カレーの賞味期限はどれくらい?保存方法のポイントを調査!

カレーの賞味期限や冷蔵・冷凍保存方法についてまとめました。美味しく作れたカレーは冷蔵や冷凍の保存方法を工夫して賞味期限をのばしたいですよね。冷蔵や冷蔵保存方法のポイントをおさえて、賞味期限内にカレーを美味しく食べ切りましょう!

カレーの賞味期限はどれくらい?保存方法のポイントを調査!

目次

  1. カレーの賞味期限や保存方法について知りたい!
  2. 賞味期限とは、どういう期限?
  3. 常温保存の場合のカレーの賞味期限は?
  4. カレーの常温保存方法のポイント
  5. カレーを冷蔵保存した場合の賞味期限
  6. カレーの冷蔵保存方法で取り入れておきたいコツ
  7. 冷凍保存方法を活用したカレーの賞味期限は?
  8. カレーを冷凍保存したい場合のポイントとは
  9. 冷凍カレーの解凍方法はどうすれば良い?
  10. 余ったカレーのアレンジ方法はバラエティ豊か
  11. 朝食におすすめなカレートーストを作ってみよう
  12. 簡単に作れるカレードリアはランチにぴったり
  13. スパイシーな味わいを楽しめるカレーコロッケを作ってみよう
  14. サクサクとして美味しいカレーパイも簡単に作れる
  15. 賞味期限内に美味しくカレーを食べよう!

カレーの賞味期限や保存方法について知りたい!

あまりがちなカレー

鍋いっぱいにカレーを作ると、どうしても余ってしまいますよね。せっかく作ったカレーを食べきれずに賞味期限が切れてしまうともったいないので正しい保存方法を取り入れることが大切になります。冷凍や冷蔵などいろいろな保存方法がありますが、基本的なポイントさえおさえておけばカレーの美味しさをキープしたまま賞味期限内に食べることが可能です。

カレーはいろいろな方法で活用できるのも魅力です。冷蔵や冷凍保存したカレーはお好みの方法でアレンジしながらカレー料理のバリエーションを増やしてみてはいかがですか。同じようなカレーの味だと飽きてしまうかもしれませんが、ちょっとしたアレンジを加えることで賞味期限内にカレーを美味しく食べることができるようになります。

冷蔵や冷凍の保存方法を工夫して賞味期限内にカレーを食べきろう

「カレーの賞味期限はどのくらい?」「カレーの美味しさをキープすることができる保存方法について知りたい!」という場合に役立つカレーの保存方法についてまとめました。カレーの保存方法をきっちりおさえておけば、カレーを作りすぎた時も安心です。カレーの人気アレンジ料理もチェックして、最後まで美味しくカレーを食べてみてくださいね。

Thumbカレーの保存方法で常温は危険?正しいやり方とおすすめ容器紹介

賞味期限とは、どういう期限?

風味を落とさず美味しく食べられるのが賞味期限

まずは賞味期限の意味からおさらいしておきましょう。賞味期限とは、風味や食感を損なわずに美味しく食べられる期限のことをさします。賞味期限が切れると美味しさのピークが過ぎているので、風味が落ちた状態になってしまうのが特徴。賞味期限が切れた瞬間に食べられなくなるということではないので、賞味期限の意味はしっかりチェックしておきましょう。

賞味期限と消費期限の違いとは

賞味期限に対して消費期限という言葉がありますが、これは食べ物を安全に食べることができる期限になります。つまり、賞味期限が切れた食品は安全性が担保されていないので食べないほうが良いということですね。賞味期限が切れても即時に食べられなくなるというわけではありませんが、消費期限が切れた食品の場合は食べないほうが安全です。

常温保存の場合のカレーの賞味期限は?

カレーを常温保存にすると賞味期限は1日

賞味期限と消費期限の違いを把握することができたら、カレーの賞味期限について見ていきましょう。カレーは作った後に鍋の中に入れてそのまま常温保存することがありますよね。その場合の賞味期限はどのくらいになるのでしょうか?常温保存をした場合、カレーの賞味期限は1日くらいになります。常温だとカレーの賞味期限は短いので気をつけてください。

夏場は賞味期限が1日もたないこともある

湿気が多く、高温になりやすい夏のシーズンにカレーを常温保存するのには注意が必要です。夏場はカレーが傷みやすい季節でもあるので、常温保存をすることによって1日のカレーがもたない可能性があるため気をつけましょう。賞味期限はもちろんのこと、消費期限に関しても1日もたずにカレーが腐る場合もあるので夏場は常温保存を避けたほうが無難です。

カレーの常温保存方法のポイント

朝と晩の2回に分けてカレーをしっかり加熱する

カレーを常温保存する場合にはちょっとしたポイントがあるので、ぜひチェックしておきましょう。カレーを常温保存したい場合は朝と晩の2回、カレーをしっかり加熱することが大切になります。カレーを加熱することによって細菌の増殖をおさえ、安全な状態で保存をするのが常温保存のコツ。時間がある場合は朝・昼・晩と3回に分けて加熱をするのがおすすめです。

熱が冷めたら部屋の涼しい場所で保存する方法が賞味期限をのばす

カレーを加熱したら蓋を開けてしっかりと冷ましましょう。カレーが冷めたら部屋の中で最も涼しい場所でカレーを保存します。カレーを直射日光に当てたり、高温多湿のところに置くのはNG。涼しい場所を探して保存をしてくださいね。こうしておくことで常温でもカレーを保存することができます。カレーを食べる時は傷んでいないか事前に確認してください。

カレーを冷蔵保存した場合の賞味期限

冷蔵で保存した時の賞味期限は2〜3日ほど

「もうちょっとカレーの賞味期限をのばしたいなあ」という場合は、カレーを冷蔵保存しましょう。カレーを冷蔵庫で保存しておくことによって、賞味期限を2〜3日ほどのばすことができます。常温の時よりも安全に保存ができるのも嬉しいポイント。特に夏場は常温ではなく冷蔵保存をすることで、美味しくて安全なカレーの状態を保ちやすくなります。

保存状態によっては賞味期限が短くなることも

冷蔵保存することでカレーの賞味期限を長くすることができますが、保存容器が汚れていたり、保存容器の内側に水分が溜まっていたりといったように保存状態が悪いと傷むのも早くなってしまいます。賞味期限をしっかりとキープしたい場合は良い保存状態を保つことも重要なポイント。カレーを美味しく食べるために保存状態には気を配ってくださいね。

カレーの冷蔵保存方法で取り入れておきたいコツ

カレーをしっかり冷まして保存容器に密閉する

それでは、カレーを冷蔵保存する場合のコツについて見ていきましょう。カレーがまだ熱い場合は、しっかり冷ましましょう。カレーが冷めていないうちに保存容器に入れると容器内に水滴がたまり、細菌の温床となりやすくなってしまいます。そうならないようにカレーの内部まで冷めているかどうか確認して、カレーを保存容器に入れてくださいね。

保存容器に入れたらしっかりと密閉して冷蔵庫で保存をします。カレーはニオイがきつい食べ物なので、冷蔵庫に入れているうちに他の食品にニオイ移りがしてしまう可能性があるため気をつけましょう。なるべく密閉性の高い保存容器にカレーを入れて冷蔵保存するのがポイントです。

賞味期限の短いジャガイモは優先して食べる

カレーを冷蔵保存する場合は、カレーに入れた具材にも気を配りましょう。ジャガイモや人参といった食材は比較的早めに傷みやすいので優先して食べるのがおすすめ。ルーよりも具材のほうを優先的に食べるようにすることで、賞味期限内に美味しくいただけるようになります。ルーだけが余った場合は新しく食材を入れたり、他の料理にアレンジして使ってみてくださいね。

Thumbカレーを圧力鍋で簡単に作る!初心者でもできるトロトロ人気レシピ紹介

冷凍保存方法を活用したカレーの賞味期限は?

冷凍保存する方法なら賞味期限は1ヶ月ほど

カレーは冷凍保存をすることも可能です。カレーを冷凍保存した場合、賞味期限は1ヶ月ほどになるのが嬉しいポイント。冷凍保存をする場合においても、正しい方法をチェックしておくことでカレーの美味しさをキープできるようになります。たくさんカレーを作ってしまった時は、最後まで消費できるように冷凍保存をすると良いかもしれないですね。

賞味期限をのばしたい時は冷凍保存する方法がおすすめ

1ヶ月も賞味期限をのばすことができれば、たくさん作ったカレーもきっと消費できるのではないでしょうか。カレーを冷凍保存しておくことで食べたい時にすぐ取り出すことができるので、忙しい時の食事に役立ちそうです。ご飯とカレーの組み合わせ以外にもカレー料理のバリエーションを増やしておけば、飽きることなく冷凍カレーを楽しめるのも魅力。

カレーを冷凍保存したい場合のポイントとは

カレーを冷まし、ジャガイモや人参などを取り除く

それでは、カレーを冷凍保存したい場合にチェックしておきたいポイントについて見ていきましょう。カレーを冷凍保存する場合は、冷蔵保存する場合と同じようにしっかりとカレーを冷まします。カレーが冷めていないと冷凍する時に温度差ができ、風味が落ちてしまうため気をつけてくださいね。また、容器内にたまった水分が凍って霜になる可能性も高くなります。

カレーを冷ましたら、ジャガイモや人参といった具材を取り除いていきましょう。ジャガイモや人参や冷凍すると食感が悪くなり、カレーも美味しくなくなってしまうので取り除くのがベスト。取り除いたジャガイモなどは別個で食べたり、スープに入れてアレンジするなどしていきましょう。

保存袋に平らに密閉し冷凍する方法が最適

カレーを冷まし、具材も取り除いたら保存袋にカレーを密閉していきます。カレーを保存袋に入れる場合は、なるべく平らにして空気を抜くようにして封をするのがポイント。平らにして冷凍することで冷凍する速度を均一化し、カレーの風味を落とさずに保存することができるようになります。平らにカレーを入れることができたら冷凍庫に入れて完了。

カレーをいつ冷凍保存したかわかりやすいように日付を記入しておくのがおすすめです。1ヶ月も保存していると「いつカレーを冷凍庫に入れたんだっけ?」と忘れてしまう場合があるので気をつけてくださいね。日付が記入してあればカレーを食べきる目安もできるので、便利です。

Thumbカレーの正しい冷凍保存方法!美味しい温め方と賞味期限についても調査

冷凍カレーの解凍方法はどうすれば良い?

冷蔵庫に移して自然解凍し、電子レンジで加熱

冷凍したカレーの解凍方法はとても簡単です。時間がある場合は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍しておきましょう。自然解凍することができたら耐熱容器に移してから電子レンジで加熱して完了です。もし時間がない時は冷凍した状態で電子レンジで解凍してもOK。その時の状況に合わせてカレーを解凍してみてくださいね。

耐熱性の保存袋なら湯せんでもOK

耐熱性の保存袋にカレーを冷凍している場合は、湯せんにかけて温めても美味しく解凍することができます。湯せんにかけることでじっくり温められるため、電子レンジで加熱するよりも冷めにくく美味しく食べられるのが嬉しいポイント。湯せんにかけるか、電子レンジにするかは保存袋の仕様や時間によって選んでみてはいかがですか。

余ったカレーのアレンジ方法はバラエティ豊か

カレーはいろいろなアレンジができる

正しい方法で保存することができたカレーは、ただ単にご飯と組み合わせて食べるだけでなくいろいろなアレンジを加えることができたら良いですよね。カレーは意外とアレンジの幅が広いので、カレーをストックしておけば毎日の食事作りのサポートになります。カレーのアレンジを工夫しながら、新しい味にもチャレンジしてみてはいかがですか。

お好みあったアレンジで賞味期限内にカレーを食べよう

美味しいカレーを作れたとしても、いつも同じ味だと飽きてしまいますよね。カレーを保存してある時は、お好みのアレンジで賞味期限内に食べきってみましょう。定番のカレーうどんにするのも良いですし、洋風にアレンジするのもおすすめです。これからご紹介するカレーのアレンジを参考にして美味しく食べてみてくださいね。

朝食におすすめなカレートーストを作ってみよう

半熟卵をのせてリッチな味わいに

朝食にもぴったりな美味しいカレーのアレンジとしておすすめなのがカレートースト。食パンの周囲にマヨネーズで土手を作ったらカレーを中央にのせます。半熟に茹でた卵をのせ、チーズをトッピングしたらトースターで焼きましょう。チーズがとろけたらカレートーストの完成。半熟卵とマヨネーズが良いアクセントになります。

半熟目玉焼きをのせても美味しい

トーストした食パンにカレーをかけ、半熟目玉焼きをのせるシンプルなカレートーストもおすすめです。半熟卵がカレーにまろやかさを与え、とても美味しくいただけるのが魅力。他にはカレーに納豆を混ぜてカレートーストにするという変わったアレンジも人気を集めています。お好みに合わせて美味しいカレートーストにしてみてくださいね。

簡単に作れるカレードリアはランチにぴったり

チーズとご飯があれば簡単に作れる

ランチにおすすめのカレーのアレンジといえば、カレードリア。カレードリアはストックしてあるカレーさえあればとても簡単に作ることができます。耐熱容器にご飯をのせたらカレーをかけ、チーズをトッピング。トースターでこんがりするまで焼いたらあっという間に完成です。時間がない時でもしっかりとお腹を満たせる便利なレシピですね。

アボカドやトマトなどお好みで具材を足して

冷蔵庫に食材がある場合はカレードリアに足していきましょう。アボカドやトマトなどをスライスしてのせるのがおすすめ。茹でたブロッコリーをのせるのも良いですね。固ゆで卵をスライスしてトッピングしても美味しくいただくことができます。冷蔵庫にある食材を活用しながらカレードリアを作っていきましょう。

スパイシーな味わいを楽しめるカレーコロッケを作ってみよう

コロッケのタネにカレーを混ぜるだけ

カレーコロッケも美味しく作れる人気のアレンジレシピ。ふかしたジャガイモにカレーを具材ごと加え、全体を潰しながらコロッケのタネを作ります。衣をつけて揚げたら完成。コロッケであれば、カレーに入れたジャガイモや人参などの一緒に潰して使えるので違った味わいのカレーアレンジを楽しみたい時にぴったりです。

チーズを入れるのもおすすめ

リッチなカレーコロッケにしたい時におすすめなのがチーズを入れるアレンジ。コロッケのタネの中央にチーズを入れて揚げることで、とろけるチーズの味わいを楽しめます。

サクサクとして美味しいカレーパイも簡単に作れる

パイシートにカレーを包めば簡単

おしゃれなカレーのアレンジならカレーパイを作ってみてはいかがですか。パイシートでカレーを包んだら、オーブンでこんがりとするまで焼いて完成です。サクサクとしたパイ生地とカレーの風味は相性ぴったり。

おしゃれなワンプレート料理にぴったり

焼きたてのカレーパイと野菜サラダ、スクランブルエッグなどを一皿に盛り付ければおしゃれなワンプレート料理のできあがり。カレーパイがあることで、一気におしゃれ度があがって写真映えもしますよね。このようにカレーのアレンジ方法はバリエーション豊か。いろいろなカレーの味わいを楽しんでみてくださいね。

Thumb残りカレーのアレンジ・リメイクレシピ!簡単絶品メインの作り方

賞味期限内に美味しくカレーを食べよう!

カレーはいろいろな食材が入った料理なので意外と早く傷みやすいため注意が必要です。常温で保存する場合は、1日2回は加熱することを忘れないでくださいね。冷蔵保存する時は冷蔵庫にニオイが漏れないように密閉するのがポイント。賞味期限を長持ちさせたい場合は冷凍保存しておきましょう。アレンジ方法もいろいろあるので、ぜひ美味しくカレーを食べきってくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧