ビデの意味や使い方は?おしりとの違いやウォシュレットの正しい知識!

トイレに行った際にウォシュレットは欠かせないなんて人も多いのではないでしょうか。そこで、一つ疑問なのが"ビデ"というボタンです。皆さんこの"ビデ"の意味、使い方をご存知でしょうか。今回はそんな"ビデ"の意味や使い方を徹底解明していきます。

ビデの意味や使い方は?おしりとの違いやウォシュレットの正しい知識!

目次

  1. トイレの"ウォシュレット"を利用したことはある?
  2. ウォシュレットの"ビデ"の意味や使い方を知らない人は多い!
  3. ビデって一体どういう意味?
  4. 意外と古いビデの歴史と意味とは
  5. ウォシュレットのビデの正しい使い方と意味とは
  6. ビデを正しく使うことで得られる効果とは
  7. "ビデ"と"おしり"ボタンの間違った使い方とは
  8. ウォシュレットを間違った使い方をしていると…
  9. 女性にとって温水洗浄便座のビデは欠かせないもの!
  10. ウォシュレット"ビデ"と"おしり"の違いはこれ!

トイレの"ウォシュレット"を利用したことはある?

一般家庭でのウォシュレットの普及率は年々増加し続け、現在のウォシュレットの普及率はなんと80%にもなってきています。100世帯当たりの保有数量も100万代を突破しているそうです。そうして、今では私たちの生活に欠かせないものの一つになってきているウォシュレットですが、こんなデータがあるのをご存知でしょうか。

トイレのウォシュレットの利用率とは

実はウォシュレットの利用率は男性の方が高く、なんと男性の8割以上がウォシュレットを利用していると回答しているのです。そして、温水洗浄便座の利用を機能別に見てみると、1位が"おしり洗浄機能"、2位が"暖房便座"、そして3位が"ビデ機能"という結果に。

さて、1位のおしり洗浄機能と2位の暖房便座は名前を見ただけで何となく意味が理解できるかと思います。しかし、3位がのビデ機能の意味とは一体何なのかを皆様ご存知でしょうか。名前だけでは少し想像がしにくいですよね。

Thumbハンドドライヤーは実は不衛生?トイレでの正しい手の洗い方・乾かし方

ウォシュレットの"ビデ"の意味や使い方を知らない人は多い!

ウォシュレットの"おしり"と書いてあるボタンは排泄後のおしりを水で綺麗に洗浄してくれるもので、暖房便座はその名の通り暖房を暖かい状態に常に保ってくれるという優れものですよね。では"ビデ"と書いてあるボタンの意味とは一体何なのでしょうか。

若い世代は"ビデ"の意味や使い方を知らない人が多い

実はこのビデ機能の意味を知らない人は結構いるのです。『しらべぇ編集部』の全国20代~60代の男女1353人を対象とした調査のよりますと、20代男性でビデ機能の意味を知らない人は35.6%とという結果に。特に若い世代の人たちはウォシュレットのビデ機能の意味を知らないことが多いようです。

ビデって一体どういう意味?

そんな、ウォシュレットのビデ機能の意味を知らない人達の為に気になってはいるけれど、何だか人には聞きずらいビデ機能について徹底解明していきます!きっとこれを読めば「なるほど!そういうことだったのか!」と気持ちもスッキリ出来ると思います。ではまずはビデという言葉の意味を紹介していきます!

意外と古いビデの歴史と意味とは

まず初めにビデという言葉は日本語ではなくフランス語だということをご存知でしたか?そして、その意味はフランス語で"子馬"という意味だそうです。実は南欧では昔から女性がデリケートゾーンを洗浄するためのものとして利用されていたらしく、それを使っている姿が子馬にまたがっているように見えるのでビデという名前がついたのだそうです。

ビデはフランス語で"子馬"という意味

この上の画像が現在でもイタリアやフランスを中心に実際に利用されていて、日本のビデ機能の由来となったものなのですが、日本のビデとは形が全く違います。このビデは風呂やトイレなどがまだそれほど発達していなっかた頃に、排泄後や性行為後の洗浄に利用されていたそうで、日本のビデ機能は本来のビデの意味というよりはその概念や言葉だけを輸入したもの言えるでしょう。

ウォシュレットのビデの正しい使い方と意味とは

ズバリ言いますと、ビデ機能を使う対象になるのは"女性"です。ウォシュレットのビデ機能というのはつまり"女性がデリケートゾーンの洗浄"に使うためのものだったのです。ビデ機能は女性にとってはとても便利な機能で生理中などは特に重宝されます。ビデ機能を利用することで生理特有の匂い、デリケートゾーンを清潔に保つことが出来ます。

ウォシュレットのビデの正しい使い方を知ろう!

そして、ビデ機能を利用する際にはビデを正しく利用するという事が女性の体にとってはとても大切になってきますし、得られる効果も大きくなります。しかし、間違った使い方を続けていると体に悪影響を及ぼす可能性もありますので注意が必要です。そこで、ビデの正しい使い方とそれによって得られる効果について紹介していきます。

ビデを正しく使うことで得られる効果とは

まず、ビデ機能の正しい使い方について説明していきます。ビデ機能の正しい使い方のまず一つ目は"排泄後にビデでデリケートゾーンを洗浄する"、2つ目は"トイレットペーパーで水分をふき取る"、3つ目は"温風で乾かす"というのが基本的なビデ機能の使い方になります。そして、ノズルの位置がずれているなと感じる場合はボタンで位置の調節を行いましょう。

ビデ機能の効果的な使い方を知ろう!

続いてはビデ機能を正しく使うことで得られる効果についてです。ビデ機能を正しく使うことで得られる効果の一つ目は"生理時の不快感を軽減する"という点です。生理の時のデリケートゾーンは蒸れたり、匂いが気になったりと何かと不快な気分にさせられてしまいます。

それに、外陰部に付いた月経血はトイレットペーパーで拭き取るだけではなかなか綺麗にならなかったりもします。そんなときに役立つのがこのビデ機能なのです。ビデ機能を利用することで生理時の不快感がかなり軽減されることでしょう。

次にビデ機能を利用することで得られる効果の2つ目は"産前、産後の清潔を保つ"ということです。このビデ機能は産前産後のデリケートゾーンの清潔を保つという効果があり、実は妊娠中は外から膣内へ細菌が侵入するのを防ぐためにおりものの量が増えます。そのため、おりものによるデリケートゾーンの不快感を感じる女性は少なくありません。

また、産後は外陰部からの感染症のリスクが高まります。そのため、膀胱炎などの発症リスクが高まりますので、ビデ機能を使いデリケートゾーンを洗浄することはそのような病気を予防するためにも効果的です。ですので、まだビデ機能を利用したことがないという女性の方も是非一度ウォシュレットのビデ機能を利用してみてはいかがでしょうか。

Thumb高級トイレットペーパーランキング!もらって嬉しいギフトにもおすすめ

"ビデ"と"おしり"ボタンの間違った使い方とは

上手く利用することが出来ればとても便利なビデ機能やおしり洗浄機能ですが、皆様こんな間違った使い方をしていませんか?もし、間違ったウォシュレット使い方を続けていると体に悪影響を及ぼす可能性がありますので、改善が必要です。自分が間違ったウォシュレットの使い方をしていないか今すぐチェックしてみましょう!

間違ったウォシュレットの使い方をしていないか確認しよう!

それでは自分が間違ったウォシュレットの使い方をしていないか早速、チェックしていきましょう!ウォシュレットの間違った使い方一つ目は"強めの圧でウォシュレットを利用している"、二つ目は"デリケートゾーンの中心に温水を当てている"、三つ目は"排泄を促す為、排泄前の強めの圧で温水を当てている"、四つ目は"長時間、温水を当てている"という事です。

ウォシュレットを間違った使い方をしていると…

これらの四つの間違ったウォシュレットの使い方のどれか一つだけでも当てはまった方は注意が必要です。基本的にウォシュレットをあまり高圧で使ってしまうと、周囲の雑菌が水の勢いで体内へ侵入し、雑菌から体を守る粘液までもを洗い流してしまう恐れがあります。そういった間違った使い方を続けてしまうと次のような危険性があります。

間違った使い方で病気になってしまう可能性も!

間違った使い方を続けた結果、大腸炎や直腸炎などの病気にかかってしまう危険性があります。そして、ウォシュレットの刺激で排泄を促すことが常習化してしまうと、その刺激無しでは排泄できない体になってしまう可能性もありますので注意しましょう。まず、ウォシュレットのビデ機能、おしり洗浄機能を利用する際には"優しく、長くても当てる時間は10秒以内"を心掛けましょう。

女性にとって温水洗浄便座のビデは欠かせないもの!

女性にとってビデが欠かせない意味とは

ここまで、ウォシュレットのビデ機能の意味や正しい使い方とその効果まで紹介してきましたが、ウォシュレットのビデ機能が女性にとっては本当に欠かせないものだという事をご理解していただけましたでしょうか。生理時の不快感や出産後に続く出血の時などデリケートゾーンを清潔に保つことができ、不快感の解消や病気の予防などにこのビデ機能が女性にはとても役に立つのです。

ウォシュレット"ビデ"と"おしり"の違いはこれ!

そして、最後にウォシュレットのビデ機能とおしり洗浄機能の違いをまとめて紹介します。まずはビデ機能です。ビデ機能は"女性がデリケートゾーンを洗浄に利用するもので、主に排泄後や生理時の不快感を解消するために利用されるもの"、おしり洗浄機能は"男性、女性問わず、排泄後にお尻を洗浄するために利用されるもの"という事です。

ウォシュレットの使い方と意味をしって快適にトイレを使おう!

再度ウォシュレットの使い方を確認していきます。まず、ウォシュレットの洗浄機能を利用する前に軽く拭きとり、その後は高圧の温水は避け、弱めの水圧で周囲を優しく洗っていきましょう。そして、長時間の利用は避けることが大切で、長くても10秒以内に止めましょう。正しいウォシュレットの使い方を守り、今までよりも快適にウォシュレットを利用していきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-05 時点

新着一覧