ブライワックスの塗り方まとめ!簡単にアンティーク調にするには?

アンティーク調の家具はとても人気があります。ブライワックスがあれば自分で簡単にアンティーク調のものを作る事が出来ます。塗り方も方法を知れば簡単です。ブライワックスの塗り方を知っておしゃれなアンティーク調のお気に入りを増やしましょう。

ブライワックスの塗り方まとめ!簡単にアンティーク調にするには?

目次

  1. 塗り方も簡単なブライワックスとは?
  2. アンティーク調のインテリアを手に入れたい!
  3. ブライワックスをおすすめしたい理由とは?
  4. 人気のブライワックス!おすすめの色は?
  5. おすすめのブライワックスで出来るインテリアは?
  6. サビ加工も出来ちゃう優秀なブライワックス!
  7. 準備も大事!ブライワックスを失敗しない為には?
  8. ブライワックスの塗り方は?
  9. 失敗しない塗り方のコツは?
  10. おしゃれでアンティークなブライワックスのインテリアを増やそう!

塗り方も簡単なブライワックスとは?

流行りのDIYをする人にとっては、当たり前のように知られているブライワックス。いったいどんなワックスなのでしょうか?どんな物に使用出来て、どんな物が作れるのか?おすすめな使い方も紹介していきます。

英国王室でも使われる優秀なワックス

1860年に英国製の着色タイプの木工用ワックスが開発されました。オイルフィニッシュという塗装方法が使われる商品になります。ブライワックスは英国王室も承認の商品ということもあり、その使いやすさや仕上がりの美しさにはとても人気があります。

アンティークな塗装や男前インテリアにぴったり

アンティークの家具の特徴である深みのある色合いや、味のあるアンティークの木目も簡単に実現することが出来ます。クールでカッコいい雰囲気のインテリア作りにもぴったりのブライワックスです。買えば高そうな重厚感のある家具もブライワックスなら簡単に作れます。

迷った時にはブライワックスを選ぼう!

塗装用のワックスはいろいろありますが、もしどれを買えばいいのか迷っているならブライワックスをおすすめします。英国王室御用達というのもありますが、その使い勝手と仕上がり具合を考えても他にない良さがあるので迷ったらブライワックス!と叫びたいくらいおすすめなのです。

ThumbテーブルをDIY!女子でも簡単にできるアンティーク風ダイニングの作り方

アンティーク調のインテリアを手に入れたい!

アンティークな家具はおしゃれで欲しいと思っている人は多いと思います。しかし、アンティークの物は高価なものが多い。なかなか簡単には買えないですよね。流行りのシンプルでカッコいいインテリアもアンティークな雰囲気の物が多いし、なんとか準備したい…方法はいろいろあります。

アンティークショップで購入する

アンティークショップへ行けば当然いろんなおしゃれで素敵なアンティークなインテリアが手に入ると思います。しかし、ヴィンテージと呼ばれるもののように価値があるものなど高価になります。家中の家具をそろえようとするとなかなかお金がかかってしまいますね。

塗り方簡単・ブライワックスを使ってみよう!

買わなくても良い方法をおすすめしたい!それが、ブライワックスを使ってリメイクする方法です。自分で作れば欲しいものが作れるし、好みの雰囲気を出す事だって可能です。あまりお金をかけずにアンティークなインテリアを手に入れられるなら使わない手はないですよね。

ブライワックスをおすすめしたい理由とは?

塗り方も簡単で手間が省けるブライワックス

ブライワックスの1番の特徴と言えるのが、色付けとワックスが同時に出来てしまうところではないでしょうか。通常の着色剤は、ワックスやニスを上塗りして仕上げます。それが省けるというのは初心者にとっても簡単になるので、とてもおすすめしたいワックスですよね。

メンテナンスが簡単!

どんなにカッコいい家具もいずれは色がくすんできたりして、メンテナンスを行う事もあると思います。ニスを塗っていると古いニスを剥がしてからワックスを塗りなおすなど、けっこう大変です。ブライワックスなら、ほこりや汚れをサッと落とすだけで上からまた塗る事が出来ます。

アンティーク調にしたい人にはかなりおすすめ!

ブライワックスの仕上がりを見てもわかるように、アンティーク調に仕上げたい時に使えばとても素敵な家具に仕上がります。見た目だけでなく、その質感もおすすめの理由の一つ。アンティークな質感を実現出来るブライワックスは着色剤を下塗りするとさらに良い仕上がりになります。

家具などの木材に使うだけではなく、鉢などにアンティーク調にする為の加工に使っている人も多くいます。とてもおしゃれで雰囲気のあるインテリアが簡単に出来てしまいます。

人気のブライワックス!おすすめの色は?

ブライワックスは色の種類も豊富です。どれを塗ってもおしゃれなアンティーク調になりますが、迷ってしまう人の為に人気の色とおすすめの色を紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

人気が高いジャコビアン

ブライワックスの色の中で人気が高いのがジャコビアンです。特徴としては濃い目の焦げ茶色で、使い込んだようなヴィンテージ感のある色合いになります。クールで渋めのインテリアが好きな人には、おすすめの色になります。塗り方によっては濃いところや薄いところをつけてみるのも良いと思います。

新品の木材がジャコビアンのブライワックスを塗っただけで、とても使い込んだような味のある木の色に変化しているのが分かります。こげ茶色の濃いブラウンがアンティークらしい深みのある雰囲気を出しています。普通の木材もブライワックス一つで変化が楽しめます。

少し高級感を出したいならチーク

ジャコビアンと同様に人気の高い色がチークです。こちらの色の特徴は少し赤みがかったブラウンです。赤みがかかることで少し高級感を演出出来る色になります。チークは色付きが良い事も人気の理由の一つです。

素材を生かすクリア

その名の通り、クリアということであまり色をつけたくない人にはおすすめの色です。木材そのものの色を残したい場合にぴったりです。ブライワックスの他の色の仕上げ材としても使えます。好みの木目と色が一致している木材を見つけたらクリアを選んでさらにほんのりアンティークさを出してみましょう。

おすすめのブライワックスで出来るインテリアは?

アンティークな色でおしゃれな看板

お店のオープンとクローズと知らせる看板など小さいサイズなら簡単に作る事が出来ますね。ブライワックス初心者の人は塗り方もあまり気にせず出来る小さいサイズから始めるのもおすすめ。

自分だけのアンティークシェルフ

自分だけのオリジナルのアンティークシェルフを作る事も簡単に出来てしまいます。ブライワックスは色もいくつかあるので自分好みの色を出すことも可能。木目を目立たせるのもいいけれど、敢えて濃い色のブライワックスで自分だけの色を作るのもいいかもしれません。

新品の家具も自分好みに変えちゃおう!

木製家具もブライワックスで温もりのあるアンティーク家具に大変身。デザインは気に入っているけれど、色が好みじゃないという家具もブライワックスがあれば自分好みの家具に変える事も可能ですね。

飾り棚もブライワックスで雰囲気を出す

壁のちょっとした飾り棚もブライワックスを塗ればアンティークな雰囲気。ブライワックスでインテリアの色を変えるだけでとてもおしゃれに。アンティーク調なインテリアも、さらに映えるようになるので素敵です。

サビ加工も出来ちゃう優秀なブライワックス!

ブライワックスで、サビ加工も出来ます。木材だけでなく例えばテーブルの鉄の脚部分に敢えてのサビ加工を入れてみるとか。全体的にアンティークにしたいなら、木の部分だけじゃなく他の部分もブライワックスで加工しましょう!

空き缶もブライワックスの塗り方を工夫すればアンティークに大変身!

トマトの缶詰などを捨てずに残して置いて、好きな色を塗ったらブライワックスでアンティーク感を出すためにアレンジ。これだけでおしゃれなインテリアが出来てしまいます。ラベルも100均で購入すれば費用もかからずアンティークインテリアをゲット出来ますよ。塗り方も簡単!全体の塗装ではなく汚れをつけるように塗ります。

少しずつ色を乗せていけば、使い古したアンティーク調の缶や入れ物が出来ます。錆加工だから失敗しても大丈夫!ごまかしがききますよ。木材だけに使うのはもったいない!

Thumbリメイク缶の作り方とは?アンティーク風ハンドメイドで素敵なインテリアに

準備も大事!ブライワックスを失敗しない為には?

準備するもの

まずは、アンティーク調にしたい塗装をしていないウッドシェルフを用意しましょう。そして必要な道具はブライワックス、スポンジ、いらなくなった布、マイナスドライバー、ビニール手袋、カナヅチ、はさみです。

アンティーク調にするために傷をつける

ブライワックスを塗る前に、アンティーク調をさらに素敵に見せるために傷をつけます。マイナスドライバーやハサミなどで木に傷をつけていきます。少しカナヅチで叩いてみたり、こすってみたりいろいろしてみましょう。

ブライワックスの塗り方は?

塗り方のおすすめはスポンジを使う

おすすめの塗り方はスポンジです。台所スポンジなら買い置きもある事が多いですし、すぐに準備もしやすいところもおすすめです。ブライワックスをスポンジに少し取り、伸びが良いので簡単に塗ることができます。簡単ですが、少しずつつけて塗ることをおすすめします。

ブライワックス専用のスチールウールもおすすめ!

ブライワックスの塗り方が不安だったり、DIY初心者の人は専用の物を使うほうが安心かもしれませんね。ブライワックス専用のスチールウールを使うのもおすすめです。使いたい分だけ切って使います。一つ買っておくと何かとDIYに便利かもしれません。

15分から30分置いたら布で磨く

ブライワックスを塗った後はとても綺麗に木目が出ているのが分かると思います。15分から30分置けば定着するので、その後いらなくなった布で磨くようにふきましょう。Tシャツなどのやわらかい布で拭くのがおすすめです。

木目にそって磨くのがポイント!

アンティーク調の家具の特徴と言えば綺麗な木目。これを綺麗に出すためにも木目にそって丁寧に磨く事をおすすめします。と言っても、ただ磨くだけなので簡単です。綺麗な塗り方をしなきゃ!と思わなくても大丈夫ですよ。

失敗しない塗り方のコツは?

簡単とは言え、出来るだけ失敗しない塗り方をしたいですよね?ブライワックスを塗る時に失敗しないコツをいくつか紹介します。コツと言っても簡単な事なのでぜひ取り入れて見てほしいと思います。

失敗しないコツ①木材の表面を平らにする

木材の表面は、触ると分かりますがけっこうザラザラしています。そのままブライワックスを塗ってしまうと手触りの悪いものになってしまいます。ささくれがあると見た目も良くありませんよね。木目にそってサンドペーパーで磨くようにしましょう。

失敗しないコツ②水性ステインで下地

ブライワックスを塗る前にぜひやってほしいのが、水性ステインという塗料を塗る事です。これは仕上がりに差が出るのでぜひおすすめです。失敗しない仕上がりにするためにもひと手間ですね。ブライワックスと相性が良いのは同じシリーズのウッドダイというものです。

失敗しないコツ③スチールウールを使うなら塗り方が大事

スチールウールを使う場合に、メリットとして木を磨きながら同時にワックスがしみ込んでいくので、手触りと風合いが良くなります。一石二鳥というやつです。この時二つ折りにして山になった部分で塗りこむようにして下さい。端から使うとくずが木目にひっかかりゴミがたくさん出たりすぐにボロボロになってしまいます。上手に使いましょう。

おしゃれでアンティークなブライワックスのインテリアを増やそう!

ブライワックスの紹介はいかがでしたか?ブライワックスを知るといろんなものに試してみたくなると思います。新しく買った家具でもいいし、元々家にある古くなった家具をリメイクして、ブライワックスで新しく生まれ変わらせるのもおしゃれです。簡単に出来るアンティーク加工をぜひ試してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧