですね。このようにバランスを考えておけば、ダイエット中も糖質を食べても大丈夫です。

Thumb糖質の1日の必要量とは?間違った糖質制限ダイエットをしないために!

夕食を食べる時間も痩せるダイエットでは大切

夜になるにつれて基礎代謝は落ちる

夕食を食べる時間帯もダイエットにおいては大切なポイントになります。人間は起床してから徐々に基礎代謝が上がり、夜になるにつれて代謝は落ちていくのが特徴。代謝が上がった状態で食事を摂ればエネルギーとして消費されやすくなりますが、逆に代謝が下がっていると消費しきれずに脂肪として蓄積される可能性が高くなります。そのため、食べる時間帯は意外と重要。

20時までに食事を終わらせる食べ方で太らないようにする

代謝の低下によるダイエットへの影響を最小限にするために、20時までには夕食を終わらせるのがおすすめです。早めに夕食を終わらせることによってその日のうちに消費をすること可能にし、ダイエットの妨げにならないようにするのがダイエットのポイント。早めに夕食がとれるようであれば、早めに食べてエネルギー消費ができるようにしておきましょう。

夕食の食事が20時以降になる場合の食べ方は?

夕食の前に軽くお腹を満たすのがダイエットのポイント

夕食は早めに食べたほうが良いとわかっていたとしても仕事などが重なって、遅くなってしまう事もありますよね。そんな場合は工夫をしながら夕食を食べるようにするのがおすすめです。もし、夕食が20時以降になってしまう事がわかっているのであれば、夕食の前のちょっとした時間を使って軽くお腹を満たしておくのが良いのではないでしょうか。

野菜ジュースなどダイエットの妨げにならなずにすぐにお腹に入れる事ができるものを用意しておきましょう。そうしておけばお腹の空きすぎを抑え、夕食をどか食いする危険性も防ぐことができます。

夕食メニューは太らない食材を中心に

遅くなってしまった時の夕食の食材はいつも以上に低カロリーなものを意識しておくとダイエットの妨げにならないのでおすすめです。糖質もなるべく控えて、カロリーを低めにおさえていきましょう。あらかじめ軽くお腹を満たしておけば夕食でたくさん食べなくても大丈夫なのでダイエット中でも安心です。こうした工夫をしながらダイエットしてみてくださいね。

夕食の食事メニュー順番を意識した食べ方もダイエットに役立つ

血糖値の上昇を緩やかにする食事の食べ方が痩せるために必要

ダイエット中は食べ方の順番も大切になります。基本的に、血糖値の上昇を緩やかにするような食べ方がおすすめ。血糖値が急激に上昇すると脂肪がたまりやすい状態になってしまうため、ダイエット中は気をつけておきましょう。血糖値の急激な上昇は健康面でもあまりよくないので、健康的に食事を楽しむためにも食事の順番は意識しておくと良いかもしれません。

食物繊維・発酵食品・タンパク質・炭水化物の順の食べ方がおすすめ

血糖値の上昇を緩やかにするためには、まずは食物繊維が豊富な食べ物をいただいていきましょう。糖質の少ない野菜類がおすすめ。食物繊維の次は味噌汁など発酵食品を使った食べ物を取り入れます。その次にタンパク質を食べ、糖質を多く含んだ食材は最後に食べるようにしましょう。このような順番にする事で、血糖値の急激な上昇をおさえられるとされています。

夕食をよく噛んで食べることはダイエットの大切なポイント

よく噛むことで満腹中枢が刺激される

低カロリーな夕食を意識していると、どうしても食事の量が少なくなってしまう事がありますよね。ダイエット中で気をつけておきたいのが空腹によるどか食い。

空腹の時期が長すぎるとついついどか食いに走ってダイエットが失敗してしまう可能性が高くなります。そうならないように取り入れておきたいのがしっかりとよく噛む方法。一口で30回ほど噛む事によって満腹中枢が刺激され、少量の夕食でも満足感が得られやすくなります。ダイエット中はよく噛むことも意識してみましょう。

消化も良くなり、胃の負担が軽減

よく噛む事はダイエットに良いだけでなく、体への負担も減らせるのが嬉しいポイント。食べ物が消化しきれない状態で寝ると胃などの消化器官に負担をかけてしまい、消化不良になってしまう事もあります。よく噛むことによって食事を消化しやすくすれば胃への負担も最小限におさえられるので健康的に夕食を楽しむ事ができるのではないでしょうか。

ダイエットの夕食メニューに役立つ生野菜と温野菜

ダイエットに必要な栄養をとれる生野菜

それでは、ダイエット中の夕食におすすめしたいメニューもチェックしていきましょう。ダイエット中にまずおすすめしたいのが生野菜。生野菜には豊富な酵素やビタミン、ミネラル類が豊富に含まれています。加熱していないので野菜の栄養をそのまま摂取できるのが魅力。食べ応えもあり、よく噛む事で満足感を得られやすくなっています。

食物繊維をたくさんとれる温野菜

野菜は温野菜にするのもおすすめです。野菜は加熱する事でカサが減るので食物繊維をたくさん摂取したい場合に最適。ダイエット中は食物繊維をしっかりとることも大切になるので、食物繊維をちゃんと摂取したい場合は温野菜も取り入れておきましょう。野菜に含まれる栄養はダイエットだけでなく美肌などいろいろな面で役に立ちます。

低カロリーでダイエットに最適なきのこ類・海藻類

脂肪の燃焼を促進して痩せるサポートになる海藻類

ダイエット中には海藻類もおすすめ。ミネラルや食物繊維が豊富な海藻類は脂肪の燃焼を促進するなど、ダイエットに良い影響を与える食材として知られています。低カロリーなのでたくさん食べても大丈夫なのも嬉しいポイント。ひじきやワカメなど身近な海藻類を使って美味しい夕食を作ってみてはいかがですか。

脂肪の吸収をおさえるビタミンDが豊富なきのこ類

食物繊維豊富で低カロリーなきのこ類もダイエット中にはおすすめしたい食材。きのこに含まれるビタミンDは脂肪の吸収をおさえるとされているのが特徴です。また、老廃物の排出やカルシウムの吸収率アップなど体に嬉しい効果がたくさんあると言われているのがきのこの嬉しいポイント。いろいろな種類のきのこを使ってみてはいかがですか。

豊富なタンパク質をとれる肉・魚類もダイエット中の夕食に入れよう

肉類は脂肪分が少ないと太らない

良質なタンパク質もダイエット中には必要になります。タンパク質をしっかりとって運動をすれば筋肉がつきやすくなり、体全体の基礎代謝アップを期待することが可能に。肉類を食べる場合は脂肪分が少ない部位を中心にしましょう。牛肉や豚肉なら赤身、鶏肉ならカロリーの高い皮は取り除くなどの工夫をするとヘルシーにいただけます。

栄養豊富な魚類もダイエットに活用

タンパク質以外にもさまざまな栄養が含まれた魚類もダイエットの役に立ちます。魚の脂肪分は不飽和脂肪酸と呼ばれ、悪玉コレステロールの低下など健康に良い影響を与えてくれるのでぜひ摂取しておきたいですね。鮭やカツオ、マグロ、アジ、鯖など身近で食べられる魚をダイエットに役立ててみてはいかがですか。

Thumb脂肪燃焼する食べ物・飲み物は?ダイエット中に食べても大丈夫な食材まとめ

発酵食品を夕食に食べて腸内を活性化

腸内の良好な働きはダイエットで重要

発酵食品もダイエット中はぜひ取り入れておきたいですね。発酵食品は腸内を活性化させる働きを期待できるのが特徴。ダイエットにおいて、腸内環境を整えることは大切になります。腸内がしっかりと働くことで老廃物が排出され、体の代謝もアップ。老廃物がたまると代謝機能も衰えると言われているので、しっかりと整えていきましょう。

発酵食品で腸内を整える

夕食に発酵食品を摂取することで効果をしっかりと引き出すことができます。腸は夜の時間帯に活性化するので、その時間に発酵食品をとっておけば効率的に吸収できるのではないでしょうか。キムチや納豆、味噌などいろいろな発酵食品を取り入れて夕食のメニューを作ってみてはいかがですか。

痩せるダイエットのための夕食メニュー最適な穀物類

ご飯は玄米系を選ぶと太らないメニューになる

ダイエット中でもご飯が食べたくなりますよね。ご飯を食べる場合は玄米を選ぶのがおすすめ。玄米であれば血糖値の急激な上昇をおさえることができるため、ダイエット中でも比較的安心して食べることができます。玄米にはビタミンやミネラルが豊富なのも嬉しいポイント。

寝かせ玄米もおすすめ

玄米の栄養をしっかり摂りたい場合には寝かせ玄米もおすすめ。小豆と塩、玄米を炊いたらしゃもじで混ぜ合わせ、保温状態におきます。1日1回混ぜて3〜4日ほど保温状態に置いたら寝かせ玄米のできあがり。寝かせることで酵素が活性化され、栄養価もアップ。モチモチとした食感を楽しめるのも魅力です。

夕食に簡単に作れてダイエットにも最適なメニュー

冷凍ストックしておくと便利なスープ

ダイエットをしている間は夕食のメニューにこだわっていきたいですが、仕事などが忙しいとなかなかバランスをとるのが大変ですよね。そんなときに役立つのがスープ。野菜やタンパク質など具沢山のスープにしておけば1杯で栄養がとれますし、満足度もアップします。時間があるときに多めに作って冷凍ストックしておけば解凍するだけで簡単に食べられるため便利。

満足感が高い鍋物

鍋物も満足度が高くヘルシーに食べられるおすすめのメニュー。野菜やきのこなどの定番の具材の他に、脂肪が少なめの肉類をプラスするなどダイエットに役立つ鍋物に仕上げていきましょう。ダイエット中は、もちろん鍋のシメは避けてくださいね。具沢山にすればシメを食べなくても美味しくいただけます。

Thumbキムチダイエットにおすすめのレシピ集!正しいやり方・注意点や効果も紹介

ダイエットの妨げになる避けておきたい夕食の食事は?

血糖値が上昇しやすいパンやパスタ類

ダイエット中の夕飯に避けておきたいのが小麦粉を使ったパンやパスタ。小麦粉は血糖値を上昇しやすく、分解にも時間がかかるのでダイエット中の夕食には避けたほうが良いとされています。パスタは簡単に作れるため、忙しいときについつい取り入れてしまいがちですが、他の食材に変えてカロリーをおさえておくことでダイエットの役に立ちます。

体脂肪になりやすい揚げ物

脂肪になりやすい揚げ物も、やはりダイエット中の夕飯には避けておきたいですね。カロリーも高めになるので、少量でもあっという間にカロリーオーバーになってしまいます。どうしても揚げ物が食べたい場合は昼食に少量ずつ、といったようにバランスをとって食べるようにしてみてくださいね。

太らない夕食の食べ方で痩せるダイエットにチャレンジ!

ダイエット中は夕食のメニューをしっかりと考えて組み立てていくことが大切になります。食物繊維やタンパク質、発酵食品などを上手に使っていけば炭水化物が控えめでも満足度の高い夕食になるのではないでしょうか。食べる順番を工夫したり、よく噛んだりすることも重要なポイントです。夕食の食べ方に気をつけて、ダイエットに役立ててみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧