読書の椅子で最適なのは?おすすめのチェアや理想の姿勢をチェック!

読書は誰もが簡単に始められる趣味で、世界観を広げる上でも有意義なものです。が、いざ読書を始めても長続きしないなどが理由で、長続きしない人も多いようです。そんな読書の悩みを一発で解決するのが椅子です。ここでは読書に最適な椅子や理想の姿勢について紹介しています。

読書の椅子で最適なのは?おすすめのチェアや理想の姿勢をチェック!

目次

  1. 読書に専用の椅子なんて必要?
  2. 読書中にありがちな悩み
  3. 座面・リクライニングが肘掛のレバーで調整できる【岡村製作所 コンテッサ】
  4. 多機能なのに安価【イトーキ スピーナ】
  5. 自分好みの椅子にできる【岡村製作所 バロン】
  6. 読書時に嬉しい性能を持った椅子【エルゴヒューマン ベーシック】
  7. 洗練された素材で作られた椅子【ハーマンミラー アーロンチェア】
  8. 姿勢が悪いことで起こる体の不調
  9. 椅子以外で姿勢をキープするアイテム
  10. 【まとめ】椅子で理想の姿勢をキープして読書することで生活の質が向上するかも?

読書に専用の椅子なんて必要?

椅子には1,000円もあれば購入できる安価なものから、10万円を超える椅子まで様々なものがあります。高いものほど座り心地が良く、長時間座っていても疲れないなど利点が多いものの、やはり10万を超える金額はなかなか手が出しづらいもの。読書の椅子にそんなお金をかけるなんて勿体無いと思いますか?

読書用の椅子を変えるだけで読書中に起きる様々な問題や不快感を改善できるとしたら、読書するためだけの椅子を購入する意義が少しは見えてくるかもしれません。あなたは読書に対して以下にあげるような悩みを持っていませんか?

Thumb腰痛になりにくい椅子おすすめランキング!正しい座り方とは?

読書中にありがちな悩み

読書を続けたいのに集中できない

「読書するぞ!」と意気込んだはいいものの、なんだか読みにくくてだんだん読む気がそがれてしまい、30分くらいで読書を辞めてしまう経験はありませんか?その原因は体の疲労にあります。読書は頭を使うものとばかり考えてしまいがちですが、体への負担が大きい作業でもあります。

同じ姿勢をキープし続けると体への負担はそれだけ大きくなり、それが次第に肉体疲労へと変わり、読書への意欲も減退していってしまうのです。これが読書に集中できない大きな要因となります。

読書をしていると体が痛くなる

読書をしていると必ずと言っていい程肩や首がこってしまいます。人によっては腰痛を感じることもあるかもしれません。頭を下に向けて同じ姿勢をキープし続けるのだから当然のことではありますが、先ほど紹介した「読書に集中できない」と「体のどこかが痛くなる」現象を改善するのに姿勢がとても重要になってきます。では、どんな姿勢が読書に最適なのか。読書に最適な理想の姿勢について紹介します。

読書に最適な理想の姿勢

読書をするのに最適な理想の姿勢とは、あごを引き、背筋のS字カーブをキープ、ひじは90度、ひざは90度よりもやや内側に引き込む姿勢が理想とされています。ただ、この姿勢を長時間意識してキープしようとすると、姿勢にばかり気が向いてしまい、結局読書に集中できなくなってしまいます。

そこで、読書用の椅子が大活躍するのです。椅子を使うことで理想の姿勢を保ちやすくなり無意識でも最適な姿勢を保ったまま読書を続けられます。ここからは読書家たちがこよなく愛する、読書に最適な椅子を紹介していきます。

Thumb読書に驚きの効果が!大人や子どもが本を読むことで得られるメリットは?

座面・リクライニングが肘掛のレバーで調整できる【岡村製作所 コンテッサ】

様々な調整が簡単にできて読書の邪魔にならない椅子

2003年度にグッドデザイン賞を受賞しただけあり、洗練されたデザインでシンプルにまとまっており、どんなインテリアにも合う椅子になっています。他のメーカーと違い、リクライニングや座位の調整を肘掛のレバーで行うように設計されており、わざわざ座面下まで手を伸ばさなくて良い点は読書の邪魔をしないおすすめの椅子です。

コンテッサの特徴としてあげられる低い背もたれですが、女性であれば肩までしっかりと支えてくれるサイズ感となっており、背もたれにしっかりともたれかかって読書に集中できます。

多機能なのに安価【イトーキ スピーナ】

椅子が体に合わせて動いてくれて読書に最適な姿勢をキープ

イトーキが販売するスピーナにはエラストマータイプとクロスタイプの2種類から選べます。エラストマーとは樹脂とゴムの中間的な新素材を網目状の座面に用いた、鉄製ほど冷たくなく・べたつかない・蒸れない椅子です。蒸れが気になる人にはエラストマータイプがおすすめです。無機質な質感が気になるのであればクロスタイプをおすすめします。

スピーナには、着座に反応して座面と背もたれが連動して動く構造になっており、浅く腰掛けても深く腰掛けても背筋にぴったりと背もたれが寄り添ってくれるように設計されています。座面が大きいなどの理由から、深く腰掛けられない女性におすすめの椅子と言えます。これだけの機能がついているにもかかわらず、他製品と比較して安価な価格設定なのも魅力のひとつと言えます。

自分好みの椅子にできる【岡村製作所 バロン】

パーツごとに調整可能で読書に最適!

岡村製作所が販売しているバロンには、スピーナのような自動座面調整機能こそないものの、座面の位置を前後に手動調整できます。他にも肘掛や背もたれのS字カーブの位置調整、肘掛の高さの調整など自身の体に併せた調整がパーツごとに行えるので、最高の座り心地を実現できます。

バロン愛用者の多くはヘッドレストに高い評価を示しており、ヘッドレストも自分好みの角度や高さに調整できることから、読書するのに最適な首の角度を、椅子によって実現できる点は読書用の椅子として非常におすすめしたい製品となります。

読書時に嬉しい性能を持った椅子【エルゴヒューマン ベーシック】

座りへの追求と新化に基づいた座り心地の良い椅子

ランバーサポートと呼ばれる腰の湾曲部分をサポートするパーツが調整できるのは岡村製作所のバロンと変わりませんが、エルゴヒューマンのベーシックは前傾姿勢に特化した設定が可能な椅子なので、読書におすすめの椅子と言えます。

アームレストの角度と高さの調整が可能な点もバロンと相違ありませんが、アームレストがやわらかく長時間ひじを置いても不快感はなく、リクライニングのやわらかさを調整できます。リクライニングをやわらかめに設定するとロッキングチェアのような動きができるなど、リラックスチェアとしても使える点も魅力のひとつとなっているようです。

洗練された素材で作られた椅子【ハーマンミラー アーロンチェア】

長時間座れば質の良さを実感できる読書に最適な椅子

ハーマンミラーが販売するアーロンチェア座面・背もたれにメッシュを採用し、スポンジよりもやわらかく体にフィットするため、長時間座れば座るほどに座り心地の良さを実感する椅子となります。かなり高額な椅子ですが、体格に併せたサイズや種類の取り揃えなどラインナップが豊富で、より体になじむ一脚が見つかります。

メッシュだとへたりが心配になりますが、8年使用してもメッシュ部分のへたりは無く、12年間もの保障がつけられている点は高額ながら人気を集める要因となっているようです。各パーツの調整もでき、背もたれを前傾姿勢に調整できるので読書用の椅子としてもおすすめの椅子です。

姿勢が悪いことで起こる体の不調

良い椅子が理想の姿勢をキープし、読書の手助けをしてくれるのは分かりましたが、やはり値段がかなりかさんでしまいます。椅子1脚買うのでいくつ本が購入できるかと考えてしまうとやはり、椅子の購入を渋ってしまいます。が、姿勢の悪さが引き起こす病気を知っていますか?読書中の姿勢の悪さが原因で大病に至ってしまうケースをいくつか紹介します。

猫背と慢性的なこり

まず、姿勢が悪いことで起こるのは猫背。猫背自体問題ではありますが、猫背よりも頚椎や背骨への影響が甚大なのは知っていますか?猫背になると、一般的に5~6kgあると言われている頭を首だけで支えることになります。この状態は首に30kg、イメージとしては小学3年生くらいの子供をぶら下げるのと同じくらいの負荷がかかると言われており、いつの日か首の骨に異常をきたすのは火を見るより明らかです。

さらに、猫背の被害は首だけに止まらず、骨盤周辺の背骨にも異常が現れます。猫背になると前かがみの姿勢をずっと維持することになるので、上半身の重みを腰がすべて支えているようなもの。最悪の場合ヘルニアなどといった重い症状に発展するケースもあります。

うつ病や自律神経失調症にも繋がる

脳から体へと信号を送る上で大事な役目を担う背骨には自律神経が通っています。背骨が常に曲がった状態でいるとこの自律神経が圧迫されてしまうため、猫背の人には自律神経の働きが鈍くなっている人が多いといわれており、「自律神経失調症と姿勢との関係性が非常に密接である」と提唱されています。

自律神経の働きが鈍くなると眠りが浅くなり、イライラや生理不順などの症状も現れます。さらに不眠の状態が続くとうつ病に至る可能性も高くなることからも、良い姿勢を保つことが重要となります。

脳梗塞など最悪の場合死に至るケースも

頚椎に負担のかかる猫背ですが、首には頚椎の他に頚動脈と呼ばれる心臓から脳へ血流を送る最も重要な血管があります。猫背の人は頚動脈の流れが悪くなり、正しい姿勢の人よりも血栓ができやすいと言われています。この血栓がなんらかの要因で血管壁からはがれ、脳へ流れてしまうと脳梗塞に至り、最悪の場合死に至るケースもあります。

姿勢が悪いと痩せにくい!

脳梗塞は姿勢の悪さがもたらすもっとも最悪なケースと言えますが、かなり稀なケースでもあります。が、姿勢の悪さがダイエットの成功を妨げているとしたらどうでしょう?今まで何をしても痩せられなかった原因が姿勢の悪さだったとしたら、今までの努力が途端にむなしくなってしまいます。

姿勢が悪いと体の前方に集まっている臓器が押しつぶされて、働きが鈍くなります。その中には便秘と密接な関係を持つ小腸・大腸ももちろん含まれます。便秘の原因は姿勢の悪さも原因のひとつとされているのです。さらに、肺をつぶすことで呼吸が浅くなりエネルギーの消耗が減ってしまいます。さらに前傾姿勢とはすなわち「前方の筋肉が弛緩している状態」なので、運動をしても筋肉が緊張してくれず、筋トレの効果も薄くなります。

上に上げただけでも姿勢の悪さがダイエットの妨げになっているのは明白です。痩せないと悩む前に一度自身の姿勢を見直してみると劇的にダイエット成功に至る可能性もおおいにあります。

Thumb疲れない椅子でおすすめは?長時間の作業でも疲れにくいパソコンチェアなど

椅子以外で姿勢をキープするアイテム

椅子は買い物の類としてはかなり高額な買い物になります。姿勢のためにも欲しいのは山々だけど財布事情がどうにもならないのが現実。そんなあなたに、椅子以外でも読書中の姿勢を矯正できるアイテムをいくつか紹介します。

安価ながら役立つ【読書スタンド】

かなり安価に手に入るアイテムです。机と椅子が必要になりますが、本を手に持って読書するとどうしても腕が下に下がり、下がった本を追いかける目とともに首もかなり曲がってしまいます。そんな時、読書スタンドに本を置いて読むと本の位置は常に一定に保たれ、腕も疲れず長時間の読書ができます。

今使っている椅子に置くだけ【姿勢強制シート・クッション】

日常使用している椅子に置いて座るだけで姿勢を強制するシートが様々な企業から販売されています。骨盤を正常な角度に保つものや、骨盤を下から持ち上げて背筋を伸ばすよう設計されているクッションなど種類も多く、手ごろな価格で販売されています。現在使っている椅子に置くだけで使える手軽さもおすすめです。

Thumb骨盤矯正椅子の人気ランキング!おすすめアイテム・効果的な使い方まとめ

【まとめ】椅子で理想の姿勢をキープして読書することで生活の質が向上するかも?

ここまで、読書における理想の姿勢や、理想の姿勢を保つのに最適な椅子について紹介してきましたが、どれもかなりの値段で販売されているものばかりでした。けれど、読書のみならず様々なシーンで使用すれば病気や体の不調ともおさらばできるよう設計されているのもまた事実。研究が進み、理想の姿勢をキープすることの重要性が提唱され、それに基づいた家具設計はやはり生活の質を向上させうるに最適と言えます。

また、読書には生活する上での知識や検分を広げ、人生観を向上させる働きがあります。本で知識を、椅子で美や健康を養って今よりもっと質の高い理想の生活始めませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧