キャットタワーを手作りしよう!猫の遊び場自作アイデアと簡単な作り方とは?

猫の遊び場として運動不足を解消してくれるキャットタワーは、意外と簡単に手作りできる上に、身近なアイテムをリメイクするなど工夫次第で用意することもできます。今回は、そんなキャットタワーの手作り方法と参考デザインを詳しく紹介していきます。

キャットタワーを手作りしよう!猫の遊び場自作アイデアと簡単な作り方とは?

目次

  1. キャットタワーとは?
  2. 猫の遊び場付きキャットタワーを手作りするには?
  3. 段ボールで手作り!簡単キャットタワー
  4. 参考になる段ボール手作りキャットタワーアイデア画像
  5. インテリアと一体!猫の遊び場になる手作りキャットタワー
  6. 手作りDIY!アイデアいっぱい本格キャットタワーの参考画像
  7. 収納用アイテムをキャットタワーにリメイク!手作りアイデア
  8. 無印良品のスタッキングシェルフで猫のキャットタワー!
  9. 要らない家具をリメイク!簡単手作りキャットタワー
  10. 女性一人でも簡単!キャットタワーを手作りしてみよう!

キャットタワーとは?

猫を室内で飼う場合、猫の性質を考慮して室内の家具やスペースを作るのはなかなか大変な事ですね。猫は高いところを登ったり、狭い所に入るのが大好きな生き物です。人間の都合で、入られては困る場所や物を猫に伝えるのはなかなか難しいので、そんな困った行動をキャットタワーで発散してもらうという考えで設置している方もいます。

猫にとって、本能的に安心して過ごすことができるキャットタワー、そこが爪とぎや遊び場であったら設置する側としては見ていても楽しめるかと思います。今回は、そんなキャットタワーを簡単な手作り方法とアイデア満載な自作作品を一挙に公開します。

段ボール・板・家具などを素材に使った手作りキャットタワーや、収納グッズや要らない家具をリメイクしたキャットタワー、女性一人でも自作できる物を中心に、壁を傷つけないアパートでも手軽にできるキャットタワーの手作り方法がわかります。

猫の遊び場付きキャットタワーを手作りするには?

先にもお伝えした通り、猫は安心できない空間にいることでストレスをためてしまうことがあります。よく鳴いたり、壁や家具を傷つけてしまうことも多くあります。そんなストレスを発散してもらうためのキャットタワーは、意外と簡単に手作りすることができます。

材料次第で、ペットショップで取り扱っているようなキャットタワーを作る事可能です。また、段ボールを上手く活用すれば低価格で用意することもできるので、まずはどのようなキャットタワーにするかを決めてから手作りに取り掛かりましょう。

運動不足の解消や爪とぎもできることを考慮して、高さや猫が座っていられるスペースのサイズを把握しましょう。安心できる高さがあれば、そこで寝ることもできるので寝場所づくりも考慮すると自作ならではの素敵なキャットタワーが作れるでしょう。

段ボール・板・市販の爪とぎか爪とぎしたくなるような素材を知っていれば、ロープなどを代用することも可能です。デザインについては、後ほどぞれぞれの素材で作るキャットタワーの参考画像をご覧ください。一人でも、比較的簡単に自作できる物ばかりです。

段ボールで手作り!簡単キャットタワー

キャットタワーの素材としては、少し強度に不安のある段ボールですが、実は使い方次第で安定したキャットタワーを作成することは可能です。箱形のまま積み重ねてテープで止めて行くキャットタワーでも、猫がよろこぶ遊び場になるでしょう。

箱形のままでは無く、何重にも段ボールを重ねて成型していく方法もあります。何重にも巻くことでキャットタワーの芯も作ることができます。しかし、段ボールは大変軽いので、複雑な形状のキャットタワーを作成するには不向きではあります。

参考になる段ボール手作りキャットタワーアイデア画像

先にお伝えてしていた段ボールを箱形のまま積み重ねただけのものでも、立派なキャットタワーになる要素があるのが画像からでもお分かり頂けるかと思います。ちょっと高い位置が猫にとって安心できる場所になることを考えると、本当に簡単なものでも十分猫の遊び場になります。

同じ幅の段ボールをくるくる丸めただけの物でも爪とぎ代わりになるほか、サイズによっては猫が興味を持ち、あそびたくなるアイテムに代わります。

段ボール素材の軽さはキャットタワーと呼ばれるほど高さのあるものを作るには、安定性不足で倒れる心配がありますので固定できるようにしたり、倒れない高さを検証しながら手作りしていくのがいいでしょう。

段ボールに入ることで周囲を覆われていている安心感が得られるので、この猫の習性を利用しない手はありません。段ボールは無料で手に入る素材ですので、キャットウォーク作り初心者にはもってこいですね。

インテリアと一体!猫の遊び場になる手作りキャットタワー

板や空き箱を利用して、自宅の壁に直接止めるタイプのキャットタワーもあります。猫好きであれば自作される方のほうが多いので、これらの画像は沢山見つけることができます。色々なアイディアを見つける意味でも、参考に探してみても楽しいかもしれません。

棚のように直接壁に打ち留めるため、専用の工具や脚立などが必要になりますが、飛び乗れる高さや必要な板の幅がわかっていれば女性一人でも設置はそんなに難しくありません。

幅の長いキャットウォークを設置する際にはサポートが必要になる事もありますが、階段状に壁に取り付けたり、板と板の間にハンモックを吊るしたりといった方法もありますのでアイデアが広がります。

壁などを傷つけてもかまわない一軒家であれば、この方法でまるでインテリアの一部のようにおしゃれなキャットタワーの自作が可能です。後ほど、壁や床を傷つけない猫の遊び場作りの方法も、詳しくお伝えしていきます。

手作りDIY!アイデアいっぱい本格キャットタワーの参考画像

キャットウォークや空箱を直接壁に打ち留めることができるようになれば、それ自体がキャットタワー代わりになります。飛び乗ったり降りたりと運動も兼ねた遊び場があれば、困った行動が抑えられる事もあります。

頻繁に鳴いている、家具や壁への傷跡が多いようであれば、是非キャットウォークの設置を検討してみましょう。場合によっては、寒さや暑さに弱いのが猫なので、これらが原因の場合もあります。キャットウォークの設置場所も、猫の性質を考えて決める必要があります。

キャットウォークはアイデア次第で、お部屋を猫仕様にもできて、可愛いインテリアにすることもできますし、キャットタワーの為のスペース確保に悩まずすむ方法です。賃貸の場合は、壁に傷をつけない方法も後ほど詳しくお伝えします。

収納用アイテムをキャットタワーにリメイク!手作りアイデア

IKEAの組み立て棚でキャットタワー!

IKEA(イケア)で取り扱っている組み立て棚用タイプは、室内に傷を付けずにキャットタワーを作成することのできるアイテムです。自作するのであれば、こちらは一考する価値はあります。



本来であれば、衣類や雑貨を収納するための用具として売られているのですが、組み立て次第でパソコン作業も行えるテーブルとしても使えるほどの強度があります。

つっかえ棒タイプの支柱とテーブルを組み合わせて作るので、アイデア満載な自作キャットタワーが手軽に作れるのでおすすめです。更にカスタムを想定されている方であれば、ホームセンターで入手できるPILLAR BRACKET(ピラーブラケット)という柱を作る金具を使って、支柱ごと自作する方法もあります。

無印良品のスタッキングシェルフで猫のキャットタワー!

狭い部屋で尚且つ壁に傷をつけることができない賃貸であれば、普段活用している家具をキャットタワーにしてしまうのもおすすめです。猫の特性を生かすことのできるアイデアが必要になりますが、本棚さえも充分猫の遊び場であるキャットタワーになります。

無印良品のスタッキングフェルフであれば、そんな自作初心者さんでも簡単に組み立てられますし、実際に猫が利用しているか危険が無いかの確認できれば、改めて組み直すのも簡単です。何よりもお部屋の印象を決める家具ですから、色のバリエーションがあるのも嬉しいですね。

猫が潜りたくなってしまう空箱や爪とぎ、トイレなどのスペースを考えて組み合わせることもできます。キャットタワーとしてそのまま使えそうな、5段用3列オープン型追加などを見るとアイデアが広がります。

要らない家具をリメイク!簡単手作りキャットタワー

実は、一番安く尚且つアイデアを活かした凄いキャットタワーを作るには、家具や廃材を再利用するのがベストです。先に紹介させていただいた全国のホームセンターで入手できるPILLAR BRACKETがあれば、支柱は元より新たに壁まで作る事ができます。

そこに廃材や不要になった家具のパーツを取り付けたり、家具そのものをキャットタワーとして部分的に取り外したり、くりぬいたりとアイディア次第で独創的なデザインも自在に作れてしまいます。

猫にとって居心地の良い場所に設置することができれば、室内猫にとって特に問題になる運動不足を解消できるほか、思いっきり遊ぶことができる所があれば、ストレスをため込む心配もありません。何よりも、猫の楽しそうな姿を見ているだけで癒されますね。そんな自作のキャットタワーは、家のインテリアにもなるでしょう。

女性一人でも簡単!キャットタワーを手作りしてみよう!

日当たりのよさや室温が確保できる場所であれば、キャットウォークを設置するだけで、猫はきっとそこに登ってすごしてくれることでしょう。猫は高い所にいることで安心できて、気持ちのよい睡眠をとる事もできるようになります。室内猫の場合、運動不足から病気になる事も多いのでその心配も軽減します。

食べることが好きな猫の場合は、あえてちょっと高い位置に餌を置くだけで運動になるのでキャットウォークになりうるものを活用していきたいものです。今回ご紹介した簡単に手作りできるキャットウォークであれば、誰でも気軽に挑戦できる物ばかりです。是非この機会にキャットウォークの手作りに挑戦してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-19 時点

新着一覧