ホットアイマスクの効果と使い方を紹介!目の下のクマや疲れ目に効く?

ホットアイマスクを使うことによって、色々な効果が期待できます。パソコンやスマートフォンなどの使用で、目が疲れていませんか?クマや目元のたるみで悩んでいませんか?ホットアイマスクの疲れ目やクマへの効果と、効果的な使い方をご紹介します。

ホットアイマスクの効果と使い方を紹介!目の下のクマや疲れ目に効く?

目次

  1. 目の疲れ・クマ対策にはホットアイマスクが効果あり?
  2. 疲れ目・眼精疲労の改善にホットアイマスクが効果的
  3. 目の下のクマの改善に効果的!ホットアイマスクで簡単ケア
  4. ホットアイマスクには快眠効果・リラックス効果もあり
  5. 3種類のホットアイマスクの特徴
  6. 見えるホットアイマスクが人気!マツエクもOK
  7. 基本の使い方!ホットアイマスクを効果的に使う
  8. ホットアイマスクの使い方のポイントと注意点
  9. 自宅でホットアイマスクが作れる!蒸しタオルで目のケア
  10. 疲れ目・クマに効果的なホットアイマスクを利用して快適に

目の疲れ・クマ対策にはホットアイマスクが効果あり?

現代人は目が疲れやすい

私たちの周りには、パソコン・テレビ・スマートフォンといった液晶画面が多く存在します。特に最近は、仕事でもパソコンを使い、プライベートではスマートフォンを常に見るなどと、目を駆使する傾向にあります。

ですが、目のケアが習慣になっている人なんて、なかなかいらっしゃいませんよね?目に疲れが溜まったまま放っておくと、視力低下の原因になったり、まぶたのたるみや、目の下のクマに悩まされるかもしれません。

ホットアイマスクが目の疲れ・クマ対策に効果あり?

そんな現代人におすすめのアイテムが、ホットアイマスクです。ホットアイマスクを使用して、目をじんわりと温めることで、リラックス効果があります。その他にも、目の疲れを癒したり、目の下のクマ対策にも効果があるのだとか。今回は、ホットアイマスクの効果と使い方、使う上での注意点をご紹介します。

疲れ目・眼精疲労の改善にホットアイマスクが効果的

ホットアイマスクには、疲れ目・眼精疲労を和らげる効果があります。パソコン操作などの、近くの物をじっとみるような行為を長時間行っていると、目の筋肉が緊張状態になり、筋肉疲労を起こします。その筋肉の疲労が、目の疲れとして表れている訳です。ホットアイマスクで目元を温めることで、目の筋肉をほぐし、目の疲れを和らげることができます。

眼精疲労を改善する為には、しっかり休養をとること、栄養管理に気をつけることなども大事です。ですが、どうしてもパソコン作業が必要なときなどには、一時的に疲労を和らげるホットアイマスクが効果的です。長時間、目を駆使しないといけないのなら、1時間おきに10分ほど休憩し、ホットアイマスクで目の筋肉の緊張を和らげ、目の疲れ、肩こりなどの対策をしましょう。

目の下のクマの改善に効果的!ホットアイマスクで簡単ケア

目の下にできる厄介なクマは、睡眠不足などによる目の周りの血行不良や、パソコンやスマートフォンなどを長時間見ることで起こる眼精疲労が原因となっています。目の疲れなどから、目の周りの毛細血管が血行不良になります。血行不良になった毛細血管が青くなり、目の下の薄い皮膚から透けて青く見えます。そんな目の下の青クマの改善に、効果的なのがホットアイマスクです。

ホットアイマスクで目元を温めることによって、血流を促進し青クマを改善に導きます。更に、ホットアイマスクで目元を温めたあとに、マッサージをすることで効果を高めることができます。指の腹を使って、下まぶたの目尻から目頭へ、そのまま上まぶたの目頭から目尻に向かって、目の周りを1周するようにマッサージします。目元の血流を良くすることでクマやむくみを改善します。

Thumb目のクマができてしまう原因は?簡単な解消法・ケア方法まとめ!

ホットアイマスクには快眠効果・リラックス効果もあり

私たちの睡眠に大きく関わっている「メラトニン」という睡眠ホルモンがあります。そのメラトニンは、眠りを誘ったり、細胞の新陳代謝を促して老化を防止したりする重要な働きをします。そんなメラトニンの分泌を阻害してしまうのが光です。ホットアイマスクを寝る直前に使用することで、メラトニンの分泌を促し、快眠効果が得ることができます。

ホットアイマスクで目元を温めることで、目の動きを調整している動眼神経(副交感神経)に働きだし、血流の流れが良くなります。すると筋肉がゆるみ、体がリラックスモードに変わるので、寝付きがよくなります。目が疲れたときだけでなく、精神的にも疲れたという日にも効果が期待できそうです。

Thumb夜中に目が覚める意外な原因とは?不眠対策・すぐに眠れる方法まとめ

3種類のホットアイマスクの特徴

楽ちん使い捨てタイプのホットアイマスク

使い捨てタイプのホットアイマスクは、袋から開封するとカイロのように温かくなります。商品にもよりますが、40℃くらいの温かさが約10分間続きます。気持ちまで安らぐ、香りつきのホットアイマスクもあります。使い捨てタイプのメリットは、どこでも使えて、いつでも清潔な状態で使用できることです。デメリットは、使い捨てなのでコストがかかってしまうことです。

繰り返し使えるタイプのホットアイマスク

ホットアイマスクには、繰り返し使えるタイプの商品もあります。ホットアイマスク本体をレンジで、温めてから使用します。加熱時間などは商品によって異なるので、しっかり説明書を確認しましょう。繰り返し使えるタイプは200回ほど繰り返し使用が可能な商品もあるので、一度購入してしまえば、長い間使用することができます。自宅でしか使用しないという方におすすめです。

USB接続タイプのホットアイマスク

ホットアイマスクをUSB電源に繋ぐと温まるタイプです。40℃~45℃のほどよい温度まで上昇します。パソコンに繋いで使用したり、USB-ACアダプターを使用するとコンセントからも電源をとることが可能です。予備バッテリーを持っていれば、飛行機などでも使用できます。ただし、常にアイマスクとコードが繋がっている状態なので、不快に感じない方にはおすすめです。

見えるホットアイマスクが人気!マツエクもOK

何かをしながら使用できる「ほっと見えマスク」

ホットアイマスクを使用している間は、前が見えなくなるので何もできませんよね?ですが、こちらの「ほっと見えマスク」なら、ホットアイマスクに穴が開いているので、何かをしながら使用することができます。これなら、ホットアイマスクをしながら、ついつい寝てしまったということも避けられます。温度は約40℃、発熱時間は約20分の使い捨てタイプのホットアイマスクです。

「ほっと見えマスク」ならマツエクでもOK

マツエクを抑えてはいけないから、ホットアイマスクはできないという方でも、「ほっと見えマスク」なら使用することができます。ただし装着するときは、マツエクに当たってしまわないように注意しましょう。ちなみに、ほっと見えマスクには、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドが配合されているようなので、ながら美容もできてしまう、女性にとって嬉しい商品です。

基本の使い方!ホットアイマスクを効果的に使う

ホットアイマスクを使用するなら夜寝る前に

どうせホットアイマスクを使用するなら、効果的な使い方をしたいですよね。ホットアイマスクを使用する時間帯でおすすめなのは断然夜です。パソコンやスマートフォンなどを使用して、一日頑張った目を、ホットアイマスクでケアして労わってあげましょう。

また、ホットアイマスクを寝る前に使用することで、睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌され、自然な眠気を誘い快眠効果が得られます。質の良い眠りは、疲労回復に繋がりますので、翌朝スッキリ起きることができます。

クマの改善が目的ならマッサージも合わせて

クマの改善が目的で、ホットアイマスクを使用するのであれば、血行を促進させるためのマッサージを合わせることで、より効果が期待できます。クマへの効果でもご紹介しましたが、マッサージは、ホットアイマスクを10分ほど使用した後に行います。目の周りを1周するように、指の腹を使って優しくマッサージします。正しい生活習慣を心がけることも忘れずに。

Thumb目の下のクマの取り方は?簡単に自宅で試せる簡単な方法を紹介!

ホットアイマスクの使い方のポイントと注意点

使い方のポイント:使用時間

ホットアイマスクを使用する際は、10分程度を目安にしましょう。目の疲れを解消するのなら、10分程度が効果的という実験結果があるそうです。また、長い間ホットアイマスクを使用していると、低温やけどのおそれもあるため、使い方には十分注意しましょう。

使い方の注意点:目薬をあわせて使用する場合

疲れ目に効果のある眼薬も販売されています。ですがホットアイマスクと合わせて使用する場合は、注意が必要です。目薬の種類によっては、使用後すぐに目元を温めると、痒みなどが出てしまうおそれがあるようです。目薬の後に、ホットアイマスクを使用する場合は、十分に時間を置くようにしましょう。それでも異常が出てしまった場合には、すぐに医師に見せるようにしましょう。

使い方の注意点:目元に異常があるときは使用しない

目や目のまわりに、疾患、炎症、傷、腫れ、湿疹等の異常が出ている方は、ホットアイマスクを使用しないでください。使い方によっては、症状を悪化させてしまうこともあるので、症状が良くなってから、ホットアイマスクを使用するようにしましょう。自分自身で判断できないような、症状の場合は医師に相談するなどして、安全に使用するようにしましょう。

自宅でホットアイマスクが作れる!蒸しタオルで目のケア

お金をかけない蒸しタオルの作り方

ホットアイマスクにお金をかけたくない方は、自宅でも簡単にできる蒸しタオルがおすすめです。まずは、ハンドタオルを水で濡らして、よく絞りましょう。そのタオルをお皿に載せてラップをし、電子レンジで温めます。目安は500Wで1分程度です。温度を確認しながら、温める時間を調節しましょう。

蒸しタオルホットアイマスクの使い方

蒸しタオルがほどよい温かさになったのを確認してから使用しましょう。電子レンジで温めると、加熱ムラが出ることがありますので、やけどには十分注意が必要です。適切な温度の蒸しタオルを目元に載せます。そのままだとすぐに冷めてしまうので、上に乾いたタオルをのせたり、ラップで包んだりして工夫すると、温かさが長持ちします。

疲れ目・クマに効果的なホットアイマスクを利用して快適に

ホットアイマスクは、目元を温めるだけでなく、疲れをとったり、クマの改善のサポート、快眠効果があることが分かりました。ホットアイマスクを使用する際には、使い方に注意して目元のケアを行いましょう。ホットアイマスクを利用して、疲れ知らずな快適な毎日を送りましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-14 時点

新着一覧