レザークラフトの無料型紙サイト特集!初心者必見の簡単な作り方のコツは?

初心者でも気軽に始められるレザークラフトの作り方として、無料でダウンロードできる型紙を扱うサイトや型紙の作り方もあわせて紹介していきます。意外と割高な革製品をレザークラフトすれば低価格で入手でき、型紙があればアレンジも楽しめるようになります。

レザークラフトの無料型紙サイト特集!初心者必見の簡単な作り方のコツは?

目次

  1. レザークラフトの型紙とは
  2. 低価格で始められるレザークラフトに必要な道具と型紙
  3. 型紙が準備できれば簡単!レザークラフトの作り方
  4. レザークラフトの無料型紙入手におすすめのサイトは?
  5. 「赤城革工房」はレザークラフトの無料型紙が手に入る!
  6. 初心者にも優しい型紙!「レザークラフトマンの道」
  7. 「レザクライフ初心者から楽しめるレザークラフト入門サイト」
  8. レザークラフトを極めて型紙デザインなしの作成サイト
  9. 初心者必見!型紙から作るなら参考にしたいレザークラフト作品
  10. 小物レザークラフトの型紙付きで挑戦してみよう!

レザークラフトの型紙とは

皮革を材料に、様々なものを作る手芸のことをレザークラフトと呼びます。作品を作るに当たって、必ず必要となる型紙は初心者で作るとなると色々不安です。そんな時、基本の型紙を配布しているサイトはとても便利です。

今回は、そんなレザークラフトの型紙の起こし方は勿論、無料でダウンロードできて尚且つ仕上がりの画像を確認することのできる便利なサイトも紹介していきます。

少し前から、レザークラフトで活躍される方も増えクオリティの高い作品を沢山見つけることができるようになってきています。そんな画像の中から、特に初心者向けの物もあわせてお伝えしていきます。これらの作品を参考に、無料型紙を使って自宅でも簡単にレザークラフトが楽しみましょう。

Thumbレザークラフト初心者にも作れるおすすめの小物まとめ!独学でもできる?

低価格で始められるレザークラフトに必要な道具と型紙

沢山ある手芸の中では、わりと作品で使う皮自体が割高で、必要な道具を揃えるとなると準備するだけで相当な額が必要になってきます。初心者だと少し敷居が高いので、自宅にあるものを代用にする前提でレザークラフトに必要な道具をお伝えしていきます。

レザークラフト専用の物でなくても、これからお伝えするレザークラフトの作り方に使うことができます。代用品はカッコの中になります。皮包丁(大きめのカッターナイフ)・床面処理剤・ネジ捻やステッチンググルーバー(コンパス)・へり落とし(やすり)・菱目打ち(千枚通し)・革針(手芸用針)・ゴム板やアクリル板(雑誌)・麻糸(太めの糸)です。

床面処理剤以外は、ほとんど代用品を使って作成することができますので、初心者であれば低価格な皮で練習を兼ねて始めるのもいいでしょう。糸の毛羽立ちを押さえるミツロウなども、本格的に作り始めるのであれば購入を検討すればよいかと思います。

Thumbレザークラフトの道具・使い方まとめ!おすすめや100均アイテムを紹介!

型紙が準備できれば簡単!レザークラフトの作り方

「レザークラフトに必要な道具と型紙」では、レザークラフトを作成するために必要な道具をお伝えしましたが、レザークラフトの作り方に型紙は最も必要なものの一つです。型紙なしに革を切る事ができない為、作り初めには予め準備しておく必要があります。

ある程度のデザインやサイズを大まかな図として先に書いておきます。そこから作品に必要なパーツを書きくわえます。小さな小物であれば、パーツ数も少なく初心者向けのレザークラフトが楽しめるでしょう。実際手元にあるアイテムを採寸して、縫い合わせる部分を想定してサイズを決めて行きます。

大まかなデザインが決まれば、後はサイズを測り実寸大の型紙を作っていきます。初めての場合、やはりこの作業が難しい方も多いと思いますので、簡単に作れるレザークラフトの型紙を無料ダウンロードできるところをサイト別に詳しく紹介していきます。初心者向けの小さめなアイテムを紹介しているので、これから始める方にはうってつけのサイトです。

レザークラフトの無料型紙入手におすすめのサイトは?

レザークラフトは、材料費もそれなりにかかり一度切ってしまうと作り直しも難しい為、基本の作り方もしっかり身に付けられるよう小物を扱ったサイトをメインに紹介していきます。

初心者でも作りやすいアイテムの型紙を無料でダウンロードできる各サイトは、後ほど1つずつ詳しくお伝えします。型紙を作ったアイテム作りの前に、皮の穴修復や皮製品の取り扱いについて、ある程度の知識を持っていると何かと便利です。

その為「革ジャン破れ 数百円でとりあえずの修理できる方法」などで検索して、型紙を使ったレザークラフトの作成をする前の予備知識として入れておきましょう。

「赤城革工房」はレザークラフトの無料型紙が手に入る!

レザークラフトの無料型紙付き作り方

腕時計のベルト・UNOやタバコケース・盾型キーホルダー・ペンケース・ダッフィー用ミニバッグの作り方を型紙付きで紹介しているのは「赤城革工房」です。小物がメインなので、初心者向きで更に低価格で材料を準備することができます。

先に「レザークラフトに必要な道具と型紙」でお伝えしたものには、これらを作るのにパーツが必要なものもあるので、改めて確認しておきます。キーホルダーの場合、カシメ打ちのための道具やキーを取りつける部分のアミナスカン(二重リング)などが必要です。

無料ダウンロードできるPDFファイルの型紙は、印刷時の注意点などもあわせて伝えられており、実物大とサイズが異なるといったトラブルも防げます。

初心者にも優しい型紙!「レザークラフトマンの道」

ベルトループキーホルダー(レザークラフト)作り方&無料型紙

サイト「レザークラフトマンの道」の作り方から、ベルトループキーホルダーの作り方、簡単な携帯ケースの作り方、バイカーズ・ロングウォレットの作り方など初心者に優しい型紙付き解説があります。画像付き解説なので、大変わかりやすく、随所に失敗しない為のアドバイスがあります。

チャック付きのペンケースなど、基本的なアイテムの使い方やガラス板(ヘラ)でしごいて皮をきれいに見せるテクニックなども詳しく紹介されていますので、更に別のレザークラフトに挑戦する足掛かりになります。

型紙はPDFファイルで一度ダウンロードしてからプリントアウトしますが、厚紙に張り付けてから切り取ることで革を裁断しやすくなりますし、また別の革で作る際にも利用することができます。

「レザクライフ初心者から楽しめるレザークラフト入門サイト」

バイブルサイズシステムバインダ(レザークラフト)無料型紙付きサイト

「レザクライフ初心者から楽しめるレザークラフト入門サイト」では、システムバインダーの作り方をわかりやすく解説しています。バイブルサイズのシステムバインダーの作り方は、前編で内装、後編で外装を伝えています。

無料型紙をダウンロードしたら、圧縮ファイルになっているので解凍してからプリントアウトします。こちらも厚手の紙に張り付けて切り取っておけば、同じものをまた作りたくなった時や、同じようなものを作る際のデザインの参考に型紙が使えるでしょう。

完成時に分厚くなってしまわないように、接着する部分の加工方法を詳しく解説しています。オプション解説時に利用している道具は、「レザークラフトに必要な道具と型紙」でお伝えしている道具にはありません。革を薄くする際に利用するペディは、カンナでも代用可能です。中には彫刻刀の平刀を使っている方もいます。

レザークラフトを極めて型紙デザインなしの作成サイト

革を扱うレザークラフトは、大きなアイテム作成になればなるほど革の耐久性を考えねばなりません。厚みのあるしっかりした革だと値段も貼りますし、材料の準備だけにも数万かかります。

ただし既製品と比べれば、大きめのバッグは10万前後するので、やはりレザークラフトでオリジナルの物を作成する方が割安ですね。レザークラフトスキルがつけば、安い革でも作成することはできます。万が一革が痛んでカバンにトラブルがあっても「レザークラフトの無料型紙入手におすすめのサイトは?」でお伝えした、革の修復方法を知っておきましょう。

サイト「yuyaのブロマガ レザークラフトバッグを作ってみた。」では、今までに色々な形状のレザークラフトの経験を積んだ上で、型紙なしにバッグ作りに挑戦しています。しかし、製作者はレザークラフトを始めて1年も経っていないそうなので、どうしても自分の好きなレザー製品が見つからない方はこれを機会に作ってみたくなるレポートです。

初心者必見!型紙から作るなら参考にしたいレザークラフト作品

レザークラフトを作成する前に、切りぬいた型紙を一度組み合わせてみるのはおすすめです。完成した作品では糊付けした幅によってカードが入らなかったり、幅が足りないといった事が起こります。

作り始めていくと「こんなはずではなかった!」という失敗が発生しやすいです。上の画像のような財布であれば、細かい点を確認しながら、配慮して作り始めるといいでしょう。

上の画像はレザーカービングと呼ばれる手法です。刻印を押しつけて跡をつけたり、革を叩いて模様を浮き出させる加工を行います。この程度のサイズであれば、模様をくりぬいた革を上に重ねて下の皮を見せるような加工も楽しめます。

小物レザークラフトの型紙付きで挑戦してみよう!

今回ご紹介させていただいたレザークラフトは、これから始めてみようと思っている初心者の向けの情報ですが、如何でしたでしょうか。何度か作成しただけで、大物に挑戦されている方の作品を見ると、意外と簡単に出来そうです。

例えば、一つの型紙でポケットを作れば、何度も同じ型紙でポケットを作る事ができます。基本の型紙があれば、革の張り方一つでまた違った風合いの作品が簡単に作れます。

革も種類によって値段が大きく異なりますので、安い物で練習を兼ねて小物を作ってみてください。きっとはまって、新しい作品にチャレンジしたくなること間違いなしです。作っているうちに使いやすさを求めた道具も必要になってくるでしょう。長く愛用する事で、手に馴染む飴色の革製品が完成します。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧