チョコレートのカロリーを調査!種類別の比較やダイエット中の食べ方は?

ダイエット中だけれどチョコレートが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか。しかし高カロリーなイメージがあり、チョコレートはダイエットの敵というイメージがありますね。この記事ではチョコレートのカロリーや商品の比較、ダイエット中の食べ方をご紹介します。

チョコレートのカロリーを調査!種類別の比較やダイエット中の食べ方は?

目次

  1. みんな大好きなチョコレート・ダイエットには不向きなイメージ?
  2. チョコレートは上手に食べればダイエット中もOK!?
  3. 各社から販売されている板チョコレートのカロリー
  4. 様々なメーカーから販売されるチョコレートのカロリーは?
  5. ダイエット中におすすめするチョコレートの食べ方は?
  6. ①小包装のチョコレートを食べる
  7. ②ミニサイズのチョコレートを食べる
  8. ダイエット中はビターチョコを選ぶのがおすすめ!?
  9. ダイエット中におすすめのチョコレートが販売されている!
  10. ダイエット中も食べ方次第でチョコレートを楽しめる!

みんな大好きなチョコレート・ダイエットには不向きなイメージ?

チョコレートが好物という方は多いと思います。甘くて濃厚なチョコレートは高カロリーなイメージがあり、ダイエットに不向きだと感じる食品です。しかしチョコレートも商品・種類の選び方、そして食べ方のポイントをおさえればダイエット中でも食べられるってご存知でしょうか。

今回はチョコレートの商品別のカロリーを比較、そしてダイエット中の食べ方について調べてみました。ぜひ記事を参考に、ダイエット中でもチョコレートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

チョコレートは上手に食べればダイエット中もOK!?

チョコレートはダイエット中でも種類の選び方や食べ方次第で楽しめるお菓子です。カロリーが高くて甘いチョコレートですが、なぜダイエット中でも食べることができるのでしょうか。

チョコレートはポリフェノール・食物繊維・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛と言った栄養素が含まれています。チョコレートはカカオで作られているので他のお菓子に比べて栄養価が多く含まれています。しかしカロリーは高いので食べすぎてはいけません。チョコレートを適度に楽しむことはメリットがあるんですよ。

また、味の面でも甘くて濃厚なので食べた時に満足感が高いのがチョコレートの魅力です。チョコレートをひとくち食べたら幸せな気持ちになったという経験はないでしょうか。ここからは各社から販売されているチョコレート菓子のカロリー比較や、ダイエットにおすすめの食べ方をご紹介します。

各社から販売されている板チョコレートのカロリー

明治・ミルクチョコレートのカロリー

コンビニ・スーパーなどでお馴染みの明治「ミルクチョコレート」のカロリーは、1枚(15片)で363kcal、1片で24kcalとなっています。1枚丸々食べてしまうと高カロリーですが、少量ずつ食べるのであればダイエット中でも問題のないカロリーです。

ガーナ・ミルクチョコレートのカロリー

スーパー・コンビニなどで定番の板チョコレートである、ガーナミルクチョコレートは1枚337kcal、1片で14kcalとなっています。1片で見ると、上記でご紹介した明治ミルクチョコレートよりカロリーは下がりますが、1片のサイズは異なりガーナミルクチョコレートの方が小さくなります。よって、カロリー的には明治のものとそれほど差がありません。

森永・ミルクチョコレートのカロリー

根強いファンの多い森永のミルクチョコレートのカロリーは1枚(15片)で340kcal、1片で22kcalです。明治ミルクチョコレートより若干カロリーが低い数値となっていますが、合計した内容量は明治ミルクチョコレートよりも5g少ないので差はありません。1回で食べ過ぎないように食べるなど食べ方を工夫してみましょう。

様々なメーカーから販売されるチョコレートのカロリーは?

森永・ダースのカロリー

ミルキーでマイルドな味わいが人気の森永・ダースはミニサイズが1箱に12個入っています。カロリーは1箱(50g)・295kcalで、1個当たり約24.5kcalになります。板チョコ同様、少しずつ食べるのであればダイエットの息抜きとして楽しむことができる商品です。

明治・チョコレート効果シリーズのカロリー

チョコレート好きに支持されている商品が明治チョコレート効果です。カカオ感の強いチョコレートで、種類のよってビター感が変わります。様々な種類がありますが、チョコレート効果カカオ72%のカロリーが1粒28kcal、コレート効果カカオ86%のカロリーが1粒29kcalとなっています。

明治・マカダミアナッツチョコレートのカロリー

チョコレートと相性がいい、マカダミアナッツ入りの贅沢な味わいが人気の明治・マカダミアナッツチョコレートです。マカダミアナッツが入っているので、カロリーは1粒・48kcalと他の商品よりやや高めです。そのかわり満足感が高く、少量でやめやすいという声もあります。1日3粒程度であればたまに楽しむのはアリですね。

グリコ・ポッキーのカロリー

ポッキーはチョコレート菓子の中でも定番の商品ですよね。種類も豊富ですが、ポッキーのスタンダードなチョコレート味の1本あたりのカロリーは約10kcalほどです。現在はポッキー1箱に31.5gの袋が2つ入っています。この1袋で159kcalになります。

ブルボン・アルフォートのカロリー

ビスケットとチョコレートのハーモニーが絶妙なブルボン・アルフォートも人気の高いチョコレート菓子の1つですね。アルフォートのスタンダードな商品は1ケースにミニサイズのビスケットチョコレートが12個入っており、カロリーは1つ53kcalほどです。1ケース食べると318kcalで、ダイエット中には少し厳しいカロリーとなります。

ダイエット中におすすめするチョコレートの食べ方は?

ここまで、一般的によく食べられているチョコレート商品のカロリーをご紹介しました。ここからはダイエットにおすすめのチョコレートの選び方や食べ方をご紹介します。ダイエット中にチョコレートを食べたい時に抑えておきたいポイントとは一体どんなものでしょうか。

①小包装のチョコレートを食べる

ダイエット中にチョコレートを食べたい場合は、板チョコレートになっているものや、大容量になっているものよりも小包装になっている種類を選ぶのがおすすめと言えます。小包装のものを少量であればカロリーは少なくて済みますよね。

大容量の種類のものはお皿にとりわけて少量のみ楽しむ!

もし板チョコになっていたり、1袋の量が多いチョコレート菓子を食べたい場合は少量をお皿などにとりわけておきます。そうすることで、食べ過ぎを防ぐことができますよ。大袋のものを袋から食べていると、あと1口がやめられずに全部食べてしまった…という方もいらっしゃいます。食べ過ぎを事前に防ぐためにも、食べる量を決めてそれだけをとりわけておきましょう。

②ミニサイズのチョコレートを食べる

今はチョコレートの種類が豊富なため、食べきりサイズの商品も多く販売されています。こういったものを上手に利用するのもおすすめの方法の1つです。商品の種類によりますが、これらの商品は全部食べても200kcalほどなので、板チョコや箱のチョコレートを全部食べるよりも比較的カロリーを抑えることができます。

ややお値段は大袋に入っているものより割高ですが、食べ過ぎを事前に防ぐことができるのが嬉しいですよね。様々な商品が販売されているので店頭でカロリーを比較して購入するのも良いのではないでしょうか。

ダイエット中はビターチョコを選ぶのがおすすめ!?

ダイエット中のチョコレートはビターチョコレートを選ぶのがおすすめです。ビターチョコレートはカカオの量が多く、そのぶん砂糖の量が少なくなっています。カロリー自体はミルクチョコレートとあまり変わらないものの、糖質が低いためミルクチョコレートよりもダイエット向きになっています。

カカオは適量であれば美容や健康にも良いとされているので、現在は高カカオチョコレートの人気が高まっています。ビターチョコレートがお好きであれば、ダイエット中のチョコレートはビターのものを選ぶ方がおすすめと言えます。

ダイエット中におすすめのチョコレートが販売されている!

グリコ・リベラチョコレート

チョコレートの効果に注目されている現代、より健康志向でダイエットにもおすすめのチョコレートが多く販売されているのをご存知でしょうか。最後に、ダイエットにおすすめするチョコレートの種類をご紹介します。まずはグリコから販売されている「リベラチョコレート」です。

脂肪・糖の吸収を抑えるというキャッチフレーズのチョコレートです。なぜチョコレートなのにそういった効果があると言われているのかというと、食物繊維である難消化デキストリンが含まれている商品だからです。食物繊維は女性に欠かせない栄養素なので、チョコレートから摂取できるのは嬉しいですよね。ダイエット中のおやつには下記で紹介するZEROがおすすめです。

ロッテ・ZERO ノンシュガーチョコレート

ブドウ糖・砂糖・乳糖等を使わず、糖質を抑えて作られているのがロッテのZEROです。普段私たちが馴染みのあるお菓子やチョコレートよりも血糖値が上がりにくい商品になっています。糖質制限ダイエットをしているという方でもZEROであればチョコレートを楽しむことができる!と話題になりました。味はきちんと甘さがあり美味しいチョコレートです。

ナチュラルローソン・ココナッツシュガーチョコレート

ナチュラルローソンの商品は健康志向で美味しいものが増えています。チョコレート系の商品も多く、糖質の低いチョコレートが多く販売されています。どれも美味しいのに一般的な商品よりカロリーが低いのでおすすめですが、中でも人気のチョコレートが「ココナッツシュガーチョコレート」です。ココナッツ風味と甘さがあるにも関わらず、10gしか糖質が含まれていません。

ダイエット中も食べ方次第でチョコレートを楽しめる!

チョコレートのカロリーや商品別の比較カロリー、ダイエット中におすすめの食べ方をご紹介しました。ダイエット中でも商品の種類選や食べ方を工夫すればチョコレートを楽しむことができます。カロリー比較を参考にチョコレートを選んだり、食べ方に気をつけるようにしてみましょう。

工夫次第で美味しいチョコレートがダイエット中に食べられるのであれば、ダイエットのモチベーションも上がりますよね!ぜひ記事を参考に、ダイエット中もチョコレートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「カロリー」「ダイエット」に関する記事はこちら

Thumbダイエット中のお弁当レシピ!健康的に痩せる低カロリーのおかずを紹介
Thumbブロッコリーは糖質制限中に食べて大丈夫?気になるカロリーや人気レシピ集
Thumb脂肪の消費カロリーは燃焼効率がカギ!1kg落とすのに必要な運動量は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-14 時点

新着一覧