料理上手になりたい女子必見!美味しい料理の基本・上達のコツをおさらい

料理上手になりたい女子にぴったりな上達のコツや美味しい料理を作れる基本についてまとめました。女子が料理女子になりたい場合は、基本をしっかりおさえて上達のコツを積極的に取り入れることが大切。料理上手になりたいなら美味しい料理を作れる基本をチェックしましょう!

料理上手になりたい女子必見!美味しい料理の基本・上達のコツをおさらい

目次

  1. 料理上手になりたい女子は基本と上達のコツを覚えておこう!
  2. 料理上手になりたいならまずは台所を整えるのが基本
  3. 包丁使いに慣れることが料理上手になりたい女子には重要
  4. 料理上手になりたい時はレシピに忠実になろう
  5. 好きな料理家を見つけることも料理上手になりたい時に大切
  6. 味のベースを知ることが料理を上達させるポイント
  7. 料理上手になりたい女子は外食でも味の研究をしよう
  8. 食べさせる人の味の好みに合わせることも上達のコツ
  9. 美味しい料理に仕上げるには盛り付けも大切
  10. 料理上手になりたい時は上達のコツをチェックしよう!

料理上手になりたい女子は基本と上達のコツを覚えておこう!

美味しい料理を作るには基本をおさえることが重要

「料理上手になりたい!」と思ったら、基本や上達のコツをおさえることが大切になります。料理上手になりたいと思ったとしても基本ができていなければ、なかなか上達することはできません。どういった手順で料理をしていけば良いのかを把握しておくことで美味しい料理を作れるようになるので、料理上手になりたい場合はぜひチェックしておきたいですね。

料理上手になりたいという気持ちをしっかり持って、料理を上達させることができれば家族や友人、恋人などに美味しい料理を振る舞えるのが嬉しいポイント。みんなが喜ぶような料理を作ることができたら、きっと楽しい食卓になりそうですよね。ホームパーティーなどをやる場合も自慢の料理を出すことができ、素敵な時間を過ごせるのではないでしょうか。

料理上手になりたい女子必見のコツをチェックしよう

「みんなに美味しいと言ってもらえるために料理上手になりたい!」「料理上手になりたいけれども、どうすれば良い?」といった場合に役立つ料理上手になりたい時の上達のコツについてまとめました。料理上手になりたい場合に取り入れておきたい基本やコツを知っておくことで効率的に料理上手になれます。料理上手になりたい時の参考にしてみてくださいね。

Thumb一人暮らしは料理で生活費を抑えよう!簡単節約レシピが自炊を続けるコツ?

料理上手になりたいならまずは台所を整えるのが基本

料理上手になりたいと思っていたも台所が汚いとやる気が出ない

料理上手になりたいと思った時にまず着手しておきたいのが台所の掃除。どんなに料理上手になりたいと思っていても、台所の整理整頓ができていないとやる気がおきません。料理が下手な人の場合、台所が汚かったり、調理道具が乱雑になっていたりといったように台所が整理されていない場合が多いのでまずはきれいにしていくことが重要なポイントです。

お気に入りの調理道具などを使ってやる気を出そう

きれいでおしゃれな台所であれば、それだけで料理をしたい気持ちになりますよね。「料理上手になってこの台所を活用していきたい!」と思えるような台所に整えていきましょう。調味料入れを揃えたり、使いやすい包丁やまな板を揃えたりといったように調理道具を揃えるのも料理上手になりたい時にはおすすめになります。

お気に入りの調理道具があれば、それだけで料理を作る時のテンションが上がりますよね。おしゃれな調理道具であればなおさらです。まずはモチベーションを高めるためにも台所を整えていきましょう。

包丁使いに慣れることが料理上手になりたい女子には重要

美味しい料理を作るには包丁の基本を知ることが重要

料理上手になりたい時にまず慣れておきたいのが包丁の使い方。包丁が使えなければどんな料理も作ることはできないので、まずは包丁の使い方の基本をチェックしておきましょう。どう扱ったら安全なのか、効率的にカットすることができるかなどを把握しておくことによって料理上手へと一歩近づくことができるようになります。

包丁を使うのが苦手だからといってキッチンバサミなどで代用していてはいつまでも上達はしません。まずは包丁に慣れていきましょう。

料理上手になりたいなら失敗を恐れないのが上達のコツ

最初は「包丁で怪我をしたらどうしよう」といったように怖くなるのが当たり前ですよね。けれども、基本をきっちりおさえておけば失敗することはほとんどありません。まずは失敗を恐れずに包丁を使っていきましょう。包丁は使えば使うほど扱い方に慣れて、気軽に活用できるようになります。料理上手になりたい時は、いろいろな切り方を覚えてみてくださいね。

料理上手になりたい時はレシピに忠実になろう

基本に忠実になることが上達の近道

料理上手になりたい時は、まずはレシピに忠実になりましょう。レシピには調理の手順や味付けの仕方などの基本がたくさん詰まっています。面倒だからといってレシピの手順を省いたり、調味料の量をいい加減に計ったりすると失敗の元になるので気をつけましょう。レシピに忠実になることでどういった手順で調理し、味付けをすれば良いのか把握できるようになります。

最初はアレンジなしで美味しい味を目指そう

最初はアレンジはしないでレシピ通りに作っていくのが上達のコツ。「こうしたほうが美味しいんじゃないか?」とアレンジをしたとしても、料理に慣れていない人は失敗しやすくなります。レシピにアレンジを加えるのは料理上手になってからにするのがおすすめ。レシピに忠実になることでどういった手順が良いのかをしっかりと学んでいくことが重要です。

好きな料理家を見つけることも料理上手になりたい時に大切

自分好みの料理を作る人を雑誌やテレビなどで見つけよう

好きな料理研究家を見つけることも料理上手になりたい時には効果的です。まずはテレビの料理番組や料理雑誌などをチェックして「この人が作る料理は美味しそうだな」と思えるような料理研究家を探してみてはいかがですか。最近は人気の料理研究家がたくさん本を出しているので、書店などでチェックしておくことで好みの料理研究家を探しやすくなります。

好きな料理家のレシピや料理の手順などを参考にする

好きな料理研究家が見つかったら、その人がどういった手順で料理をしているのか、味付けのベースはどうしているのかなどを細かく見ていきましょう。地道に手順を真似していくことによって、料理研究家の味に近づけるようになります。料理のプロだからこそ学んでおきたい料理のコツもたくさん学ぶことができるので、料理上手になりたい女子はぜひ参考にしてみてくださいね。

Thumb簡単でおいしい魚料理の作リ方!下処理なし!フライパン人気レシピ15選!

味のベースを知ることが料理を上達させるポイント

どんな調味料を使えばどんな味になるのか把握するのがコツ

レシピに忠実に料理が作れるようになったら、徐々にステップアップしていきましょう。レシピ通りに作っていたところから一歩進んで、どんな調味料を使えばどんな味になるのかをしっかりと把握していきます。それまではなんとなくレシピ通りに調味料を混ぜていたところを、どういった配合であれば味が決まるのかを意識的に見ていくことで味付けのベースを知ることが可能に。

組み合わせを知ることができたらレシピなしでも料理は上達する

「この料理には醤油や酒、みりんをこのくらい入れれば良い」「酢はこのくらいれるとちょうど良い塩梅になる」といったように味の組み合わせのベースを知ることができたら、徐々にレシピなしでも料理を上達させられるようになります。自分にとっての味付けのベースを見つけて、調味料の組み合わせを研究していきましょう。

レシピ通りにやっていけば、味付けのベースだけでなく食材のカットの仕方や熱の通し方についても身についていきます。どのくらいの時間焼けば良いのか、茹でれば良いのかなどを実践することで把握していきましょう。そうしたことを地道に繰り返していくことによって、レシピをほとんど見なくでも美味しい料理を作れるようになります。

Thumb美味しい料理の作り方まとめ!安くても簡単でうまいレシピを紹介

料理上手になりたい女子は外食でも味の研究をしよう

美味しい外食を食べることで味付けを学ぶ

料理の手順や味付けのベースについて学ぶことができたら、外食でも味の参考になる料理を見つけるのがおすすめ。お店ではたくさんの美味しい料理が出てくるので、そういった味付けや熱の通し方などを学んで研究をしていくことで料理上手に近づくことができるようになります。

外食で得たアイディアを取り入れてみる

「この調味料の組み合わせが美味しいんだ」「この食材はこのくらいの火の通し方のほうが美味しいんだ」といったように実際にプロの手で調理された料理を食べることでさまざまな発見をすることができます。ただ単に食べるだけでなく、味わいの違いについてチェックしておくことが料理上手になりたい時には大切。見つけたアイディアを取り入れてみてくださいね。

食べさせる人の味の好みに合わせることも上達のコツ

料理に慣れてきたら味の好みを調整してみよう

だんだんと料理に慣れてきたら、今度は作る相手の好みに合わせた味つけにチャレンジしましょう。薄めが良い、濃いめが良いといったように相手の好みに合わせて料理が作れるようになれれば一人前です。相手に感想を聞くなどして頑張ってみてくださいね。

相手にぴったりの味が作れれば、家庭の味も定着する

家族が喜ぶような味付けができるようになれば、自分なりの家庭の味を作ることができるようになります。レシピ通りでなくても「こうすれば良いんだ」と自発的に考えることができ、美味しく仕上げることができれば家庭の味の完成ではないでしょうか。

Thumb今日の晩御飯のレシピはどれにする?美味しく簡単に作れる料理!

美味しい料理に仕上げるには盛り付けも大切

味が美味しい料理でも盛り付けがイマイチだと印象ダウン

どんなに美味しい料理が作れたとしても、見た目がイマイチだと食欲もわきませんよね。色が茶系に偏っていたり、平面的な盛り付けになっていたり、といったことを避けながら盛り付けやお皿の選び方にも工夫をプラスするのがおすすめ。

盛り付けにもこだわって頑張ってみよう

お気に入りの食器を使ったり、野菜などで彩りをきれいに見せたりといったように盛り付けにもこだわるとワンランク上の仕上がりになります。調理に慣れてきたら、ぜひ盛り付けてにもこだわってみてくださいね。

料理上手になりたい時は上達のコツをチェックしよう!

料理上手になりたい時は徐々にステップアップしていくことが重要になります。まずはレシピに忠実に作りながら調理方法や味のベースを習得していきましょう。外食で味の研究をしたり、相手好みの味付けにこだわったりといったようにさまざまな工夫をしながら料理を作ってみてくださいね。料理上手になれば、毎日の調理も楽しくなるはずです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧