じゃがいもの冷凍保存方法・期間は?解凍のやり方・おすすめ時短レシピ集

じゃがいもはオールシーズン購入することのできる野菜です。芽が生えてしまったり皮がしわになってしまったりと傷みやすいじゃがいもの、冷凍保存方法をご紹介します。冷凍したじゃがいもを使った時間短縮レシピもぜひ参考にしてくださいね!

じゃがいもの冷凍保存方法・期間は?解凍のやり方・おすすめ時短レシピ集

目次

  1. 冷凍じゃがいもを美味しく食べたい!
  2. じゃがいもは冷凍保存できる?
  3. おすすめ!カットじゃがいもの冷凍保存方法
  4. 時短レシピにもOK!マッシュじゃがいもの冷凍保存方法
  5. 冷凍じゃがいもの解凍方法は?
  6. 冷凍じゃがいもの保存期間は?
  7. ココに注目!冷凍じゃがいもの解凍後
  8. 冷凍じゃがいもの栄養は?
  9. 冷凍じゃがいもを使った時短レシピを紹介!
  10. 1.ホクホク食感の「ポテトフライ」
  11. 2.鉄板の美味しさ!「じゃがいもべーコンチーズ」
  12. 3.メイン料理にも!「簡単コロッケ」
  13. 4.時短レシピで豪華おかず「スパニッシュポテト」
  14. 5.濃厚こってり「チーズケーキ」
  15. 冷凍じゃがいもで賢く&時短で美味しく料理しよう!

冷凍じゃがいもを美味しく食べたい!

カレーやシチューなどの煮込みレシピやジャーマンポテトなどの炒め物レシピ、コロッケやサラダレシピにも取り入れることができるじゃがいもは数多くのレシピでアレンジすることができます。オールシーズン購入することができるじゃがいもは、ほかの野菜と比べると安価でまとめて購入することができます。

たくさん購入したじゃがいもは、放っておくと芽が伸びてきてしまったり中から傷んでしまうことがあります。じゃがいもの傷みを遅らせるためにそのまま間違った冷凍保存方法を行ってしまうと、じゃがいもの水分がなくなってしまってスカスカになってしまったり食感がなくなってしまいます。

今回は、じゃがいもを美味しく保つ冷凍保存方法をご紹介します。正しい冷凍保存を行うことで、まるでそのまま保存していたかのような美味しい食感を保つことができます。冷凍保存したじゃがいもの保存方法の他にも、冷凍したじゃがいもの解凍方法や保存期間、時短レシピをご紹介します。

じゃがいもは冷凍保存できる?

じゃがいもは、正しい冷凍保存方法をとれば冷凍保存することができます。じゃがいもを冷凍保存する上でいくつか注意点や守るべきポイントがあるので保存方法の押さえながら冷凍保存を行いましょう。正しい冷凍保存方法で、美味しいじゃがいもをいつでも食べることができますよ。

冷凍保存のメリット:長期保存できる

じゃがいもを冷凍保存することで、長期的に保存することができます。じゃがいもは常温でも保存することができますが、調理した後のじゃがいもは冷蔵保存方法で3日程度と言われています。冷凍保存方法を行うことで、約1ヶ月ほど保存することができます。

冷凍保存のメリット:時短レシピに最適

あらかじめ下処理を行なって冷凍保存方法を行うことで、様々なレシピに簡単に取り入れることができます。じゃがいもを柔らかく茹でたり蒸したりと、意外にも時間を要してしまうものです。じゃがいもを冷凍保存するときに、あらかじめ下処理を行えばレシピにも取り入れやすくなります。

おすすめ!カットじゃがいもの冷凍保存方法

じゃがいもの冷凍保存は、丸ごとそのままの状態で冷凍保存を行うことができません。そのまま保存してしまうと、水分が抜けてしまい中身のないじゃがいもになってしまうので、必ず加熱調理を行ってから冷凍保存を行うようにしましょう。一手間かけることで解凍後も美味しいじゃがいもになります。

カットしたじゃがいもを冷凍保存しよう

じゃがいもを使用するときに、予定よりたくさん切ってしまったことはありませんか?すぐにじゃがいもを使う予定がないのであれば、一手間加えて冷凍保存することができます。そのまま冷凍庫に入れてしまう前に、必ず加熱調理を行いましょう。鍋で茹でたり蒸したり、電子レンジで加熱を行なって冷凍保存を行うことができます。

カットして加熱調理を行った後の冷凍じゃがいもであれば、約1ヶ月ほど冷凍保存することができます。すぐに使うのであれば冷蔵庫で3日ほどは保存することができますよ。加熱調理なしで冷蔵保存するのであれば、保存容器にじゃがいもが浸るくらいの水を加えてから保存するようにしましょう。

時短レシピにもOK!マッシュじゃがいもの冷凍保存方法

カットした状態のじゃがいもだけではなく、マッシュ状態になっているじゃがいもも冷凍保存することができます。実は、じゃがいもの冷凍保存の中でも効率よく冷凍保存することができるのでおすすめの冷凍保存方法です。水分が抜けないマッシュポテト状にしたものは、解凍後も美味しい状態を保つことができます。

マッシュじゃがいもを冷凍保存しよう

じゃがいもをマッシュ状態にしましょう。小鍋にたっぷりのお湯を入れて茹でたり、電子レンジを使って加熱しても構いません。必ず火を通しながらじゃがいもを柔らかい状態にして、マッシャーなどを使ってじゃがいもをしっかりと潰していきましょう。

マッシュが出来上がったら熱を完全にとってから冷凍保存を行うようにしましょう。完全に冷ますことで、じゃがいもの水分が飛び解凍後も美味しくなります。密封袋に平らになるように入れて保存したり、ラップなどを使って小分けにして保存することで使いやすくなります。

冷凍じゃがいもの解凍方法は?

自然解凍は避けよう!

冷凍じゃがいもの解凍方法は、冷凍した状態のまま調理に活用するようにしましょう。冷凍後のじゃがいもは、自然解凍してしまうと食感が悪くなってしまったり、水分が出てしまってまとまりのない食感になってしまいます。そのため、解凍して使用するよりは、そのまま調理に活かすほうが美味しく食べることができます。

カットしたじゃがいもであれば、フライドポテトにしたり揚げ物レシピに活用することができます。マッシュした状態のじゃがいもであれば、電子レンジなどを使って加熱を行うとじゃがいもの食感が復活します。加熱した後、冷ましてからレシピに取り入れるようにしましょう。

煮込みレシピにじゃがいもを取り入れたいときには、冷凍状態のまま使用することができます。コトコトと煮込んでいる調理の最後の方に、冷凍じゃがいもを加えることでゆっくりと解凍することができます。煮崩れしやすくなっているので、注意しながらレシピに取り入れてくださいね。

冷凍じゃがいもの保存期間は?

冷凍期間は最長2ヶ月も保存できる!

冷凍したじゃがいもの保存期間は、約1ヶ月から2ヶ月ほどと言われています。調理したじゃがいもは、傷みも早くなってしまうので長期間使用しないのであれば一手間を加えて冷凍保存したほうがいいでしょう。長期間じゃがいもを保存することができるのは助かりますね。

常温保存してしまうと、どうしても傷みが進行してしまったり芽が出てきてしまいます。芽が出てきてしまうと、レシピに取り入れるべきか悩んでしまうものです。じゃがいもをたくさん購入したときには、使わない分は冷凍保存しておくとじゃがいもをキレイに使い切ることが出来ますよ。

ココに注目!冷凍じゃがいもの解凍後

解凍後の変色は大丈夫?

冷凍保存したじゃがいもを解凍したときに、じゃがいもが変色していないか注目しましょう。じゃがいもは、冷凍期間中は変色を行うことはありませんが冷凍室から取り出して空気に触れることで変色してしまうことがあります。変色してすぐに調理に使用するのであれば、そのまま食べることが出来ます。

冷凍保存方法が間違ってたときは?

じゃがいもの冷凍保存方法を間違ってしまうと、じゃがいもの水分が抜けてしまうのでスカスカの食感になってしまいます。どんな調理に取り入れても美味しさを損なってしまうので、調理に取り入れることができません。冷凍保存を行うときは、正しい冷凍保存方法を行いましょう。

冷凍じゃがいもの栄養は?

じゃがいもを始め野菜は、鮮度が大切なので収穫時期に近い方が栄養をたっぷりと摂取することが出来ます。そのため、冷凍してしまうと本来持っているじゃがいもの栄養が軽減されてしまいます。冷凍保存する上で避けられないことなので、あらかじめ知っておきたいですね。

じゃがいもの栄養を摂取するには?

冷凍すると破壊されてしまいやすいビタミンですが、冷凍保存方法によっては栄養をあまり損なわずに保存することが出来ます。冷凍保存するときに注意するポイントは、冷凍するもの薄く平らにのばして冷えやすくすることです。また、冷凍室は強にして冷凍しましょう。

栄養を損なわずに冷凍保存するには、早く冷やすことで栄養を破壊せずに保存することが出来ます。空気が触れないように、しっかりと密閉袋などに入れて冷凍するようにしましょう。じゃがいもの冷凍保存方法は、マッシュ状態にすることで空気に触れにくくなるのでおすすめです。

冷凍じゃがいもを使った時短レシピを紹介!

冷凍じゃがいもを使用すれば時間短縮しながら調理を行うことが出来ますね。今回は、冷凍じゃがいもを使ったお手軽で時間短縮レシピをご紹介します。じゃがいもを正しく冷凍保存して、賢く簡単にレシピに取り入れましょう!忙しい方にもおすすめです。

常温保存したじゃがいもを使用するよりも、冷凍したじゃがいも向きのレシピもたくさんあります。解凍後の独特の嫌な食感を感じることがないので、いつでも美味しく調理することが出来ます。冷凍じゃがいもをもっと美味しく簡単にレシピに取り入れてくださいね!

1.ホクホク食感の「ポテトフライ」

カラッと揚がったポテトフライは、常温のジャガイモを使用するよりも冷凍ジャガイモを使ったほうが美味しい仕上がりになります。ホクホクとした食感をそのまま味わうことができるので、カットしたジャガイモを冷凍しているのであればぜひトライしてくださいね!

ポテトフライのレシピ

カットしている冷凍じゃがいもをビニール袋またはボウルに入れて小麦粉大さじ3を振りかけます。全体に満遍なくかかるようにしっかりと混ぜ合わせましょう。冷凍じゃがいも全体に小麦粉がかかったら、180度に熱した揚げ油を用意してじゃがいもを揚げていきましょう。

油がはねやすいので注意しながら入れるようにしましょう。じゃがいもがきつね色に変わってきたら取り出して、塩をかけてで出来上がりです。塩以外には、カレーパウダーや青のり塩も美味しいですよ。おやつレシピ以外にも、おもてなしレシピにもぴったりですね。

2.鉄板の美味しさ!「じゃがいもべーコンチーズ」

簡単に作ることのできるじゃがいもベーコンチーズの組み合わせは、どんなシーンにも取り入れることのできるレシピです。あと一品足りないときや、おつまみレシピとしても活躍しますね。たっぷり濃厚なチーズとベーコンで、ジャンクフードも冷凍じゃがいもで簡単に出来上がります!

じゃがいもべーコンチーズのレシピ

耐熱皿に冷凍じゃがいもを入れてラップをして電子レンジで加熱します。冷凍じゃがいもが温かくなったら、塩をふって味をととのえましょう。塩加減はお好みで構いません。じゃがいもの上に、細切りにしたベーコンとピザ用チーズをたっぷりとかけましょう。

電子レンジで加熱を行い、チーズがトロッと溶け出したら出来上がりです。オーブントースターでこんがり焼いても美味しいですよ。そのまま食べても美味しいですが、トーストに乗せて朝食レシピにもなります。量を調節することで、お弁当のおかずとしても大活躍する人気のレシピです。

3.メイン料理にも!「簡単コロッケ」

冷凍じゃがいものメリットは、時間短縮しながらメインの料理が作れる点です。マッシュした状態のじゃがいもであれば、そのまま生地を作ってコロッケにすることもできます。じゃがいもを茹でて冷ますといった手間も削減されるので、時間短縮しながら簡単にコロッケを作ることができますね。

簡単コロッケのレシピ

みじん切りにした玉ねぎを耐熱皿に入れて電子レンジで2分加熱します。冷凍じゃがいもを電子レンジで加熱し柔らかくして、2つに分けてボウルに入れます。それぞれのボウルに玉ねぎを加え、片方には塩こしょうを振った焼き豚やベーコン3センチ程度加え、もう片方にはコーン缶半分とコーンスープの素を加えます。

それぞれ具材をしっかりと混ぜ合わせて小判形にして小麦粉、溶き卵、パン粉の順番でまぶしていきましょう。170度に熱した揚げ油にコロッケを加えて、両面がこんがりきつね色になるまであげればコロッケの出来上がりです。冷蔵庫にある具材ですぐに作れる簡単コロッケです。

4.時短レシピで豪華おかず「スパニッシュポテト」

見た目もおしゃれなスパニッシュポテトは、冷凍じゃがいもで作ることができます。マッシュした状態のじゃがいもを使うことで、時間短縮にもなりますよ。冷蔵庫に卵があれば、それだけでスパニッシュポテトが出来上がります!美味しく簡単に冷凍じゃがいもを使いましょう!

スパニッシュポテトのレシピ

フライパンにオリーブオイル40ccを加えて熱し、冷凍じゃがいもを加えて焼き色がつくまでこんがりと中火で焼きましょう。じゃがいもを焼いている間、ボウルにたっぷりの卵を溶き、塩と焼きあがったじゃがいもを加えてしっかりと全体を混ぜ合わせます。

オリーブオイル大さじ1をしいたフライパンに、混ぜ合わせた生地を流し込んで中火で2分ほど加熱します。フタをして弱火で4分、卵の周辺が固まってきたら大きめのお皿に取り出し、強火でフライパンを熱してからもう一度戻して中火で2分焼き、フタをして火を止め数分蒸らせばスパニッシュポテトの出来上がりです。

5.濃厚こってり「チーズケーキ」

マッシュしたじゃがいもに牛乳を加えて柔らかくした状態を冷凍保存しておけば、デザート作りにも活用することが出来ます。優しい味わいのチーズケーキも、冷凍じゃがいもを使うと簡単でお手軽に作ることが出来ますね。おやつ作りやデザートにおすすめです。

チーズケーキのレシピ

冷凍じゃがいも150グラムは、電子レンジで加熱し柔らかくしておきましょう。ミキサーに、柔らかくした冷凍じゃがいもとクリームチーズ90グラム、牛乳200cc、卵2個、薄力粉30グラム、バター20グラム、きび砂糖50グラム、レモン汁大さじ1を加えます。

生地が出来上がったら、クッキングペーパーを敷いた15センチ型にゆっくりと流し込みます。表面を平らにしたら170度に予熱したオーブンで50分ほど加熱します。しっかりと中まで焼いて、完全に熱が冷めたら濃厚で美味しい冷凍じゃがいもを使ったチーズケーキのできあがりです。

冷凍じゃがいもで賢く&時短で美味しく料理しよう!

冷凍じゃがいもは、正しい保存方法を行うことで長期間保存することができます。解凍するときもそのまま調理に活かすことができるので時間短縮になりますね。新鮮なじゃがいもをたっぷり買ったときには、上手に使い切ることができるように冷凍保存で美味しさをキープしましょう!

あわせて読みたいじゃがいもについての記事はこちら

Thumbカレーにじゃがいもは入れる?入れない?切り方・煮崩れしない方法
Thumbじゃがいものお弁当おかずレシピ!簡単で美味しい人気の作り方を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧