ダイエット計画の正しい立て方!絶対に痩せたい人必見の方法とは?

痩せたい時に役立つダイエットの計画の立て方やダイエットスケジュールを作る方法についてまとめました。本当に痩せたい場合は正しい計画の立て方でダイエットスケジュールを組み立てる方法がおすすめ。正しい計画の立て方やダイエット方法で痩せたい願望を叶えましょう!

ダイエット計画の正しい立て方!絶対に痩せたい人必見の方法とは?

目次

  1. ダイエット計画の正しい立て方を知って痩せたい!
  2. 痩せたいためにはダイエット計画を作る方法が良い?
  3. 痩せたい時はダイエット前の状態を確認する
  4. 目標を定める方法がダイエット計画の正しい立て方
  5. ダイエット計画の目標はハードすぎない立て方が良い
  6. 痩せたい場合にダイエットで落とす体重の正しい目安は?
  7. スケジュールを書くことでダイエットを効率化
  8. ダイエット計画に組み込みたい正しい運動量は?
  9. 食べたものを書き出してカロリー管理を行おう
  10. ご褒美があるとダイエットは続きやすい!
  11. ダイエット中にやってくる倦怠期とは
  12. 停滞期はどのくらいあるの?その間のスケジュールの目安とは?
  13. ダイエット計画中に甘いものが食べたくなった時の正しい対処方法
  14. ダイエットで痩せたい時に最適なスイーツ類
  15. 正しいダイエット計画の立て方で痩せよう!

ダイエット計画の正しい立て方を知って痩せたい!

痩せたい時はダイエットのスケジュールが大切

「しっかりと痩せたい!」と思った時に大切になるのがダイエットの計画。どのくらいの期間でどのくらい痩せたいのかはっきりとさせてダイエットの計画を立てていくことで効率的なダイエットにつなげることができるようになります。スケジュールを立ててダイエット計画を明確にすることで自分が今どういった状態にあるのか把握しやすいのも嬉しいポイント。

なんとなく痩せたいからといってダラダラとダイエットを続けていてもあまり意味がありません。ちょっとしたことで挫折してしまったり、途中でダイエット自体が嫌になってしまったりといったことがあるため、そうならないためにダイエットの計画を役立てることが大切です。理想の体型に近づくためにダイエット計画を立ててみませんか?

正しい計画の立て方をチェックして、効率的なダイエット方法を取り入れよう

「ダイエット計画の正しい立て方について知りたい!」「ダイエットの計画を立てる場合に取り入れておきたいポイントは?」といった場合にぴったりなダイエット計画の立て方についてまとめました。基本的なポイントをおさえておけば、ダイエットの計画は立てやすくなります。理想体型に近づくために自分なりのダイエット計画を立ててみましょう!

Thumb糖質制限のメリットとデメリットは?きちんと知って正しいダイエット!

痩せたいためにはダイエット計画を作る方法が良い?

ダイエットやスケジュールを立てて計画すると効率的

それでは、そもそもダイエットをする場合は計画やスケジュールを立てた方が良いのでしょうか?もちろん、答えはイエスになります。そんな物事でも計画を立てずに何となくやっていると成功する確率が低くなってしまいますよね。ダイエットにおいてもそれは同じです。計画を立てないでダイエットをしても締まりがなくなって非効率になるため注意が必要。

効率的なダイエットにしたい場合はしっかりと計画を立てて自分の体重や食事内容などを管理することで理想の体型に近づくやすくなります。ダイエット計画を立てておけば「このくらいまで頑張ろう」というやる気にもつながり、ダイエットを続けるモチベーションにもなるのではないでしょうか。そういった意味でもダイエットにおいて計画は大切になります。

スケジュールが上手くいかない場合は計画の立て方が間違っている場合も

「ダイエットの計画を立てたのに、どうしても計画通りにダイエットすることができない……」という場合は、立てた計画が間違っているのかもしれません。ダイエット計画はただやみくもに立てても意味がないので気をつけましょう。自分にあったダイエットの計画を立てることによってダイエットを続けることができるようになるので、ぜひ最適なダイエットを行ってくださいね。

痩せたい時はダイエット前の状態を確認する

体重やウエストなど自分の状態を知ることで計画が立てやすくなる

ダイエットの計画を立てる前にやっておきたいのが、自分の今の状態を把握するということです。自分の体重やウエストがどういった状態になっているのかしっかり把握することによってダイエットの計画も立てやすくなるので、まずは計測をおこなっていきましょう。体重・ウエスト・二の腕・ヒップなど気になる箇所を計測して、自分の体を把握してくださいね。

全身を写真で撮影しておく方法もおすすめ

どのくらいダイエットができたのかを把握するために自分の全身を写真で撮影しておくのもおすすめの方法です。自分の体型がわかるような服装になり、全身鏡などを使って全身を撮影しておきましょう。数値だけだとどのくらい変わったのかわかりづらいですが、全身を撮影した写真があれば見比べることで自分のダイエットの成果を見ることができるようになります。

前回撮影した写真よりも今の方が明らかにダイエットの成果が表れているとわかったら、それだけで嬉しくなりますよね。モチベーションを上げるためにもダイエット前に全身を撮影しておくのがおすすめ。もし、ダイエット後に着たいと思っている服があるのであれば、それを着た状態で撮影をしてダイエット後にはちゃんと着れるようになっているかチェックしてみましょう。

目標を定める方法がダイエット計画の正しい立て方

なぜ痩せたいのか目標を明確にしてダイエット計画を立てよう

自分の体重などを把握することができたら、続いてはなぜダイエットをするのか目標を明確にしていきましょう。「あの服を着れるようになりたい」「◯kg痩せたい」といったようにダイエットをして理想の体型になった時の目標を立てておくことによってダイエットするやる気を明確化することができるようになります。

ただぼんやりとした目標だけだと、ダイエットで挫折を感じたらすぐにやめてしまいがちですよね。明確な目標があることによって挫折しかけても「こんな目標を達成したいんだ!」という気持ちが増して、ダイエットを頑張れるようになるのではないでしょうか。

目標に向かってスケジュールを組み立てる方法がおすすめ

ダイエットの目標を明確化することができたら、その目標に合わせてダイエットのスケジュールを組み立てていきます。目標がはっきりとしていればスケジュールも立てやすいので便利ですよね。いざスケジュールを立てようとしても目標がよくわかっていないと、どのくらいの期間でどうなりたいのかがわからないのでダイエットスケジュールを立てる時に困ってしまいます。

ダイエット計画の目標はハードすぎない立て方が良い

ハードすぎる計画やスケジュールの立て方は挫折しやすい

ダイエットの目標を立てる時に気をつけておきたいのが、ハードすぎる目標を立てないようにするということ。どんなに痩せたい気持ちが強かったとしても物理的に無理な目標を立てては意味がありません。ハードすぎる目標は実現できないダイエット計画やスケジュールを生み出し、結局は途中で挫折してしまう原因となってしまうため、気をつけておきましょう。

このくらいなら大丈夫という目標の立て方にしてみよう

ダイエットの目標を立てる時は「このくらいな大丈夫だろう」という感じで大丈夫です。多少ゆるい目標にすることで達成しやすくするのがダイエット計画では重要なポイント。1つの目標をクリアできたら次の目標を立てていくことによって、段階的にダイエットをしていくのが計画を立てる上では大切になります。

ハードルの高すぎない目標でも、段階ごとにクリアしていけば、最終的に理想の体型に近づくことができるようになります。いきなり無理な目標は立てないで、ステップアップを考えながら目標を立ててみてくださいね。1ヶ月ごとに目標を立てて、クリアできたら次の1ヶ月に新たなダイエットの目標を立てるようにすると良いでしょう。

痩せたい場合にダイエットで落とす体重の正しい目安は?

1ヶ月で元の体重の5%を目安に計画を立てる方法が正しい

ダイエットの目標を無理なく立てるために必要となるのが、減量の正しい目安。人間にはダイエットする上で正しい減量の目安というものがあるので、それを参考にしていくことで無理することなくダイエットの計画が立てられるようになります。

1ヶ月あたり元の体重の5%以下の減量を目指すのが正しいダイエットの方法。60kgの場合なら1ヶ月あたり3kg以下を目標にダイエットをします。

無理なダイエット計画を立てる方法リバウンドの元になる

60kgの人が「1ヶ月に体重を10kg落としたい!」「なんとか2ヶ月で20kg減量を目指したい」といったように無理なダイエットの目標を掲げたとしても、リバウンドの原因になってしまうことがあります。無理な目標を立てたことにより無理なダイエット計画で体が飢餓状態になりリバウンドしやすい体になるため気をつけましょう。

また、無理なダイエットは生理不順や栄養失調といったトラブルの原因にもなるので気をつけてくださいね。健康的に痩せられるダイエット計画を立てることが大切です。

スケジュールを書くことでダイエットを効率化

スケジュール管理表を紙に書いて明確にしよう

目標が定まったら、いよいよダイエットのスケジュール計画を決めていきます。まずは、「◯◯月までに◯◯kg痩せる」といった最終的な目標を立ててください。その後に1ヶ月ごとのダイエット計画を細かく決めていきましょう。1ヶ月を区切りに中間目標を設定し、最終的な目標に近づけるように計画を立てていくのがポイント。1ヶ月ごとなら整理しながら計画を立てやすくなります。

1ヶ月ごとの管理表を元にダイエットをしよう

1ヶ月ごとの管理表が完成したら、その計画に沿って1ヶ月を過ごすようにしましょう。文字にして明確化することでダイエットの計画が把握しやすくなり、ダイエットも続けやすくなります。1ヶ月がすぎて目標を達成することができたら、次のダイエットの中間目標を立てて1ヶ月のスケジュールも作っていきましょう。これを最終目標達成まで続けていきます。

ダイエット計画に組み込みたい正しい運動量は?

1日あたり20分以上の有酸素運動が効果的

ダイエットの計画を作る時に把握しておきたいのが1日に必要な運動の分量。ダイエットをするためには食事を管理するだけでなく運動をしてエネルギーを消費することも大切になります。一般的に、1日あたり20分以上の有酸素運動をするとダイエットに効果的とされているのでこの数値を目安にしてみましょう。20分以上の運動を心がけて、スケジュールに組み込んでくださいね。

どのタイミングで運動するか計画に入れていこう

どのタイミングで1日の運動量をこなしていくのか計画に書き込んでいくと効果的です。通勤通学の時間帯に歩く時間を増やしてウォーキング運動を取り入れてみたり、家の中で可能な足踏み運動を取り入れてみるなどシチュエーションごとにやりやすい運動方法を取り入れていくのがおすすめ。自分の状況にあった運動にすることで無理なく続けることができるのではないでしょうか。

Thumbダイエットにはプールが効果的!成功する方法や水泳メニューを徹底解説

食べたものを書き出してカロリー管理を行おう

食べたものを書き出すことで食事内容を把握できる

ダイエット計画においてはカロリー管理も大切になります。ただし、毎食カロリーを気にしていると大変ですし、ストレスもたまってしまいそうですね。そんな時におすすめなのが、食べたものを書き出す方法。食べたものを書き出すことによって何を食べたのか明確化し、食事内容を把握しやすくなります。

食べ過ぎの項目があった時は要注意

食事内容を把握しておけば毎回カロリー計算をしなくても「これを食べ過ぎたな」「この栄養が足りなそうだな」といったように自分で管理をしやすくなります。1日の終わりに食べたものを振り返って食事に意識的になってみましょう。そうすることで自然と栄養豊富でカロリー低めの食材を選びやすくなり、面倒なカロリー管理がなくても健康的な食事を心がけやすくなります。

ご褒美があるとダイエットは続きやすい!

ご褒美が無いとダイエット計画は続けにくい

いくら目標があってダイエットを頑張っていたとしても、何かしらのご褒美がないと続けるモチベーションが下がってしまうことがありますよね。目標を掲げていれば、ダイエットもさらに頑張ることができるようになるのではないでしょうか。やる気を出すためにも目標を掲げておくのがおすすめです。

1ヶ月ごとに目標達成のご褒美を準備すると痩せたい気持ちが増す

ご褒美は1ヶ月ごとに設定するのがおすすめ。1ヶ月ごとに設定した中間目標を達成することができたら自分にご褒美をあげましょう。「欲しかった服を買う」「行きたい旅行へ出かける」といったように自分が喜びそうなご褒美を設定してみてくださいね。最終目標を達成することができた時は、大きなご褒美を用意してみてはいかがですか。

Thumbダイエットで痩せるシンデレラノートを手作り!書き方や効果を徹底検証

ダイエット中にやってくる倦怠期とは

ダイエット中は生命維持の働きによって停滞期が訪れる

ダイエットをしていると誰もが当たってしまう倦怠期。体重が落ちなくなるので焦ってしまいますよね。倦怠期がやってくる原因は、ダイエットにより体が作動させている生命維持機能。体重が落ちたことによって生命を維持するために体が自動的にエネルギー消費量を減らすのが要因となります。

ダイエット開始から1ヶ月くらいで停滞期はやってくる

停滞期は、ダイエットをはじめてから1ヶ月くらいで訪れます。ちょうど体重が落ち始めてダイエットのやる気が出てきた頃に停滞期がやってくるので、落ち込まないように気をつけましょう。

停滞期はどのくらいあるの?その間のスケジュールの目安とは?

停滞期は2週間ほどで終わる

停滞期はだいたい2週間ほどで終わります。停滞期を乗り越えることができたら、再びダイエットの効果が現れ始めるので諦めずにダイエットを続けていきましょう!

痩せたい気持ちを盛り上げて、正しいダイエット方法を続けよう

食事を管理したり、運動をしたりといったダイエットを地道に続けていれば停滞期を抜けた時にきっとダイエットの効果を感じられるはずです。停滞期に入ったらダイエットの目標のグレードも少し下げて無理のないように続けられるようにしてくださいね。

ダイエット計画中に甘いものが食べたくなった時の正しい対処方法

ダイエット中はどうしても甘いものが食べたくなりがち

ダイエットをしていると、どうしても甘いものが食べたくなりますよね。ダイエット計画を厳密に続けていても、ふとした時に甘いものが食べたくなって誘惑にかられることも多いのではないでしょうか。

ヘルシーな甘いものでストレスを溜めない方法がおすすめ

甘いものが食べたくなったら、無理をしないのがベスト。無理をしすぎると結局は暴飲暴食の原因になってしまいます。ヘルシーな甘いものであればダイエットに大きな影響を与えないのでそういったものを活用しながらダイエットのスケジュールをこなしていきましょう。

ダイエットで痩せたい時に最適なスイーツ類

果物やドライフルーツ

ダイエット中におすすめの甘いものはフルーツ。フルーツであればビタミンやミネラルなどの栄養が豊富で体にも良いので、綺麗に痩せたい場合にぴったりの食材です。外出先でも気軽に食べられるドライフルーツもおすすめ。しっかりよく噛んで食べることで満腹感も得られやすくなります。

低カロリーなコンビニスイーツもおすすめ

80kcalのアイスクリームや糖質オフスイーツなど、コンビニのヘルシーなスイーツもおすすめ。カロリー表示や成分表示をチェックして、ヘルシーなスイーツを活用していきましょう。

Thumb糖質の1日の必要量とは?間違った糖質制限ダイエットをしないために!

正しいダイエット計画の立て方で痩せよう!

ダイエットを続けるためには正しい計画の立て方が必要になります。無理のない中間目標を立てて1ヶ月ごとにクリアし、最終的な目標へと近づいていきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧