ワイシャツをクリーニングに出す頻度は?気になる値段の相場なども調査

ほぼ毎日着替えるワイシャツのクリーニングに出す頻度は毎回?ワイシャツのクリーニングの値段はいくら?相場としてワイシャツのクリーングの値段は高いのか格安なのか、クリーニングの使用の利点などをワイシャツのクリーニング出す頻度などの参考にしてください。

ワイシャツをクリーニングに出す頻度は?気になる値段の相場なども調査

目次

  1. ワイシャツの洗濯はクリーニング?それとも自宅で洗濯?
  2. クリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼するメリットは
  3. クリーニング屋さんのワイシャツの洗濯代はいくら
  4. よく知られているクリーニング屋さんのワイシャツの値段
  5. ワイシャツのクリーニングの相場が安いのはなぜ
  6. 今後のワイシャツのクリーニングの値段や相場の動向は
  7. クリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼したくないデメリットは
  8. クリーニング屋さんにワイシャツを出す頻度は?
  9. ワイシャツの素材・色・形で別扱いでクリーニング代の値段が高い
  10. クリーングの相場が値上げ傾向でワイシャツの値段を安くする方法は
  11. クリーニング店を選ぶ時注意したいこと
  12. 宅配クリーニングは集荷配送以外にもある
  13. 宅配クリーニングの相場の一例
  14. クリーニングに出す前にすべきことは
  15. ワイシャツのクリーニグの頻度と値段から洗濯方法を工夫しよう

ワイシャツの洗濯はクリーニング?それとも自宅で洗濯?

自宅でワイシャツのアイロンをかけると、クリーニング屋さんの様にパリッと仕上がらない事も多いですよね。出費面を考えると、自宅での洗濯の方が経済的にも優しいです。クリーニング屋さんにワイシャツを出した際、型が違うので別料金がかかると言われた事がある方もいるのではないでしょうか。

また逆に、シャキッとしたワイシャツを着たいからクリーニング代は必要経費と割り切ってクリーニング屋さんに出している人もいるのではないでしょうか。ワイシャツは自宅で洗濯できるにも関わらずクリーニング屋さんに出すメリットとは何か、また、最適なクリーニング屋さんの利用頻度はあるのか調べました。クリーング屋さんの利用法の参考にしてください。

さらに、クリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼する際に、気になるワイシャツの相場や値段についても調べてみました。加えて各社のクリーニング代のばらつきが目立つので何故一律ではないのか、気になるクリーニング代の今後の値段の動向などもまとめましたので併せてクリーニング店選びの参考にしてください。

クリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼するメリットは

シャキッとしたワイシャツの着用は見た目の好感度が高い

ノーアイロンのしわが目立つよれよれのワイシャツを着た人と、シャキッとしたしわのないワイシャツを着た人では印象が随分と違います。見た目の印象は仕事にもその人の評価にも影響しやすいので、アイロンがしっかりとかかったワイシャツが着たいものです。この点家庭のアイロンより高圧のクリーング屋さんのワイシャツの洗濯が評価されるポイントです。

クリーニング屋さんのワイシャツの洗濯は汚れが付着しにくい

クリーング屋さんのワイシャツの洗濯に使用される洗剤は、家庭用の洗剤と異なり汚れがよく落ちて真っ白に仕上がります。また、汚れの付着を防ぐコーティングの方法として、例えば糊付けなどの工程もあります。これもクリーニングに出すメリットです。家庭での洗濯においても少し濃い目の糊付けをするとアイロンかけがピシッと決まるので試してみてください。

ワイシャツのクリーニング代は手間・諸経費を考えると安い

自宅でワイシャツの洗濯をする際2・3日洗濯物を放置するとニオイが強くなり黄ばみやすいので、小まめに洗濯しなければ綺麗なワイシャツは着れません。また、汚れが付着している部分の部分洗いや漂白剤をして洗濯して、乾かしてアイロンかけをする時間と手間を考えると、もしかするとクリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼した方が安上がりかもしれません。

クリーニング屋さんのワイシャツの洗濯代はいくら

クリーニグ屋さんのワイシャツのクリーニングの相場は150円、175円などの安い代金から980円まで店によって値段に差があります。一般に洗濯の頻度の高いワイシャツのクリーニングは1枚百円台がクリーニングの相場ですが、ただ1枚の値段が安い店の場合は会員制になっていることもありますので確かめてください。大体のワイシャツのクリーング代の相場は170~300円です。

確かに、ワイシャツによってはワイシャツの安いクリーニング代の値段ではできない場合があります。ワイシャツの生地によって洗濯方法が異なる事もあり、常に安いクリーニング代で洗濯できるとは限りません。クリーニングに出す前に生地をチェックして、高額のクリーニグを要するワイシャツの場合は取り扱いについて一言伝え、間違ったクリーニングを避けるようにしましょう。

よく知られているクリーニング屋さんのワイシャツの値段

白洋舎のワイシャツの値段

白洋舎の一般的なワイシャツのクリーニングの値段は350円+税、型の異なるワイシャツのローヤル料金は380円+税からと少々割高です。白洋舎は、綺麗はむろんの事、出来る限り利用しやすい場所に店を構える事、もう着られないと諦めた服を蘇らせるなどのエコの取り組みをモットーにしています。割高でも仕上がりが良いと人気のあるクリーニング店です。

ホワイト急便のワイシャツの値段

東京都内の早い、安い、美しいをモットーにしているホワイト急便のワイシャツの値段を調べてみました。都内12エリアでもっとも安い地域は荒川でナント95円、最も高い地域は中央区で200円と地域差が随分とみられます。都内の平均のワイシャツの値段は約130円とクリーニングが利用しやすい値段です。仕上げも2営業と早い出来上がります。

喜久屋のワイシャツのクリーニングの値段

東京中心に展開している喜久屋のワイシャツの値段は、ハンガー吊りが260円、たたみが310円と少々割高です。喜久屋は深夜の宅配や保管クリーニングなど新しい事業を積極的に取り入れている事が高い人気を呼んでいます。保管クリーニングは保管場所が少ない間取りでは喜ばれ、さらに保管管理しなくてもよいと好評です。

ワイシャツのクリーニングの相場が安いのはなぜ

ワイシャツのクリーニングの値段は他のクリーニング代金に比べて値段が安く設定されているのは、ワイシャツの使用頻度が高くて洗濯の頻度が高いために、クリーニングの利用頻度も高くなるからです。クリーニングの回数が多くなると回転率が高くなります。このため、ワイシャツのクリーングには薄利多売の経営方針が取り入れられています。

また、ワイシャツの格安値段は経営戦略にも使われています。つまり、ワイシャツのクリーニングのついでに他のクリーニングを出してもらう事を狙っています。さらに、ワイシャツのクリーニングの値段をこのように安い相場に設定できるのは、企業努力による人件費の削減の取り組みが背景にあります。

今後のワイシャツのクリーニングの値段や相場の動向は

中には格安の値段のワイシャツのクリーニング代がありますが、セール以外の値段が安いクリーニングでは石油系のニオイがワイシャツに残っている事もあるという口コミもありますので、あまりおすすめでききません。今後のクリーニングの相場は値上がりの動向がみられます。確かに人件費は削減されましたが、使用する洗剤等の値上がりも原因で値上げは避けられないようです。

クリーニング屋さんにワイシャツの洗濯を依頼したくないデメリットは

クリーニング屋さんの洗濯はワイシャツ生地が傷みやすい

クリーニング屋さんでは汚れをしっかり落としたり、除菌、抗菌の効果がある高温・高圧処理がされるので、ワイシャツの生地は自宅で洗濯するのに比べて傷みやすくなります。近年は使用洗剤が改善されていて一概にクリーング屋さんの洗濯だからとは言えないようですが、ワイシャツは洗濯すれば生地が摩耗しやすく、クリーニングの処理によっては傷む事もあります。

クリーニング屋さんへのワイシャツの搬入搬出が面倒

確かに、クリーニグ屋さんのワイシャツはシャキッとなっていて気持ち良く着れますが、クリーニング屋さんへの搬入搬出は少々面倒です。シワがないワイシャツをしわにしないように持ち帰るのも一苦労です。また営業時間内に搬入搬出をしなければならない時間に制限される不自由さもあります。

クリーニングでの洗濯は多めのワイシャツが必要

毎日細目にクリーニング屋さんに出入りするならば仕上げの日数も関係しますがワイシャツの枚数は3・4枚あれば足りるでしょう。もし週に1度1週間分のワイシャツをまとめて出すならば毎日着替えると5・6枚と万が一を考えて2・3枚余分の枚数を揃えると着替えがなくなったというケースは避けられます。ワイシャツが多めのキープはコスト面からデメリットになります。

Thumbワイシャツの洗濯方法を解説!しわにならない自宅での洗い方・干し方は?

クリーニング屋さんにワイシャツを出す頻度は?

ワイシャツは大方の人が毎日着替えているでしょう。自宅での洗濯とクリーニング代の値段及びワイシャツの所持している枚数を考えてクリーニングに出す頻度が決められます。例えば、ワイシャツ1枚150円のクリーニングの値段と380円の値段ではクリーングに出す頻度は概ね半分になり、生地によってクリーニングの金額が嵩むとさらに頻度が下がる傾向があります。

例えば、ワイシャツ1枚のクリーニング代が150円と380円で経費を比較します。1枚150円で週に5枚のワイシャツをクリーニングに出すと1週に750円、4週では3000円です。1枚380円なら同じ計算で4週7600円です。それぞれの考え方により異なるところですが、手間をかけて節約するか、手間と仕上がりを考えてクリーニングに出すかはやはり値段が頻度を左右します。

自宅でワイシャツを洗濯する場合、クリーニングのように汚れが落ちませんからワイシャツの汚れが落ちていないと感じたり、シーズンオフの始末の前にクリーニングに出して汚れを落とすクリーニングの利用をおすすめします。さすれば次のシーズンに取り出した時、脇下が黄いば味で着られなくなっているなどのトラブルが避けられます。

Thumbワイシャツの黄ばみの取り方は?真っ白にする方法をご紹介!

ワイシャツの素材・色・形で別扱いでクリーニング代の値段が高い

クリーニング屋さんは、ワイシャツの値段を下げるためにコスト削減としてオート化を図っています。白以外の色物やレーヨンや絹などの素材、及び一般のワイシャツの型と異なるワイシャツは別物扱いします。別扱いのワイシャツは手作業や作業工程などの手間賃などがかかるためワイシャツのクリーニング代が相場より高くなるのはやもえません。

特別扱いが必要なワイシャツは洗濯表示を確かめ洗濯方法を選択しましょう。自宅で洗えるワイシャツは洗濯して時折クリーニングを利用するとよいでしょう。また水が使用できない素材のワイシャツはクリーニング代が高くなってもドライクリーニングの利用をおすすめします。クリーニングに出す際に一言洗濯方法について伝えるとトラブルが避けられます。

クリーングの相場が値上げ傾向でワイシャツの値段を安くする方法は

会員制登録して会員用のサービスを活用

ワイシャツのクリーニング代を少しでも安くする方法として、会員制があるクリーニング店では会員登録して会員の特別サービスを利用しましょう。例えば、クリーニング店のポイントカードを貯める、セールのお知らせなどを活用してクリーニング代を削減しましょう。

ワイシャツのハンガーの回収を利用しよう

クリーニング店によっては、クリーニング用のハンガーを回収して再利用する店もあります。ハンガーの持ち込みによりワイシャツのクリーニング代が格安になるお店があります。また、家庭にクリーニング用のハンガーが多くなると始末に困り邪魔になるので、この点からもこのようなサービスを利用することをおすすめします。

ワイシャツの吊るし仕上げはクリーニング代が安くなる

ワイシャツの仕上げ方法としてワイシャツを吊るしたままとたたみ仕上げがありますが、ワイシャツを吊るし仕上げにするとたたむ手間がかからない分いくらかでも安くすることが出来ます。このサービスも店によってある場合とない場合がありますので尋ねてみましょう。吊るしたままの仕上げは持ち帰りが少々嵩張るデメリットもありますのでこの点も考慮して活用しましょう。

クリーニング店を選ぶ時注意したいこと

クリーニング店を選ぶ時、近くのクリーニング店の利用は搬入や搬出が便利ですが、クリーニング店を選ぶ際にワイシャツの仕上げりに要する時間を確認しましょう。ワイシャツの回転率が高い店は短時間で仕上るので受け取りまでの時間が短くなり、ワイシャツの枚数も多めに必要しないし使用の支障も避けられます。早い場合はその日の夕方に受け取れますが大体2営業が目安です。

また、仕上げがいくら早くても汚れが落ちていないお店は避けましょう。さらに使用洗剤に石油系の臭いがする場合も避けたいクリーニング屋さんです。クリーニングの仕上がり具合などがわからない場合1枚試しに出し納得いかない仕上げならば止めましょう。

宅配クリーニングは集荷配送以外にもある

宅配クリーニングは、以前から行われていた集荷配送を継続しているクリーニングとネットの普及によるネットクリーニングがあります。概ね集荷配送はそのクリーニングのエリアで無料かわずかな手数料で行われています。ネットクリーニングのオーダーは24時間対応が多く便利です。また、シーズンオフの衣類など預かりのクリーニング店も台頭し保管管理が評判です。

宅配クリーニングの相場の一例

ホワイト急便のワイシャツの宅配便はたたみ仕上げの相場は302円です。白洋舎はずっと以前から集配サービスを行っていて店舗のエリア内ならばワイシャツ1枚でも無料で利用できます。らくらく宅配便はワイシャツ1枚でも利用でき送料料金が1600円かかるので利用する際は近所の集配サービスの利用をおすすめします。

宅配クリーニングは1個の値段とパックの値段相場があり比較が出来かねますが、クリーニングに出したい量と値段を比べて利用するとよいでしょう。気をつけたいことはパック便は割高になることがありますので他店との比較と個別依頼の料金をチェックしましょう。

クリーニングに出す前にすべきことは

ワイシャツをできるだけ長持ちさせて気持ちよく着るために、洗濯表示や繊維などの情報は必ずチェックして、クリーニングを依頼する際はワイシャツで繊維や取り扱いの注意などを伝えましょう。また、ボタンが落ちそうになっている場合は必ずつけ直して、自宅での洗濯するようにしたりクリーニングに出すようにしましょう。

ワイシャツのクリーニグの頻度と値段から洗濯方法を工夫しよう

いつもシャキッとしたワイシャツの着用は好感度が高く評価されますが、シワのあるよれよれでは得られません。ワイシャツの洗濯代の値段にもよりますが洗濯代は必要経費として割り切り捻出するか、クリーニングと洗濯を組み合わせてワイシャツの汚れが落ちていないと感じる時クリーニングを利用するなどの工夫をしてきれいなワイシャツを着てください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧