付き合う前に電話をするベストな頻度は?適切な話題と注意すべきポイント!

気になる人や好きな人と電話をしたいけど、なかなか勇気がでないと悩んでいる方に必見!今回は付き合う前の相手に電話する際のポイントをご紹介します。付き合う前だからこそ注意する点も徹底解説します。自分も相手も楽しくなってまた電話したいと思える電話の仕方をご紹介!

付き合う前に電話をするベストな頻度は?適切な話題と注意すべきポイント!

目次

  1. 付き合う前の相手への電話って?
  2. 好きな人へ電話する際に緊張をほぐす方法
  3. 電話をする頻度はどれくらいがベストなの?
  4. 付き合う前の相手に電話をしてもいい時間帯は?
  5. 長電話には注意!付き合う前だからこそ慎重に!
  6. 電話での適切な話題は?付き合う前は相手をよく知ろう!
  7. ここは気を付けよう!付き合う前の相手への電話のポイント
  8. 付き合う前の相手に好印象な電話テク!
  9. 気になる!付き合う前の相手気持ちを電話で聞く方法
  10. 付き合う前は相手に合わせた楽しい電話を心がけよう!

付き合う前の相手への電話って?

今では簡単に相手と連絡がとれるツールがたくさんあります。その代表的なのものが「LINE」のアプリですよね。少ない文字で会話のできるLINEはやっている人も多いでしょう。しかし好意を寄せている人がいるなら、ぜひメールやメッセージだけではなく電話をしてみませんか?

今回は付き合う前に気になっている男性への電話の仕方や電話でのアプローチ方法を伝授します!嫌がられない電話の頻度や時間帯、さらにどんな内容を話したらいいのかなど、付き合う前だからこそ注意する点もご紹介します。

好きな人へ電話する際に緊張をほぐす方法

付き合う前だからこそ緊張する相手への電話。なかなか勇気がでなくて電話をかけれない人もいますよね。そんな電話をする前の緊張をほぐす方法をご紹介します。まず大事なのは緊張しない為に話す内容を決めておくことです。これは面接やプレゼンなどと同じことですが、人は急に電話をしても話す内容がなければ続きません。おおまかでいいので相手と話したい内容を決めておきましょう。

話す内容がおおまかに決まったら、次はシュミレーションしてみましょう。実際に電話はかけずに耳元にあててシュミレーションするのもアリです。想像することによって少しは緊張をほぐすことができます。耳元にあてて練習するのもいいですが、相手が電話の向こうにいる!と思ってシュミレーションするのもおすすめです。なるべく緊張しないようにう楽しく相手と電話できるようにしましょう!

電話をする頻度はどれくらいがベストなの?

好きな人との電話はできれば毎日したい!というのが本音ですよね。しかし付き合う前で向こうが自分に好意を寄せているのかもわからない……そんな時はどれくらいの頻度で付き合う前の相手に電話をしたらいいのでしょうか。付き合う前の相手に電話する頻度は、一般的に多いタイミングでは2、3日に1回や1日~3日空ける、などが一番多い電話をする頻度のようです。

付き合う前の相手に電話をしてもいい時間帯は?

電話をする頻度は2、3日ごと、もしくは1~3日おきぐらいがベストとご紹介しましたが、電話をする時間帯はいつ頃がいいか迷いますよね。付き合っている相手ならここまで迷わないかもしれませんが、やはり好きな相手で付き合う前だと時間帯や頻度は慎重に行きたいところです。

一番かけやすい時間帯は夜の20時から22時の間です。なぜこの時間帯なのかというと、仕事から帰ってきてご飯を作ったり、食べたりした後で、家事等がひと段落して落ち着く時間帯だからです。仕事が終わってすぐは何かとバタバタするので避けるようにしましょう。あくまで一般論ではありますが、最初は参考にしてみてください。

中には夜勤をやっていて昼夜逆転している人や夜遅くまで仕事をしている人もいます。付き合う前だからこそ、そこは相手のライフスタイルに合わせるのがポイントです。自分が家事がひと段落したから、落ち着いたから、とむやみに電話をかけるのは要注意です。相手への自分の好感度をさげてしまうきっかけになりかねません。

しかし相手がどの時間なら大丈夫なのか?付き合う前だとなかなか相手の情報を知るのは難しいですよね。そんな時はまず相手に「どの時間なら大丈夫?」とメールやLINEなどで確認をとってみましょう。そうすることで相手にも気を使ってくれる子だな、と好印象を与えることができます。

長電話には注意!付き合う前だからこそ慎重に!

女性は基本的におしゃべりが大好きで、カフェなどに長時間滞在するなんてこともありますが、男性は長時間話すことが苦手な男性が以外と多かったりします。付き合う前に電話する際は、相手の様子を電話口で確認しながら話をしましょう。あまりの長時間の電話は、男性側が嫌になってしまう場合があるので注意が必要です。

電話での適切な話題は?付き合う前は相手をよく知ろう!

連絡先を交換して初めての電話だったり、まだ付き合っていない相手との電話で話す内容はどんなものが適切でしょうか。あまりマニアックな話題だったり、相手が知らないような内容は避けるべきでしょう。付き合う前はまず相手の事を深く知って、理解するところから始めましょう!

相手のことを知るならまずはこれ!「仕事について」

一番電話で話す内容が多いのは「仕事について」の話題かもしれません。お互い仕事をしていれば自然にでてくる内容の1つですね。相手の仕事内容や時間など、さらに何度か電話をしていくうちに、仕事での悩み相談などももするといいかもしれません。まずはその日の仕事での出来事などを話してみましょう。

ふとした話しから発展する恋も!「何気ない日常会話」

仕事の内容はちょっと話が広げにくいと思う方には、何気ない日常会話がおすすめです。何気ない日常会話こそ、どんな内容を話したらいいのか迷うところです。話しの始めは本当になんでもいいと思います。例えば今、目の前にあるものや、テレビに映っている番組などそんな何気ない話題から話を広げて行くのもいいでしょう。

話題が広がっていくとお互いの好きなものや趣味などを知る事ができます。そうすれば「今度ご飯に行こう!」と誘う事ができたり、もしくは相手から誘われる展開に発展することもあります。話す内容が見つからない場合は、まず何気ない会話から始めてみましょう!

ここは気を付けよう!付き合う前の相手への電話のポイント

好きな人の電話だとついつい話し込んでしまい、電話が終わった後に後悔や反省をしない為にも付き合う前の人と電話する上で注意すべきポイントをご紹介します!今回ご紹介するポイントをしっかりおさえて電話をする際の参考にしてみて下さい!

周りが見えなくなる人は注意!一方的に話すのはダメ!

これは基本中の基本ですが、特に話すことが大好きな女性は注意が必要です。付き合う前は一方的にずっと話していたり、自分のペースに強引に巻き込まないようにしてください。自分が話していても相手の反応や相槌の感じで、つまらないんだな、眠いのかな?と様子を伺うのも大切です。付き合う前に自分のペースに巻き込んでしまう電話をすると相手は自分の事を何も話してくれなくなってしまう場合もあります。

相手の気持ちを考えて雰囲気づくりをしよう

雰囲気づくりも電話での大切なポイントの1つです。すぐにでも電話したいから、相手が今電話してもいいよ、と言ったからと駅やお店の中から電話をかけるのは避けましょう。人が多い空間で電波が悪くなったり、聞こえにくかったりするばあいもあります。

自分は人が多い空間にいるので何も感じませんが、相手が静かな部屋にいる場合は周りの雑音はストレスに感じてしまう場合もあります。付き合う前の相手と電話をするなら、まずは雰囲気づくりも大事です。静かな部屋で落ち着いて相手と電話するのがおすすめです。

男性を癒してあげられるような対応をしよう!

付き合う前は女性と違って男性は日々の疲れなどから、癒しを女性に求めてくることがあります。そんな時は、男性を癒してあげられるような電話での対応をしましょう。あまりガツガツと自分の事は話しすぎず、まずは相手の話しをしっかり聞いてあげる事が大切です。

付き合う前の相手に好印象な電話テク!

付き合う前に大事なのは相手に好印象を与える事です。何気ない会話で、自分の事を不快に思われてしまったら、そのマイナスをとり戻すのは非常に難しいことです。そこで電話越しでも相手に好印象を与えるテクをご紹介します!

まずは先程もご紹介しましたが、相手の事をしっかりと考えて電話をしましょう。相手が悩んでいればしっかりと話を聞いて相談に乗る、相手ばかりではなく適度に自分のことについて話したりと相手の様子を伺いながら電話をしてみましょう。その次に大事なのは、電話を着る前に男性が喜ぶ一言を添えることです!

例えば「電話が楽しくて時間があっという間だったよ」「迷惑じゃなかったらまた電話したいな」など好きな相手だからこそ!という気持ちを上手く相手に伝えることができると、好印象を与えることにつながります。他の人ではなく「好きなあなたとだからあっという間だった」など他の人ではダメという事実や気持ちを、それとなくやんわりと伝えるのがポイントです。

気になる!付き合う前の相手気持ちを電話で聞く方法

何度か電話をしていると気になってくるのが、自分の事をどう思っているのかですよね。でもいきなりは聞けませんしこのままの関係でもいいのかな?と悩んだり、葛藤する人もいるのではないでしょうか。そんな時は何気ない話題から「好きな芸能人」や「好きなタイプ」などを聞いてみましょう。さらにもっと聞けるような間柄になったら「私のこと異性としてどう思ってる?」と聞くのもアリです。

しかしこれは最初の段階で聞くのはおすすめしません。何度も電話をして、親密度が上がってきたのなら聞いてみてくだい。どんな時も、基本的には相手の出方に合わせることが大切です。そのやり取りが発展していくと、ご飯に誘ってくれたり、どこかへ連れて行ってくれたりと何か相手からアクションを起こしてくれることに繋がります。自分のことをどう思っているか気になっても、焦らず、少し様子を見ながらが大切です。

付き合う前は相手に合わせた楽しい電話を心がけよう!

付き合う前の状態は、彼氏・彼女と違い、自分が好意を寄せている相手という事を意識して電話するようにしましょう。まずは相手の事を知って、その上で電話の回数を重ね、食事などに誘っていくのがポイントです。好きな人との電話の時間は楽しい電話です。ついつい自分のことだけを話しすぎず、相手の事も考えて電話してみましょう。

また相手のライフスタイルに合わせた電話の頻度や時間帯を心がけることも大事なポイントです。話題作りや雰囲気作りももちろん大切です。付き合う前の相手への電話をするポイントを抑えて、ぜひ電話をしてみましょう。相手も自分も楽しい電話の時間になることを心がけて話してみましょう!

電話についての関連記事はこちらから

Thumb好きな人と電話したい!かけるタイミングや内容の注意点・きっかけまとめ
Thumb好きな人と電話する話題や内容は何がいい?きっかけを作る方法をご紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧