ビジネススーツを女性らしく着こなそう!おすすめインナーやマナーも調査!

女性のビジネススーツは種類も豊富ですが、改めて基本形からマナーまで確認してみましょう。その上で自分の職場や職種に合った、女性らしいビジネススーツの着こなしを楽しむことが大切です。スカートスーツとパンツスーツ、小技までご紹介します。

ビジネススーツを女性らしく着こなそう!おすすめインナーやマナーも調査!

目次

  1. ビジネススーツのマナーを守って女性らしいおしゃれを楽しもう
  2. スカートスーツとパンツスーツの基本形
  3. 女性のビジネススーツも基本のインナーはワイシャツ
  4. フリルブラウスならどんなビジネススーツも女性ならではの着こなしに
  5. パンツのビジネススーツには女性らしいボウタイをひとつ結びで
  6. ワントーンで統一してビジネススーツをすっきり女性らしく
  7. 女性のビジネススーツにシフォンブラウスは欠かせない
  8. 寒い時期はビジネススーツにタートルネックを合わせるのもアリ
  9. 女性の特権!スカートのビジネススーツを楽しむ
  10. 女性らしさが際立つカットソーでビジネススーツをカジュアルダウン
  11. Vネックカットソーは女性でもハンサムにビジネススーツがキマる
  12. ビジュー付きカットソーは意外とビジネススーツに合う
  13. ビジネススーツコーデの小技、スカーフで個性を出す
  14. 女性だってネクタイOK!メンズライクなビジネススーツコーデ
  15. くるぶし丈のビジネススーツで小粋にキメよう
  16. 変わり種ビジネススーツはデキる女に見せてくれる!
  17. 女性らしいビジネススーツを新年度に向けて検討しよう

ビジネススーツのマナーを守って女性らしいおしゃれを楽しもう

ビジネススーツならどんな着こなしでもフォーマル、と思っているとマズイです。服装規定の無い会社が増えている中、お堅い業種や公務員はビジネススーツの形だけでなくインナーにもマナーがあります。自分の所属する、あるいは就活で赴く職種ではどんなビジネススーツやインナーが好まれるかを把握して女性らしいおしゃれを楽しみましょう。

Thumbビジネススーツのレディースおすすめブランドは?着こなし方も紹介

スカートスーツとパンツスーツの基本形

共通するのはジャケットです。肩幅に合っているか、袖丈は手のくるぶしが隠れる程度になるかを見極めましょう。着丈はヒップの頂点あたり、ボタンを留めたときにシワが入ってしまうほどタイトなものはNGです。また、女性用でもフラップというポケットのフタがついているものがありますが、これは元々雨避け用のため屋内では中に入れるのがマナーです。

女性のフォーマルな服装はスカートが主流です。座った時にスカートが上がってしまうので、長さは膝が隠れる程度がマナーとされています。スカートの形は様々ですが、ストレートまたはタイトなものが無難です。とはいっても、ウエストはタイトすぎると横にシワが入ってしまうので少し余裕のあるくらいにしましょう。

近年は女性もパンツスーツが大半を占めるようになってきました。ベンチャー企業や営業職などはアクティブなイメージのパンツスーツが好まれる傾向にあるようです。女性はパンプスを履くので、丈はパンプスのヒールを考慮し床から3cm程度が基準となります。センタープレスのラインを消さないようにアイロン掛けは都度行いましょう。

女性のビジネススーツも基本のインナーはワイシャツ

どんな職種であってもビジネススーツのインナーの基本は白ワイシャツ。白のワイシャツは透けやすいので、女性はとくに肌着を着用するのがマナー。また、暑い時期などは長袖のインナーは辛いですが、ビジネススーツのジャケットを着る場合にはインナーは長袖のみ可です。半袖がOKになるのはクールビズとして上着やネクタイを着用しない場合に限ります。

女性のワイシャツはボタンが自分から見て左なので写真は男性用シャツですが、このようにボタンや縫い目に遊び心のあるワイシャツもおすすめ。パンツのビジネススーツでも女性らしい着こなしになります。ただし、ボタンダウンのシャツはカジュアルシャツに分類されるため、職場によってはNGなこともあり要注意です。

ビジネススーツのみならずワイシャツには着方があるので要注意

ワイシャツの裾は波のようなラウンドカットになっています。たまに街中でこのタイプのシャツをパンツインせずに着ている人を目にするかもしれませんが、あれはNGです。なぜなら、この長い部分はワイシャツの裾が下着を兼ねていた頃の名残だからです。それを中に入れずに街に出るのは下着を見せて歩き回るようなものといえます。恥ずかしいのでやめましょう。

フリルブラウスならどんなビジネススーツも女性ならではの着こなしに

フリルブラウスやフリルシャツはどんなビジネススーツと合わせても女性らしさを引き出してくれます。セレモニーなどにはもちろん、ある程度のカジュアルがOKな職場なら日常使いOKです。また、アパレル系の面接などではビジネススーツの場合でもおしゃれさを出すためにフリルブラウスを選ぶ人が多くいます。

パンツのビジネススーツには女性らしいボウタイをひとつ結びで

シャツ以外のインナーで女性に人気なのはボウタイブラウスです。ボウタイの狭義には蝶ネクタイが含まれるのですが、日本でいうボウタイはこちらのようなタイプが大半。シフォン生地も多く「とろみブラウス」は女性の柔らかな印象を強調してくれるので、パンツスーツと合わせても女性らしくコーディネートできます。服装のみならず小物の色を統一しているのがおしゃれですね。

リボン結びにすると可愛い印象になりますが、ゆるっとひとつ結びにすると女の子というより大人の女性の服としての着こなしになるのでおすすめです。とくにパンツスーツの場合はインナーもややハンサムな方がマッチしやすく、その一方デコルテは見せられるので色気も保持できます。

ワントーンで統一してビジネススーツをすっきり女性らしく

セットアップスーツの色味にインナーの色も統一するワントーンコーデが男性女性問わず人気です。白系のワントーンコーデはビジネススーツでも華やかになるので、会社のイベント時などに役立ちます。白系の場合のインナーはワイシャツではない服が良いでしょう。ワイシャツだと結婚式の新郎みたいになります。

ブラックのワントーンも良いのですが、注意点があります。基本的に黒スーツのインナーに黒の服を選ぶのは喪服を思わせるのでマナー違反とされるからです。濃紺などで一見ワントーンに見えるように回避しましょう。アクセサリーで華やかさをプラスすれば女性らしさが引き立ちます。

ハンサムなビジネススーツの着こなしもワントーンなら女性らしい色気

クロップドパンツのビジネススーツはハンサムな仕立てのものが多いです。ここにワイシャツなどを合わせるとメンズライクに振り切れますが、カットソーなどのインナーにすれば女性らしさも出せます。なじみの良いワントーンなら胸元も強調しすぎずそれとなく首筋やデコルテの色気のみ引き立たせてくれるからです。

女性のビジネススーツにシフォンブラウスは欠かせない

オフィスカジュアルが主流の業種ならビジネススーツのインナーにシフォンブラウスは欠かせません。パンツインすることで女性的な柔らかい曲線が生まれ、優しい印象を与えてくれます。シフォンブラウスはアイロンをかけなくても形状を保ってくれるので便利ですが、白は汗染みや皮脂汚れが目立ちやすいので洗濯はしっりめに。清潔感もマナーです。

落ち着いた色合いのシフォンブラウスも人気が高いです。女性らしさがありながらフェミニンになりすぎないのでシックな着こなしにも合います。シフォンブラウスはさまざまなタイプがありますが、フロントタック入りのものがおすすめです。ジャケットから見える部分が縦ラインなのでスタイルアップできます。

寒い時期はビジネススーツにタートルネックを合わせるのもアリ

近年はビジネススーツスタイルにタートルネックニットをインナーにするコーデの人気が高まってきています。マナーを考えるとオフィスカジュアルに分類されますが、暖かさは抜群です。こちらのようにブラウン系で統一すると目にも暖かな冬の着こなしになります。

グレンチェックは女性のファッションで流行が続いています。ビジネススーツで取り入れるのも良いですね。黒のタートルネックで引き締めると女性らしくも洗練されたスタイルが完成します。タートルネックは胸元が寂しくなるのでアクセサリーを入れるのがおすすめです。ビジネスの場なので華美でないものにするのがマナーです。

女性の特権!スカートのビジネススーツを楽しむ

金融系やホテル、公務員などは堅めの職場は、膝が隠れるスカート丈のビジネススーツが基本です。その他、大手メーカーなどはまだパンツよりもスカートのビジネススーツに白ワイシャツが好まれる傾向があります。一方、とくに社内規定の無い場合はこちらのようにボウタイブラウスをリボン結びにすると可愛い着こなしが可能です。

デキる女性を演出するならペンシルスカートがおすすめ。タイトなので女性らしいシルエットが表れ、自然と大股で歩けないことから、しなやかな印象を与えることができます。ビジネススーツを着る時のマナーとして、ストッキングは必須。ただし、こちらのように黒のストッキングの着用がOKかどうかは会社によります。肌色系のストッキングが無難です。

プリーツスカートのビジネススーツも可愛いです。パーティなどにはぴったりのスーツなので一枚持っておくと重宝するでしょう。ただ、会社が比較的カジュアルOKな風土が無いと、仕事の場としてはフェミニンすぎて浮いてしまうこともあります。女性の服の選択肢が幅広い分、デザイン性の強い服は時と場合で使い分けましょう。

Thumbスーツ女子がかわいいとメンズに人気?おすすめのおしゃれな着こなし特集

女性らしさが際立つカットソーでビジネススーツをカジュアルダウン

女性ならではのキレイ色カットソーをインナーにすれば差し色になってスタイリッシュな着こなしにできます。女性誌などで人気の高いマスタードイエローはブラウンとも相性が良いので、髪色や小物の色とでバランスをとりましょう。

スーツ専門店などで販売されているカットソーならビジネススーツとも合わせやすいですが、オフィスカジュアルになることは理解しておきましょう。服装規定がなく、私服が通常の場合は全く問題ありませんが、一応スーツ着用の職場なら新卒時は回避するのが無難。仕事ができるようになってきてからスライドさせていきましょう。

Thumbレディーススーツの安いブランドは?人気のおすすめショップを紹介

Vネックカットソーは女性でもハンサムにビジネススーツがキマる

Vネックのカットソーは男性のスーツコーデにも人気のインナーです。女性ならマナーとして開きすぎたものはNG。これくらいのデコルテ見せならクールかつほんのりセクシーで好印象です。Vネック以外の服でも胸元の開き具合には注意しましょう。

黒など濃いめの色はデコルテが白く映えるので多くの女性が目指す美肌に見せられます。また、こちらのようにジャケットの裏地にデザインが施されているものは脱いだり風に煽られたときにだけ見えるおしゃれ上級者感を醸し出せるのでおすすめです。

ビジュー付きカットソーは意外とビジネススーツに合う

オフィスカジュアルのラインアップとして最近スーツ専門店でも取り扱われるようになってきたのがビジュー付の服です。とくにカットソーが人気で、ビジネススーツに合わせる女性も多くいます。首回りが華やかになるので食事会などがある日にはぴったりです。

白や紺などが人気ですが、こちらのように差し色になるボルドーも素敵です。ボルドーはどんな色のジャケットにも合うので合わせやすく、女性らしさもあるので便利に使えます。ビジュー付のインナーはできるだけ手洗いしましょう。

ビジネススーツコーデの小技、スカーフで個性を出す

スカーフの流行が来ているので持っている女性も多いのではないでしょうか。ジャケットと同系色のスカーフならそれほど目立たずに女性らしいおしゃれを楽しめます。かっちり目な白ワイシャツのコーデでも、簡単に取り外し可能なスカーフなら退社後のドレスアップにも使いやすいです。

女性らしさをさらにアップするならチョーカー風のリボン結びにしてみましょう。その時は髪をアップにするのがベスト。髪を束ねてもスカーフによって顔周りにボリュームを出すことで、女性には嬉しい小顔効果があります。

Thumbスーツに似合うスカーフの巻き方!おしゃれで華やかになる結び方まとめ

女性だってネクタイOK!メンズライクなビジネススーツコーデ

マニッシュに仕上げるなら女性もネクタイでキメてみましょう。ネクタイ人気が高まってきており、女性用ネクタイも多く販売されています。女性用ネクタイはやや細めで首の細さに合う長さになっているのが特徴です。

くるぶし丈のビジネススーツで小粋にキメよう

女性向けのスーツで最近流行しているのはくるぶし丈のパンツスーツです。くるぶし丈だと靴が映えるので足元までおしゃれしたい人にぴったりです。また、女性のスーツでは珍しいですがベストもセットなスーツはメンズライクな着こなしに重宝します。

ドレスアップできるワントーンコーデもくるぶし丈のパンツスーツならカジュアルさもあって小粋にキマります。女性のスーツのマナーとしてはボタン1つのジャケットが基本ですが、カジュアルな装いならダブルボタンのジャケットも人気があります。

変わり種ビジネススーツはデキる女に見せてくれる!

変わり種ビジネススーツを3つご紹介します。女性らしさを保ちながら個性の出せるスーツはデキる女に見せる力をアップさせてくれます。まだ周囲の人の手助けを存分に受けているうちはしっくりきませんが、ある程度独り立ちしてからなら魅力的な女性像を醸し出せるはずです。

1つ目はウィンドウ・ペンチェックのスーツ。ウィンドウペンチェックは、単色のラインを窓の格子のように引いたものです。英国伝統柄で男性用スーツには多いですが、探せば女性用もあります。とくに白は爽やかなので女性におすすめです。カジュアルに見える柄でもあるため、スーツ以外はマナー通りの着こなしを心がけましょう。

柔らかい生地となめらかなラインがとても女性的なスーツです。ウエストをマークできるのでボディラインが表れセクシーな女性の雰囲気が出ます。インナーは襟のあるものならビジネスらしく、より女性らしさを出すならカットソーにしてみましょう。このタイプは基本的に上は脱がないのでキャミソールなどでもOKです。

女性のスーツはジャケットではなくインナーとのセットアップも多くあります。かなりカジュアル路線ですが、コーデが楽に決まるので忙しい朝にはぴったりです。女性の服装ではニットアップも流行していますが、ラフな印象になるので生地は上質なものが◎。シワはきっちりアイロン掛けして伸ばしましょう。

Thumbスーツのシワの取り方・伸ばし方!アイロン不要で彼の出張や緊急時も安心

女性らしいビジネススーツを新年度に向けて検討しよう

女性のビジネススーツの着こなしやマナーを見てきましたが、いかがでしたか。それぞれの職場や職業に合ったものを選んでTPOをわきまえた大人の女性の着こなしを目指しましょう。在籍年数や昇進状況によっても着れるスーツが変わってくることもあるので、新年度に向けて新しいビジネススーツやインナーの購入を検討してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧