ステーキをフライパンで上手に焼こう!プロ直伝の美味しい焼き方のコツは?

フライパンを使ってプロ並みのステーキに仕上げる焼き方のコツについてまとめました。プロ直伝の焼き方のコツを取り入れれば、自宅のでフライパンでも上手にステーキを焼くことができます。プロの美味しさを再現できるフライパンを使ったステーキの焼き方のコツを学びましょう。

ステーキをフライパンで上手に焼こう!プロ直伝の美味しい焼き方のコツは?

目次

  1. フライパンで上手に仕上がるステーキの焼き方のコツを知りたい!
  2. ステーキ肉は常温に戻すのがプロも実践する焼き方のコツ
  3. フライパンで焼く前にステーキ肉に下処理をする
  4. ステーキ肉が固い場合に柔らかくする上手な方法
  5. ステーキを焼く前にフライパンは温めておこう
  6. フライパンでレア&ミディアムレアに仕上げる上手な焼き方のコツ
  7. フライパンでミディアム&ウェルダンにしたい時のステーキの焼き方
  8. プロの味わいにする時はフランベを使用
  9. フライパンでステーキが焼きあがった後のポイント
  10. プロ並みの美味しいステーキをフライパンで焼こう!

フライパンで上手に仕上がるステーキの焼き方のコツを知りたい!

焼き方のコツを知れば、フライパンでも美味しいステーキが焼ける

「美味しいステーキ肉を手に入れたから美味しく焼き上げたい!」ということはよくありますよね。自宅のフライパンでも焼き方のコツをチェックしておけば、十分に美味しいステーキに仕上げることができます。ステーキを上手に焼くにはちょっとしたコツが必要。フライパンで美味しく焼き上げるコツをチェックしておけば、ワンランク上の味わいを楽しめます。

ステーキ肉の素材の旨味を活かすためには、焼き方は重要なポイント。焼き方を間違えると思っていたステーキとは違った味わいになってしまいます。フライパンを使ったとしてもコツさえ掴めば美味しく仕上げることができるので、ぜひチャレンジしていきたいですね。美味しいステーキを焼くためのコツについてチェックしていきましょう!

プロ並みのステーキに仕上がる焼き方をチェックしよう

「自宅で美味しいステーキをフライパンで焼くにはどうすれば良い?」「フライパンを使ったステーキの焼き方のコツを知りたい!」という場合に役立つステーキの焼き方についてまとめました。ステーキの焼き方はポイントさえおさえておけば、初心者でも美味しく仕上げることは可能です。フライパンを活用して、美味しいステーキを焼きましょう!

Thumb赤身ステーキの美味しい食べ方!焼き方・カロリーは肉の部位で違う?

ステーキ肉は常温に戻すのがプロも実践する焼き方のコツ

冷たいステーキ肉のままだと上手な焼き方ができない

ステーキをフライパンで焼く前に注意しておきたいのがステーキ肉を常温に戻しておくということ。これはプロも実践している焼き方のコツになります。ステーキ肉が冷たいままでフライパンで焼くと肉の表面だけ焼けて、中は冷たいままという可能性が高くなるのがポイント。常温に戻すことで均等にステーキ肉に熱を行き渡らせ、思い通りの焼き加減に仕上げます。

1時間前くらいには出しておこう

ステーキを焼く1時間前には冷蔵庫から出しておきましょう。夏場であれば30分前くらいでOKです。もし、常温に戻すのを忘れていた場合は、ぐっと我慢してステーキ肉が常温に戻るまで待ってくださいね。待てないからといって冷たいまま焼くと、せっかくのステーキ肉が台無しになってしまうことがあります。必ず常温に戻してから、美味しいステーキに仕上げていきましょう。

フライパンで焼く前にステーキ肉に下処理をする

筋切りをし、肉を叩くのがコツ

ステーキ肉を常温に戻したら、美味しく焼くための下処理を行っていきます。まずはステーキ肉の筋切りをしていきましょう。脂と肉の境目に包丁を知れて筋切りをしていきましょう。サーロインやリブロースといった筋の多いステーキ肉は筋切りを行ってくださいね。フィレ肉の場合は筋が少ないので、筋切りの下処理はそこまで必要ありません。

筋切りをする時は、ステーキ肉の裏面まで突き通さないようにするのがポイント。また、筋切りをしすぎると焼きムラが出る場合があるので、筋が気になる箇所を中心して行っていきましょう。また、包丁の背や肉叩きを使ってステーキ肉全体を軽く叩いておくと繊維がほぐれて柔らかいステーキに仕上げやすくなります。

塩胡椒は焼く直前にふるのが上手な焼き方のポイント

塩胡椒を振るタイミングも美味しいステーキを焼くためには大切。ステーキ肉に塩胡椒をするのはフライパンで焼く直前にしましょう。これはプロも行っているテクニック。塩胡椒をしてから長時間放置するとステーキ肉から水分や旨味が逃げ出し味が落ちてしまうので気をつけてくださいね。

Thumbブランド牛の人気ランキング!牛肉のランクや選び方を徹底調査!

ステーキ肉が固い場合に柔らかくする上手な方法

タンパク質を分解する働きのある玉ねぎのすりおろしを活用

スーパーなどで購入したステーキ肉はどうしても硬くなりがち。柔らかくてジューシーなステーキに仕上げたい場合はひと工夫プラスしましょう。まずおすすめしたいのが玉ねぎのすりおろしを活用した方法です。玉ねぎのすりおろしの中には肉のタンパク質を分解する働きがあるとされているため、1時間ほど漬け込んでおくと柔らかくなりやすくなるのでおすすめ。

肉の繊維をほぐすヨーグルトもおすすめ

ヨーグルトにステーキ肉を漬け込むのもおすすめの方法です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には肉の繊維をほぐす働きがあるとされているため、30分〜1時間ほど漬け込むことで柔らかい質感に仕上げることができるので試してみましょう。余ったヨーグルトがある場合などにぜひ取り入れておきたいですね。安いステーキ肉もひと手間かけて美味しく仕上げていきましょう。

ステーキを焼く前にフライパンは温めておこう

鉄製のフライパンなら十分に熱して旨味を閉じ込める

ステーキを自宅のでフライパンで焼く場合に行っておきたいのが、焼く前にしっかりとフライパンを温めておくということ。使用するフライパンが鉄製のフライパンであれば、最初に強火にかけて十分に温めておきましょう。十分に温めておいたフライパンに牛脂を溶かし入れ、ステーキ肉を焼くのがポイント。

フライパンを温めておくことでステーキ肉の表面を素早く焼き、旨味を閉じ込めます。ステーキ肉の旨味を引き出す牛脂はスーパーなどで簡単に手に入るので、ぜひ活用してくださいね。

テフロン製のフライパンは中火から徐々に温めるのがコツ

テフロン加工のフライパンを強火で熱しすぎるとフライパンが傷む原因になるので気をつけましょう。テフロン加工のフライパンを使用する場合は中火で徐々に温度を上げていくのがおすすめ。ゆっくりと温度を上げ、フライパンが温まったらステーキを焼いていきましょう。フライパンの素材によって、温め方を変えてみてくださいね。

Thumbスキレットで焼くステーキの焼き方!こんがりジューシーに仕上がる!

フライパンでレア&ミディアムレアに仕上げる上手な焼き方のコツ

上手にレアステーキにする場合は?

好みのステーキの焼き上がりにするためには焼き時間が重要。レアステーキにしたい場合は、片面を強火で30秒、弱火に落として1分焼きましょう。ひっくり返したら再び強火にして30秒焼き、弱火に落としてから1分焼いて完了です。ほど良いレア具合になるように時間を調整してみてくださいね。

プロ並みのミディアムレアする焼き方

ほど良いミディアムレアにするための焼き方についてもチェックしていきましょう。まずは強火で1分、片面を焼きます。弱火に落としてからさらに1分加熱してください。裏返してから強火に上げ、30秒加熱します。弱火に落としてから1分半ほど加熱したら焼き上がり。ジューシーなミディアムレアになります。

フライパンでミディアム&ウェルダンにしたい時のステーキの焼き方

ミディアムに仕上がるコツ

初心者でも簡単に美味しく仕上げられるのがミディアム。初めてステーキを焼く場合はミディアムを目指してみると良いかもしれません。まずは強火で1分ほど片面を焼きます。弱火にしたら2分ほどそのまま焼きましょう。ステーキ肉をひっくり返し、強火にして30秒加熱。弱火にしてから2分ほど焼いたらミディアムステーキの焼き上がりです。

美味しいウェルダンに仕上がる場合

肉本来の旨味をじっくり味わうならウェルダンにしてみましょう。ウェルダンにする時は焼きすぎないのがポイントです。焼きすぎると硬くなるので気をつけてくださいね。まずは片面を強火で焼きます。ステーキ肉の表面から脂が浮いてきたらひっくり返しましょう。裏返してから肉汁が浮いてくるまで加熱します。指で軽く押してもへっこまなければウェルダンの完成。

プロの味わいにする時はフランベを使用

赤ワインやブランデーを活用

ステーキを焼く時に風味付けに使えるのがフランベ。プロも取り入れるステーキのテクニックです。赤ワインやブランデーといったお酒を最後にふりかけましょう。さっとアルコールを飛ばしたらフランベの完了です。豊かな風味が加わり、さらに本格的な味わいにできるのが魅力。

火傷には気をつけて

フランベをすると瞬時に炎が上がります。台所に物がたくさんある場合は、炎の影響が受けないようにしっかりと片付けておきましょう。また、火傷をしないように気をつけてくださいね。ステーキの調理に十分に慣れてからフランベにチャレンジしたほうが安全かもしれません。

フライパンでステーキが焼きあがった後のポイント

アルミホイルで包み、5分寝かせる

ステーキが焼きあがったらすぐにお皿に盛りつけるのではなく、一手間加えていくのが美味しく仕上げるコツです。焼きあがったステーキ肉をアルミホイルで包んで5分ほど寝かせてください。こうすることでステーキ肉の肉汁が落ち着き、ジューシーな味わいに仕上げることができるようになります。アルミホイルを活用して、美味しいステーキを楽しんでみてくださいね。

余熱も計算に入れてほど良い仕上がりに

アルミホイルは熱伝導率が良いので、ステーキ肉には余熱が入りやすくなります。そのため、ステーキを焼く時は余熱の影響も考慮しながら焼き時間を調整することが大切。気持ち少し短めに焼くことによって、ほど良い仕上がりになるのではないでしょうか。特にレアに仕上げたい場合は、余熱でほど良い仕上がりになるように時間を調整するのがポイントになります。

Thumbステーキの美味しいお店はどこ?東京都内から穴場までおすすめまとめ

プロ並みの美味しいステーキをフライパンで焼こう!

「自宅でもプロ並みのステーキを食べたい!」と思ったら、焼き方のコツをおさえておくことが大切になります。焼き方のコツはどれも簡単な物ばかりなので、思い立った時に気軽に取り入れることができるのが嬉しいポイント。ステーキ肉を常温に戻したり、フライパンを熱するなど基本のコツをおさえて美味しいステーキに仕上げてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-04 時点

新着一覧