LINEプリペイドカードとは何?チャージ方法や使い方・注意点はある?

コンビニなどに置いてありLINEの有料サービス決算で役立つLINEクレジットをチャージできるLINEプリペイドカードですが使い方がわからないという人も多いはず。そこで今回はそんなプリペイドカードの使い方、チャージの仕方などを徹底的に解説します!

LINEプリペイドカードとは何?チャージ方法や使い方・注意点はある?

目次

  1. 子どもから大人までが使い方を知っているLINE
  2. 専用クレジットがあるのを知ってる?
  3. LINE内には似たアイテムが多いから気を付けて!
  4. クレジットは様々な方法でチャージができる!
  5. LINEプリペイドカードでのチャージのメリットを解説
  6. どこに行けばプリペイドカードが購入できるの?
  7. 使用金額にあったプリペイドカードを購入しよう!
  8. 実際にチャージしてみよう・プリペイドカードの使い方の解説!
  9. チャージしたクレジットの使い道を解説
  10. スタンプ購入する方法を解説
  11. コインやルビーを買う方法を解説
  12. プリペイドカードはプレゼントするという使い方もできる
  13. 使い方によってはチャージにはデメリットも...
  14. 強くおすすめしないがLINEプリペイドカードを安く購入する方法
  15. LINEプリペイドカードを数百円分だけ買う方法
  16. プリペイドカードを使った詐欺に注意
  17. 滅多にないが不具合に注意!
  18. 今後は新しい使い方が生まれるかも!
  19. LINEプリペイドカードを使わないでスタンプやルビーを買う
  20. どんどん便利になるLINE

子どもから大人までが使い方を知っているLINE

今やLINEの使い方が分からないなんて人を探す方が難しい

「LINEってなに?」なんて解説は不要なほど、今やLINEは人々の生活に密着しています。あるデータによると10~50代の1920人にアンケート調査を行なったところ90.3%がLINEを使用しているという結果が出ています。もし通信障害で丸一日LINEが使えないないなんてトラブルが起ると、人々の生活に支障が出るレベルでLINEは生活に欠かせないアプリになっています。

群雄割拠を生き残った王様アプリ

LINEは2011年に初めてリリースされたアプリで、当初はメールと同じように文字ベースのメッセージのやり取りしかできないアプリでした。同時代にはカカオトークやCommといった同種の機能を有するアプリケーションが多数存在していましたが、LINEはその中を生き残り現在では国内でシェアトップを誇るメッセージアプリになっています。

LINEがここまで生き残りシェアを伸ばしたのは、文字でのメッセージだけではなく音声通話やスタンプを使えるようにしたり、ゲームアプリとの連携したりするなど、その進化を止めない姿勢があったからでしょう。一部では「セキュリティに問題が」なんてことも言われてはいますが、やはりアプリを常にブラッシュアップして行く姿勢には目を見張るものがあります。

専用クレジットがあるのを知ってる?

LINEクレジットって知ってる?

今やメッセージアプリ以外にも、いろんなサービスを展開しているLINEですが、そんなLINEで使えるのが「LINEクレジット」というものです。このLINEクレジットをみなさんは知っていましたか?LINEクレジットは簡単に言えばLINEストアの中で使える仮想通貨のことです。

このLINE内で使える仮想通貨を購入・チャージすることで、LINEストアでスタンプやゲーム・漫画アプリなどで使えるルビー・コインを簡単に購入できるようになります。LINEのスタンプを購入したり、ゲームで課金することが頻繁に行う人にとっては心強い味方です。

LINE内には似たアイテムが多いから気を付けて!

大事な注意点!LINEクレジットとコインは別物で使い方も違う!

上でLINEクレジットはLINEアプリ内で使えるコインなどを購入できると書きましたが、実はこのLINEで使えるコインとLINEクレジットの違いをよくわかっていない人がいます。LINEクレジットは上で書いた通りチャージすることで、スタンプやコインを購入することができる仮装通貨です。言うなればLINE内で扱っているサービス全般に使える共通通貨みたいなものです。

反対にLINEコインは各アプリケーション内でしか使えない限定的なアイテムです。漫画コインはLINEマンガでしか使えず、スタンプショップのコインはスタンプショップでしか使えません。LINEクレジットがLINE世界での共通通貨ならばLINEコインは、円やドルのように各国でしか使えない限定通貨のようなものです。

違いや使い方がわかっていないとトラブルを招く

上記の解説にある違いや注意点を理解していないと思わぬトラブルを招くことがあります。例えばスタンプショップのコインがたくさんあるので、ネット上のLINEストアでスタンプを買おうとしたけれど買えなかった!ということや、反対にスタンプショップでスタンプを買いたくてLINEクレジットをチャージしたのにコインが増えていない!ということが起こってしまうのです。

アプリ内のコインはLINEクレジットに変換できませんし、LINEクレジットはチャージした後にLINEコインに変換しなければ各アプリケーション内で使うことはできません。またLINEコインやLINEクレジットを一度、購入したりチャージすると返金はされないのでその辺りも注意点です。特にゲームコインは大量に購入したのにゲームに飽きちゃった!なんてことも珍しくありません。

クレジットは様々な方法でチャージができる!

LINEクレジットにはいくつかのチャージ方法がある

さて、そんなLINE内で使える共通通貨とも言えるLINEクレジットですが、チャージにはいくつかの方法があります。一つ目はクレジットカード・LINE Payでのチャージ方法、二つ目は携帯電話会社が提供する決済サービス(ドコモ払いなど)でのチャージ方法、三つ目はWEBマネーでのチャージ、そして最後がLINEプリペイドカードでのチャージ方法です。

基本的にどのチャージ方法でもLINEクレジットの単価は変わらず、1円=1クレジットでチャージされますので自分の都合にあった方法でチャージするといいでしょう。ただ中高生やクレジットカードを持っていな人や、自分以外の家族が電話の料金を支払っているという人は自ずとチャージ方法が限られてきます。そんな人におすすめなのがLINEプリペイドカードでのチャージです。

LINEプリペイドカードでのチャージのメリットを解説

買った金額分だけチャージするという使い方で仕組みが簡単!

LINEプリペイドカードでのチャージは店頭やネットでプリペイドカードをあらかじめ購入して、購入したカードの金額に応じてLINEクレジットをチャージするという仕組みです。現金でカードを買って、その金額分クレジットをチャージするだけなのでクレジットカードはいりませんし、家族が支払ってくれている電話料金に合算されて迷惑をかける心配もありません。

購入したプリペイドカード分しかLINEクレジットにチャージできないので使いすぎるという心配がないというのも利点です。またクレジットカードでのチャージのように明細記録が家族に行かないので「今月こんなに使ったの!」というお叱りを受けることも少なくなります。

どこに行けばプリペイドカードが購入できるの?

LINEプリペイドカードはどこで購入できるの?

クレジットカードがない人にとって便利なアイテムLINEプリペイドカードですが、ここではどこで購入ができるのかを解説していきたいと思います。LINEプリペイドカードは現在、大手コンビニ、家電量販店、大学生協やイトーヨーカドー、イオンなどのスーパー、ゲオなど購入することが可能です。

店舗によってLINEプリペイドカードの置いてある場所は違いますが、多くの場合はiTunesカードやアマゾンギフトカードのラックに置いてあるケースがほとんどです。その中から自分の欲しい金額にあったカードを選んで購入しましょう。ちなみにLINEプリペイドカードなどのプリペイドカード商品はレジで決済を完了しないとチャージなどができない仕組みになっています。

ですから何らかの形でレジでの決済が上手く行っていないとカードを購入してもチャージできないので注意が必要です。まあ普通に買う分にはほとんどそのようなケースはありませんが、セルフレジ支払いのコンビニなどでは意図的ではないしても支払いのミスが時折あるので注意点として覚えておきましょう。

使用金額にあったプリペイドカードを購入しよう!

LINEクレジットにチャージできるLINEプリペイドカードの種類

現在販売されているLINEプリペイドカードは1000円、3000円、5000円の三種類です。1円=1LINEクレジットなので1000円のカードを購入すれば、1000円分のLINEクレジットをチャージすることできることになります。

多くのコンビニ、スーパーではプリペイドカードの三種類がすべて取り扱われていますが、一部店舗によっては1000円のプリペイドカードしかないなどのケースもあるので注意点として記憶しておいてください。

また当然といえば当然なのですが、プリペイドカードの販売価格はチャージできる金額とイコールになっています。つまり5000円分のLINEクレジットがチャージができるプリペイドカードは5000円で売られているわけです。ただ後述しますが一部ではLINEプリペイドカードの表示価格と購入価格が異なる場合もあることを覚えておいてください。

それでは次からはLINEプリペイドカードを使ってLINEクレジットをチャージするための方法、使い方を解説していこうと思います!

実際にチャージしてみよう・プリペイドカードの使い方の解説!

使い方解説①LINEプリペイドカードを用意&注意点

まずは自分がチャージしたい金額のLINEプリペイドカードを用意しましょう。そして裏面にあるPINコードの欄を爪やコインで優しく削ってください。するとLINEクレジットにチャージする際に必要となる数字が出てきます。この時の注意点としては強くコード欄を擦りすぎ、下の数字まで削ってしまわないことです。一度数字が判読不能になるとどうしようもないので注意しましょう。

また最初に言っているようにLINEプリペイドカードはLINEクレジットをチャージするためのカードであり、LINEクレジットはLINEストアで使うための仮想通貨です。そのためLINEクレジットをチャージする際にはまずLINEストアにアクセスする必要があります。

LINEのスタンプショップなどからLINEクレジットをチャージすることはできませんし、LINEプリペイドカードをつかってゲーム内のアイテム・ルビー・コインをチャージすることもできないので注意点として覚えておいてください。

使い方解説②LINEストアにアクセスしてコード入力でチャージ(スマホ編)

それではまずスマホで実際にチャージするまでの流れを説明して行きたいと思います。最初にSafariやChromeなどブラウザーアプリを使ってLINEストアにアクセスしてください。するとLINEストアトップ画面左上に3本線のマークがあるのが確認できると思います。その三本線をタップするとログインという項目が出てきますから、指示に従ってログインしてください。

ログイン後、先ほどを同じ左上三本線をタップする、自分のアカウント名が表示されているのでそこをもう一度タップしてください。すると「チャージ履歴」という項目が出てくるのでそこをさらにタップします。そこでチャージするといった文字が出てくるのでタップし、チャージ方法の中からLINEプリペイドカードを選択肢しましょう。

LINEプリペイドカードでのチャージを選ぶとPINコードの入力が求められるので、ここで先ほど削ったプリペイドカードの裏面に記載されたコードを入力しましょう。PINコードを入力するとプリペイドカードの金額に応じたLINEクレジットがチャージされて終了となります。

使い方解説③LINEストアにアクセスしてコード入力でチャージ(パソコン編)

パソコンでのチャージ方法も基本的にはスマートフォンの場合と大きな違いはありません。まずはブラウザーでLINEストアにアクセスします。そしてLINEストアのトップ画面の右上にあるログインをクリックしてIDとパスワードを入力をしてください。

ログイン後、左下にあるチャージするをクリックすると、ポップアップでチャージ方法の選択が出るので、その中からLINEプリペイドカードを選択してPINコードを入力しチャージしてください。

チャージしたクレジットの使い道を解説

LINEプリペイドカードでチャージしたクレジットの使い道を解説

チャージたLINEクレジットの使い道に関してはこれまでいくつか触れてきましたが、ここでは実際にどんなことにLINEクレジットが使えるのかを箇条書きで解説していきたいと思います。

使い方①LINEストアでのLINEスタンプ、着せ替えアイテムの購入。使い方②ツムツムを初めとした各ゲームで使えるコインやルビーの購入。使い方③LINEマンガのコイン購入。使い方④LINE占いのコイン購入。使い方⑤LINE OUTのプラン料金支払い。使い方⑥LINEプレイのCASH購入。使い方⑦LINE MUSICの月学料金の支払い。

2018年3月現在では上記7つの使い方がありますが、今後LINEが新しいサービスを提供した際は、またLINEクレジットが使えるシチュエーションが増えるかもしれません。

スタンプ購入する方法を解説

チャージしたLINEクレジットの使い方-スタンプを購入する

LINEプリペイドカードを使用してLINEクレジットをチャージしても使い方がわからなければ宝の持ち腐れです。そこで今回はLINEクレジットの使い方の中から、まずスタンプの購入する方法を解説しようと思います。

スタンプを購入するためには、まずLINEショップでLINEクレジットをチャージします。その後スマホなら左上の三本線をタップして買うの項目の中から公式スタンプかクリエーターズスタンプをタップしましょう(パソコンならそのまま買うの項目からスタンプを選んでください)。

欲しいスタンプをショップの中から選んだら購入する、もしくはプレゼントするを選んでください。すると支払い選択が求められますので、一番上にあるLINEクレジットを選択して決済を完了してください。もしクレジットが足りなかった場合はここの段階でチャージするか聞かれるの、ここでもチャージすることも可能です。

ThumbLINEの有料スタンプを購入する方法は?支払いの仕方などまとめ

コインやルビーを買う方法を解説

チャージしたLINEクレジットの使い方-コイン・ルビーを購入する

ツムツムなどの各アプリケーションで使えるコインの購入方法は基本的にはスタンプの時と同じです。スマホならストアの左上にある三本線をタップしてゲームを選びます。その中から自分がしているゲームを選択して、購入したいコイン・ルビーの数を選びましょう。後はLINEクレジットで決済して終了です。

ただ一つ注意点として覚えて置いて欲しいのは、ルビーやコインを購入する際は、各アプリケーションに自分のLINE IDでログインしている必要があるということです。ゲストIDなどでゲームをしているとコインやルビーは購入できないので注意してください。

プリペイドカードはプレゼントするという使い方もできる

LINEプリペイドカードは手頃なプレゼントアイテム

これまでLINEプリペイドカードのチャージの仕方とLINEクレジットの使い方をご紹介してきましたが、LINEプリペードは友人や知人にプレゼントするアイテムとしても最適です。ある調査では親友とは呼ばないくらいの友人や知人へのプレゼントの平均的の予算は1000〜3000円程度だという結果が出ています。

いくつもの店を回って予算に合ったプレゼントを選ぶのもいいかもしれませんが、それほど親しくない間柄だと好みもわかりませんので、こういったプリペイドカードをプレゼントして相手に自分の好きなものを選んでもらうのも手かもしれません。

クレジットをチャージしてスタンプをプレゼントするという使い方もできる

プリペイドカード自体のプレゼントは少し味気ないという人はLINEクレジットをチャージして、スタンプなどをプレゼントすることも可能です。「LINEクレジットでスタンプを購入する方法」で少し書いた通り、LINEストアではスタンプをプレゼントすることもできます。スタンプは平均的240円程度で、これを数個選んで送れば丁度良い感じのプレゼントになります。

下手なものをプレゼントして失敗してしまうよりは、これくらいの軽い感じのアイテムの方が相手に気を使わせなく良いかもしれません。スタンプはあって困ることのないアイテムですから。

ThumbLINEスタンプをプレゼントする方法・仕方!友達にあげるにはどうする?

使い方によってはチャージにはデメリットも...

LINEクレジットをチャージしなければよかった...

さてLINEクレジットをチャージする際に便利なアイテムとしてご紹介してきたLINEプリペードですが、実はいくつかのデメリット、注意点も存在しています。LINEプリペイドカードでチャージする際には以下の注意点を踏まえてチャージしましょう。

デメリット①最低チャージ金額が高い

デメリットとしてまず真っ先に挙げられるはLINEプリペイドカードは数百円単位でのチャージができないということです。ただ120円のスタンプが欲しいだけなのにLINEプリペイドカードだと最低でも1000円のカードを購入しなければなりません。しかも1000円、3000円、5000円単位でチャージする形になるので切りよくクレジットが使い切れない場合もあります。

デメリット②チャージしたクレジットは返金できない

「LINEクレジットとLINEコインは違う?」の項目でも書いた通り、LINEクレジットに一度チャージしたお金は現金には返金されません。LINEクレジットは基本的にLINEが提供するサービスの中でしか使用できない仮想通貨です。ですから無計画にチャージしてしまうと、LINEクレジットはあるのに現金がない!ということになりかねないのでチャージする際は細心の注意が必要です。

デメリット③LINEプリペイドカードには有効期限がある

注意点として覚えていて欲しいのですが、LINEプリペイドカードには購入から一年以内しか使用できないという欠点があります。通常の使い方ならばさして問題とはなりませんが、もしプリペイドカードを購入したことを忘れていたり、人から貰った際にすぐに使わなかったりするとプリペイドカードがただの紙切れになってしまうので注意しましょう。

強くおすすめしないがLINEプリペイドカードを安く購入する方法

一応は安く買える

別項目でも少し書きましたが、LINEプリペイドカードを表示価格よりも安く購入する方法があります。それはYahoo!などのオークションサイトで出品されているプリペイドカードを購入するという方法です。オークションサイトでは時折1000円のプリペイドカードが720円などで売っていることがあり、時期やタイミングが合えば通常よりも安くカードが手に入ります。

しかしこの方法にはいくつかの注意点があり、オークションには当然のように詐欺などのリスクもあったり、カード自体は安い値段で落札できても送料がかかって結果的に高くなるという問題もあります。またレジを通していない盗品や、期限が切れたカードなどが販売されていることもあるのでその点も注意が必要です。当然それらのカードは購入しても使えません。

LINEプリペイドカードを数百円分だけ買う方法

共同購入で一人当たりの単価を下げる

LINEプリペイドカードを安く購入する方法で一番、現実的かつ注意点も少ないのが複数の人間でLINEプリペイドカードを購入するという方法です。例えば1000円のプリペイドカードを二人で500円ずつ出して購入します。

購入後、どちらか一人のアカウントにチャージして、そのクレジットでスタンプなどのアイテムを共同購入者に500円分プレゼントすれば実質的に1000円が最低購入金額のLINEプリペイドカードを500円分だけ購入したことになります。友達同士なのでリスクもありません。ただ端数が割り切れないこともあるのでその点は注意しましょう。

プリペイドカードを使った詐欺に注意

最近では被害は減ってきたが...

一昔前にはなりますがLINEプリペイドカードやWeb Mony、iTunesカードに関連した詐欺が流行りました。LINEで急に知人もしくは知らない人から「〇〇カードを購入して」というメッセージがきてそれに応じるとアカウントを乗っ取られたり、お金を騙し取られるという事件を聞いたことがある人も多いでしょう。

現在はLINEのセキュリティーのレベルも上がってきているのでこういった事案も少なくはなってきていますが、知らないアカウントはもちろん知人のアカウントであっても不審な要求には応じないことが大切です。

滅多にないが不具合に注意!

レアケースだがプリペイドカードでのチャージに関する不具合の報告も

せっかく購入したLINEプリペイドカードですが何らかの不具合が原因でPINコードを入力してもチャージできない場合やチャージされているはずなのにLINEクレジットの表示金額に変動がない場合があります。その際は速やかにLINEに報告しましょう。

報告はLINEを起動して設定を開き、ヘルプをタップ、その中から「サービス一般を選び問題が発生している場合」を選択し、その後表示される問い合わせフォームから行うことができます。ただここでの注意点としては正規の販売店で購入したLINEプリペイドカード以外は問題が起こっても対処してくれない可能性があるということです。この点はしっかりと認識しておきましょう。

今後は新しい使い方が生まれるかも!

LINEクレジットとLINEプリペイドカードの未来

最初に書いた通りLINEはリリース以来、目まぐるしく進化してきました。その進化は今やメッセージアプリやSNS、ゲームとしての機能に止まらず、音楽ストア、ショッピングサイト、デリバリーの予約サイトの運営まで行なっています。

この先、進化していけばより生活に密接した機能がLINEの機能に追加される可能性があります。そうなった時LINEクレジットが使えるシチュエーションも増えることになるでしょうから、今後LINEプリペイドカードが活躍する機会も増えていくかもしれません。

特に電気やガスといった生活インフラは昨今、携帯電話に関わる事業者が新規参入してきている分野ですから、時代が進めば「LINEクレジットで電気代を支払う」なんてこともできるかもしれません。また一般のショップでもLINEクレジットが使えるようにもなるかもしれません。

LINEプリペイドカードを使わないでスタンプやルビーを買う

チャージとか面倒くさいしアプリで直接買いたい

LINEストアでのコインやスタンプを購入するときはいちいちLINEクレジットをチャージしなくてはいけないですし、チャージしたクレジットはLINEでしか使えません。それを不便に思う人におすすめなのはiTunesカードやGoogle playカードを使ってアカウントに直接お金をチャージする方法です。

この方法で自分のアカウントに電子マネーをチャージしておけばLINEのアプリ内でスタンプ買ったり、ルビー、コインを購入することができるようになります。またiTunesやGoogleのクレジットならば他のアプリにも課金できるというメリットがあるのも魅力です。

どんどん便利になるLINE

LINEプリペイドカードの使い方を覚えて快適LINEライフを!

LINEプリペイドカードに関しての記事はいかがだってでしょうか?クレジットカードを持っていない中高生には便利なアイテムだったのではないでしょうか?LINEプリペイドカードやLINEクレジットには便利な点もあれば不便な点もありますが、今後LINEのサービスが広がっていけば、より重要な役割を果たしていく可能性あります。これらのLINEに期待していきたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-15 時点

新着一覧