ピーマンの栽培方法・育て方まとめ!初心者がプランターで育てるコツは?

家庭菜園にチャレンジしたいと思っている人も多いと思いますが、育て方が簡単な野菜から初めてみたいですよね。そんな時にはピーマンがおすすめ!今日はピーマンのプランター栽培での育て方について詳しく解説します。初心者は、ピーマンのプランター栽培から初めてみましょう!

ピーマンの栽培方法・育て方まとめ!初心者がプランターで育てるコツは?

目次

  1. ピーマンをプランター栽培で育ててみたい!育て方のコツはある?
  2. 栽培する前にピーマンの特性を知っておこう!
  3. ピーマンのプランター栽培に必要になるもの
  4. ①プランター栽培に必須アイテムなプランターと土
  5. ②育て方で必要になる支柱と麻ひもなど
  6. ③プランター栽培のメイン!ピーマンの苗木や肥料など
  7. プランター栽培で育てる為には良い苗木を選ぼう!
  8. プランター栽培でのピーマンの育て方
  9. 【育て方①】植える時期から逆算して2週間前に土壌を準備しておく
  10. 【育て方②】断面が山型になるようにピーマンの苗を植え付ける
  11. 【育て方③】定植時にはたっぷりと水を与える
  12. 【育て方④】植え付けから約2週間後に支柱に花を結びつける
  13. 【育て方⑤】実が大きくなったら収穫しよう!
  14. 追肥を上手にすることが長く収穫を楽しめる育て方
  15. ピーマンのプランター栽培での害虫や病気になるの?
  16. プランター栽培を成功させるためのピーマンの育て方のポイント
  17. ①ピーマンの育て方では早植えに注意が必要
  18. ②耕土は深めにしておくことが育て方では大切
  19. ③雨にあたらない場所での栽培がベスト
  20. ④連作障害になるので3年は間隔をあけて栽培するのが育て方のコツ
  21. プランター栽培は育て方次第で長期間楽しめる!

ピーマンをプランター栽培で育ててみたい!育て方のコツはある?

栄養満点なピーマンですが、野菜が高騰したりして自宅で栽培してみたいと思う人もいますよね。ピーマンは緑黄色野菜の1つでビタミンCやカロテンが多く含まれており、アンチエイジングや美肌効果が高く女性は積極的に食べておきたい野菜です。

またピーマンは肉詰めやチンジャオロースといった料理など、たくさんのアレンジレシピが多いのも魅力の1つ。子供には苦手意識の高いピーマンですが、今はピーマンの種類によっては苦味が少ないピーマンもあります。子供も大人も積極的に食べておきたいピーマンは、家庭菜園で作るのにおすすめの野菜です。

ピーマンはプランター栽培なら育て方が簡単

家庭菜園となると、大きな庭が必要になったり道具も特殊なものが必要になると思われがちですが、ピーマンの場合には、プランター栽培が可能になりますので、簡単に育てることができます。マンションであったり、アパートのベランダでも、プランターがあれば栽培が出来ますので是非チャレンジしてみてくださいね。

ピーマンの育て方は、家庭菜園の初心者にも簡単ですので、初めての野菜にはうってつけです。また、プランター栽培ができるので、子供とも一緒に育てることができて、食育もできて一石二鳥です。今日は、ピーマンのプランター栽培について詳しく解説します。

Thumbピーマンの栄養や効果、カロリーから簡単調理法まで徹底解剖!

栽培する前にピーマンの特性を知っておこう!

ピーマンの栽培や育て方を紹介する前に、まずはしっかりとピーマンの特性や性質をしっておくことが大切です。ピーマンは夏野菜としても有名な野菜で、原産国は南米や中米といった暖かい地域になります。その為、生育適温も25度~30度程度と高めになります。

ピーマンは春くらいに栽培をし始めるのが、一番簡単な育て方になります。実際にピーマンの苗は4月半ば頃から店頭に並ぶ事が多くなりますので、暖かくなると同時にピーマンの栽培をスタートすることが適しています。また5月をすぎても十分夏の収穫に間に合いますので、プランターなどの準備も3月~4月くらいに準備しはじめても大丈夫ですよ。

植え付け時期としては、4月はまだ気温が低い日も多くありますので4月後半から6月くらいがベストな時期になります。そこから収穫までピーマンはそれほど時間がかかりませんので、夏には収穫することができますよ。

Thumb赤ピーマンとパプリカの違いを検証!栄養は緑のピーマンより凄いって本当?

ピーマンのプランター栽培に必要になるもの

ピーマンはプランターでの栽培が可能な野菜で、簡単に育てることができる野菜です。家庭菜園の初心者の方でも、育て方のコツや基本を知っておけば長く収穫できる野菜になりますので、初めてのプランター栽培に適しています。では、まずピーマンの栽培をするにあたって、必要になるものを揃えていきましょう。

ピーマンの栽培には、特別かわったものは必要になりません。どのアイテムも、ホームセンターや園芸用品店で簡単に揃えることができるものばかりになりますよ。ではどんなアイテムが必要になるのでしょうか?初心者の方にもわかりやすく紹介します。

①プランター栽培に必須アイテムなプランターと土

プランター栽培をするのに、基本となるアイテムが、プランターと土です。ピーマンに適しているプランターですが、ピーマンは基本的に根が浅くはる性質があり、範囲は広範囲にわたっていきます。また、排水性には注意していきたいので、プランターの大きさとしては30cm程度からそれ以上の深さのプランターを選びましょう。

また、植え付けをするときのピーマンの苗からピーマン苗の間隔ですが、50cmは最低でもあけておかなければなりませんので、ピーマンの苗を2本植え付けする場合には、60cmほどの横幅があるプランターがおすすめ。もちろん1本でのピーマンの苗の植え付けであっても30cm程度の横幅があるプランターを選ぶと安心です。

プランターは少し大きめであってもかまいませんので、余裕をもって植え付けできるように選びましょう。プランターを選んだら、次は土を選びましょう。ピーマンの栽培に適している土ですが、一般的に家庭菜園や園芸用の培養土で大丈夫です。

プランターの大きさには、注意が必要になりますが、土は一般的な培養土で大丈夫ですので、値段がお手頃な土でかまいません。どちらも園芸用品店やホームセンターで購入することができますよ。

また、ピーマンは湿気が苦手になりますので、水はけには注意が必要になります。プランターの底に軽石や発泡スチロールをいれる必要がありますので、予めどちらかを用意しておきましょう。また、みかんネットなどでかまいませんが、発泡スチロールや軽石をいれて流れでないように、底にひくためのネットも用意しておきましょう。

②育て方で必要になる支柱と麻ひもなど

ピーマンは縦に大きくなっていく野菜で、葉の近くに実がなりますので、支柱は必須アイテムです。支柱はどんな素材でも大丈夫ですが、ピーマンをしっかりと支えることができる支柱を選びましょう。長さにすると約60cm~100cm程度あれば十分です。支柱は100円均一でも売られていますので、そちらでも事足りますよ。

支柱として必要になる本数ですが、1本のピーマンの苗に対して2本~3本必要になりますので、植え付ける苗の数に3本程度プラスして購入するようにしましょう。また、支柱をしっかりと固定しておく紐ですがこちらはどんな紐でもかまいません。麻ひもでなくても、ビニールの紐でもかまいませんので、家にあるものを使っても大丈夫です。

③プランター栽培のメイン!ピーマンの苗木や肥料など

ピーマンのプランター栽培のメインアイテムとなるのが、ピーマンの苗木です。苗木についての選びかたは詳しく後ほど解説しますが、ピーマンは苗木以外にも種から育てる育て方もあります。しかし、種からの栽培は初心者には難しく、害虫や病気、天候に左右されやすいので、苗木での育て方が家庭菜園では一般的です。

今はホームセンターなどでピーマンの苗木は安く販売されていますので、わざわざ種から苦労して栽培するのではなく苗木からスタートするのがおすすめです。また、ピーマンのプランター栽培のアイテムの中で、選ぶのに注意が必要なものとして肥料があります。

ピーマンは肥料で収穫量がきまりますので、きちんとあったものを選ぶ必要があります。ピーマンのプランター栽培に必要な肥料は緩行性の元肥と、後から肥料を足していく追肥が必要になります。元肥とは予め土作りの時にいれておく肥料のことで、窒素(N)とリン(P)、カリウム(K)の配合量のバランスが均等な物が適しています。肥料のパッケージに、7-7-7など数字が同じく並んでいるものを選びましょう。

追肥は今は液肥といって即効性に優れたものもありますので、臨機応変に揃えておくのがおすすめです。追肥や元肥のどちらにも使える肥料もありますので、自分の使い勝手がよい肥料を選びましょう。肥料を切らさずにうまくつかっていけば、秋にまでたくさんのピーマンを収穫することができますよ。

プランター栽培で育てる為には良い苗木を選ぼう!

ピーマンのプランター栽培の最も大切なのが、ピーマンの苗木選びです。ピーマンの育て方の元となりますので、元気な苗木を選ぶのが大切です。しかし、ピーマンの苗木といわれてもどんな苗木が良いのか判断は難しいもの。ピーマンの苗木のおすすめの選び方を紹介します。

元気なピーマンの苗木を選ぶのが大切

ピーマンの苗木でおすすめの見分け方は本葉が10枚程度ついており、株がしっかりとしているものがベストです。茎が太くしっかりしており、子葉がついているとなお良い苗木になります。一番花が開花しているか、蕾がふっくらしているものだと初心者でも、育てやすい苗木になりますよ。

先程紹介したように、家庭菜園の初心者の方はピーマンは種からではなく、苗木で育てる育て方の方が成功しやすいといいましたが、今はピーマンの苗木も早く出荷される傾向にあり、あまり1番花が咲いているものに出会えない時があります。少し小さい苗木しか手に入れられなかった場合には、プランター栽培を始める前に、小さめの植木鉢で苗木が大きくなるまで、待つのも1つの方法です。

ピーマンの苗木は接ぎ木苗がおすすめ!

また、ピーマンのプランター栽培を始める場合には、苗木の種類では接ぎ木苗がおすすめです。接ぎ木苗とは植物の1部分を切り取って他の病気に強い野生種につなぎ合わせて作られた苗木の事で、病気や害虫に強く初心者でも対処しやすい苗木になります。接ぎ木苗と反対に、ピーマンそのものの種のみから作られた実生苗ももちろん販売されていますが、どうしても接ぎ木苗に比べると、病気などに弱くなります。

ある程度家庭菜園をしていたり農業をしている方には、実生苗でもかまいませんが、初心者には接ぎ木苗がおすすめですので、初心者の方は是非接ぎ木苗を選びましょう。

プランター栽培でのピーマンの育て方

ピーマンのプランター栽培に必要なアイテムが揃ったら、ピーマンの栽培をしていきましょう!基本となる育て方や、ピーマンのプランター栽培での育て方のコツなども初心者の方にもわかりやすく紹介しますので、まずはしっかりと流れを把握していきましょう!

【育て方①】植える時期から逆算して2週間前に土壌を準備しておく

家庭菜園でもプランター栽培でも最も準備で大切なポイントが、土作りです。ピーマンは温暖な気候で栽培するのが好ましいので、湿気は極端に嫌う傾向にあります。ですので、プランターの底には網がついたプランターや、ネットに入った発泡スチロールを敷き詰めましょう。また、軽石や家にある発泡スチロールを砕いたものでもかまいません。

底にそれらを敷き詰めたら、その上に肥料と培養土をまぜた土をプランターの8分目程度までいれます。土作りをしてからすぐにピーマンの苗木を植え付けても大丈夫ですが、土と肥料が馴染むために、植え付ける予定日よりも約2週間前に土作りをしておくと、初心者でも安心して育てることができますよ。前もって土作りをしておくのがおすすめです。

【育て方②】断面が山型になるようにピーマンの苗を植え付ける

ピーマンの植え付け日は晴天で暖かい日に行うと、うまく植え付けすることができます。用意しておいた土に苗木を根崩れをおこさないようにしっかりと苗木を持って浅めに植え付けましょう。苗木の元を軽く押さえて根を土の中に埋め、軽く山になるように土を盛ってあげましょう。

横から見ると、断面が山のようになっていたらOKです。それほどしっかりと苗木と土を押さえる必要はありませんので、軽くぽんぽんと押さえるくらいにしましょう。

【育て方③】定植時にはたっぷりと水を与える

しっかりと苗木を定植することができたら、水をたっぷりとあげましょう。この水やりは苗木に十分な水分や栄養を届ける意味もありますが、植え付けの時に、苗木と土の間に余分な空間が出来ていた場合のために、土と根を接着させる意味もあります。

植え付けを行ったら、たっぷりと水をあげましょう!あげすぎたとしても、プランターの下に発泡スチロールや軽石がありますので、水はけはよいですので腐る心配はいりません。

プランター栽培では水やりの頻度が重要

プランター栽培では、水やりが育て方のコツにもなります。地植えと違い、水を与えてあげないとすぐにプランター栽培では枯れてしまいますので、水やりは忘れないように行いましょう。目安としては、土の表面が乾いてきたら水やりを行います。土の中は乾いていない場合でも、ピーマンは水分を多く必要とする野菜になりますので、表面の土が乾いている場合には、水やりを行うようにしましょう。

特に注意して欲しいのが、夏場の水やりです。夏場は日当たりが良い場所にプランターをおいてあるとすぐに乾燥してしまいます。ですので、最低でも朝と夕の1日2回は水やりをするようにしましょう。小まめにあげる必要はありませんが、1回にたっぷりとあげるのがベストです。

ピーマンへの水やりの方法もポイント

また、水やりのコツとして、静かにそーっと株の根本に水をあげるようにしましょう。ピーマンはモザイク病などの病気にかかる可能性がある野菜ですが、水を勢いよくあげてしまうと、土がはねてしまい茎や葉、実についてしまうことがあります。そうすると、他の感染症にかかってしまうリスクがありますので、水をあげる時には勢いよくあげないで静かにあげるようにしましょう。

水やりを静かにすることが何よりもコツですが、心配な場合には、土の所に藁をひいてあげると土の跳ね返りがなくて安心できます。藁のシートも、園芸用品店では販売されていますし、ネット通販でも購入することができますので、たくさんのピーマンを栽培したい場合にはあると便利ですよ。

【育て方④】植え付けから約2週間後に支柱に花を結びつける

ピーマンの植え付けが終わり定植したら、約2週間後に支柱に花と茎を結びつけます。苗木が大きく成長している場合には、植え付けの時に一緒に支柱で支えてもかまいません。支柱は株の根本にしっかりと刺して、茎を支えるように紐で結びつけます。そこへ45度程度の角度に支柱を差し込み、茎と結んである支柱と紐でしばります。

支柱が3本あると安定して、支えることができますが、ない場合には2本でもかまいません。ピーマンは支柱をしてあげることで、落果しずらくなり大きく成長した実をつけることができますので、植え付けをしてから2週間、長くても1ヶ月までには必ず支柱をして支えて上げましょう。

【育て方⑤】実が大きくなったら収穫しよう!

ピーマンのプランター栽培は、植え付けから約50日~60日程度で実をつけます。ピーマンの実がなり、大きさが5cmを越えてきたらすぐに摘み取りましょう。大きなピーマンは理想的ですが、そのために他の実に養分がいかず実なりが悪くなってしまったり、成長が遅くなってしまうデメリットがあります。ですので、ある程度大きくなったピーマンはすぐに収穫しましょうね。

Thumbピーマンの冷凍保存方法・期間まとめ!おすすめのおかずレシピも紹介

追肥を上手にすることが長く収穫を楽しめる育て方

ピーマンは初心者でプランター栽培であっても、うまく行けばかなりの数のピーマンを収穫することができます。しかし、それには追肥が育て方のコツになります。追肥は植え付けから1週間に1回の間隔で液肥をあげるのがおすすめです。水やりと一緒に行えますので、液肥は大変便利ですよ。

化成肥料の場合には半月に1回、プランターの淵をほって土と化成肥料を混ぜてあげましょう。肥料切れをおこさないと、秋までピーマンの収穫を楽しめますので追肥は忘れないようにしましょうね。

ピーマンのプランター栽培での害虫や病気になるの?

ピーマンは初心者にも簡単に栽培しやすい野菜ですが、気になるのが病気や害虫にはかかるのかということ。ピーマンは病気などには基本的には強い野菜になりますが、もちろんリスクはあります。ピーマンがかかりやすい病気や害虫を紹介します。

ピーマンの栽培中にアブラムシやモザイク病になった場合には殺虫剤で対処

ピーマンのプランター栽培をしていて、多いのがモザイク病です、葉に濃淡が生じる病気で、成長が悪くなってしまいますので、未然の予防が必要です。モザイク病はアブラムシが運んでくるウイルスが原因で発症しますので、ピーマンにアブラムシが付かないようにするのが最も効果的な予防法です。

アブラムシがいたら、殺虫してしまうか、牛乳スプレーでアブラムシがつかないようにしておきましょう。元々アブラムシも害虫としてつきやすいので、殺虫剤は1つあるのが便利です。実に薬がかかるのが心配な人は、スプレーするときに、実を袋でガードしておくと安心ですよ。

プランター栽培を成功させるためのピーマンの育て方のポイント

ピーマンのプランター栽培を成功させるには、育て方にコツが必要になります。初心者であっても、このコツを守っておくと、ピーマンをたくさん収穫することができますので、しっかりと把握しておきましょう!

①ピーマンの育て方では早植えに注意が必要

ピーマンは気温が暖かくなる季節でないと、成長が遅くなったりストップしてしまうことがあります。焦って早植えをしてしまうと、かえって収穫できる数が少なくなってしまうことがありますので、植え付けの時期はしっかりと守ることがコツになります。植え付けの時期としては4月中旬以降になりますので、暖かい気候がつづく時期に植え付けをするようにしましょうね。

②耕土は深めにしておくことが育て方では大切

先程紹介したように、ピーマンの苗や根っこは湿気が非常に苦手です。ですので、ピーマンの根自体は浅く広くはりますが、耕土は水はけを良くするためにも、深くしておくことが育て方のコツになります。最初に紹介したプランターの深さを守り、耕土もしっかりと入れて上げましょう。

③雨にあたらない場所での栽培がベスト

ピーマンは雨に当たってしまうと、花が落ちてしまいます。ですので、プランターで栽培する場合には、軒下など雨がかからない場所においておくのがベストです。ピーマンはお日様が大好きな野菜の1つですので、日当たりが良く雨にあたりにくい場所にプランターを置いてあげるのがベストです。せっかくの栽培ですので、雨にあたらない場所に置くのが育て方のコツになります。

④連作障害になるので3年は間隔をあけて栽培するのが育て方のコツ

ピーマンなどのナス科の植物は、連作障害がありますので、一度植えた土では約3年あけてからでないと、植えることができません。今は接ぎ木苗などで、連作障害に強い品種もありますので、そちらを選ぶと毎年楽しめますが、基本的には連作障害を避けるためにも、3年は間隔をあけて栽培するようにしましょう。

プランター栽培は育て方次第で長期間楽しめる!

ピーマンのプランター栽培や育て方のコツについて紹介しましたが、いかがでしたか?文章でみてみると難しく感じるかもしれませんが、実際にしてみると簡単に準備植え付けをすることができますよ。ピーマンは気温が20度を下回るまで、どんどん成長して実をつけてくれます。

ですので、ピーマンの苗木1つで、驚くほどの量が収穫ができる可能性も十分にあります。しかし、そのためには育て方のコツや水やり、追肥などをしっかりと行ってあげる必要があります。どんどん収穫できるので、家庭菜園をスタートするにはうってつけの野菜です。

ピーマンのプランター栽培での育て方を知って楽しく家庭菜園をしよう

今回はピーマンのプランター栽培を紹介しましたが、プランター栽培はピーマン以外でも、ミニトマトやナスでも可能です。自宅でとれた新鮮な野菜は何よりものごちそうになりますよね。子供にとっても、野菜を作って食べるという経験はなくてはならないものになりますので、是非一緒にプランターでの家庭菜園を楽しんでみて下さいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧