ダーツプレーヤー・関根麻耶って誰?9頭身美女と話題の彼女の画像まとめ!

今静かなブームのダーツ。そのダーツプレイヤーの関根摩耶さんが9頭身美女と言うことで話題になっています。9頭身もあるならモデルとしても活躍できると思いますがどうしてダーツプレイヤーとして活躍しているのでしょう。今回はそんな関根摩耶さんの事をまとめてみました。

ダーツプレーヤー・関根麻耶って誰?9頭身美女と話題の彼女の画像まとめ!

目次

  1. 関根摩耶はダーツプレイヤー
  2. 関根摩耶さんのプロフィール
  3. 才色兼備の関根摩耶さん
  4. ダーツってどんなゲーム?
  5. ダーツのプロになるためには?
  6. 関根摩耶はダーツで生活してるの?
  7. 会社員とダーツとのWワークの関根摩耶さん
  8. 関根摩耶さんは本当に9頭身?
  9. 小顔でキュート美女の関根摩耶さん
  10. ダーツのプロで関根摩耶さん以外にも美人が多い
  11. これからもダーツのプロとして

関根摩耶はダーツプレイヤー

アミューズメント施設やゲームセンター、BARなどによく見かけるようになったダーツマシン。そんなダーツにもプロの世界があるそうです。そのプロプレイヤーで話題になっているのが関根摩耶さんです。

9頭身美人でinstgramの画像なども可愛いと評判になっています。ファッション雑誌のモデルとして通用するようなスタイルの関根摩耶さん。今回はそんな関根摩耶さんのプロフィールや可愛い画像をまとめてみました。

関根摩耶さんのプロフィール

名  前:関根 摩耶
生年月日:1991年5月14日
血 液 型:A型
利 き 腕:左
登 録 地:東京都
身  長:180㎝

才色兼備の関根摩耶さん

プロダーツプレイヤーとして活躍している関根摩耶さんは、中央大学の理工学部を卒業しています。理工学部卒業と言うことは、関根摩耶さんは才色兼備のリケジョと言うことですね。

しかも、中央大学の理工学部から大学院に進まれて感性ロボテックスを専攻されていした。感性ロボテックスってどんなことなのかよく分かりませんが、完全なリケジョ美女だと言うことはよく分かります。

大学院卒業後は、NECに入社されシステムエンジニアとしての仕事をしています。最近ではテレビ放送で、9頭身の美人ダーツプレイヤーとして紹介されました。

ダーツってどんなゲーム?

まずはダーツについて少し調べて見ました。ダーツとは30㎝か40㎝の大きさの円形の的に、一定の距離から手投げの矢を投げ、当たった場所の得点で争います。投げる矢にも、金属製の矢と安全性を考えたプラスチック製の矢があります。

投げる距離は、矢の形状によって違ってきます。金属製の矢は237㎝で、ソフトダーツは244㎝の距離から投げます。日本ではソフトダーツが普及していて、プロの大会でもソフトダーツを経験したプロが活躍しています。

スティールトップダーツのプロ大会しかなかったのですが、最近ではソフトダーツの大会も開催されているようです。ソフトダーツを始める人口が増えるのに比例して、スティールトップの大会も人気を集めています。

基本的なルールは?

ダーツの基本的なルールとして、1ラウンドに3回矢を投げられます。矢がボードに当たらなかった場合も1投として数えられます。ダーツ的の真ん中の黒い部分がダブルプル、真ん中の赤い部分がシングルブル、その外側がトリプルとなっています。

ダーツ盤に矢が刺さった場所がシングルなら、そのシングルの得点が、ダブルならシングルの得点の倍になり、その合計の得点で争われます。矢の当たった部分で計算の仕方が違ってきます。

ダーツのプロになるためには?

ダーツのプロになるためには、プロのライセンスを取得しなければ行けません。日本には2つの団体がありその団体からライセンスを発行しています。

美人で9頭身の関根摩耶さんは、JAPANLADIESという団体のプロライセンスを習得しています。ソフトダーツのプロとして全国を飛び回っています。

それでは、「JAPAN」という団体のプロテストの概要を紹介します。JAPANLADIESは女性だけが受けることが出来て、SHOOT OUTで4500点以上、501(Open In/Master Out)では、6ラウンド以内フィニッシュ2回、CRICKETCONTUPではスタッツ3.5以上を2回となっています。

なんだかよく分かりにくいのですが、とても難しいテストだと言うことが判ります。関根摩耶さんもほんの数ヶ月前にこのテストを受けてプロのライセンスを習得しました。凄いことですね。

関根摩耶はダーツで生活してるの?

ダーツプレイヤーとしてプロのライセンスを持っている関根摩耶さん。NECのシステムエンジニアとしての顔を持っています。仕事をしながらダーツのプロとしてのライセンスを取得したのは、大変な努力があったと思います。

プロのダーツプレイヤーとしてだけでは、生活が出来ないのでしょうか。大会で優勝すると低い方では、50万円ほどの優勝賞金があるそうです。高い優勝賞金は150万円程度の賞金が出るようです。大きな大会では1000万円という賞金額もあるようです。

しかし、優勝すればいいのですがそう簡単ではないようです。しかも遠征費や参加費を払えば赤字になると言うこともあります。そうなるとダーツのプロとしてだけでは生活が苦しくなるようです。なんでもプロというのは厳しい世界ですね。

会社員とダーツとのWワークの関根摩耶さん

ダーツのプロプレイヤーとして活躍している関根摩耶さん。プロのライセンスを取得したのは僅か10ヶ月ほど前と言われています。しかもダーツを始めてから1年4ヶ月だと言うことですから、驚きですね。昼間はNECでシステムエンジニアとしての仕事をしていますから大変だったでしょう。

エンジニアとしてプロダーツプレイヤーとして活動するのは大変だと思うのですが、練習はどのようにしているのでしょうか。SEといえば残業が多いというイメージなのですが、ダーツ専門誌のインタビューでは、平日の夜に行きつけのバーで練習をしています、と語っていました。

練習する時間もあまりないなか、計算通りにいかないダーツの世界でどれだけレベルアップが出来るのでしょうか。関根摩耶さんの頑張りに期待したいですね。

関根摩耶さんは本当に9頭身?

美女ダーツプレイヤーとして活躍している身長が高い関根摩耶さん。テレビに出るという噂があり、1月12日のzipで放送される予定でした。当日は何らかの原因で企画が変わり、後日の放送と言うことでした。

テレビ放送があると言うことは、ソフトダーツプロツアーJAPANの公式twitterアカウントで画像付きで呟かれていました。

後日の放送では、身長の高い関根摩耶さんが本当に9頭身なのかと検証したようです。その番組は、9頭身を探せというZIPのコーナーで、その番組で本当に計ったのかは判りませんが、8.8頭身だったと紹介されました。

関根摩耶さんは、身長が180㎝の長身で小顔ですから、9頭身と言っても良いと思います。ヒールを履いたりした場合は9頭身を簡単に超えてしまうでしょうね。画像を見ると、ショートカットが似合う可愛い美女と言う感じの女性です。

小顔でキュート美女の関根摩耶さん

180㎝の身長で小顔美女の関根摩耶さん。ソフトダーツプロとして日々活躍しています。テレビでも話題になるような、身長が高くショートカットの似合う素敵な女性です。そんな関根摩耶さんの画像が、可愛いと話題になっています。

instagramやFacebookにも画像がアップされていて、モデルのような身長とスタイルの関根摩耶さんを見ることが出来ます。その関根摩耶さんの画像を見ると、ダーツプレイヤーではなくモデルと言ってもいいくらいのスタイルをしています。

ダーツのプロで関根摩耶さん以外にも美人が多い

ダーツのプロと言えばどうしても男性のプロのイメージが強いと思いますが、最近では身長が高い関根摩耶さんを初めとして、女性のプロも活躍しています。それも美人のプロが多いと言うことです。

プロになって8年というベテラン女性プロの菟田美奈子さんは、福岡に在住していてプロの大会に出場しています。最近はイップスに悩まされて、本来の右投げから左投げへ転向して、大会に参戦しているそうです。ツアーでは常時上位に食い込むように、頑張りたいと話しています。

ダーツは小学校の4年生から初めて、20歳になってからプロのライセンスを取った坂口優希恵さん。今は大阪のドン・キーホーテでアルバイトをしながら、ダーツに打ち込んでいるそうです。最近はようやくスランプを脱出したようなので、ダーツを仕事として頑張りたいと言っています。

ダーツのプロとして生活できるのは、わずか一握りのプロしかいない中で、美人女子プロとして数多くの女性が頑張っています。JAPAN LADIESに登録している女子プロは役340名いるそうで、その中でダーツだけで生活するのはとても大変な事だと思います。

これからもダーツのプロとして

身長が高く、9頭身美女ダーツプレイヤーとして、人気上昇中の関根摩耶さん。ショートカットが似合う美人ダーツプロとしてSNSなどでが人気を得ています。ダーツのプロとして生計を立てるのはとても大変だと思うのですが、Wワークをして一生懸命頑張っていると思います。

関根摩耶さんは美人ダーツプレイヤーとしてダーツの普及のために、全国を飛び回ると思われます。今後の関根摩耶さんの活躍から、目が離せないですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-22 時点

新着一覧