夜食べないと痩せる?ダイエットの効果的なやり方やメリットを紹介!

食事制限のダイエットで最も痩せる効果が期待できる夜食べないダイエット。でも、夜に食事は、我慢との闘いで結局、誘惑に負けて食べてしまうこともしばしば。夜食べないと痩せる理由や夜食べないダイエットの効果的な方法やメリットなどをまとめてご紹介します。

夜食べないと痩せる?ダイエットの効果的なやり方やメリットを紹介!

目次

  1. 本当?夜食べないと痩せる効果のある、なし?
  2. 夜食べないダイエットの効果に関わる自律神経とは?
  3. 健康に良い!夜食べないダイエットの痩せる理由とは?
  4. 消化器官に注目!夜食べないと健康になる理由
  5. メリットが知りたい!夜食べない効果
  6. 夜食べないダイエットのデメリットはないの?
  7. どうしたら痩せる?夜食べないダイエット方法とは
  8. 方法1:夜食べない期間を設定すること
  9. 方法2:リバウンドをしないようにすること
  10. 方法3:日中に食べる食事に気を付けること
  11. 方法4:食べる時間に注意すること
  12. 方法5:悪い食習慣は改善すること
  13. 日中よりも夜食べないほうが難しいのはなぜ?
  14. 空腹に耐えれない時の夜食べないダイエットの解決方法は?
  15. 良い睡眠をとるためには、夜食べないほうがいいの?
  16. アルコールは飲んでも平気?夜食べないダイエット
  17. 夜食べないで痩せる効果を実感‼

本当?夜食べないと痩せる効果のある、なし?

夜食べないと痩せるということは、よく耳にします。実際に夜食べないダイエットをして効果がでた人や健康になった人は、とても多いようです。夜食べないダイエットが痩せる原因などを細かく調べてみました。

夜食べないダイエットの効果に関わる自律神経とは?

人間の体は、自分の意志と関係なく働く自律神経があります。この自律神経の働きが夜食べないダイエットに大きく影響しているようです。自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立っています。

交感神経は、日中働いている神経で細胞が活発に動いている状態ですので、エネルギーを随時、消費しています。副交感神経は、細胞をリラックスさせた状態にするので、出来るだけエネルギーを消費せずに蓄える働きをしています。

この交感神経と副交感神経の切り替わり始める時間が夕方になり、寝てる間も副交感神経の状態が続いています。特に夜の10時からエネルギーを蓄える働きが活発になり、夜中の2時頃が一番エネルギーを蓄える働きが活発になります。

同時に細胞の修復やリカバリーの働きも行っています。この時は体内の細胞が動いているので多少のエネルギーが使われている状態になります。

夜食べないダイエットで痩せる効果がでるのは、エネルギーを蓄える時間にエネルギーが入ってこない状態で、細胞の修復やリカバリーの働きが体内に蓄えられているエネルギーが消費しているので痩せるようです。

夜に食べた場合は、食べた物を消化する時間がかかることで、蓄える働きが1番ピークの2時の時間までに消化できていなければ、その分は全て体内に蓄えられてしまいます。夜の食べ過ぎには、くれぐれも注意したいですね。

健康に良い!夜食べないダイエットの痩せる理由とは?

夜食べないと痩せる効果はもちろん健康にも良いと言われる理由はなぜなのでしょうか?夜食べないダイエットと健康について見ていきましょう。

消化器官に注目!夜食べないと健康になる理由

夜食べないダイエットが健康に良いのは、消化器官が重要なようです。消化器官は、私達の意志ではなく自立して働いています。消化器官の働きは、体内に入ってきた食べ物を分解してそれぞれの細胞が吸収できる大きさまで分解します。

そして必要ないものは、体外に排出されます。この流れは、食べ物を摂取してから24時間から72時間となっています。栄養を細胞に送る働きがある消化器官は、消化するものが多ければ多いほど、継続して消化運動を行なっています。

ですが、継続して動いていると消化器官も弱ってきますので休息が必要です。また、消化器官が継続して動いていると、その他の細胞の動きを妨げる原因にもなってしまいます。

夜食べないダイエットが健康に良いのは、この消化器官に負担をかけないこととその他の細胞が夜寝ている間に活発に動くことができるからです。

Thumb1日2食ダイエットのやり方!美容や健康法としても注目のその効果とは?

メリットが知りたい!夜食べない効果

夜食べないとどんなメリットがあるのでしょうか?1つ目の効果は「すぐ痩せること」です。1日の摂取カロリーを約350カロリーから400カロリー控えることを1か月続けると、およそ2、3kg体重が落とせると言われています。

2つ目の効果は「朝食を必ず摂る体になること」です。夜食べないことで、朝にお腹が空き朝食を摂るようになります。朝食を摂ることで体や脳に栄養を与え体が温まり基礎代謝を上げてくれます。

基礎代謝が上がることで体内の細胞が活発に働き元気がみなぎってきますし、脳が活性化して集中力がアップします。健康にも良い影響を与える朝食は、とても大事ですので必ず摂取するように心がけましょう。

3つ目の効果は「昼食の大食いを防ぐこと」です。夜食べないと次の日の朝食をしっかりと食べるため昼食をたくさん食べる必要がありません。朝食を抜くと、どうしても昼食前からお腹が空いて昼食時間には、ついつい大食いになってしまいます。

朝から食べてない状態は体内で餓死状態になっています。これは、次に入ってくる食べ物は、なるべく全て吸収しないと次いつ食べ物が入ってくるかわからないっと脳が判断している状態です。

その脳の状態のままに昼食の大食いをしてしまうと、食べた物全部を体内で吸収しようとするため、食べた物が全部、蓄積され、体重の増加につながっていきます。

夜食べないダイエットのデメリットはないの?

夜食べないダイエットのデメリットを調べてみました。1つ目は「栄養のバランスが偏ること」です。夜食べないとなると、朝と昼の食事で栄養を補わないといけません。ですので、朝と昼の食事の栄養を考えて摂取することが大切です。

せっかく痩せても健康に害があっては意味がありませんよね。2つ目は「空腹でストレスが溜まること」です。今まで夜ご飯を食べていたのが、突然、夜食べないとなる想像以上に空腹を感じストレスが溜まります。

空腹を頑張って我慢していると、限界がきて暴飲暴食に走る人も多いようです。夜の空腹で寝れない人も多いので気持ちはよくわかりますよね。

どうしたら痩せる?夜食べないダイエット方法とは

夜食べないで痩せるということは分かっても、空腹のストレスやリバウンドなどは嫌ですよね?でも空腹のストレスを解消する方法やリバウンドの原因などを理解することで、夜食べないで痩せるダイエットの苦痛を減らすことができますのでご紹介します。

方法1:夜食べない期間を設定すること

夜食べないダイエットで注意したい空腹のストレス。ストレスが爆発して暴飲暴食になったらせっかくのダイエットが無駄になりますね。無駄にしないための方法が夜食べないダイエットを行う期間を設定することです。

期間が決まっていれば、我慢しやすいので、暴飲暴食に走らなくてすむでしょう。先ずは、1週間から始めてみることをおすすめします。1週間でも体重の減少は可能です。その結果をみてモチベーションが上がって頑張れそうなら引き続き行っても良いでしょう。

無理な期間を設定せずに、出来る期間を定期的に行う方法が夜食べないダイエットには、効果があるようです。

方法2:リバウンドをしないようにすること

夜食べないダイエットを1週間行って、一旦、お休みをする場合の夜の食事は、糖質と脂質をなるべく避けるように心がけましょう。夜は、エネルギーを蓄えるように体内が動いているので、吸収した食べ物を全部消化しようとすると消化器官に負担がかかります。

野菜やフルーツなどの消化器官に負担がかからない物や水などの飲料水でお腹を満たせてあげると1週間の夜食べないダイエットをした後のリバウンドを防ぐことができます。

方法3:日中に食べる食事に気を付けること

夜に食べないことで栄養不足で不健康になってしまうと意味がありませんので、日中の食事にも十分に気を配りましょう。特に筋肉が落ちないためにもたんぱく質の不足は避けましょう。

また体のバランスを整えるビタミンやミネラルも意識して多く摂取するように心がけ、お菓子、デザート、ジュースなどの甘い食べ物は夜食べないダイエット中は我慢しましょう。

Thumbダイエットにはたんぱく質が鍵!成功するための摂取量やおすすめの食材は?

方法4:食べる時間に注意すること

食べた物を蓄える働きが最も低下する時間帯が午後3時です。ですので、この時間をかなり早めの夕食時間にすることをおすすめします。ただし、食べ物を蓄積しにくい時間だからと大食いや食いだめなどは控えてください。

方法5:悪い食習慣は改善すること

悪い食習慣とは、早食い、テレビやスマホを見ながらのながら食い、よく噛まないで食べることなどがあげられます。早食いは、満腹中枢が刺激される前に食べ終わってしまって、さらに食べてしまう場合があるのでゆっくり食べるように意識しましょう。

テレビやスマホを見ながらのながら食いは、どれだけ食べたかがわからなくなるほど、食べ続けることがあるので、カロリーオーバーになりますので注意してください。

よく噛まないで食べることは、早食いと同じ悪い食習慣ですが、よく噛まないと脳への刺激が足りず満腹中枢までなかなか刺激されずに食べ過ぎます。よく噛んで食べることで消化器官の負担も減らせることができるので、気を付けてよく噛んで食べましょう。

日中よりも夜食べないほうが難しいのはなぜ?

日中に食べないよりも夜に食べないほうが空腹感や食欲が出てくるような気がする方が多いようです。夜は、自律神経が副交感神経に切り替わっています。

副交感神経が活発に動いていると満腹中枢が満たされない状態になり、これにより日中よりも夜のほうが空腹を感じやすくなるようです。

空腹に耐えれない時の夜食べないダイエットの解決方法は?

夜食べないダイエット中にどうしても何か食べたくなった時の解決方法は飲み物を飲むことです。おすすめの1つ目の飲み物は「水」で、たくさん飲んでも太りませんので安心してたくさん摂取が可能です。

無糖の炭酸水やスパークリングウォーターは、炭酸がお腹を膨らませてくれるので、空腹を緩和することができます。

おすすめの飲み物2つ目は「温かいハーブティー」です。温かい飲み物は空腹を紛らわせてくれますので、リラックスさせてくれる効果のナツメグティー、緊張を和らげるレモンバーベナティー、眠気を誘うカモミールティーは、ぜひ試してほしい飲み物です。

Thumb烏龍茶の効能まとめ!ダイエット効果も期待できて健康や美容にも効く?

良い睡眠をとるためには、夜食べないほうがいいの?

実は、夜食べないぐっすりと睡眠がとれるようです。それはどうしてなのか?を詳しく調べてみました。夜食べた場合は、消化が出来ないまま寝てしまう確率が高いようです。まだ、消化が終わってない食べ物は、寝ている間も消化され続けています。

食べた物は、消化器官で分解されて血液としてそれぞれの細胞に運ばれますが、この時に血糖値が高くなったり低くなったりして血糖が乱れることがあります。血糖が乱れると、眠りが浅い原因や悪い夢を見たりする傾向が高いようです。

寝ている間に分泌される私達の体にとても重要な成長ホルモンも浅い睡眠だと分泌量が低下します。成長ホルモンは、疲労回復、新陳代謝の活性化、細胞の老化を防ぐなどの働きがあります。

成長ホルモンの分泌量が下がると体調不良などの健康被害もでてきます。夜食べないことで良い睡眠がとれ成長ホルモンの分泌の低下を防ぐことができることを覚えておくといいですね。

もし、夜に食べる場合は、少しでも早く消化する食事に気をつけて食べ物を吸収する量が増える夜10時前には、終わらせておくようにしましょう。

アルコールは飲んでも平気?夜食べないダイエット

アルコールが大好きな人が夜食べないダイエットをする時は、アルコールは控えるべきでしょうか?答えは、アルコールの種類と飲み方によっては、アルコールは、摂取しても大丈夫です。では、摂取方法やアルコールの選び方をみていきましょう。

アルコールの場合、体内に入っても全て熱などで消費されるので、アルコールのカロリーは、体内に蓄積されることはありません。アルコールを飲んで太る方は、一緒に食べるつまみや食事が原因だと考えられます。

ただし、体に必要な栄養が不足した場合は、体内に入ったアルコールを熱で消費する働きが低下して逆に内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

夜食べないダイエット中にアルコールを飲みたい人は、朝、昼の食事の栄養バランスを気を付けるようにしなければいけません。

夜食べないダイエット中におすすめのアルコールをご紹介します。1つ目は「赤ワイン」です。ワインには、お酒に含まれる糖質が100gあたり2.0gしかないカロリーが低いアルコールです。

また、赤ワインにはポリフェノールが含まれているため抗酸化作用もあるので老化や生活習慣の予防にも効果がある嬉しいアルコール飲料です。同じワインでも白ワインは、腸の細菌バランスを整える働きをしてくれますが、体を冷やす作用もあります。

体を冷やすと基礎代謝や脂肪燃焼の働きが低下するので、ダイエット中は、出来るだけ体を冷やす飲み物は避けたいですね。

2つ目は「焼酎やウイスキーの水割りやお湯割り」です。焼酎とウイスキーは、蒸留酒でお酒から糖を取り除いて蒸留しています。ですので、水やお湯で割った1杯を見てみるとかなりカロリーが少ないダイエット中でも飲めるおすすめのアルコールです。

ウイスキーは、カロリーが低いことはもちろんですが、血糖値を下げたり、尿酸を排出する効果も期待できる人気のお酒です。

焼酎は血栓を溶かす効果が期待できるので、血液をサラサラにしてくれます。ダイエット意外に健康に気をつけたい方は、焼酎を好まれる方が多いようですね。

お酒が好きな方でもダイエット中はお酒をセーブしないといけないと考えている方が多いようですが、お酒を選んで飲めば、大丈夫だということが分かりましたので、ストレスを溜めずに楽しくダイエットしましょう。

ただし、アルコールは食欲を増進される働きもあるので、注意して飲むようにしてくださいね。

Thumb太りにくいお酒を知ろう!ダイエット中でも大丈夫なお酒や飲み方を紹介

夜食べないで痩せる効果を実感‼

夜食べないと痩せるダイエット効果の方法やメリットなどをご紹介しました。ダイエット効果も高く健康にも良い夜食べないダイエットは理想のダイエット方法のひとつではないでしょうか?

自分に合ったペースで夜食べないダイエットをはじめてみませんか?きっと健康に痩せてきれいな体を手に入れること間違いなしです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-20 時点

新着一覧