どうしても痩せたいあなたへ!成功者が教える短期で痩せるダイエット方法

痩せたい理由はそれぞれですが、この日までにどうしても痩せたい!そんな時が誰にでもあるものです。ダイエットは無理せず行うのがいいことはわかっていても短期間で痩せたいときもあります。そんなどうしても痩せたい人に参考にしていただきたいダイエット法をご紹介します。

どうしても痩せたいあなたへ!成功者が教える短期で痩せるダイエット方法

目次

  1. どうしても痩せたい理由は人それぞれ
  2. 短期間でどうしても痩せたいときは目標設定を考える
  3. どうしても痩せたいなら習慣作りも大切
  4. どうしても痩せたいときに空腹を紛らわせる方法
  5. ツボを押してどうしても痩せたいを叶える!
  6. 3週間で5kgどうしても痩せたいときの食事
  7. 5kgどうしても痩せたいを可能にする3週間の運動は?
  8. 健康的なダイエットをしながら2週間でどうしても痩せたいなら
  9. どうしても痩せたいときは1日5食のちょこちょこ食べ
  10. 8時間ダイエットはどうしても痩せたいときにおすすめ
  11. きれいにどうしても痩せたいならスムージーは強い味方
  12. どうしても痩せたいなら断食道場でダイエット
  13. 痩せる前に太った原因を見つけよう
  14. 短期間でダイエットしたときのデメリット
  15. ダイエットは痩せるためだけじゃない

どうしても痩せたい理由は人それぞれ

クリスマス、ハロウィン、お正月などのイベントだけでなく、今はホームパーティーを日常的に行うこともあり、食べ過ぎたり飲みすぎたりする機会が増えています。その結果体重が増えてしまい「ダイエットしなければ」と誰もが考えますが、特に期限を決めずにダイエットを始める人もいれば、この日までにどうしても痩せたい!とダイエットを始める人もいます。

ダイエットを成功させるための方法は数えきれないほどありますが、短期間で痩せるためにはそれなりのやり方や方法があります。実際に成功した人の方法を真似するのもそのひとつです。今回は、どうしても痩せたい人の参考になるダイエットの方法を紹介します。

短期間でどうしても痩せたいときは目標設定を考える

どうしても痩せたいとき「〇日までに〇kg痩せる!」のような目標を立てますが、1~2週間のような短期間なら、例えば「食後のデザートをやめる」「スナック菓子は食べない」「毎日腹筋を50回する」など具体的な目標設定に変えるとやりやすくなります。

太ってしまった原因は人によって違いますが、寝る前についアイスクリームを食べてしまう習慣があるならそれをやめたり、運動不足が原因なら毎日少しでも運動するようにするだけでも摂取カロリーが減り、痩せる可能性が高くなります。シャワーだけでなく、湯船につかる日を増やすことだけでもカロリー消費に繋がります。

どうしても痩せたいなら習慣作りも大切

短期間でどうしても痩せたい!と考えると「食べなければ痩せる」とつい無理な食事制限をしてしまいますが、食事を抜くことはやってはいけないダイエットです。主食を控えめにし、揚げ物などのカロリーの高いものは避け、外食する場合はなるべく和食を選ぶようにしましょう。

毎日体重計に乗ったり、毎日お風呂でしっかり体を温めて体温を上げるようにしたり。寝る前にリンパマッサージなどを行い血行を良くするのもカロリー消費につながります。睡眠時間も8時間確保できると満腹ホルモンとも呼ばれるレプチンの分泌が増え、空腹を感じにくくさせてくれます。

冷たい飲み物を飲む習慣のある人は常温、もしくは温かい飲み物に切り替えてみましょう。便秘がちな人は右の下腹部からスタートさせ、時計回りに少し強めに押すマッサージを5分ほど続けて刺激を与えると、お通じも良くなり、腸をスッキリできます。

どうしても痩せたいときに空腹を紛らわせる方法

ダイエットの方法は色々ありますが、短期でも長期でも食事制限は必須です。人が空腹感を感じることは自然ですが、どうしても痩せたい時はこの空腹をいかに紛らわせるかがダイエットの成功につながります。よく使われるのはガムを噛むことですが、それ以外にも空腹を紛らわせる方法があります。

どうしても痩せたいときでも「おやつ」が欲しくなったら、ドライフルーツがおすすめです。80kcalを目安にしてゆっくり噛んで食べるようにしましょう。カカオ70%以上のダークチョコも空腹を紛らわせるためにとてもおすすめで、食事の前に1~2欠け食べると食欲を抑える働きも期待できます。

どうしても痩せたいときに炭酸水もよいといわれています。100ml程度では逆に食欲が増進されてしまいますが、300ml以上飲むと満腹中枢が刺激され空腹を抑える働きが期待できます。ブラックコーヒーもおすすめですが、空腹時に飲むと胃に負担がかかることもあるため、少しづつ様子を見ながら飲んでみてください。

Thumbチョコレートは糖質制限中もOK?ダイエットにおすすめの種類を紹介

ツボを押してどうしても痩せたいを叶える!

どうしても痩せたいときに効果が期待できるツボ押しもあります。親指の腹を使い、少し痛いけれど気持ちがいいくらいの力で1回3~5秒ほどを数回繰り返し、1日5~10分ほど行うだけです。ダイエットの効果が期待できるツボはいくつかありますが、特に食欲を抑えてくれるツボを紹介します。

唇を閉じ、笑顔を作るイメージで口角を上げたとき、外側にできるくぼみを「地倉(ちそう)」、耳の穴の前にある小さな突起の下から上に触っていくある小さなへこみは「飢点(きてん)」と呼ばれるツボで、地倉は空腹を感じた時に左右同時に押すと食欲を抑え、飢点は食事の15分くらい前に2~3分つまむようにすると食欲を抑えてくれる効果が期待できます。

Thumb顔のツボの位置と効果・効能まとめ!マッサージで小顔にもなる?

3週間で5kgどうしても痩せたいときの食事

3週間で5kgのダイエットに成功させるなんて無理と考えてしまう人もいますが、1週間に約1.7kg、1日に計算すると約250g痩せることに成功すれば3週間で5kgは決して無理な数字ではありません。とはいえ、食事の基本は「低カロリー」「低糖質」の他に食物繊維が豊富な食品や発酵食品を積極的に食べることも大切です。

お肉なら鶏むね肉やささみや豚ひれ肉を選ぶようにしてみましょう。また、きのこ類や葉のついた野菜、海藻類をいつもより多めに食べてみたり、炭水化物ならしらたきを細かく刻んで混ぜ込んだ「こんにゃくごはん」やもち麦、押し麦を混ぜた「麦ごはん」に変えてみるのもおすすめです。

5kgどうしても痩せたいを可能にする3週間の運動は?

3週間でどうしても痩せたいとき、運動も同時に行わないとダメでは?と考えますが、ジョギングよりも筋トレを中心に行った方がダイエットの効果が期待できます。スクワットや腕立て伏せなどを行い、エアロバイクなどがあるなら、そういった器具も利用しましょう。

スクワットは、単純にヒザの曲げ伸ばしをするだけではあまり効果が期待できません。腰を落としたときにヒザがつま先より出ないことや、目線を下げないことも大切です。さらに食後のウォーキングも効果が期待できます。ただし長い時間1回だけ行うよりも毎食後15分のウォーキングを行うほうがどうしても痩せたいときに効果が期待できます。

Thumbダイエットで5キロ痩せるの簡単!効果的な方法・運動メニューを紹介

健康的なダイエットをしながら2週間でどうしても痩せたいなら

2週間でどうしても痩せたいという人もいるのではないでしょうか?さらに期間が短くなるため、かなりハードなダイエットになりそうですが、ダイエットの方法は基本的に変わりません。ですが、食事のときに1口30回以上噛むようにしたり、20分以上時間をかけてゆっくり食事をするように気を付けてみましょう。

夕食は18:00までには済ませることも大切で、遅くても20:00までには終わらせるようにします。午前中はフルーツ以外は食べないようにし、水分は水で補ってください。フルーツも水も常温のものを口にするようにし、バナナやパイナップルなどの南国系のフルーツは体を冷やしてしまうのでなるべく食べないようにしましょう。

昼食も夕食もサラダや温野菜などの野菜を先に食べるようにし、その後でスープ類を飲んで満腹感が得られるように心がける事も大切です。運動はその日の体調や天候にもよりますが、5分でもいいので毎日行ってみましょう。食後に少しでも体を動かすことも2週間でどうしても痩せたいときには大切です。食後にごろごろせず、食器はすぐに片付けてみたり、小さな動きを入れるようにしましょう。

Thumbダイエット計画の正しい立て方!絶対に痩せたい人必見の方法とは?

どうしても痩せたいときは1日5食のちょこちょこ食べ

ダイエットを成功させるため、運動などで消費カロリーを増やすことも大切ですが、食べたものをきっちり消費するため、1度に食べる食事そのものの量を減らす方法もあります。1日の食事を5回に分けて、3~4時間ごとに食べるようにします。

1日の最後の食事は18:00~20:00までには済ませるようにすることがポイントですが、食事の間隔が短くなるため、空腹感をあまり感じる事なくダイエットを続ける事ができます。血糖値が急激に上がることも抑えられるため、太りにくい食事にもなると考えられます。

8時間ダイエットはどうしても痩せたいときにおすすめ

食事の内容を考えたり、1食ごとにカロリーを計算するのが面倒なら、8時間ダイエットがおすすめです。1日の食事を8時間以内に済ませることが基本なので、例えば朝食を7:00に食べたのなら、15:00までに夕食を済ませ、それ以降は食べないという方法です。肥満体国として知られるアメリカでブームとなり、成功者が続出したことで日本でも話題となりました。

8時間ダイエットのうれしい点は、特別な食事制限や無理な運動をする必要がないところですが、だからといって好きなものを好きなだけ食べては成功しません。タンパク質、脂質、糖質をバランスよく食べ、飲み物も温かいお茶やコーヒーなどを選ぶようにしてください。

また、仕事をしている人は、その日により予定が変わることもあるため、厳密に8時間ルールが守れないこともあります。無理をするとストレスで体調を崩す可能性もあるため、10時間や12時間に変更することも可能です。効果は人それぞれですが1週間で2kg痩せる人もいます。

きれいにどうしても痩せたいならスムージーは強い味方

どうしても痩せたいとき、生の野菜と果物で作るグリーンスムージーを利用するダイエット方法もあります。よく見かけるのは朝食代わりにスムージーを飲むやり方ですが、痩せるためにスムージーを利用するなら、朝食ではなく夕食に置き換える方が、よりダイエットに成功しやすくなります。

スムージーは酵素を壊さないために温めて作ることはなく、専門店では氷を入れて作るほどです。朝から冷たいスムージーを体に入れれば内蔵が冷えてしまい、体温が上がりにくくなり代謝も下がってしまいます。さらに、グリーンスムージーは「緑の葉野菜4:果物6」で作ることが多いですが、どうしても痩せたいなら5:5の割合で作ることをおすすめします。

また、スムージーはそのまま飲み込んでしまいますが、ダイエットを成功させるためなら、スムージーからでも満腹感を少しでも得ることが大切ですので、噛んで飲み込むようにしましょう。なお、下痢しやすい人や腸が過敏な人は体に合わないこともあるため注意が必要です。

Thumbグリーンスムージーレシピのご紹介!手軽で簡単なものが人気!

どうしても痩せたいなら断食道場でダイエット

ファスティングともいわれますが、断食でのダイエットも短期間で行うダイエットとしてテレビなどでも取り上げられることがあります。「断食」なのだからとにかく食べなければいいのだろう、と自己流で行う人もいますが、やり方によっては体に負担をかけ過ぎてしまうこともあります。

本来ファスティングは、ヨガの精神修行や病気治療のためのもので、ダイエットよりも健康管理のために行われるものでしたが、現在は、酵素ドリンクやサプリメントなどを利用して行う方法が一般的です。ですが、自己流で行うと断食後の食事コントロールが難しかったり、空腹に耐えられなかったりすることもあります。

断食はプロの指導者が在住する断食道場で行うと、色々体験しながら行えるため、途中で挫折することなく断食できます。2~3日程度の短い期間から1週間のプランまであり、自分の都合に合わせて選ぶことができます。どのくらい痩せるかは人によりますが、平均で1週間で3kg、週末だけでも1~2kgのダイエットに成功するといわれています。

Thumbプチ断食の正しいやり方や効果は?週末ダイエットでデトックスしよう!

痩せる前に太った原因を見つけよう

痩せるために食事制限をするのはわかっていても「食べながら痩せられないか?」と考えるのもよくあることです。太ってしまう一番の原因は「食べ過ぎ」ですが、その食べ過ぎも「量を食べ過ぎたから」なのか「甘いものが大好きだから」なのかによって痩せる方法が変わります。

中には冷え性が原因でむくんでしまい太っている人もいます。もし冷えが原因ならばカロリーだけでなく、体を中から温めてくれる食べ物を選ぶようにして、代謝を上げるようにする方法が良いでしょう。甘いものが好きなら、お菓子の代わりにナッツ類や豆類や寒天を使ったデザートに変えるなど、甘いものに代わる食べ物を選ぶ方法が大切です。

短期間でダイエットしたときのデメリット

短期間でのダイエットは、モチベーションがあまり下がらない間に痩せることができるため、結果が得られやすくとてもよいのですが、あまりに短期間の場合、どうしても無理なダイエットを行ってしまうため、デメリットもあります。

短期間で体重を落とした場合、脳が元の体重に戻そうと働いてしまうため、ダイエット後も食事のコントロールに気を付けないと以前よりも食べ過ぎてしまい、リバウンドを起こしてしまう可能性が高くなります。筋力トレーニングなどを続けて基礎代謝が上がるように筋肉を付け、なるべくリバウンドしないように気を付けましょう。

どうしても痩せるために自己流で断食を行う場合も、断食後の食事がとても大切です。「短期間だから」と無理をし過ぎれば満腹感を感じにくくなり、普通の食生活に戻したときにストレスを感じてしまうこともあります。

ダイエットは痩せるためだけじゃない

ダイエットは時間をかけてじっくり行う方がリバウンドが少なく、成功する確率が高いですが、イベントを控えてこの日までにどうしても痩せたい!というときもあります。どうせ短期間だからと、食事を極端に減らしたり自己流の断食をしたりなどをしがちですが、無理なダイエットはひどいリバウンドに悩んでしまうこともあります。

短期間でどうしても痩せたいときでも、お菓子をやめたり脂っこいものをやめたりするだけでも痩せることもあります。運動をしていないなら、一駅余分に歩いたり階段をなるべく使うようにしたりするだけでもダイエットできてしまうこともあります。

テレビやスマホを見ながら食事をする習慣があるなら、それを辞めることもどうしても痩せたいときには大切です。ダイエットは、案外生活を見直すだけでも成功することがありますので、紹介したダイエット法を試しながら、今までの生活を見直すきっかけにもしてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-19 時点

新着一覧