ダイエット中のアイスおすすめ特集!太らないポイントは選び方と食べ方?

ダイエット中は甘いものが恋しくなりますよね。中でもアイスが食べたくなる方は多いようです。ダイエット中にアイスを食べたいときはどんな食べ方をすれば太らないのかを調査してみました。ダイエット向けアイスの選び方・食べる時のポイントをご紹介します。

ダイエット中のアイスおすすめ特集!太らないポイントは選び方と食べ方?

目次

  1. ダイエット中でもアイスが食べたい!
  2. アイスは他のスイーツよりもダイエット向き?!
  3. ダイエット中にアイスを食べたい時!おすすめの時間は?
  4. ダイエット中に食べるアイスの選び方
  5. ダイエット中にアイスクリームを食べる時はミニサイズのものを
  6. アイスを食べた後にお茶を飲むのがおすすめ!
  7. ダイエット中におすすめアイス①アイスボックス(森永)
  8. ダイエット中におすすめアイス②SUNAO(グリコ)
  9. ダイエット向けアイスを手作り!簡単レシピを紹介
  10. 工夫次第でアイスもダイエットの味方に!

ダイエット中でもアイスが食べたい!

ダイエット中なのにアイスやスイーツが食べたい!と思ったことがある方は多いと思います。ダイエットをしたことがある方なら誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。ダイエット中だけれどアイスが食べたくなった時、食べるのを我慢していませんか?

近年はコンビニやスーパーで並ぶ商品でも、美味しいアイスが沢山販売されています。アイスの誘惑は身近にあるもので、ダイエットをしていてもついつい惹かれてしまいますよね。ダイエット中でもアイスを我慢せず食べてもいいとなったら嬉しいと思いませんか?

アイスはダイエットの味方になる!?

ダイエット中でも食べ方や選び方のポイントを抑えておけば、ダイエット中にアイスを食べても太らないってご存知でしょうか。今回はダイエット中にアイスを食べたい人におすすめの方法や商品、食べ方のコツをご紹介します。ダイエット中でも上手にアイスを取り入れて、ダイエットのストレスを軽減させましょう!

アイスは他のスイーツよりもダイエット向き?!

過度のストレスはダイエットの敵!

ダイエットにはもちろん我慢することが重要になります。しかし、我慢をしすぎるとストレスが溜まってしまいますよね。このストレスはダイエットの敵です。ダイエット中だからと甘いものを我慢しすぎると、限界が来た時に暴飲・暴食をしてしまいダイエットが水の泡…となってしまうことも。

もちろん食べ過ぎはいけませんが、適度に甘いものを取り入れてストレスを発散させるのも大切です。数日〜週に1度、ご褒美としてアイスを食べられればダイエットのモチベーションにも繋がりますよね。

他のスイーツよりもアイスの方が低カロリーでダイエット向け!?

ダイエット中に甘いものが食べたい!となった時、「これまで頑張ったのにリバウンドしてしまわないか」と不安になりますよね。しかしダイエットのご褒美とは言えども、何を食べていいのかわからなくなってしまいます。そういう時にはアイスがおすすめです。アイスは他のスイーツよりもカロリーが控えめなので、ケーキやパフェを食べるよりもカロリーを抑えることができます。

アイスは、食べる時間や商品の選び方のポイントをおさえれば太らないおやつなんです。ここからはダイエットに活用したい、アイスを食べる時間帯や商品の選び方をご紹介します。ダイエットをしているけれど、本当は甘いものが好きな人や甘いものを食べたくなることがある人は必見ですよ。

ダイエット中にアイスを食べたい時!おすすめの時間は?

ダイエット中のおやつは時間が鍵!

ダイエット中にアイスを食べて太らないポイントの1つに「食べる時間」があります。ダイエットをしている方であれば、寝る前に食べないことは常識ですが、おやつを食べるタイミングでおすすめの時間があるというのをご存知でしょうか。

ダイエット中のアイスは15時がおすすめ!

ダイエット中にアイスを食べたいのであれば、おすすめの時間は15時です。よく「3時のおやつ」と言われる時間帯ですね。理由は、脂肪を蓄積する「BMAL1」の増加量が一日の中で一番少ない時間帯だからと言われています。

ちなみにBMAL1が一番増加するのは22時と言われています。この時間帯前後にアイスや甘いものを食べるとダイエットの妨げになりがちです。ダイエットをしている時にアイスを食べたい時は15時のおやつとして召し上がるのが太らないポイントですよ。

ダイエット中に食べるアイスの選び方

実は「アイス」と言っても種類があります。アイスを作る際に使われる「乳固形分」と「乳脂肪分」の量でそれらが分類されています。種類が違うと、アイスのカロリーや脂肪分の量が異なってくるのです。ダイエット中にアイスを食べる際はよく見て欲しいポイントの1つです。

高カロリーだけれど満足感はピカイチ「アイスクリーム」

乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上である商品のことを指すのがアイスクリームです。市販で知られた商品だと「ハーゲンダッツ」や「牧場しぼり(バニラ)」、「GRAN グランミルク」などがあります。一番カロリーが高いものの、濃厚で満足感があるアイスです。たくさん食べるとダイエットの敵になるため、量や回数に気をつけましょう。

やや濃厚で食べやすい「アイスミルク」

乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上である商品を「アイスミルク」と指します。アイスクリームよりはややあっさりめの商品ですね。市販のものだと「チョコモナカジャンボ」「モナ王」「ジャイアントコーン」などが挙げられます。商品によるもののアイスクリームよりは脂質が少なめですが、こちらもダイエット中に食べるときは量や回数に気をつけたいものです。

実は脂肪分が多い!?「ラクトアイス」

ラクトアイスは乳固形分3.0%以上のものを指します。乳脂肪を少なくしている分、ミルク感を補うために植物油脂を使っていることが多くあります。植物性脂を使っているので脂質が低いという訳ではありません。

市販で売っているものだと、「スーパーカップ」「奏」「パピコ」などが挙げられます。価格が安い商品が多いのもラクトアイスの特徴です。コクが上記の2つより少ない分、量が多い商品や脂肪分が多い商品もあります。ダイエット中に食べるときはカロリー表記や量をチェックするのがおすすめです。

ダイエット中にアイスを食べたい時は「氷菓」がおすすめ

ここまでアイスの種類をご紹介しましたが、ダイエット中に一番おすすめするアイスは乳固形分3.0%未満の「氷菓」です。氷菓は、アイスキャンディやシャーベットなど、クリームではなく氷に近いものをイメージして頂くとわかりやすいのではないでしょうか。

氷菓は乳成分がほぼ使われていない分、カロリーや脂質が少ないのがダイエットにおすすめしたいポイントです。「ガリガリ君」「アイスボックス」「スイカバー」「メロンボール」などが氷菓にあたります。ダイエット中にアイスを食べたい時は氷菓の商品を選ぶとカロリーを抑えることができますよ。

ダイエット中にアイスクリームを食べる時はミニサイズのものを

ダイエット中に濃いクリームのアイスが食べたい時はサイズを考慮しよう

とはいえ、クリーム感のある濃厚なアイスがお好きな人は多いと思います。ダイエット中にアイスクリームやアイスミルクのような脂肪分・カロリーが高い商品がダイエット中に食べたいとなった場合は、ミニサイズのものを選ぶと良いでしょう。マルチパックになっている商品は、1つ1つが小さいので通常のものよりカロリーが低くなり、ダイエット中でもOKです。

近年はマルチパックで販売されているアイスが多くあります。商品にもよりますが、1つあたり200kcal以内のものが殆どで、バータイプのものであれば100kcal以内のものもあります。この程度の数値であれば、ダイエット中でも安心してアイスを召し上がることができますよね。

アイスを食べた後にお茶を飲むのがおすすめ!

ダイエット中にアイスを食べたら暖かいお茶を飲もう!

アイスを食べると身体が冷えますよね。しかし、冷えってダイエットの天敵です。他のスイーツよりカロリーが低くダイエット向けと言われているアイスですが、冷えやすいのが難点です。ダイエットの敵である冷えを取るために、アイスを食べた後に温かいお茶を飲むことで、冷えを防止することができます。

内臓が冷えてしまうと、消化機能が低下してしまいます。身体を温めると、免疫力や代謝もアップするのでダイエット中はできるだけ身体を冷やさないようにしましょう。そのためにも、ダイエット中にアイスを食べたあとは温かいお茶を飲むのが良いです。お口をさっぱりさせるのにもぴったりですね。

冷えはダイエットにはもちろん、美容にとってもよくありません。女性は特に冷えやすいので注意したいものです。しかし、冷たいアイスを食べたとしてもその後に温かいお茶を飲むことで解消されるのであればとてもお手軽ですよね。

ダイエット中におすすめアイス①アイスボックス(森永)

低カロリーでダイエット中も安心して食べられる!

ここからはダイエット中にアイスを食べたい時におすすめする、市販の商品をご紹介します。まずは「アイスボックス」です。先ほどもご紹介しましたが、クリーム系の商品は脂肪分がある分カロリーや脂質が高めでダイエット中にはあまり適していません。低カロリーな氷菓の中でもアイスボックスはダントツに低カロリーです。

アイスボックスのカロリーは、グレープフルーツ味で12kcal、コーラ味が14kcalと驚異的な低さです。ダイエット中毎日1つ食べてもほぼ太らないと言える数字です!甘みがあり、歯ごたえもあるのでダイエット中にもぴったりです。安い時にまとめ買いして、少しずつ楽しみながら食べるのも良いですね。

ダイエット中におすすめアイス②SUNAO(グリコ)

ダイエットしている人の強い味方!味も濃厚で満足!

ダイエット中におすすめのアイスが、グリコから販売されている「SUNAO」です。この商品は、豆乳をベースに作られているため糖質やカロリーがとても低く抑えられています。近年は糖質制限ダイエットが流行していますが、甘いものを控えなくてはいけない糖質制限ダイエット中でも食べられると評判の商品です。

SUNAOはカップはもちろん、モナカタイプやソフトクリームタイプもありますが、なんと糖質控えめ・カロリーも80kcalしかありません。ダイエット用食品って美味しくないイメージがある方も多いと思いますが、この商品は低カロリーなのにきちんと甘くて美味しいのも魅力です。ダイエットをしている人のおやつにぴったりですよ。

ダイエット向けアイスを手作り!簡単レシピを紹介

ここまで、ダイエット中におすすめのアイスの選び方や食べ方、商品などをご紹介しました。最後におすすめしたいのがダイエット中におすすめの手作りアイスです。なんとご紹介するアイスは豆腐で作ることができるアイスなんです!低カロリーでダイエットの味方である豆腐を使ったアイスであれば、ダイエット中でも安心して食べることができますよね。

ダイエットにおすすめ!豆腐アイスのレシピ

ダイエットにおすすめしたい、豆腐アイスの材料とレシピをご紹介します。絹ごし豆腐(150g)・豆乳(100cc)・砂糖(大さじ3)・バニラエッセンス(少々)を用意します。まず、この材料を全てミキサーに入れましょう。ミキサーでよく混ぜたら、ジップロックに入れ冷凍します。袋の上から揉みほぐしたら完成です。

豆腐の風味はあるものの、バニラエッセンスを入れていることで甘い香りがあり、優しい甘さで美味しいと評判のレシピです。低カロリーで高タンパクな豆腐はダイエットの味方ですね。ダイエット効果はもちろん、大豆製品は美容にもよいので女性におすすめのレシピです。ダイエット中はもちろん、そうじゃない時もご家庭で簡単に作れるアイスですよ。

工夫次第でアイスもダイエットの味方に!

ダイエットをしていても食べたくなるアイスは、選び方や食べる時間帯を配慮することで太らないおやつになります。ダイエット中でもアイスを食べることができればモチベーションも上がりますよね。上手にアイスを取り入れてダイエットを成功させましょう。

ダイエットに関する記事はこちら

Thumb糖質制限のメリットとデメリットは?きちんと知って正しいダイエット!
Thumbダイエットにはプールが効果的!成功する方法や水泳メニューを徹底解説
Thumbダイエット中のおすすめ昼食レシピ!効果的な食べ方やメニューの選び方は?
Thumb豚肉ダイエットが痩せると話題!すごい効果やおすすめの食べ方・料理レシピ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-17 時点

新着一覧