玉ねぎの冷凍保存方法を解説!時短・便利なおすすめ活用レシピも紹介

皆さんは、「玉ねぎもらいすぎた!」なんて経験ありませんか?使いたくないけど、腐らせたくない。そんな時におススメしたい方法があります。それは、冷凍保存!今日は、玉ねぎをおいしく冷凍保存する方法と、冷凍保存した玉ねぎをおいしく料理する方法を紹介!

玉ねぎの冷凍保存方法を解説!時短・便利なおすすめ活用レシピも紹介

目次

  1. 玉ねぎの冷凍保存の方法と活用レシピを紹介
  2. みじん切り冷凍玉ねぎ
  3. 玉ねぎの甘みがたまらない!冷凍たまねぎで美味オニオンスープ
  4. マヨネーズとの相性バッチリ!冷凍玉ねぎの玉子サンド
  5. 生野菜に合う冷凍玉ねぎドレッシング
  6. 冷凍玉ねぎなら飴色玉ねぎも一瞬でできる
  7. 炒め物で大活躍!飴色冷凍玉ねぎ
  8. トマトソース不使用?!おいしいミートソース
  9. 子供も大好きな冷凍玉ねぎのみじん切りとお麩のハンバーグ
  10. 絶品!食べたらやみつきになる飴色玉ねぎカレー
  11. 冷凍玉ねぎペースト(玉ねぎ氷)を作ってみよう!
  12. ここからは応用レシピを紹介!
  13. 具だくさんでお腹も満足!玉ねぎ氷入り根菜スープ
  14. スタミナがつく厚揚げとしめじ小松菜の卵とじ
  15. もう一品足したいときにツナの炒り豆腐
  16. 余った玉ねぎは冷凍保存しよう

玉ねぎの冷凍保存の方法と活用レシピを紹介

皆さんは、玉ねぎがありすぎて困ったことはないでしょうか?今使う予定はないけど、使わないで腐ってしまっては困ります。そんな時、「何かいい保存方法はないだろうか」と考えたこと、一度はありますよね。そこで今回は、玉ねぎの冷凍保存の方法、そして冷凍玉ねぎの活用方法をレシピで解説していきます。

みじん切り冷凍玉ねぎ

みじん切り冷凍玉ねぎの作り方

基本的には、玉ねぎを大きめのみじん切りまたは千切りにし、ジップロック等で密閉状態にして冷凍保存します。この時、切り込み線を入れて小分けにしておくと使いやすいでしょう。冷凍した状態では1か月まで保存がききます。使う際には半解凍か凍ったまま調理します。

みじん切り冷凍玉ねぎの使い方

辛味が抜け、甘みが増すため、カレーやスープなど甘みを生かした料理に向くでしょう。なお、食感が失われやすいため、シャキシャキした食感を楽しむ料理には向きません。さて、冷凍玉ねぎの基本にも触れたところで、活用方法の紹介に移りましょう。

玉ねぎの甘みがたまらない!冷凍たまねぎで美味オニオンスープ

最初に紹介する活用レシピは、スープ。単純ですが、冷凍玉ねぎの甘さを最大限に生かしたおいしい一品です。とても簡単で、寒い季節にも人気が出そうです。

作り方

材料は、まず、冷凍玉ねぎと生の玉ねぎをそれぞれ1/2個分用意します。ベーコンを3枚、とろけるチーズを適量。しょうゆ小さじ1/2、塩一つまみ、バター10g、コンソメが小さじ3。水は600cc用意しましょう。好みでパセリを添えます。

まず、熱したフライパンにバターを引いて、冷凍玉ねぎを8分間炒めます。次に、生の玉ねぎを薄切りにしてベーコンと共にフライパンに入れ、もう2分ほど炒めます。その後、水とコンソメを入れて10~15分煮たら、塩としょうゆで味を調えて完成!お好みでとろけるチーズを乗せてパセリを飾ります。

マヨネーズとの相性バッチリ!冷凍玉ねぎの玉子サンド

次に紹介する活用レシピは、なんと卵サンド!コンビニでもおなじみのメニューですね。お子様にも人気間違いなしです。

作り方

材料は、ゆで卵、パン、塩、こしょう、マヨネーズ。量はそれぞれ適量。食べる量によって調節しましょう。ちなみに、冷凍玉ねぎは凍らせる際には玉ねぎ1個分につき酢を大さじ1杯分加えます。

作り方もとっても簡単。みじん切りの冷凍玉ねぎを調味料を加えることによって溶かし、みじん切りにしたゆで卵をマヨネーズと合わせ、塩・こしょうで味を調えれば中身は完成。パンにはさめばたまごサンドの出来上がり。こんなに簡単なら、子供だけでなく主婦にも人気が出そうです。

生野菜に合う冷凍玉ねぎドレッシング

ここまでお手軽につくれる料理を紹介してきましたが、今回紹介するのはドレッシング。冷凍玉ねぎが活用できるのは、なにも料理だけではないのです。材料は、冷凍玉ねぎを適量にごま油を適量。そして砂糖、しょうゆ、酢を1:1:1。比率さえ守れば分量は問いません。

作り方

最初に、冷凍玉ねぎをごま油を引いたフライパンで飴色になるまで炒めます。そして砂糖、しょうゆ、酢を1:1:1の比率で玉ねぎが熱いうちに混ぜれば完成です。水分を調節すれば普通のサラダからチキンソテーまで幅広く活用できます。

おまけ

サラダで冷凍玉ねぎの利用する方法はドレッシングだけにとどまらず、そのまま食べることが目的でないなら、例えばポテトサラダにも活用できます。半解凍して混ぜ合わせれば、玉ねぎの甘みを生かしたおいしいポテトサラダになるでしょう。

冷凍玉ねぎなら飴色玉ねぎも一瞬でできる

ここまで紹介しましたが、冷凍玉ねぎを飴色に炒めたものがあったと思います。そう。冷凍玉ねぎは飴色を作る際にも有利なのです。冷凍玉ねぎは水分の蒸発が早いため、生から作るより早く簡単仕上がります。次で紹介する冷凍飴色玉ねぎを使う際にも有利なはずです。

炒め物で大活躍!飴色冷凍玉ねぎ

ここまで紹介した通り、玉ねぎは冷凍すれば保存もきき、おいしくなります。ですが、更においしい使い方があるのです。それが、「飴色に炒めて冷凍保存する」という方法です。炒め物にはめっぽう強く、本格的においしいカレーやハンバーグがお手軽にできちゃうのです!

飴色冷凍玉ねぎの作り方

作り方は単純で、玉ねぎのスライス、またはみじん切りを飴色になるまでじっくり炒め、冷凍すれば完成。冷凍の玉ねぎを使えばもっと早く仕上がります。余ってしまった時は冷凍玉ねぎとして保存しておいて、消費しきれない分を飴色に炒めて保存しておくといいかもしれませんね。なお、ここでは主にみじん切りを使っています。

飴色玉ねぎがおいしい理由

活用レシピを紹介する前に、飴色玉ねぎがどうしておいしいのか。その理由に触れておきます。

玉ねぎは炒めることによって辛味が消え、甘みが増します。加熱することによって糖が生成されるためです。さらに、飴色に炒めることでうま味が凝縮されるのです。これが、飴色玉ねぎの美味しさの秘密です。ちなみに、凍らせれば1か月保存がききます。ただし、解凍時には3日ほどが目安に早めに使い切りましょう。

以上、飴色玉ねぎがおいしい理由にも触れたところで、レシピ紹介に移りたいと思います。大人から子供にまで大人気のあのメニューがお手軽にできちゃいます!

トマトソース不使用?!おいしいミートソース

飴色冷凍玉ねぎの活用レシピとして、まず紹介するのがミートソース。ミートソースと言えば、玉ねぎの炒めで手間がかかる料理として知られていますよね。でも、冷凍飴色玉ねぎとして保存しておけば手間なく、かつ更においしいミートソースの出来上がり!

作り方

材料は、人参40g、コーン40g、茹でた鶏ささみ。そして冷凍飴色玉ねぎを1個分。味付けには砂糖、しょうゆそれぞれ大さじ2、コンソメ顆粒が小さじ1、塩を少々。なお、必ずしも飴色に炒めた後冷凍したものを使う必要はなく、冷凍保存した玉ねぎがあればOKです。

にんじんを粗くみじん切りにして、茹でた鶏ささみを手で粗く裂いた後、コーンと冷凍玉ねぎ(みじん切り)と加え、共に炒めます。材料をある程度火にかけたら、塩、しょうゆ、砂糖を加え、吹きこぼれ防止に水を大さじ1杯分入れます。野菜が柔らかくなったら完成です。

ここで補足ですが、なんとこのレシピ、トマトはあってもなくても構わないのです!ちなみに、分量はトマト缶一缶分、材料をフライパンに入れるタイミングで入れるといいでしょう。

子供も大好きな冷凍玉ねぎのみじん切りとお麩のハンバーグ

次に紹介する飴色冷凍玉ねぎ活用レシピは、これまた子供から大人にまで人気のハンバーグ。ここでも冷凍した玉ねぎを使いましょう。炒めなくても玉ねぎの風味や食感がなじみ、簡単に美味しいハンバーグに!飴色の冷凍玉ねぎを使えばうま味も倍増です!

作り方

材料は、まず合挽ミンチ200gを用意します。次に、牛乳大さじ2、卵1個、こしょう、ナツメグを適量、油を大さじ1。冷凍玉ねぎみじん切りは大さじ4用意しましょう。残るはパン粉ですが、今回は小さなお麩を10個、すりおろしにして代用しています。

まず、パン粉、またはすりおろしたお麩に、牛乳を加えしっとりさせます。次に、ミンチに塩を入れ、よくこねます。こね終わったら、冷凍玉ねぎみじん切りと卵、こしょう、ナツメグを入れてさらにこねます。

またこね終わったら、キャッチボールをするように空気を抜き、真ん中を凹ませます。その後、油を敷いたフライパンに乗せて強火にかけ、両面に焦げ目をつけます。焦げ目がついたら余分な脂を捨てて水50㏄を入れ、ふたをして中火で5分蒸し焼きにします。中まで火が通ったら、水分を飛ばして完成です。

絶品!食べたらやみつきになる飴色玉ねぎカレー

飴色玉ねぎを活用したもので一番おいしい料理方法と言えば、やはりなんといってもカレー。時短料理と言えば真っ先に出てくるのがこれですが、何気ない時短料理として人気のカレーが驚くほどおいしいカレーに!早速、レシピの公開です!

作り方

材料はにんじん1/2本、ジャガイモが2個、薄切りの牛肉を200g。じゃがいも、人参は一口大に。牛肉も食べやすい大きさに切っておきます。玉ねぎは冷凍飴色玉ねぎをたっぷり使いましょう。カレールーは1/2。水は750ml使います。隠し味にコンソメキューブ1つとしょうゆ小さじ1を用意します。

玉ねぎは例の冷凍飴色玉ねぎをたっぷりと。サラダ油を熱したフライパンにこれらをすべて入れ、牛肉の色が変わるまで炒めます。色が変わったら、水を加えて煮込み、沸騰してきたらアクを取ります。その後、コンソメキューブを入れて弱火で15分フタをして煮込みます。

煮込めたら、いったん火を止めてカレールーを溶かし、再び弱火で10分ほど。カレールーも、違う種類のルーを半分ずつ入れるとおいしいですよ。とろみがつくまで煮込みます。最後に、隠し味のしょうゆ小さじ1を入れれば完成!お子様にも人気の甘い味わいに仕上がりますよ。

冷凍玉ねぎペースト(玉ねぎ氷)を作ってみよう!

じん切りやスライスだけでなく、画期的な冷凍保存方法があります。それが、ペーストにして冷凍すること。ペーストにした玉ねぎを冷凍したものは「玉ねぎ氷」と呼ばれます。早速作って活用してみましょう!

作り方

まず、玉ねぎを十字に切り、火が真ん中まで通るまで少なめの水で茹でます。もしくは、電子レンジで10分加熱しても大丈夫です。火が通ったらミキサーにかけてドロドロにし、製氷皿に入れて凍らせれば完成です!凍らせたら製氷皿から取り出し、ジップロック等に入れて保存しましょう。

おいしさも栄養価も上がる

玉ねぎにはうま味が多く含まれます。混ぜるだけで、玉ねぎの絶妙なうま味や甘みがりょうりをおいしくしてくれます。その味たるや、調味料が必要なくなるほど。糖尿病対策としても一目置かれているのです。他にも、ブラボノールやポリフェノールなど血管を強くする栄養素が豊富に含まれ、健康にもいい影響を与えるでしょう。

ここからは応用レシピを紹介!

料理にポンと混ぜるだけで美味しく幅広い。血糖値を気にする人にも人気の「玉ねぎ氷」こと玉ねぎ冷凍ペースト。今回もおいしく食べられる応用レシピを公開!

具だくさんでお腹も満足!玉ねぎ氷入り根菜スープ

冷凍ペースト玉ねぎの活用方法として恐らく一番相性がいいのはスープ。ということで、最初に紹介するのは根菜スープのレシピです。

作り方

材料は、大根1/4、人参1本。新ゴボウ2本としめじが一袋。それから鶏もも肉が1枚。お好みで絹さやとプチトマトを入れても美味しそうですね。にんじんと大根はサイコロ状に切ります。ゴボウは皮をむき、ささがきしてアクを抜きます。しめじは石づきを取って小房に分け、鶏肉は一口大に切ります。

下ごしらえが終わったら、鍋に水5カップを入れ、沸騰したら下ごしらえした材料を入れます。沸騰したらアクを取り、コンソメ2個、塩コショウ、そして玉ねぎ氷2個(100cc分)を入れて加熱します。30分煮込んだら、塩コショウとしょうゆで味を調えれば完成。絹さやとプチトマトはここで入れます。

スタミナがつく厚揚げとしめじ小松菜の卵とじ

冷凍ペースト玉ねぎ活用方法として次に紹介するレシピが、冷凍ペースト玉ねぎの優しい甘さがおいしい卵とじのレシピです。厚揚げが入ることで食べ応えが増し、スタミナつけたい人には人気が出そうですね。

作り方

材料は、だし汁100ml、しょうゆ小さじ1杯に、絹タイプの厚揚げ1枚、キャベツが2枚、小松菜60g、卵2個。そして、玉ねぎ氷を2個(100cc分)。厚揚げは一口大、キャベツはざく切りにします。小松菜は3cmに切り、しめじは石づきを落として手で細かく裂きます。下ごしらえは以上です。

次に、フライパンにだし汁と玉ねぎ氷を入れて中火にかけ、溶けたら厚揚げ、キャベツ、しめじを入れ、煮立ったら小松菜も加えます。小松菜がしんなりしたらしょうゆを入れ、卵を溶いて回しかけます。ふたをして卵が好みの硬さになるまで火にかければ完成です。2~3分が目安です。

もう一品足したいときにツナの炒り豆腐

冷凍ペースト玉ねぎ活用方法として最後に紹介するレシピは、「もう一品欲しい!」をかなえるお手軽栄養満点な炒め物のレシピ。ツナとコーン、マヨネーズの濃厚な味わいはお子様にも大人気間違いなし!

作り方

材料は、豆腐300g、ツナ缶1缶、卵1個に、冷凍コーン。そして玉ねぎ氷です。味付けには、砂糖、しょうゆ、マヨネーズがそれぞれ大さじ1。豆腐は絹、木綿は問いません。

まず、豆腐と玉ねぎ氷を炒ります。コーンもこのタイミングで入れます。すっかり水分を飛ばしたところでツナを入れ、砂糖、マヨネーズ、しょうゆで味をつけます。卵を溶いて回しかけ、お好みの硬さまで熱したら完成!

注意点として、豆腐と玉ねぎ氷を炒る時には、水分はしっかりと飛ばすようにしましょう。これを怠ると後で水っぽくなってしまいます。ただし、焦げ付かない程度にしましょう。

余った玉ねぎは冷凍保存しよう

簡単、おいしく、幅広い。そんな冷凍玉ねぎの活用方法ができるのではないでしょうか。今回挙げたレシピ以外にも、工夫次第で様々な活用方法が見つけ出せるでしょう。さぁ、あなたも今日から余った玉ねぎは冷凍保存して、自分に合った活用レシピを探してみてはいかがでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧