スーツのインナーの選び方レディース編!おしゃれなおすすめの着こなしは?

上手にスーツを着こなす女性って素敵で憧れますね。同じスーツでも、インナー次第で印象がガラっと変わります。今回は、スーツのインナーの選び方やおしゃれなおすすめの着こなしをご紹介します。インナーを工夫して、スーツをおしゃれに楽しんでみてはいかがでしょうか?

スーツのインナーの選び方レディース編!おしゃれなおすすめの着こなしは?

目次

  1. スーツはインナー次第でおしゃれに
  2. スーツのインナーにはどんなものがある?
  3. サイズ感が重要!きちんとスーツを着こなそう
  4. インナーの色の選び方!バリエーションも持とう
  5. デザインや素材感でスーツインナーをおしゃれに着こなす
  6. 要注意!NGなスーツインナーは
  7. まず揃えておきたい!定番&人気のおすすめスーツインナー
  8. インナーの着こなし方!パンツスーツとスカートスーツで違う?
  9. ブラックスーツ×インナーのおすすめ着こなし
  10. グレースーツはどんなインナーも合わせやすい!
  11. 優しい雰囲気のベージュスーツにおすすめのインナーは
  12. 知的なネイビースーツ×インナーのコーデ
  13. 柄ものスーツにはどんなインナーを合わせる?
  14. ネックレスをインナーに合わせて華やかに
  15. スーツインナーでおしゃれスーツコーデを楽しもう

スーツはインナー次第でおしゃれに

スーツをおしゃれに着こなしている女性はカッコ良いですよね。スーツを上手に着こなすには、きちんと感とおしゃれが両立していることが大事です。同じスーツを着ていても、合わせるインナーやコーディネートによって印象は大きく変わります。女性は男性に比べてスーツのインナーのバリエーションが多いので、スーツのコーディネートもいろいろ楽しめます。

さまざまなインナーをコーディネートして、どうしてもワンパターンでマンネリになりがちなスーツをおしゃれに楽しんでみてはいかがでしょうか?そこで今回は、レディーススーツのインナーの選び方を解説していきます。スーツとインナーのおしゃれなおすすめの着こなしもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スーツのインナーにはどんなものがある?

では、スーツに合わせるインナーにはどんなものがあるのでしょうか。レディーススーツのインナーには、大きく分けて3種類あります。ここでは、レディーススーツのインナーの種類について、それぞれ特徴をご紹介します。

シンプルで着まわしやすい!カットソー

カットソーの定義は「ニット素材の生地を裁断し、縫製して作られる衣服」というものですが、レディーススーツに合わせるカットソーは基本的に衿とボタンのないシンプルなデザインものです。ネックラインのバリエーションが豊富で、ラウンドネックやスクープドネック、スクエアネックなどが主流です。

そのほか、リボンつきなどのデザインカットソーもあります。カットソーじゃデザインだけでなく、色や素材も豊富なので、手持ちのスーツとも合わせやすく、動きやすくてお手入れも楽なのでレディーススーツのインナーとしておすすめです。

フェミニンな着こなしに!ブラウス

ブラウスはシャツの一種ですが、男女共通アイテムのシャツとは違い、女性向けの服です。丸みを帯びたデザインや、ウエストがキュっと絞られたシルエットなど、女性らしいデザインのものが多く、レディーススーツのインナーにおすすめです。フリルやリボン、サッシュ、ドレープなどのデザインのものも多いので、スーツをフェミニンに着こなすのに活躍します。

かちっとした印象に!定番シャツ

スーツインナーの定番ともいえるシャツは、襟とボタンのあるインナーです。就活スーツのインナーとしても必須なアイテムですね。襟のデザインにはスキッパーカラーやシャツカラーなどがあります。シャツをスーツのインナーとして着ると、かちっとした印象になります。

Thumbジャケットに合うインナーは?レディースにおすすめの着こなし術まとめ

サイズ感が重要!きちんとスーツを着こなそう

レディーススーツのインナーの選び方で重要なのが、サイズ感です。インナーの裾がスーツのジャケットからはみ出ていると、だらしない印象になってしまいます。ジャケットの裾からはみ出ない着丈のものを選んだり、インナーの裾をパンツやスカートに入れたほうが良いでしょう。

また、袖丈にも注意しましょう。インナーの袖は袖の長さは暑い時期なら半袖、寒い時期なら長袖や七分丈にします。男性の場合は、インナーの袖がジャケットの袖から少し出るように着ますが、女性の場合はジャケットの袖からはみ出さないようにします。

インナーの色の選び方!バリエーションも持とう

レディーススーツのインナーの選び方では、色も重要です。スーツインナーには、さまざまな色のものがありますが、インナーの色合いによってスーツの印象もガラッと変わります。エレガントな雰囲気にしたいときには、インナーはスーツになじむ色を、少しカジュアルな雰囲気にしたいときには、インナーは効かせ色や柄ものが効果的です。

黒やグレーといったスーツには、暗い色のインナーにすると全体が重たく暗い印象になります。このような色のスーツには、ベージュや白、薄いピンクなど明るく落ち着いた色を選ぶと、女性らしく清潔感のある印象になります。

レディーススーツに合わせるインナーの基本とえいば白ですが、フェミニンな薄いピンクや知的な水色、グレーなどもおすすめです。柄物も、派手すぎず落ち着いたものならオフィスでもOKで、おしゃれに見えます。スーツインナーは、何色か色のバリエーションを持っておくと良いですね。

黒のインナーは着こなし方に注意!

カッコいい雰囲気の黒のインナーを着るときには、着こなしに注意が必要です。黒やダークグレーのスーツに合わせると重たい印象になってしまうので、黒のインナーを着るときにはベージュやオフホワイト、明るいライトグレーなどのスーツにしましょう。

また、黒のインナーをグレー系の落ち着いた色のスーツに合わせたいときには、華やかなゴールドのアクセサリーやスカーフなどを使うとおしゃれな着こなしになります。

デザインや素材感でスーツインナーをおしゃれに着こなす

レディーススーツのインナーの選び方では、デザインや素材感のバリエーションも持っておくとさらにおしゃれな着こなしができます。シンプルなデザインのインナーはもちろんですが、ストライプなどの柄シャツや、ドレープやフリル、リボンがついた女性らしいデザインのインナーなども持っておくと良いですね。

秋冬なら、明るい色のニットやタートルネックをスーツインナーにすると、重たくなりがちな冬でも程よくカジュアルで、明るい印象にしてくれます。デザインインナーの選び方では、スーツのジャケットのボタンを閉めたときにも邪魔にならず、もたつかないものを選びましょう。

スーツインナーの素材で遊びをプラス

スーツインナーの種類によっては、素材で遊びをプラスするとスーツコーデがおしゃれになります。例えば、とろみのある素材のシャツは女性らしいソフトな印象になります。スーツインナーの定番で清潔感のある白トップスも、レースや透け感のある素材を部分使いしたものなどで遊びをプラスしても良いですね。

また、スーツインナーの素材選びでは、コットン100%のものは避けたほうが無難です。コットン100%のインナーは肌触りが良く着心地も良いのですが、カジュアルな印象で、特にカットソーだと肌着のように見えてしまうこともあります。レディーススーツのインナーの素材は、ポリエステルやレーヨン混など光沢感やツヤ感のあるものを選ぶと、大人っぽく女性らしい雰囲気になります。

要注意!NGなスーツインナーは

さまざまなバリエーションを持っていたいスーツインナーですが、中にはオフィスにはNGなものもあるので要注意です。例えば、透け感がありすぎていたり、胸元が開きすぎているもの、露出の多いセクシーな雰囲気のインナーはオフィスマナーとしてNGですので、スーツインナーとしても避けるべきでしょう。

また、色や柄、デザインが派手すぎるものもオフィスにそぐわないのでNGです。シフォンなどの透け感の強い素材のインナーには、中にもう1枚着るなどして下着が透けないようにします。

暑い夏にはノースリーブのインナーを着たくなってしまいますが、スーツインナーは袖があるものが基本マナーですので、ノースリーブは避け、風通しの良い素材を選ぶようにしましょう。スーツのインナーはジャケットの下に着るものではありますが、ジャケットを脱ぐことも想定しておきましょう。

まず揃えておきたい!定番&人気のおすすめスーツインナー

レディーススーツのインナーは種類が豊富ですが、まず揃えておきたいのは定番のインナーですね。定番インナーはどんなスーツにも合わせやすいものが多いので、いくつか持っておきたいアイテムです。ここでは、定番インナーの中で人気のおすすめインナーをご紹介します。

白のふんわりブラウスで大人可愛い雰囲気に

固い印象になりがちなレディーススーツのインナーに、ふんわりとした白ブラウスを合わせると、優しく柔らかいイメージになります。スーツはかちっとしすぎるとおしゃれに見えないだけではなく、近づきにくい雰囲気になってしまいます。白いブラウスの選び方は、ウエスト部分が絞られた、少しふんわり感のあるものを選ぶのがポイントです。

女性らしいギャザーシャツでスタイルアップ

前ボタンの上部から裾にかけてギャザー(シャーリング)がデザインされたシャツは、スーツを女性らしく着こなすのにおすすめのインナーです。シンプルなシャツと比べて、ギャザーがあることでバストアップ効果や、ウエストを引き締めて見せる効果があります。ギャザーシャツだけでももちろん良いのですが、ネックレスなどを合わせてより華やかに着こなしましょう。

白のカットソーをカッコよく着こなす

定番のシンプルな白のカットソーは、スーツのインナーとして欠かせないアイテムです。あえてシンプルなインナーを合わせることで、クールでカッコいい女性を演出できます。白のカットソーをインナーにするときには、素材の選び方に注意しましょう。綿・ポリエステル、綿・リヨセル、綿・レーヨンといった混合素材を選び、ツヤ感のある大人の女性らしい印象にします。

清潔感のある白シャツ

パンツスーツやスカートスーツなど、どんなレディーススーツにも合わせやすく、清潔感のある着こなしができる白シャツは1枚はもっておきたいアイテムです。インナーにシャツを合わせるだけで、スーツの着こなしに欠かせないきちんと感を演出できます。

ただ、白シャツの選び方で気を付けたいのが、リクルート風にならないことです。シンプルな白のカッターシャツは就活のイメージになってしまうので、少しデザイン性のあるものや、上品な素材感のものを選ぶようにしましょう。

インナーの着こなし方!パンツスーツとスカートスーツで違う?

ここからはレディーススーツとインナーの着こなし方を見ていきましょう。インナーによってはパンツスーツに合うもの、スカートスーツに合うものがあるので、使い分けるのもおしゃれな着こなしのポイントです。ここでは、スカートスーツとパンツスーツについて、それぞれのインナーの着こなしの基本について見ていきます。

スカートスーツのインナーの着こなし方

スカートスーツなら、ふんわりしたインナーや、女性らしいデザインのインナーをスカートの中に入れるとフェミニンな着こなしになります。また、スカートスーツをエレガントに着こなすには、インナーの色はなじみやすい色を選び、可愛らしく着こなすにはインナーに少し濃いめの色を合わせるのがおすすめです。

パンツスーツのインナーの着こなし方

シンプルなデザインが多いパンツスーツは、インナー次第でさまざまな着こなしができます。例えばパンツスーツにシンプルなインナーを中に入れると、細めのベルトをして、クールでカッコいい着こなしになります。

ストライプシャツを合わせるとシャープでマニッシュな着こなしに、ボーダーTシャツを合わせればカジュアルな着こなしになります。素肌になじむとろみ素材のシャツは、大人っぽい着こなしになります。

Thumbビジネススーツのレディースおすすめブランドは?着こなし方も紹介

ブラックスーツ×インナーのおすすめ着こなし

定番の黒のレディーススーツには、明るい色のインナーを合わせると、全体が重たくならず明るい印象になります。シンプルな白インナーを合わせるときには、首元にネックレスでアクセントをつけるとおしゃれです。また、少しとろみのあるVネックのトップスをパンツにインすると、大人っぽい雰囲気になります。

黒のスーツに濃いめの色のインナーを合わせたいときには、黒ではなくブルー系などがおすすめです。濃いブルーは黒との相性も良く、知的な印象になります。

Thumbスーツ女子がかわいいとメンズに人気?おすすめのおしゃれな着こなし特集

グレースーツはどんなインナーも合わせやすい!

グレーのレディーススーツは、クールにもフェミニンにも着こなしやすく、どんなインナーも合わせやすいです。定番は白シャツとのコーデで、スタイリッシュで清潔感のある印象になります。首元が寂しいときには、ネックレスやスカーフでアクセントをつけても良いですね。

グレースーツ×フェミニンブラウスで女性らしく

フィットアンドフレアのシルエットがキレイなグレーのスカートスーツには、ブラウスを合わせて女性らしくまとめるのがおすすめです。パンツスーツの場合にも、フリルやリボンのついたブラウスを合わせることで、柔らかくフェミニンな雰囲気になり、親しみやすい印象にしてくれます。

もっとシンプルに女性らしいコーデにしたいときには、フリルやリボンがついていなくても、丸襟などのデザインのブラウスを選べば、パンツスーツも優しい印象になります。グレースーツを女性らしく着こなしたいときには、ライトグレーがおすすめです。

グレースーツ×ブラックインナーでクールに

ダークグレーのツイード素材のスーツには、黒のハイネックインナーを合わせた秋冬らしいコーデもおすすめです。全体が引き締まって見え、落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。ライトグレーのスーツに、黒のボウブラウスを合わせると、程よく女性らしさのあるクールな印象になります。

優しい雰囲気のベージュスーツにおすすめのインナーは

優しく柔らかい雰囲気のベージュスーツには、どんなインナーを合わせるとおしゃれでしょうか?トレンドのノーカラージャケットに、明るいブルーのシャツを合わせると、大人っぽく爽やかなコーデになります。

ベージュスーツ×濃いめカラーインナーで引き締める

柔らかい印象のベージュスーツですが、インナーに濃いめカラーを合わせると、可愛らしくなりすぎず、落ち着いた雰囲気になります。例えば、同色系のダークブラウンのリブハイネックで秋冬らしいおしゃれなワントーンコーデになります。

ライトベージュのパンツスーツには、淡い色を合わせるとぼやけてしまいがちなので、あえて黒のインナーを合わせて引き締めています。インナーはパンツの中にいれて、スタイルアップしましょう。

ベージュスーツ×フェミニンインナーで可愛らしく

ベージュスーツは、フェミニンなインナーとの相性が抜群です。透け感の少ないレースインナーでフェミニンな印象の着こなしですが、ハイネックデザインなので大人っぽくまとまります。定番で好感度も高いコーデは、ベージュスーツと白のボウタイブラウスの組み合わせです。清潔感と可愛らしさが両立した、きちんとコーデです。

Thumbレディーススーツはしまむらで!値段やおしゃれな着こなしを徹底解説

知的なネイビースーツ×インナーのコーデ

黒のスーツほど重たくなく、知的な印象のネイビースーツは、オフホワイトや白のインナーで爽やかにまとめるのがおすすめです。クールなネイビーのタイトスカートスーツに、カシュクールデザインが大人っぽいとろみ素材インナーで大人っぽく仕上げています。

アンクル丈パンツがスタイリッシュなネイビーのパンツスーツには、シンプルな白カットソーを合わせてクールにまとめています。足元は黒のエナメルパンプスで引き締め、エレガントさもプラスしています。

ネイビースーツ×カラーインナーでおしゃれ度アップ

アンクル丈のネイビーのパンツスーツに、マスタードカラーのニットを合わせて秋らしいスーツコーデになっています。インナーはパンツの中にいれ、マスタードと相性の良いブラウンのベルトでウエストマークしてスタイルアップしています。

ネイビーのフレアスカートスーツに、ブルーカラーのシャツを合わせた爽やかなコーデです。シャツの襟が白いクレリックシャツが生活感のある好感度の高い雰囲気にしてくれます。

柄ものスーツにはどんなインナーを合わせる?

レディーススーツでは、ストライプ柄やチェック柄のスーツも人気です。定番のピンストライプのスーツなら、白のカットソーやニットでシンプルにまとめ、クールな着こなしがおすすめです。秋冬なら、パールつきのハイネックニットなどを合わせて、フェミニンにまとめても良いですね。

ダークグレーのチェック柄スーツにも、基本はシンプルなデザインのインナーを合わせるのがおすすめです。スーツを主役にして、落ち着いた大人っぽい印象にまとめています。インナーの首元にキラキラの装飾が施されているので、地味にならず華やかでおしゃれなコーデです。

ネックレスをインナーに合わせて華やかに

シンプルなインナーをスーツの中に着るときには、ネックレスを合わせると華やかでエレガントな印象になります。特に黒やグレーなどの濃いめの色のスーツを着るときには、全体が暗くならないようにネックレスでアクセントをつけましょう。スーツインナーにプラスする小物として、いくつかネックレスを持っておくと便利です。

おすすめは、カジュアルにも上品にも使えるパールネックレスや、どんなコーデにも合わせやすい華奢なネックレスです。バリエーションとして、少し存在感のあるゴールド系のロングネックレスや、大きめのビジューがついたネックレスもおしゃれです。ネックレスの選び方では、派手すぎないものを選ぶようにしましょう。

Thumbスーツに似合うスカーフの巻き方!おしゃれで華やかになる結び方まとめ

スーツインナーでおしゃれスーツコーデを楽しもう

今回は、レディーススーツのインナーの選び方や、おしゃれなおすすめの着こなしをご紹介しました。スーツを上手に着こなしている女性は、女性らしくステキに見えます。同じスーツでも、インナー次第でさまざまな印象のスーツコーデを楽しむことができます。

インナーのバリエーションを持っておくと、レディーススーツのコーディネートの幅が広がります。スーツのインナーを工夫して、ぜひスーツをおしゃれに着こなしましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-27 時点

新着一覧