チョコレートが太るのは間違い?太らない食べ方と選び方を徹底解説

チョコレートが太るのは間違いなのかどうかについてまとめました。チョコレートを食べると太る原因を知って、太らない食べ方・選び方を取り入れることが大切。太るチョコレートの食べ方の原因を避けながら、太らないチョコレートの選び方を活用しましょう!

チョコレートが太るのは間違い?太らない食べ方と選び方を徹底解説

目次

  1. チョコレートを食べると太るのか太らないのか知りたい!
  2. 太る食べ方を避ければチョコレートは健康に良い
  3. 美容にもチョコレートは良い影響を与える?
  4. チョコレートはダイエットにも効果的で太るのを防ぐ
  5. なぜ?チョコレートを食べると太ると言われている原因とは?
  6. 太らないチョコレートの選び方は?
  7. 太らないために取り入れたいチョコレートの食べ方とは
  8. 太らないチョコレートの食べ方のポイント
  9. おすすめ!太る原因を回避できるおすすめチョコレート
  10. 太る原因を知って、太らないチョコレートの選び方を取り入れよう

チョコレートを食べると太るのか太らないのか知りたい!

太るイメージが強いチョコレート

「チョコレートを食べたいけれども太るからなあ……」と思ってチョコレートを食べるのを躊躇することはよくありませんか?チョコレートは確かに太るイメージが強いですが、それは太る食べ方をしているからかもしれません。チョコレートが太る原因になる要素をしっかりと把握していくことで、太ることなくチョコレートを楽しむことも可能です。

太ることなくチョコレートを楽しむためには、太らないチョコレートの食べ方や選び方をチェックしておくことが大切になります。基本的なポイントさえおさえておけば、チョコレートを健康的に食べることができるようになるので、ぜひ活用したいですね。太らないチョコレートの選び方を取り入れて、美味しくチョコレートをいただいていきましょう。

太る原因を知って、太らないチョコレートの食べ方をチェックしよう

「太ることなくチョコレートを楽しむためにはどうすれば良い?」「太らないチョコレートの食べ方を知りたい!」という場合に役立つチョコレートの情報についてまとめました。チョコレートを食べても太らない方法さえ取り入れておけば安心ですよね。美容や健康にも役立つチョコレートの種類も含めて、チョコレートの情報をチェックしておきましょう。

Thumbローチョコレートとは?特徴やお肌への効果・栄養成分など徹底調査

太る食べ方を避ければチョコレートは健康に良い

カカオポリフェノールを豊富に含むチョコレート

チョコレートの原料となっているカカオはもともと体に良い栄養をたくさん含んだ食材として知られています。代表的なのがカカオポリフェノール。カカオポリフェノールや健康や美容などさまざまな面で体に良い影響を与えてくれる栄養として知られ、正しい方法で取り入れていけば健康的な体づくりに役立ちます。

カカオポリフェノールの1日の摂取量として推奨されているのが1500mgほど。カカオポリフェノールの含有率はチョコレートやココアなどのカカオを使った食品に多く、カカオ100mlあたり2000mgものカカオポリフェノールが含まれているとされています。そういったカカオポリフェノールを活用していけば、健康的にチョコレートを食べられるのではないでしょうか。

抗酸化作用で動脈硬化などを防ぐ

カカオポリフェノールの効果としてまず挙げられるのが、抗酸化作用。体の老化の原因となる酸化を防ぐことができる働きを発揮してくれるのがカカオポリフェノールの魅力です。抗酸化作用のある栄養を摂取することによって高血圧や動脈硬化といった加齢による疾患も防ぐことができるとされているのが特徴。健康的な体づくりにチョコレートのカカオポリフェノールが役立ちそうです。

美容にもチョコレートは良い影響を与える?

アンチエイジング効果で若々しい肌に

チョコレートは健康だけでなく、美容にも良い効果を発揮してくれるのが嬉しいポイント。チョコレートが含有しているカカオポリフェノールには老化を防ぐ作用があるとご紹介しましたが、これは若々しい肌を保つためにも役立ちます。体の老化が防ぐことでシワやくすみなどの肌の老化も防ぐことができ、きれいな状態をキープしやすくなるのが魅力。

チョコレートの油分は潤いを与えるのにも最適

チョコレートに含まれる油分はお肌に潤いを与えるのにぴったりとされているのも嬉しいポイント。乾燥肌になると毛穴が開いたり、皮脂の分泌が過剰になったりといった肌トラブルが起きやすくなるのでお肌に潤いを与えることは大切になります。

化粧品で肌の調子を整えることも大切ですが、体の中から肌に良い栄養を摂取するのも重要なポイント。日々の食事で肌に良い栄養を摂取していくことで若々しい肌を保ちやすくなります。その1つとしてチョコレートを役立ててみてはいかがですか。

チョコレートはダイエットにも効果的で太るのを防ぐ

脂肪燃焼率を高めるカカオポリフェノール

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、まだ体に良い影響を与えてくれる効果があります。カカオポリフェノールには脂肪燃焼率を高める効果があるとされているのが魅力。アンチエイジング効果のある栄養は加齢による代謝の低下を防いでくれるため、痩せやすい体になりやすくなると言われています。

脂肪の燃焼率が高まっている状態で運動をすれば、しっかりとエネルギーを消費することが可能に。チョコレートを食べるだけでなく運動も取り入れることで効率的なダイエットにつなげられるのではないでしょうか。

豊富な食物繊維で代謝をアップ

チョコレートには、実は食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内環境を整えるのに効果的な栄養。腸内を整えることで便秘が解消され、老廃物の排出がスムーズになります。便秘の状態が続くということは太る原因にもなるので気をつけましょう。老廃物が溜まることで代謝が低下するため、痩せにくい体になってしまいます。そうならないために食物繊維をとっておきたいですね。

なぜ?チョコレートを食べると太ると言われている原因とは?

白砂糖を多く含んだチョコレートは太る原因になる

ここまではチョコレートに含まれる体に嬉しい栄養について見ていきましたが、それでもなぜチョコレートを食べると太ると言われているのでしょうか?チョコレートを食べると太ると言われる大きな原因が白砂糖。白砂糖がたくさん含まれているタイプのチョコレートだと、糖分が脂肪として体に溜まりやすくなり、太る原因となってしまいます。

白砂糖は体を冷やすことでも知られています。体が冷えることによって代謝が低下し、太る原因となってしまうのもポイント。チョコレートには体に嬉しい栄養も含まれていますが、一方で商品によってはダイエットの妨げになる成分も含まれているので選び方に気をつけることが大切です。

チョコレートを食べすぎることも太る大きな原因

いくら体に良い栄養を含んでいたとしても、チョコレートを食べ過ぎては意味がありません。チョコレートの食べ過ぎはカロリーや糖質量がオーバーになって、エネルギーと消費できずに脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。ダイエットや美容などに役立てたい場合は、食べ方を工夫して太らないチョコレートの選び方を把握しておくことが重要なポイント。

Thumbチョコレートのカフェイン含有量は?1日に摂取していい適正な量とは?

太らないチョコレートの選び方は?

カカオ含有率が高いビターチョコレートを取り入れる選び方がおすすめ

それでは、太らないチョコレートの選び方についてチェックしていきましょう。太らないチョコレートとしておすすめなのがカカオ含有率が70%以上のビターチョコレート。カカオの含有率が高ければカカオポリフェノールを効率的に摂取することができます。また、ビターチョコレートなら糖分も控えめなのが魅力。

てんさい糖や果糖系の甘みを使用している

白砂糖を使っていないビターチョコレートであることも大切になります。てんさい糖や果糖など体への影響を最小限にすることができるタイプの糖類を選んでいきましょう。てんさい糖の場合は体を温める効果があり、血糖値の上昇も緩やかにしてくれるため健康が気になる時やダイエット中に食べるのにおすすめです。

太らないために取り入れたいチョコレートの食べ方とは

食事の20分前にチョコレートを食べる

太らないためにはチョコレートの食べ方も大切になります。まずおすすめなのが食事の20分前にビターチョコレートを食べるという方法。食事の20分前に食べることで空腹状態をなくし、食事の食べ過ぎを防げるとされています。20分前を目安にビターチョコレートを食べてみてはいかがですか。

午後3時にいただく食べ方もおすすめ

午後3時くらいにチョコレートを食べるのもおすすめの方法。午後3時くらいの時間帯は1日の中でも代謝が高まっている時間帯とされており、チョコレートで摂取したエネルギーも消費しやすくなります。

また、食後から4時間ほど経過すると体が飢餓状態になり、脂肪を溜め込みやすくなるのもポイント。午後3時くらいにチョコレートを食べることで飢餓状態を回避し、脂肪の溜め込みを防げると言われています。

太らないチョコレートの食べ方のポイント

1日あたり25gを目安に

チョコレートを食べる分量も重要なポイントになります。チョコレートは1日あたり25gを目安にしましょう。70%以上のカカオ含有率のチョコレートであれば、1日に必要なカカオポリフェノールを摂取することができるとされています。

口の中でゆっくりとかして食べる

チョコレートを食べる時は噛み砕くのではなく、口の中でゆっくり溶かすようにするのもポイント。チョコレートを早食いしてしまうと満足感を得られず「もっとチョコレートを食べたい!」という気持ちになってしまいます。そうならないようにゆっくりと溶かすように食べていきましょう。満腹週数が刺激され、少量でも満足感のあるおやつを楽しめます。

Thumbチョコレートは甘くて美味しいだけじゃない!健康や美容にも良い?

おすすめ!太る原因を回避できるおすすめチョコレート

チョコレート効果

カカオの含有率の高いチョコレートとして人気を集めているのが明治のチョコレート効果。70%以上のビターチョコレートが数多く出ており、小包装になっているのでついつい食べ過ぎてしまうのを防げます。

カカオ70

森永のcacao70もおすすめのチョコレート。この商品も小分けになっているため、食べ過ぎを防ぎながら美味しくビターチョコレートをいただくことができます。

Thumb美味しいチョコレートの人気ランキング!市販から高級ブランドまで

太る原因を知って、太らないチョコレートの選び方を取り入れよう

太らないようにチョコレートを食べるためにはちょっとした工夫が必要。ポイントをおさえて、チョコレートを楽しんでみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧