朝が弱い人必見!起きられない原因やスッキリ目覚める対策法を伝授

皆さん寝起きは良い方ですか?中には朝に弱くてなかなかスイッチが入らない人もいます。今回特集するのは、そんな朝が弱い人についてです。朝が弱い人の特徴や原因、さらには朝をスッキリ目覚めれる対策などたっぷりご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。

朝が弱い人必見!起きられない原因やスッキリ目覚める対策法を伝授

目次

  1. 朝に弱い人必見!原因や対策を徹底解剖!
  2. 朝に弱い人には特徴がある?
  3. 原因が知りたい!朝が弱いのは何故?
  4. 朝が弱い人とはココが違う!朝が得意な人の特徴は?
  5. 知っておきたい!良質な睡眠とは何?
  6. 弱いよりも朝が強い方が良いメリットって?
  7. 朝型人間になりたい!朝に弱い人が出来る寝る前の対策とは?
  8. 朝が弱い人におすすめ!朝起きる時の対策とは?
  9. 眠っていた脳をスッキリさせる朝のコツは?
  10. 弱いなんて言わせない!朝の時間を有効活用しよう!

朝に弱い人必見!原因や対策を徹底解剖!

今回特集するのは、「朝が弱い人」です。目覚ましをかけてもなかなか起きれない、疲れが取れてない、二度寝してしまうなど朝が弱い人は増えています。必ずその裏には、原因と結果が隠されているものです。そこで、ここでは朝が弱い人の特徴や原因、最後には対策をご紹介していきたいと思います。

朝に弱い人には特徴がある?

最初にご紹介してくのは、朝に弱い人の特徴です。○○な人には色々ありますが、それぞれに特徴があります。始めは、その特徴をチェックするところから始めていきましょう。

特徴①なかなか寝付けない

朝が弱い人の1つめの特徴は、ベッドに入ってもなかなか寝付けないことです。なかなか寝付けないので、スマホをいじってみたり、夜遅くまで起きていることもあり、朝が起きれずにいることが多いようです。

特徴②睡眠時間がバラバラ

朝が弱い人の2つめの特徴は、睡眠時間がバラバラになっていることにあります。夜寝るのは、1時過ぎでたまに遅くまで起きていたりすることもあるのではないでしょうか?そのため、体内リズムが乱れてしまってなかなか眠りにつけない場合があります。

特徴③生活リズムが乱れている

朝が弱い人の3つめの特徴は、生活リズムが乱れていることです。仕事などが忙しくてゆっくりする時間を取れていなかったり、仕事から帰るのが遅くて十分な睡眠が取れていない場合も考えられます。

原因が知りたい!朝が弱いのは何故?

先ほどは朝が弱い人の特徴を見てきましたが、続いては、朝が弱い人が朝が弱くなってしまう原因をいくつかピックアップしてご紹介していきましょう。あなたが「コレだ!」と思う原因はあるでしょうか?

原因①ストレス

朝が弱い人の1つめの原因として考えられるのは、「ストレス」です。悩みや心配事もストレスになります。実は、ストレスを感じている時、人間はアドレナリンを出しています。そのため、アドレナリンの覚醒作用で目が冴えてなかなか眠れないということになってしまうようです。

原因②低血圧

朝が弱い人の2つめの原因は、「低血圧」です。低血圧とは、心臓から血液を送り出す力が他の人よりも弱いことを指します。そのため、朝起きても本調子が出なかったり、身体が重くてなかなか行動が出来なかったりします。

原因③貧血気味

朝が弱い人の3つめの原因は、「貧血気味」という点にあります。貧血とは、血液が薄くなってしまう状態です。これにより突然倒れてしまったり、めまいを生じたりします。そんな貧血気味の人も朝が弱い傾向にあります。鉄分が不足していることで酵素の働きが悪くなり、やる気の元になる成分が分泌されにくくなるからだそうです。

朝が弱い人とはココが違う!朝が得意な人の特徴は?

ここで疑問に思うことがあります。朝が得意な人と朝が弱い人の特徴にはどんな違いがあるかです。そこで、朝が得意な人にはどんな共通点があるのでしょうか?朝をスッキリと迎えられる朝型人間の人の特徴をピックアップしていきます。

特徴①規則正しい生活を意識している

朝が得意な人の特徴の1つめは、規則正しい生活を意識していることです。しっかりとした睡眠を取ったり、食生活に気を遣ったりしている人が多くいます。この規則正しい生活により、リズムが崩れることがないので健康的に過ごすことが出来ます。

特徴②行動派で意志が強い

朝が得意な人の3つめの特徴は、行動派で自分の意志が強い所にあります。一度これと決めたことは、意志がぶれずに成し遂げられる特徴を持っています。行動派な面も助けて、1日の活動時間を早くとって時間を有効活用しようとします。

知っておきたい!良質な睡眠とは何?

朝が得意な人は、ただ維持で朝起きているわけではありません。これには、睡眠の質が関わっていることがあります。良質な睡眠を取ることで、身体の疲れが和らいだり、朝スッキリ目覚めれることがあります。

良質な睡眠とは?

私たちの睡眠は、浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を繰り返しながら成り立っています。良質な睡眠を摂りたい時は、遅くても12時までに眠ることがおすすめです。さらには、人によって良い睡眠時間は異なるので、自分がどれくらいの時間寝るとスッキリ出来るのかを知ることも1つのポイントです。

Thumb睡眠の質を上げる10個の方法!睡眠が足りてるのにすっきりしない時におすすめ!

弱いよりも朝が強い方が良いメリットって?

続いては、朝が弱いよりも強い方が良いと言われているメリットについて触れていきます。朝型人間になることのメリットはどこにあるのでしょうか?一緒に考えながらチェックしていきましょう。

メリット①時間を効率よく使える

朝が得意になるメリットの1つめは、時間を効率よく活用出来ることです。朝早く起きることで1日の時間が少し長くなります。その分、今まで時間がなくて出来なかったことや自分の時間をとってゆっくり過ごすことが出来ます。

メリット②健康的になる

朝が得意になるメリットの2つめは、健康的になるということです。1日3食をきっちり食べることが出来たり、仕事から帰って来てからは、お風呂に入ってゆったりと自分の時間を過ごすことが出来るので、心身ともに良い方向へと導いてくれます。

メリット③行動がスムーズになる

朝が得意になる3つめのメリットは、朝の行動がスムーズになるところです。朝の時間帯は、パワフルな人が多くて活発的です。睡眠を摂った身体は、リセットがされていてエネルギーに満ちています。そういう時間帯に取る行動は、少し違った雰囲気を感じます。

朝型人間になりたい!朝に弱い人が出来る寝る前の対策とは?

次は、朝に弱い人が朝に強くなるための対策方法です。朝が弱くて苦手だった人が、スッキリ目覚めるためにはどうしたらいいのでしょうか?まずは、寝る前におすすめの対策をお届けします。

対策①お風呂に入る

朝が得意になるための1つめの対策は、お風呂にきっちりつかることです。最近は、シャワーで済ませてしまう人も多くいますが、湯船に浸かることで、身体の奥からジワジワと温かくなって基礎代謝をあげてくれる効果があると言われています。

対策②スマホをやめる

朝が強くなるための2つめの対策は、寝る前のスマホやパソコンを控えることです。寝る前にスマホを見ていると睡眠障害を引き起こす可能性があるといわれています。スマホから出ているブルーライトが原因で、私たちの脳が覚醒してしまい、寝付けなくなるので、就寝の2時間前にはスマホを使わないようにしましょう。

対策③睡眠に良い飲み物を飲む

朝が得意になるための3つめの対策は、寝る前に睡眠に効果のある飲み物を飲むことです。代表的なホットドリンクにココアがあります。ココアに含まれる成分の「デオブロミン」が血管を拡張して血行を良くしてくれる効果があります。さらに、リラックス効果も期待出来るため、寝る前に飲むとおすすめです。

朝が弱い人におすすめ!朝起きる時の対策とは?

先ほどは、朝が弱に人の寝る前の対策をご紹介してきました。次にご紹介するのは、朝起きてからの対策方法です。朝起きる時は、どんな対策をすると良いのでしょうか?

対策①目覚まし時計を遠くに置く

1つめの対策方法は、目覚ましを遠くに置いたり、スヌーズ機能を使って何度も鳴らすことです。しかし、朝が弱い人はそのまま二度寝をしてしまう傾向にあるため、目覚ましを遠くの置くことで起きざる終えない状況に導いてくれます。

対策②コップ一杯の水を飲む

2つめの朝が弱い人の対策方法は、朝起きたらコップ一杯の水を飲むことです。朝コップ一杯の水を飲むことで、寝ている時に不足してしまった水分を補給すると共に、休んでいた内臓の機能を活発にしてくれる効果があります。

対策③生活リズムを見直してみる

3つめの朝が弱い人のための対策方法は、生活リズムを見直してみるということです。生活リズムが乱れていると疲れが取れず、朝が弱くなってしまいます。そのため、決まった時間に寝たり、食べ物やお風呂での過ごし方などを見なすことで生活のリズムが整ってくるとされています。

Thumb生活リズムの改善方法7選!乱れを整える!睡眠不足の解消テクニックとは?

眠っていた脳をスッキリさせる朝のコツは?

最後にご紹介するのは、朝の起きたての脳をスッキリさせるためのコツです。先ほどご紹介した対策以外にも朝の目覚めをスッキリさせてくれるコツがあります。それをいくつかご紹介します。

コツ①歯磨きをする

朝をスッキリ目覚めるための1つめのコツは、朝起きたら歯磨きをすることです。歯磨きをしようと思うと手の動きがありますし、歯ブラシや歯磨き粉の刺激により、少しずつ身体が起こしてくれると言われています。

コツ②40度以下のシャワーを浴びる

朝をスッキリ目覚めるための2つめのコツは、朝起きたら40度以下のシャワーを浴びることです。シャワーを浴びることで、血圧などが刺激されて、交感神経が反応しやすくなるそうです。朝40度以下のシャワーを浴びることであたまがスッキリするのでおすすめです。

コツ③ゆとりのある時は二度寝を許す

朝をスッキリ目覚めるための3つめのコツは、朝が弱い自分や二度寝を許すことです。私たちは「二度寝」=「ダメなこと」と自分で自分を罰していまいがちですが、二度寝にも質の良い二度寝があります。質の良い二度寝は、脳内でアルファ波が分泌されているため、二度寝から起きた時はスッキリしていることもあるそうです。

弱いなんて言わせない!朝の時間を有効活用しよう!

朝が弱い人は、それが習慣になってしまているのでどうしても起きられなかったりします。朝が強くなりたいと思って対策をしても最初は出来なかったりすることもあると思います。そんな時でも自分を責めずに少しずつ変えていくようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2023-02-08 時点

新着一覧