1日2食ダイエットのやり方!美容や健康法としても注目のその効果とは?

1食の量はそのままに、1日2食にするだけで1食分のカロリーを取らないダイエットが注目されています。正しいやり方で1日2食ダイエットを継続すれば、美容や健康にもよいとされています。そこで、その効果や逆に太るデメリットなど詳しくお伝えしていきます。

1日2食ダイエットのやり方!美容や健康法としても注目のその効果とは?

目次

  1. 1日2食ダイエットの効果は?
  2. 1日2食でダイエット効果を得るためのやり方
  3. 食べないことでデメリットもある1日2食ダイエット
  4. 朝食抜きで1日2食ダイエットするなら
  5. 食事内容を見直すことで1日2食ダイエットの効果UP
  6. 比較的簡単にできるのは昼食べない1日2食ダイエット
  7. 昼食を抜く1日2食ダイエットのデメリット
  8. 1日2食ダイエットは夜抜きがデメリット少なめ?
  9. 健康効果も高い!夜ご飯抜きダイエットのデメリット対策は?
  10. 生活スタイルに合った1日2食で健康的なダイエットに挑戦してみよう!

1日2食ダイエットの効果は?

1日3食食べているところ、1食抜けばその分のカロリーを摂取せずに済む。この考えで今話題の1日2食ダイエットですが、正しい方法で無理なく出来てる方にとってはとても高い効果が出ているようです。

朝・昼・夜いずれかの一食を抜く際には、それなりのストレスを覚悟しなければなりませんが正しいやり方であれば美容や健康にもよいとされています。そこで、食べないことで逆に太るデメリットもあわせて1日2食ダイエットの詳しいやり方をお伝えしていきます。

1日2食ダイエットの効果が出る方法と、そのやり方を継続できる方は多くの成果を得られるでしょう。食べることへの執着が捨てきれない方は、精神的な負担が大きいのでおすすめできるダイエット方法ではありませんが、体の調子を整える効果もあります。

Thumbダイエット遺伝子検査キットのおすすめは?信憑性や効果・使い方まとめ

1日2食でダイエット効果を得るためのやり方

1日のうち1食を食べない1日2食ダイエットは、空腹の為に間食してしまうとその効果は得られず逆に太ってしまうことがあります。そのため、1食抜くことでその分のカロリーを摂取しないのですから、1日に過剰なカロリーを取ってしまう方にとっては有効なダイエットと言えます。

1日2食ダイエットは、いつも食べている量をそのままキープして1食だけを抜くことを継続させるだけなので、食品別のカロリーや食べるものを選ぶといった手間がないため、手軽さがあります。後ほど、朝・昼・夜どこで1食抜くと効果的であるか、またそれぞれの時間帯で抜いた際のデメリットもあわせてお伝えしていきます。

運動をすることが苦手だったり、まとまった時間を作る事ができない場合、1日2食ダイエットはそれぞれの生活スタイルに合わせて手軽に行えるダイエット方法でもあります。食べないことで太る理由についても後ほど詳しくお伝えしていきます。

Thumbおかゆのカロリーはお茶碗1杯でどのくらい?ダイエット効果もあるって本当?

食べないことでデメリットもある1日2食ダイエット

1日2食ダイエットは、3食しっかり食べていた生活スタイルから当然1食抜くことになると、空腹時間を耐えなければならないというデメリットがあります。その空腹時間を紛らわせるため間食してしまったり、抜いた後の1食がいつもより多めであれば1日2食ダイエットの効果は得られず更に太る伝えている方もいます。

このことから、食べないことで起こるデメリットが精神的なものに多くあることがお分かり頂けるかと思います。特に周りで食事をしている人がいる環境、食べ物の臭いなど、とにかく空腹を感じやすい時間帯の食事抜きはストレスに繋がる事が多くあります。そのため食事を抜くタイミングをあらかじめ考慮しておく必要があります。

次に、朝・昼・夜それぞれで食事を抜いた時に起こりうる体へのデメリットもあらかじめお伝えしておきます。知っておくことで、自身にあったダイエットであるかどうかもわかり、無理なくできるか検討できるのではないでしょうか。

朝食抜きで1日2食ダイエットするなら

朝食には、脳への負担を押さえたり、体を動かす為のエネルギーを多く取り入れた方がよいと言われています。糖質不足は脳の働きを悪くするといった考え方から、朝に甘い物を摂取する方もいるようですが逆にインスリンの分泌が急激に増え、余分な糖分を脂肪に変えてしまいます。

このことから、朝食を食べない1日2食ダイエットを行っている人もいます。主に体を動かさない仕事であったり専業主婦の場合であっても問題なく出来るのではないでしょうか。

特に中高年であれば、摂取カロリーを消費しにくくなっていくので朝食を食べない1日2食ダイエット向けといえます。逆に成長期の子供や、体を動かす仕事をしている方には不向きなダイエット方法です。

食事内容を見直すことで1日2食ダイエットの効果UP

1食を抜くに当たり、その際に起こるデメリットを考慮して1日2食ダイエットの食事内容を見直すことで、更にダイエット効果がUPします。元々普段の食事がバランスのとれたものであるか?夜は高カロリー、朝は低カロリーと偏りがあったり、全体のバランスがとれていない食生活を送っている方も多くいます。

1日2食しか取らない上に、その食事のバランスが偏っていると逆に太ってしまったり健康を害してしまうことも考えられます。炭水化物やアルコールをできるだけ減らし、高たんぱく質や野菜を多く取ることで腹もちもよく、ダイエットによるストレスを軽減させることもできるでしょう。

夜の付き合いや外食、家族とのコミュニケーションに抜くことが難しい場合は、食事の内容を見直すことで無理なく1日2食ダイエットを続けて行くことができるでしょう。美味しい物を好きなだけ食べてしまう事も、このダイエットを無意味なものにしてしまう為、特に注意が必要です。

比較的簡単にできるのは昼食べない1日2食ダイエット

デスクワークや主婦の方であれば、他の人が食べている場所や臭いといったストレスを感じさせない環境にいる方にとっては、昼食べない1日2食ダイエットは比較的簡単に始められるのではないでしょうか。

朝食には、野菜やたんぱく質、糖質の順でしっかり食べておき、昼は水分補給をしっかり行います。夜ごはんまでの間食をせずに、空腹を持ちこたえるだけで済みます。1日2食ダイエットを行っても太る原因は、この間食を我慢できないこと、1食抜いた後の食事が多すぎたり高カロリーな物、アルコールを沢山取ってしまうことにあります。

特に、体が脂肪を蓄えておかねばならないと判断してしまう状態(酷い空腹)を避けるのに、昼食だけを抜く方法がリバウンドを抑制する効果があります。特に、消化の為に常に動いている消化器官を休ませ、健康的なダイエットができる時間帯でもあると言えます。

昼食を抜く1日2食ダイエットのデメリット

1日2食ダイエットで起こるデメリットでもお伝えしていますが、間食や抜いた次の食事の食べ過ぎはダイエット効果が得られません。

食べないのに太る、1食抜くことがとにかくストレスであるといった方は、逆に健康を害してしまう可能性があります。

食べる事への執着が取れぬままうっかり間食や多めの食事をとってしまうことの繰り返しは、精神的にもよい事とは言えません。そのため、1日2食ダイエットが始められるよう、徐々に1食の量を減らしていくなどして準備期間を設けてもいいでしょう。

先にもお伝えした通り、2食ではしっかりと栄養バランスのとれた食事をすることで便秘になる事も防げます。1日2食ダイエットの基本ともいえる、これらのことを念頭に置いて継続することが大切です。

1日2食ダイエットは夜抜きがデメリット少なめ?

脂肪を特に吸収しやすい時間帯が、夜の22時以降と言われています。その為、16時頃までには軽い食事だけで済ませ徐々に夜は食べない生活スタイルに移行するとやりやすさもあるでしょう。

また、空腹を感じてしまう前に早寝しても健康的な生活を送るきっかけになります。仕事終わりに付き合いなどがなく、一人外食している方であれば1日2食ダイエットを始める良い機会になるでしょう。

健康効果も高い!夜ご飯抜きダイエットのデメリット対策は?

先にもお伝えした通り、夜食べないことで起こるデメリットは、余りの空腹から脂肪を体に蓄えてしまおうとする体の仕組みです。朝・昼に食事を抜くよりも夜を抜くダイエットでは、この仕組みが発動しやすいと言われています。

また、18時までに夜ごはんを済ませ朝か昼を抜く1日2食ダイエットとなると、なかなか時間の都合が付けにくい方が多いのではないでしょうか。ただし、仕事が忙しい方ほど、昼食べるのが遅くなってしまう場合も多くあり、そんな時には夜食事を抜いてしまうのも手ですね。

1日3食お腹がすいていなくても、食べなくてはならないといった考え方は捨ててしまいましょう。その時、その都度、都合のいいタイミングで1食抜く。食べる時は、バランスの良い食事内容をしっかり取ることを心掛けます。短期間で胃腸を休めるつもりで行うのが、心にも健康にもよいダイエットになります。

生活スタイルに合った1日2食で健康的なダイエットに挑戦してみよう!

今回は、そと尾で働く方、家事育児の主婦、年配の方でも生活スタイルに合った1日2食ダイエットができるよう、朝・昼・夜それぞれのメリットとデメリットをお伝えしてきました。中にはどの時間帯でもちょっと難しい、3食食べられないのはきついと感じておられる方でも、気軽に始められる準備段階についても触れています。

1日2食ダイエットで太る原因をしっかり把握していれば、他の制限ダイエットよりもはじめやすいと感じていただけたのではないでしょうか。

これで太る心配をせずに、1日2食ダイエットで健康的なダイエットに挑戦することができますね。1食抜くことも難しい方は、まず1食の量を減らすだけでも大きな変化を得られます。是非挑戦してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-09 時点

新着一覧