レタスの栽培方法まとめ!育て方のコツや種まきの時期な徹底解説

家庭菜園で野菜を育てるのなら、レタスの栽培がおすすめ!値段が変動しやすいレタスは、自宅で簡単に栽培してどんどん料理に使っちゃいましょう!レタスの栽培方法や、収穫までの流れを詳しくご紹介していきます。コツを抑えて楽しく収穫まで栽培していけます!

レタスの栽培方法まとめ!育て方のコツや種まきの時期な徹底解説

目次

  1. レタスを栽培してみよう!
  2. レタスってどんな植物?
  3. 栽培時期を確認!レタスの収穫までの流れ
  4. 初心者でも簡単に出来るレタスの栽培方法を見て行こう!
  5. レタスの栽培準備!種まきの仕方と育苗
  6. 重要!発花分化ととう立ちとは?
  7. レタスを栽培して行こう!まずは土作りから!
  8. いよいよ栽培開始!レタスの植え付け
  9. レタスの栽培中の追肥の方法とは?
  10. 結球と収穫の目安とは?レタス栽培の大詰め!
  11. 栽培中に気を付けたいレタスのかかりやすい病気とは?
  12. レタスを好きなのは虫も同じ!栽培中には害虫にも注意を!
  13. レタス栽培を成功させるコツとは?
  14. 連作障害とは?次の栽培に活かせる知識!
  15. 家庭菜園で野菜をもっと!

レタスを栽培してみよう!

家庭菜園で、野菜を栽培している人が増えてきています!天候不順などを理由に、スーパーで見る野菜は高値が続いています。最近では、冷蔵庫の重鎮とも言える定番の野菜なども高騰していて、家計をやり繰りしているお母さんの悲鳴が止まりません。そんな時に役立つのが、家庭菜園!ちょっとしたスペースでも出来るので、色々な野菜を育てる事が出来ます。

最近ではプランターでも栽培出来るように、小さい品種の野菜もどんどん出てきています!これなら、プランターなどで栽培出来るのでアパートやマンションのベランダでも栽培出来てしまいます。そこで今回おすすめなのが、レタスです!食卓にもよく並ぶレタスは、値段の振り幅が大きい野菜。そんなレタスも、実はプランターでも栽培出来る野菜なのです!

そこで今回は、レタスの栽培方法について詳しくご紹介していきます!レタスの育て方や、収穫までの時期などを詳しく見ていきましょう。種まきや芽出しについてもしっかりとご紹介していくので、初心者でも簡単に栽培出来ます!取れたてのレタスは、みずみずしくて格別です!張り切ってレタスを栽培していきましょう!

レタスってどんな植物?

栽培の前に、レタスについて詳しく見ていきましょう!レタスは、意外にもキク科の植物です。冷涼な環境を好みますが、実は-3度以下になると冷害が出てきてしまいます。また、25度以上になると、発芽しなくなってしまったり、病害が発生してしまったりと、気温の管理が重要になってきます。そう言った意味でも、レタスは野菜の栽培では中級と言った所になります。

レタスやキャベツのように、丸く葉を付ける野菜は結球と言う特徴があります。レタスには、結球する玉レタス、半結球するサラダ菜、結球しないリーフレタスやサンチュなど様々な種類があります。また、レタスは種まきから収穫までの期間が短く、品種によって違いはありますが2~3ヶ月で収穫出来ます。これなら、せっかちさんでも楽しめます!

栽培時期を確認!レタスの収穫までの流れ

レタスの栽培は、春まきと夏まきの2通りあります。さらに、春まきは2回時期があり、もちろんどの育て方でもしっかりとレタスが収穫出来ます!まずは春まきでも2月に種まきをする方法ですが、2月に種まきをして3月に植え付け、4月末から6月の始めくらいまで収穫が出来ます。暖かい地域にお住まいの人は、発芽しやすいこの時期の育て方をおすすめします!

そして2つめの春まきの時期は、3月に種まきをします。4月末頃には植え付けを迎え、5月の中旬から6月末まで収穫が出来ます。この育て方は、寒い地域にお住まいの人におすすめ!暖かくなると発芽しないレタスですが、寒すぎて冷害を出さない為に寒い地域の人は、このくらいの時期を選ぶと失敗しないでしょう。

そして、夏まきは時期がぐんとずれて8月に種まきをします。9月に植え付けを行い、10月中旬から11月中旬まで収穫が出来ます。暖かいと発芽しないので、この場合には種を冷蔵庫で冷やしてから発芽させるなどの工夫が必要です!しかし、時期をずらして栽培していけば、レタスは年に3回も収穫を迎える事が出来ます!

初心者でも簡単に出来るレタスの栽培方法を見て行こう!

さて、いよいよレタスの栽培の方法について見ていきましょう!家庭菜園はやった事がないけれど、始めてみたい!と言う初心者でも簡単に栽培していけるように、詳しくご紹介していきます。また、レタスは収穫出来る個数は少なくなってしまいますが、プランターでも栽培出来ます!プランターで栽培する際の方法についても合わせて見ていきましょう!

また、温度管理が大事なレタスを栽培するのは、初心者ならプランターの方が向いているかも知れません!温度を見ながら、冷害を受ける気温になりそうであれば室内などに移す事も可能です。初めてレタスを栽培する場合や、初心者の人はプランターで栽培して慣れてから地植えなどに変えてみると良いでしょう!プランターでも、1~2株のレタスを栽培出来ます。

レタスの栽培準備!種まきの仕方と育苗

まずは、レタスの栽培の前に種まきをして発芽させましょう!簡単なのは、ポット栽培です。1つに3~4粒程度のレタスの種を蒔きます。レタスは、暑いと発芽しなくなってしまうので夏まきの場合には冷蔵庫で種を冷やしてから蒔くと良いでしょう。また、レタスは光に当たる事を好むので上から被せる土は薄めにしましょう!あまり被せると発芽しない可能性があります。

また、夏まきで種まきをした場合には発芽までに温度が高くなってしまいます。この時期に植え付けを行った場合には、種まきから2~3日は直射日光を当てずに日影などで発芽させると温度の上昇を予防出来ます。発芽してから日光に当てるようにしましょう!乾燥にも弱いので、乾燥させないように注意もしましょう!発芽したら、間引きをして1本にします。

重要!発花分化ととう立ちとは?

レタスは、暑くなってからは発芽しないとご紹介しましたが、発芽してからも注意が必要です!それが、種まきが終わり植え付けをした辺りの時期に起こるとう立ちです。これは、発花分化と言う現象です。高温で育つ事により、花芽が形成されてしまい花芽を付けた茎だけが伸びだしてしまいます。これをとう立ちと言います。また、抽苔と呼ぶ場合もあります。

とう立ちは、悪い現象ではありません。花を付けて実をならせる植物などにとっては、生殖可能のサインになるので喜ばしい事なのですが、レタスのような葉を食べる野菜にとっては、葉や茎を硬くしてしまいます。なので、レタスの栽培の際には、とう立ちしにくい品種を選んだり、高温を避け日が長くあたってしまうのを避ける必要があります。

レタスを栽培して行こう!まずは土作りから!

レタスの栽培には、まず土作りから始まります!遅くても、レタスの栽培を始める2週間くらい前には、出来れば1ヶ月程度前から土を作って馴染ませておきます。レタスは、根が浅くあまり土を深くする必要はありません。プランターの場合も、深くする必要はありません。土は、水はけの良く保水性のある物、さらに有機質を多く含む通気性の良い土にします。

その土に、堆肥・元肥を入れて耕しておきましょう!プランターの場合、株間を15㎝取るようにしましょう。土作りが分からない場合には、市販の培養土を使っても構いません。その場合には、野菜用の培養土を使いましょう!自分で作る場合には、底に赤玉を敷き、赤玉を多めにバーミキュライトと石灰を配合した土をプランターの縁より少し少なめに敷き詰めます。

いよいよ栽培開始!レタスの植え付け

さて、レタスを植え付けて栽培していきましょう!本葉が4~5枚になっていれば、植え付けの時期です。植え付ける前に、たっぷりと水やりをするかポット毎水に浸けておきましょう!その後、株間15㎝を空けてポットから植え付けていきます。夏まきの場合には、高温になる場合があるので夕方の涼しくなってから行うようにしましょう。これで定着させれます。

レタスは、あまり深く植え付けてしまうと結球が大きくなりません。ポットごと移し、周りの土を軽くかけてからプランターをゆすって土をならします。その後、優しく土を抑えるくらいで大丈夫です。また、隣接を密集させてしまうと、日光がまんべんなくあたらなくなってしまいます。必ず15㎝以上は空けるようにしましょう!害虫対策にもなります。

レタスの栽培中の追肥の方法とは?

元肥をしっかりと与えて成長に合わせて追肥をしっかりとあげることが、より大きく立派なレタスの育て方となります。追肥の方法は、植え付けから2週間後くらいに1回目を、葉が巻き始めてきた頃に2回目を行います。植え付けから2週間毎に与えても構いません。化学肥料を、プランターなどの大きさに合わせて結球するまで与えていきましょう!

また、レタスには追肥などの肥料の他にも水やりの方法にも注意が必要です。苗がまだ小さいうちは、苗が倒れてしまう場合があるので直接水が当たらないように注意しながらたっぷりと水やりをします。一方、結球してくる時期の水やりの方法は、土が乾いてからあげるようにします。根腐れを起こしやすいので、定着後は乾燥気味にすると良いでしょう。

結球と収穫の目安とは?レタス栽培の大詰め!

さて!いよいよ待ちに待った収穫です!収穫の方法や目安を見ていきましょう!まずは収穫の目安ですが、レタスの頭の部分を軽く手で押してみましょう。固く締まっていれば収穫の目安です!レタスは、完全に結球してしまうと苦くて美味しくなくなってしまいます。8割程度結球していれば収穫するようにしましょう!リーフレタスの場合は、葉数が25枚くらいが目安です。

レタスの収穫方法は、根本からナイフなどで切り取ります。収穫の際に、根本を水で濡らしてしまわないように注意しましょう!レタスは腐りやすいので、切り口が水で濡れてしまうと腐っていってしまいます。雨が降っている日は収穫を控えて、収穫の際にも注意しましょう!その際、切り口から白い液体が出てきますが、これは新鮮な証!サポニンと呼ばれる成分です。

栽培中に気を付けたいレタスのかかりやすい病気とは?

レタスの栽培中に気を付けたい病気について見ていきましょう!まずはふち腐れです。理障害の一種で、その名の通り葉の縁が腐ってきてしまいます。これは土にカルシウムが足りていないと起きてしまいます。同じ生理障害で、タケノコ球と言う物もあります。螺旋状に変形してしまうこの病気は、高温や窒素肥料をあげ過ぎない事で予防出来ます。

また、病気には萎黄病や軟腐病、腐敗病があります。これらはしおれたり、根本や黒く変色して腐敗していく病気です。どれも、カビや菌の繫殖により発生してしまう病気です。土壌の除菌や、水はけの良い土にする事で予防出来ます。また、繫殖を抑える為にもこれらの病気に置かされてしまったレタスは切り取ってしまいましょう!害虫対策も有効です。

レタスを好きなのは虫も同じ!栽培中には害虫にも注意を!

甘くてみずみずしいレタスは、虫も好みます。そこで、害虫対策もしっかりとしておきましょう!レタスに付く害虫には、アブラムシやオオタバコガがいます。特に、アブラムシは繫殖力が強くウイルスを媒介している可能性があるので要注意!どちらも見つけ次第、手で潰すか駆除しましょう!また、殺虫剤でも駆除出来ます。有機性の殺虫剤を使用します。

また、レタスの美味しい葉を食すナメクジやハスモンヨトウもいます。ナメクジには、トラップを仕掛ける事が有効なので、苗の近くにビールやオレンジジュースなどをコップに入れて置いておきましょう!ハスモンヨトウは、葉の裏側によくついています。こまめに葉をチェックして、付いていたら手で駆除しましょう。土作りの際にも土の中を確認しておくといいです。

レタス栽培を成功させるコツとは?

レタスの栽培を成功させるコツは、温度管理や水分にあります。レタスの育て方の中では、温度管理は一番重要です!高温になりそうな場合には、涼しい場所へ移してあげましょう!また、日照時間が長くてもとう立ちなどを起こしてしまいます。電気の光でも錯覚を起こしてしまうので、明るい場所に置く時は長時間にしないよう日影に移すなど工夫しましょう。

水やりについては、苗の育て方と葉が巻き始めてからの育て方によって違いがあります。幼苗のうちにはたっぷりと与えますが、苗が倒れてしまったりしないように直接水をかけるのではなく、手に当てるなど間接的に与えるようにします。葉が巻き始めてからは、乾燥気味に土の表面が乾いてからあげるようにしましょう!根腐れを起こすのを防げます。

連作障害とは?次の栽培に活かせる知識!

レタスの育て方に慣れたら、どんどん育てて行きたくなってしまいますが待ってください!連作障害と言う物があります。これは、続けて同じ場所での栽培をする事によって実付きが悪くなる障害が起きてしまう状態です。それぞれの植物によって異なりますが、レタスの場合には2~3年空ける必要があるとされています。同じ場所で行う場合には注意しましょう!

プランターの場合には、土を入れ替えるなどの工夫をする事によって回避出来ます。また、何個かプランターを用意しておいて交互に使うなど、育て方に工夫をすれば良いでしょう。実付きが悪いな?と感じたら、土を休ませてあげる事も大事です。ゆっくりと休ませてあげる事で、また美味しいレタスを作ってくれます!連作障害にも注意しましょう!

家庭菜園で野菜をもっと!

レタスの栽培は、野菜の育て方の中でも中級クラス。この育て方に慣れれば、ぐんと野菜作りの幅も広がります!特にレタスは料理でもよく使われる野菜!値段の振り幅も広い野菜なので、スーパーで買うのをためらうくらいなら何個か栽培して、料理に思う存分使っちゃいましょう!取れたてのレタスは、みずみずしくて格別の美味しさです!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb白菜を栽培しよう!栽培方法・育て方のコツは追肥と害虫対策?
Thumb生姜を栽培する方法は?プランターでも出来る簡単な育て方!
Thumb野菜栽培を簡単にする方法!初心者も簡単プランター栽培を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧