ストローで工作を楽しもう!幼児向けの簡単楽しい作り方・アイデア特集

幼児向けのおもちゃはたくさん売られていますが、家にあるものでも簡単におもちゃを作ることが出来るんです。特にストローは切るのも曲げるのも簡単なので工作するのにとても向いているんですよ。今回は幼児向けのストロー工作の作り方やアイデアをご紹介します。

ストローで工作を楽しもう!幼児向けの簡単楽しい作り方・アイデア特集

目次

  1. 家にある身近なものを使った工作が人気
  2. 工作おもちゃには子供にとってこんなメリットが!
  3. 早速ストロー工作に挑戦!簡単に作れるストロー工作6選
  4. ①何が出るかな?「ストローおみくじ」
  5. ②ぐりゃりと曲げて「ストロー吹き矢」
  6. ③どんどん膨らませて!「動物ストロー」
  7. ④竹でなくても作れちゃう!「ストロー竹トンボ」
  8. ⑤演奏できるかな?「ストロー笛」
  9. ⑥飛び立て「ストロー飛行機」
  10. ストロー工作をする時の注意点
  11. 簡単なものから複雑なものまで奥が深いストロー工作!
  12. アイデア次第でストロー工作は無限大!

家にある身近なものを使った工作が人気

子供は好奇心旺盛なので次から次へと色んなおもちゃに興味を示します。でも全て応じておもちゃを買っていると金銭面の負担が大きいんですよね。そんな中、家の中にあるアイテムでアイデアを絞って作られた工作が人気です。

わざわざ材料を買ってこなくても、輪ゴムやストロー、牛乳パックなど家の中に普段からあるもので工作することが出来るので節約にもなりますし、世界にたった一つのオリジナルおもちゃを作ることも可能です。自分で工作して作るおもちゃは節約以外にも子供の成長にたくさんのメリットがありますのでそのメリットをご紹介します。

Thumbペットボトルのキャップで工作しよう!手作りおもちゃ・雑貨をご紹介

工作おもちゃには子供にとってこんなメリットが!

①工作は親子のコミュニケーションになる

子供におもちゃを工作している時って、「喜んでくれるかな?」と思わずワクワクしながら作りますよね。そんな親の姿を見て子供は真似して一緒に作り出すはずです。親の作った工作を見ながら、また一緒に作りながら頑張って工作を完成させるのは大切な成功経験の一つになります。分からないことを聞いたり会話を交えながら作る時間も子供にとってはいい思い出になりますね。

②工作で指先を使うのは幼児期の脳の発達に最適

工作というのは「切る」「塗る」「貼る」など様々な手先の使い方をします。手先をたくさん使えば単に手先が器用になるだけではありません。指先を使うのは同時に脳も使っているので、工作は幼児の脳に大変刺激になります。「こうやればもっとうまく作れるかも」といった思考力や想像力からの工夫、最後まで作る集中力や忍耐力、こういったものが工作によって得られるのです。

➂自分で工作したおもちゃには愛着をもってくれる

子供が小さければ小さい程力のコントロールが上手くいかず、おもちゃを振り回して壊してしまうことがあります。あまりに小さいうちは仕方ありませんが、いつまでもそのままだと困りますよね。

そんな時、自分の為にパパやママが工作してくれたおもちゃや自分で工作したおもちゃだったらどうでしょうか?一緒に作った楽しい思い出のある世界にたった一つにとても愛情のこもったものですので、乱暴に扱って壊してしまったりすぐ飽きたりせず大切に使ってくれるでしょう。物を大切にする心は幼児期から育みたいものですよね。

Thumb牛乳パックでおもちゃを工作!高齢者も幼稚園児も簡単にできると評判

早速ストロー工作に挑戦!簡単に作れるストロー工作6選

工作おもちゃは子供が遊ぶのにとてもメリットがあると分かっていただけたと思いますので、早速作り方に入りましょう。今回は工作おもちゃの中でもストローを使った工作をご紹介したいと思います。ストローは幼児でも簡単に工作できますし、アイデア次第で色んな形になるのでおすすめなんですよ。

Thumb【クリスマス工作】幼児や小学生などの子供も出来る簡単アイデアまとめ

①何が出るかな?「ストローおみくじ」

ストローおみくじの作り方

空き箱に画用紙を貼ったら上の部分に10か所ほどキリで穴をあけて、ストローが通るように鉛筆で穴を広げます。画用紙にお絵かきしたものや折り紙を箱のデコレーションとして自由に作って貼り付けましょう。半分に切ったストローの下側にマジックで「大吉」や「小吉」などおみくじを書いてストローを穴に刺せばストローおみくじの完成です。一人ずつ引いて結果を見てみましょう。

ストローおみくじの場合はストローを半分に切って使うので、ストローは穴の数の半分用意すれば大丈夫です。おみくじではなく点数にして合計得点を競う、一本だけ印をつけてそれを引いたら負け、などアイデア次第で遊び方が広がりますよ!

②ぐりゃりと曲げて「ストロー吹き矢」

ストロー吹き矢の作り方

ストローの曲がる方の口に縦に切れ目を少し入れます。もう一本のストローを用意して、お互い曲がる方同士をつなぎ合わせてテープで固定します。2本のストローの曲がる部分をそれぞれヘアピンのように折り曲げてセロハンテープで固定したら完成なのでとっても簡単です。形はU字トラップがある排水管をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

もっと簡単な作り方はストロー1本だけのシンプルな吹き矢です。片方に矢として綿棒をセットしたら、もう片方のストローの穴から吹いて綿棒を飛ばします。的を作って点数を競ったり、空き箱を的にして距離を変えたりとこれもアイデア次第で色んな遊び方を楽しめます。ただしよく飛びますので周りに注意して遊んでくださいね。

③どんどん膨らませて!「動物ストロー」

動物ストローの作り方

まずビニール袋の底を上にして、好きな動物の絵を描きます。マジックで描くだけでもいいですし、画用紙に目や耳を描いたものを張り付けても良いですね。次に紙コップの下の方にストローを差し込みます。そうしたら紙コップの口の部分にビニール袋をくっつけて完成です。

ストローで空気を送り込むとビニールが膨らんで、紙コップの中からひょっこり動物が飛び出る仕掛けになっています。空気が漏れないようにビニール袋と紙コップはしっかり密着させた方が良いですね。中を動物でなくてお化けにすると、夏やハロウィーンの時期に楽しめますよ。

④竹でなくても作れちゃう!「ストロー竹トンボ」

ストロー竹とんぼの作り方

牛乳パックを縦長に切ったらV字になるように半分に折ります。V字の部分に切り込みを入れたストローを貼り付ければ完成です。羽の大きさやV字の角度によって飛び方も変わるので、いくつかバリエーションを作って比べてみるのも楽しそうですね。牛乳パック以外にもトイレットペーパーの芯やお菓子の空き箱でも羽を作ることが出来ます。

⑤演奏できるかな?「ストロー笛」

ストロー笛の作り方

ストローを12本用意して、「ド」から16センチ、14.2センチ、12.7センチ、12センチ、10.7センチ、9.5センチ、8.5センチ、8センチにストローをそれぞれ1本ずつ切ります。この長さの違いがそれぞれドレミの音程になるようになっています。

ストローの下には空気が漏れないようにテープを二重にとめたら、余った4本のストローを半分に切って、ドレミ順に並んでいるストローの間に交互に入れて間隔をとります。全部をテープで固定したら完成です。

ストロー笛は音程の調節が必要な事も

ストローの長さは直径8ミリのストローに合わせた音程の長さなので、ストローの太さが変われば音の高さも変わります。まず「ド」の音のストロー笛を作って、ピアノなどで音合わせをしてから他の音をカットするのがいいですよ。

⑥飛び立て「ストロー飛行機」

ストロー飛行機の作り方

ストロー飛行機の工作には太さの違う2本のストローを使います。まず、太くて大きめのストローの片方の飲み口をテープで塞ぎます。テープで塞いだ方を頭にして、飛行機の羽として画用紙を2枚ストローに貼り付けます。羽には好きな絵を描いたりメッセージを描いたり自由にアレンジして下さい。これでストロー飛行機の本体が完成です。

ストロー飛行機の飛ばし方

ストロー飛行機の後ろ側の飲み口に、細いストローを差し込みます。細いストローに息を吹き込むと空気の力でストロー飛行機が発射します。もし差し込める細いストローがなければそのまま飛ばしても楽しいですよ。

ストロー工作をする時の注意点

誤飲に注意しよう

簡単に作れるストロー工作ですが、小さい子供と作る以上やはり注意しなければならない事があります。まずは誤飲に気を付けましょう。消費生活センターの発表によると、子供の事故の半分以上が誤飲によるものです。

工作の加工で余ったストロー端はすぐに捨てよう

誤飲というと「口に入らなければ」大丈夫と考えがちですが、耳の中や鼻の中に入れてしまう事もあります。ストローは細いので、ストロー工作でストローをカットした時の余りなどには注意した方が良いですね。工作中にストローの細かい余りが出た時にはすぐに捨てたほうが安心ですよ。

工作で道具を使う時や遊ぶ時も見守ろう

今回ご紹介したストロー工作は小さな子供でも簡単に作れる工作ばかりですが、工作にはキリやハサミを使う場面も出てきますので、お子さんの年齢に応じて親が代わってあげたり、子供がやる時にはしっかりと見守りながら工作をして下さい。

また完成したストロー工作で遊ぶ時も、最初は加減が分からなかったりストロー工作で遊ぶのに夢中になるあまり危ない行動をする場合もありますので、特に初めて遊ぶときは一緒に見守りながら遊びましょう。

簡単なものから複雑なものまで奥が深いストロー工作!

ストロー工作というと子供のおもちゃというイメージがありますよね。ですがストロー工作でリアルなエビや恐竜を作ったりする方も増えていて、ストロー工作はストローアートとも呼ばれるほど奥の深い工作になっているんです。なのでストロー工作は子どもから大人まで色んな世代で楽しむことが出来る工作なんです。

アイデア次第でストロー工作は無限大!

今回ご紹介したストロー工作はほんの一例にすぎません。ご紹介したストロー工作をアレンジしたり、自分で考えたりとストロー工作で作れるものは無限大に広がります。今ではストロー工作の本も出ていますし、ネット上でも様々なストロー工作の作り方が載っていますので、ぜひ色々なストロー工作に挑戦してお子さんとの思い出を増やしていって下さいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧