ナイロンとポリエステルの違いとは?特徴や強度を徹底比較!

ナイロンやポリエステルは衣服の表示にも見られる合成繊維です。アウトドア製品にも見られその機能性や多様性から幅広く使われています。しんな身近なナイロンとポリエステルの特徴を生地の防水など特徴の違いがどこにあるかなど性能を考えるのに役立つ知識をご紹介します。

ナイロンとポリエステルの違いとは?特徴や強度を徹底比較!

目次

  1. 身近な生地ナイロンとポリエステルの違い
  2. ナイロンとポリエステルの素材【特徴】
  3. 生地による違いと特徴【ナイロンとポリエステル】
  4. 防水生地にナイロンとポリエステルが使われている製品!
  5. 通気性がない?弱点[ナイロンとポリエステル]
  6. 「ロープ」に違いがでるナイロンとポリエステル
  7. ナイロンとポリエステルは「スポーツウェア」に使われる生地
  8. アウトドアに活躍する「ナイロン」と「ポリエステル」
  9. ナイロンとポリエステルの「静電気」対策をしよう
  10. ナイロンとポリエステルの特徴で生地を選べるようになる!

身近な生地ナイロンとポリエステルの違い

「ナイロン」の正式名はポリアミドと言い、ポリアミド樹脂全体のことを指しています。「ポリエステル」も樹脂であり、ペットボトルの材料など様々なものに使われています。ポリエステルは世界中で生産が多く、ナイロンはその次に生産量がありるため生産量の1位と2位をポリエステルとナイロンで占めています。

ナイロンやポリエステルは合成繊維であるため、他の化合物を混ぜることができ、衣料品のラベルでよく見かけます。ナイロンやポリエステルは割合、%(パーセンテージ)や化合物、ナイロンやポリエステルの繊維の形も様々です。多様性があるので生地そのままの比較は難しく、ナイロンやポリエステルの特徴が変化します。

ナイロンとポリエステルの材料としての比較と、製品に使われている特徴を見て買い物に役立てましょう。アウトドア製品の機能性が気になるものに使われ衣服やカバン、ロープなどにナイロンとポリエステルが使われているものを見てみましょう。

ナイロンとポリエステルの素材【特徴】

ナイロンの素材の特徴が出るストッキング

服のタグにナイロンと書かれてあってもデゥポン社の商標でナイロンというため一般名称として使われています。ナイロンにも数種類のナイロンがありそれぞれのナイロンで同じ性能があるわけではありません。ナイロン合成繊維の特徴によってほかの化合物を付加することで生地に特徴をもたせたり、他の素材と合わせたりできます。

ナイロンの伸縮性や静電気が起こりスカートが足にまとわりつくなどの原因はナイロンの素材にあるかもしれません。その点を考えてナイロンの製品に静電気ガードのスプレーをするなどの対策をすると良いですね。

ナイロン合成繊維のナイロンに色を付けたり、肌触りの良い素材を足すなど生地の特徴と言えそうです。ナイロンやポリエステルの共通点は多く、合成繊維の特徴が活かされています。

ポリエステルが多く流通する理由

ポリエステルのは形が崩れにくく、張りのあるそざです。シャツやジャケットなどフォーマルにもカジュアルにも使われている素材です。水を吸いにく、型崩れしにくい綿と混合して使われることがあります。

ポリエステル100%(パーセント)の製品を目にします。シャツやスーツにの表示にポリエステルとあり、光沢や防水生地の表記があるなど機能性のある製品があります。その場合、ポリエステルとともに織り込まれている素材やポリエステルと合成している付加化合物により種類が多くあります。

ポリエステルは染めやすい性質があり、型崩れしにくい素材が活かされています。糸を織り込んで布にするためその糸の割合や組み合わせでポリエステルの特徴の出方が異なります。ポリエステルの防水性や生地の違いが生まれるようです。防水の生地製品は便利ですが、どんなナイロンやポリエステルの製品があるか身近なものをまとめてみました。

ナイロンやポリエステルを素材で比較すると、張りのある肌触りで合成繊維の特徴である付加をすろことで性質を足すことができます。しかし、ナイロン特有の特徴が残る部分もありそうです。そんなナイロンと似たポリエステルの製品利用が多くなるようです。ナイロンとポリエステルの生地は、どんな特徴があるのか見てみましょう。

生地による違いと特徴【ナイロンとポリエステル】

ナイロンは柔らかくて加工がしやすいが原料価格が高いのでポリエステルのが流通しています。その他、ナイロンは放置すると黄ばみやすいという性質のものもあり、主な原因はUVなどでナイロン素材自体の黄変によります。ナイロンはカビ害虫に強い特徴もあります。

ナイロンとポリエステルの違いは素材で見ると機能の違いはあまりみられません。しかしナイロンもポリエステルも合成繊維であり、化合物の付加や塗布によって性能を特徴を得られます。ポリエステル製の着物は絹などより手入れがしやすく、しわになりにくい生地の着物が手に入ります。

ポリエステルは染まりやすい素材です。ポリエステル素材の100%(パーセント)で使われているなど、ポリエステル単体でも活躍している生地ですね。

ポリエステル繊維の形状で性能や物性がかわりますが、ナイロンとポリエステルを素材で見るとほぼ遜色ない機能をもっています。ナイロンとポリエステルの特性は合成繊維で変えられることです。

防水生地にナイロンとポリエステルが使われている製品!

ナイロンのカバンや衣服

普段使いにもビジネスにもカバンはかかせませんね。雨の日に防水生地のナイロンカバンで濡れるのを防ぐと中のものが濡れずにすみそうです。防水スプレーもありますが耐久性や保ちが気になるかもしれません。

ナイロン生地自体の防水と型崩れしにくいのでナイロンの旅行用に持っていくカバンによく見かけますね。ナイロンなら耐久性もありそうです。

ナイロンは衣服でも張りのある印象です。着心地は裏地によっても違いますが、ナイロンのツルっとしたりボア(毛)の温かいものなど様々ありますね。

ポリエステルのアウターと製品

防水性もあり中綿がポリエステルのものもあります。ダウンよりは温かさにかけるかもしれませんが、ポリエステル裏地の肌触りやキルティングにも使われているなどポリエステルが多く使われていますね。

形を維持し、水に強い性質が生活用品の素材として使われています。ポリエステルは長期の耐熱性があり、燃えにくいだけではなく自己消火性という火の源がなければ燃焼が継続しない性質を持っています。

通気性がない?弱点[ナイロンとポリエステル]

ナイロン素材に通気性がなく、強い生地なのでメッシュの部分に使われています。カバンやリュックだけでなくスポーティな靴にも使われていますね。ナイロンでもメッシュによって通気性が得られますが、素材自体の通気性は良くないようです。

ナイロンやポリエステルはスポーツ用品やアウトドア製品によく見かけます。ナイロンやポリエステルのカバンに涼感や温かい機能などの効果を探してみると欲しいナイロンやポリエステル素材で合成繊維の機能が見つかりそうです。

「ロープ」に違いがでるナイロンとポリエステル

ナイロンの衝撃を吸収する性質を活のある登山用ロープはナイロンの伸縮性が活かされています。ポリエステルのロープは長期的に持ちが良いという利点があります。

特徴の一つとして、ナイロンは色がつけやすいことと、火による耐火性に違いが出そうです。ナイロンやポリエステルのロープは素材の特徴を含めて考えると良さそうです。

強度や耐久性、滑りやすさなどにより欲しいものが違ってきますね。ナイロン製かポリエステル製のどちらが良いかは、はっきりと決められません。ナイロンやポリエステルに付加した化合物や用途、見た目の色など要素があります。

ナイロンとポリエステルは「スポーツウェア」に使われる生地

ナイロンやポリエステルの服に織り方や編み方で様々な肌触りや機能性を持たせられる素材です。ナイロンやポリエステル生地の特徴を活かされています。

ナイロンの伸縮性の特徴から水着やナイロン製のタイツ、スポーツ用品によく見られます。ナイロンにはプリントされていたり黄ばみがでるものもあるのでナイロン生地を含む製品の保管方法に注意しましょうね。

アウトドアに活躍する「ナイロン」と「ポリエステル」

ナイロンとポリエステルの共通の特徴は、動きやすい形が崩れない、防水などの機能性を持たせられるのでスポーツやアウトドアに役立ちます。生地自体に防水の機能があれば、防水スプレーなどの塗布だけより雨や雪の対策になるでしょう。

温かさは中に入っているポリエステルなどの空気の層で防風や防水の生地が使われています。肌触りにはぴたりと張り付く静電気を帯びやすいものやシャカシャカと動くときに音がなるものなどあります。

ナイロンとポリエステルには静電気のお手入れや優しくケアをすると良さそうです。ナイロンはUVでの劣化注意が必要で、ポリエステルは毛玉ができるかもしれません。

ナイロンでもポリエステルでも防水生地によって便利に使えますね。乾燥する冬場などにも気になる静電気について詳しく見てみましょう。よく着る服は摩擦を受け毛玉が出やすくなる可能性が高いので洗濯にネットに入れたり手洗いするなどしてみましょう。

ナイロンとポリエステルの「静電気」対策をしよう

毛玉は繊維へのダメージでできてしまうことがあります。静電気も布へのダメージで洗濯やよく使った衣服に出てきます。毛玉が出た時には、毛玉カッターなど丸まってしまった繊維の先端を切り取れるアイテムでお手入れしましょう。

ポリエステルは静電気、毛玉ができやすいかもしれません。生地の温かさが必要な冬には、プラスとマイナスのものを合わせると静電気がひどくなるかもしれません、綿など帯電しないものを下に着るなど合わせ方に気を配るとナイロンやポリエステル素材には、良いかもしれません。

100円ショップでも手に入りますよ。お気に入りの服などは静電気ガードや洗濯の時の洗濯ネットや洗剤などを使い、柔らかく仕上げられるものを使ってみましょう。ナイロンやポリエステルの素材のお気に入り衣服を長く使いたいですね。

ナイロンやポリエステルはスポーツやアウトドア製品にも使われる便利な生地です。その生地の特徴は付加する化合物で多様性があり、合成繊維として色々なものに見られます。そんなナイロンとポリエステル生地の比較は難しいですが、機能性の高く便利な素材です。

ナイロンとポリエステルの特徴で生地を選べるようになる!

ナイロンやポリエステルは普段使いにもスポーツやアウトドア製品にも使われ、その機能や質感の多様性を楽しめそうです。お手入れや洗濯に気を使ってみるなどして、素敵なものを見つけましょう。

身近な素材でナイロンもポリエステルも生地に使われています。機能性のあるナイロンやポリエステルの製品とうまく付き合いましょう。着心地や使い心地、もちが良くなるかもしれませんね。

もっとナイロン生地について知りたいあなたへ

Thumbナイロンのバッグ・トートバッグのブランドまとめ!女子に人気なのは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-16 時点

新着一覧