オクラの栄養成分・効能まとめ!ネバネバの美容・健康効果がすごいと話題

緑の外見が特徴で切ると星形になるオクラ。独特な食感とネバネバ感がオクラの魅力でもあります。今回は、そんなオクラの栄養に着目してお届けしていきます。果たして、オクラの栄養にはどんな効果効能があるのでしょうか?オクラの栄養成分を知ってさらに活かしていきましょう。

オクラの栄養成分・効能まとめ!ネバネバの美容・健康効果がすごいと話題

目次

  1. ぴっくり!オクラが持つ栄養の効果効能がすごかった!?
  2. ネバネバが特徴!オクラの正体とは?
  3. 主なオクラの栄養素をチェック!
  4. オクラのネバネバの正体は…実は栄養素だった!?
  5. オクラの栄養には健康効果がある!?
  6. 美容にも活かしたい!オクラの栄養効果って?
  7. 栄養をばっちり摂れる!オクラの選び方とは?
  8. 健康&美容に効果的なオクラの食べ方が知りたい!
  9. おすすめの栄養たっぷりオクラレシピ
  10. 効果的にオクラの栄養を摂って健康も美容もGET!

ぴっくり!オクラが持つ栄養の効果効能がすごかった!?

スーパーなどに行くと目にすることの多いオクラ。緑色の見た目とネバネバとした粘り気がとても印象的です。今回特集するのは、オクラの栄養についてです。食材には、それぞれ栄養成分があり、その栄養成分により効果や効能が得られます。そんなオクラの栄養の効果効能やネバネバの成分の正体なども詳しくご紹介します。

ネバネバが特徴!オクラの正体とは?

最初にお届けするのは、オクラの正体からです。普段何気なく口にしているオクラですが、どんな食材なのでしょうか?他の食材に比べたらどうしても存在が薄くなってしまいがちなオクラ。嬉しい効果効能がたくさん詰まった栄養成分に行く前に、オクラ自体のことを知っていきましょう。

オクラとは…【さまざまな名前を持つ食べられる果実】

オクラは、アオイ科トロロアオイ属に入る植物であり、食べられる果実です。原産地のアフリカでは、一年に何回も実を付けることから多年草ですが、日本では、冬があるので一年草に分類されるそうです。オクラには、さまざまな名前があり、オクラの他にアメリカネリや陸蓮根とも呼ばれることがあるようです。

オクラの歴史とは?

エジプトでは、紀元前には栽培されているほど歴史の古い果実です。オクラは、寒さに弱い特徴があるので少しの霜でも枯れてしまいます。日本に入って来たのは、明治初期の頃で主流となっているのは、断面が星形になっているオクラです。

主なオクラの栄養素をチェック!

続いて、ご紹介するのは、オクラの代表的な栄養素です。オクラには、ビタミン類やミネラル類などたくさんの栄養素が含まれていますが、その中でも代表的な栄養成分を一緒にチェックしていきましょう。

栄養成分①水溶性のビタミンの1つ【ビオチン】

オクラに含まれる栄養成分の1つめは、ビオチンです。ビオチンは、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンです。ビオチンには、三大栄養素であるたんぱく質、脂質、炭水化物の代謝をサポートしてくれて、皮膚や粘膜の維持や爪や髪を健やかに保ってくれる効果もあります。

栄養成分②水溶性と不溶性をバランス良く配合!【食物繊維】

オクラに含まれている2つめの栄養成分は、食物繊維です。オクラには、水に溶けやすい水溶性の食物繊維、水に溶けにくい不溶性の食物繊維が比較的にバランス良く含まれているそうです。そのため、腸内環境の改善にも効果を発揮してくれます。

栄養成分③体内でビタミンAに変換【βカロチン】

3つめの栄養素は、βカロチンです。βカロチンの特徴として、体内に入るとビタミンAに変換されるという特性があります。皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあったり、免疫力を高める効果もあるそうです。

オクラのネバネバの正体は…実は栄養素だった!?

オクラには、先ほどご紹介したように効果的な栄養素がたっぷり含まれています。そんな代表的な栄養素意外に、オクラには、特徴があります。それは、ネバネバとした独特な粘り気です。果たして、このネバネバの正体はどこにあるのでしょうか?

オクラのネバネバは…【多くの食物繊維だった!?】

先ほども栄養の所で少し触れましたが、オクラには、水溶性、不溶性共に多くの食物繊維が含まれています。その中で、ネバネバの成分として知られているのは、ムチンという成分です。ムチンとは、無数の糖分の鎖が結びついて出来た糖タンパク質です。このムチンは、納豆や山芋などにも含まれています。

もう1つのネバネバの正体は…【水溶性食物繊維のペクチン】

もう1つのネバネバの成分に、栄養の1つでもある水溶性の食物繊維であるペクチンがあります。ペクチンは、柔らかいゼリー状になっていて、細胞の間に出来た隙間を埋めてくれると言われています。先ほどのムチンとペクチンなどの栄養素が合わさることで、オクラの軽いネバネバな特性が生まれるようです。

オクラの栄養には健康効果がある!?

オクラが持っている色々な栄養素の働きがあり、オクラ自体の効果が得られます。先ほどもご紹介したように栄養素は色々ありますが、その1つ1つの栄養素がどんな効果をもたらしてくれるのかをご紹介しましょう。オクラの栄養素が持っている健康効果から見ていきます。

健康効果①免疫力アップ効果

オクラが持つ健康的な効果の1つめは、免疫力のアップ効果です。免疫力のアップの効果を握っているのは、ムチンやガラクタンという成分です。ムチンには、喉や鼻の粘膜の保護や強化にも効果を発揮してくれますし、ガラクタンは、免疫力を高めてくれる作用があります。

健康効果②疲労回復効果

健康効果の2つめは、疲労回復の効果です。オクラには、ビタミン類やミネラル類が多く含まれています。その中でも、ビタミンC、βカロチンが体内で変化を遂げるビタミンAは、免疫力の維持や向上効果に力を発揮してくれます。

健康効果③貧血防止効果

3つめの効果は、貧血を防止してくれる効果です。オクラには、葉酸も多く含まれており、この栄養素が貧血防止に関係があります。葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれていて、赤血球の生成に必要な成分が含まれているだけでなく、ヘモグロビンを生成するために必要な成分も含まれているそうです。その効果から貧血予防への効果が期待出来るそうです。

美容にも活かしたい!オクラの栄養効果って?

次は、オクラの栄養素が持つ美容効果についてご紹介していくことにしましょう。オクラに含まれている栄養素には、たくさんの健康効果もあれば、女性に嬉しい美容効果もあります。そんなオクラの栄養素が持つ美容効果をお届けしていきます。

美容効果①肌の老化防止効果

肌の老化現象には、活性酸素という物質が影響してきます。活性酸素は、ストレスや紫外線などの外的刺激を受けることで生まれて私たちの細胞を酸化させていく原因となります。オクラには、ビタミンCやβカロチンなどのビタミンが含まれているため、抗酸化効果を持っているので、肌の老化防止に効果的です。

美容効果②乾燥肌の予防効果

美容の効果の2つめは、乾燥肌の予防効果です。オクラに含まれているムチンやペクチンなどのネバネバ成分には、水分を保湿してくれる働きがあるため、お肌に不足しがちな水分を守ってお肌の潤いを保ってくれると言われています。

栄養をばっちり摂れる!オクラの選び方とは?

ここまで、オクラの栄養成分、健康や美容の効果効能をご紹介してきましたが、生活の中でオクラを気軽に摂り入れて、効果効能を効率的に得るためにも新鮮なオクラを選ぶ必要があります。良質なオクラを選ぶためにもオクラの選び方をご紹介します。

選び方①緑色が鮮やかなものを選ぼう

オクラを選ぶ時にポイントとなるところは、やはり色合いです。鮮やかな緑のものが新鮮な証です。特に切り口を見ると分かるように、茶色くなっているものは避けるようにしましょう。

選び方②小さ目のものを選ぼう

オクラは、色以外に大きさでも新鮮なものが判断出来ます。オクラを選ぶ時は、大きなものよりも小さなものを選ぶことがおすすめです。あまり成長してしまうと苦味が増して食べにくい場合があります。それに比べて小さ目のものがいいそうです。

選び方③産毛がしっかりしたものを選ぼう

オクラの表面には、よく見てみると白いフサフサとした産毛が生えています。触った時にも、感触があってこの産毛がしっかりと生えているものがオクラが新鮮な証だと言われています。

健康&美容に効果的なオクラの食べ方が知りたい!

次は、オクラの効果的な食べ方についてお話ししていくことにしましょう。オクラは、茹でて食べることが主流となっていますが、生で食べることも出来ます。料理をする時にも役立てることの出来る方法です。

オクラを茹でて食べる食べ方

オクラを茹でる時に必要な材料は、塩とお湯です。オクラは、調理する前にそのまま茹でておくことが基本となります。しかし、そのまま切ってしまうと穴があいてしまうので、そのまま茹でることが出来なくなります。まずオクラは、ヘタを取ってガクを向き取ることから始まります。

ヘタの先の固い部分を少し切り、ガクと言われているヘタの近くある出っ張っているところを剥くようにガクに沿って切りましょう。時間がある時は、塩揉みしておくとキレイな色を保つことが出来るのと、そのままお湯に入れるだけで簡単に調理出来ます。

しかし、時間がなかったら、沸騰したお湯の中にティースプーン山盛り1杯の塩を入れて1分45秒〜2分ほど茹でていきましょう。茹で上がったら冷水や氷水で冷やして水気を切り、調理に使いやすいように切ります。

オクラを生で食べる食べ方

オクラは、茹でるだけでなく、生で食べることが出来ます。栄養成分の中には、感熱することで壊れてしまう栄養素もあるので、生で食べる方がオクラ自体の効果効能を得られるメリットがあります。

オクラを生で食べる時は、ヘタを取ってガクを切り落とします。塩をパラパラと振りかけてまな板の上で転がすように板刷りをしたら、塩を水で洗い流してから調理しましょう。

おすすめの栄養たっぷりオクラレシピ

最後にお送りするのは、栄養たっぷりのオクラを使ったおすすめレシピです。オクラの栄養成分や効果効能を知ると活かしてみたくなります。そこで、思いついた時に簡単に作れるオクラレシピをご紹介します。

お弁当にもおすすめ!オクラの肉巻き

材料は、1人分のレシピです。オクラ5本ほど、薄切りの豚肉80〜90g、酒小さじ1、塩こしょう少々、片栗粉適量、ごま油適量、粗挽き胡椒・岩塩適量、ポン酢お好み量を用意しましょう。オクラを塩揉みして産毛を取ってからサッと茹でます。その間に豚肉にはお酒を馴染ませておきましょう。

豚肉を広げて塩こしょうをしたら、手前にオクラを1本置いて、ギュッとしっかり巻いて片栗粉をまぶしておきます。フライパンを中弱火にかけてごま油を入れたら巻き終わりを下にしてフタをします。2分ほどしたら裏返して弱火にし、フタをして2〜3分焼きます。時間が経ったらフタを開けてコロコロと転がして均等に焼き色をつけて出来上がりです。

常備しておきたい!オクラの簡単梅肉和え

材料は、オクラ10本、梅干し2個、醤油小さじ1、かつお節適量と下処理用の塩を用意します。オクラの産毛とヘタを綺麗に取って、塩を振ってからまな板の上でコロコロ転がします。塩を流さないまま熱湯に入れて1分ほど茹でましょう。茹でたオクラを冷まして和えやすい大きさに切り、梅肉2個、醤油、かつお節、醤油をお好みで入れて和えたら完成です。

効果的にオクラの栄養を摂って健康も美容もGET!

今回は、オクラに注目してお送りしてきましたが、オクラには、たくさんのメリットが隠れています。鮮やかな緑と特徴的な形、独特の粘り気の中に私たちが健康に美しく過ごすためのサポートをしてくれる力があります。オクラを身近に摂り入れながら、健康も美容もGETしていきましょう。

もっとオクラについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbネバネバ食材は美容や健康を保つ為の最強の味方になってくれる?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-22 時点

新着一覧