朝のコーヒーは健康にいい?美肌など効果的な飲み方や注意点も調査

コーヒーは好きですか?朝には一杯のコーヒーを欠かせないという女性も増えてきました。正しい飲み方をすればコーヒーは美肌にも健康にも良い飲み物であることが最近の研究ではわかっています。さらに効果的なコーヒーの飲み方を知って、朝のコーヒーを楽しみましょう!

朝のコーヒーは健康にいい?美肌など効果的な飲み方や注意点も調査

目次

  1. 一日の始まりは朝のコーヒーから?
  2. 朝のコーヒーはやめられない!コーヒーに期待できる健康効果とは
  3. 健康効果だけじゃない!朝のコーヒーの美肌効果:クロロゲン酸
  4. カフェインにも美肌効果があった!朝のコーヒー
  5. 朝のコーヒーにはダイエット効果も?
  6. 朝だけじゃない!そのほかにもあるコーヒーのダイエット効果とは?
  7. 朝食後だけじゃない!美容効果を引き出すコーヒーの飲み方
  8. コーヒーのデメリットとは?
  9. あなたは朝から飲む派?コーヒーの適量とは?
  10. 朝のコーヒー飲み方の注意点とは
  11. 淹れ方にも注意点があった!朝のコーヒー
  12. その他にもあった!朝のコーヒー飲み方の注意点とは!
  13. 朝食は食べない人へのおすすめ!コーヒーと一緒に取りたい物とは?
  14. 朝のコーヒーはガマン!それでもうれしいコーヒー効果
  15. まとめ:朝からのコーヒーで健康的な生活を!

一日の始まりは朝のコーヒーから?

コーヒーは好きですか?好きな人にとって、コーヒーの香りは高いリラックス効果もありますよね。朝から部屋中にドリップコーヒーのいい香りが漂うだけで幸せ!という人もいるのではないでしょうか。

胃や体に悪い飲み物の代表のように言われた時代もあったコーヒーですが、最近の研究ではコーヒーにはいろいろな健康効果があることも分かっています。

様々な健康効果が証明されているコーヒーですが、飲み方によっては時として害になることも。せっかくコーヒーを飲むのですから、注意点に気をつけて、より健康や美容にもいい飲み方をしましょう。注意点を知って正しいタイミングや飲み方をすれば、コーヒーはあなたの健康や美容にとって、とても強い味方になってくれるんです。

Thumbコーヒーの種類や特徴を徹底比較!世界中の豆の違いや選び方について調査

朝のコーヒーはやめられない!コーヒーに期待できる健康効果とは

アメリカの大学で30年以上かけて行われた研究で、コーヒーには驚くべき健康効果があることが分かったそうです。一日1~5杯のコーヒーを飲む人はあらゆる病気のリスクが低く、コーヒーを飲む人のほうが長寿の傾向にあるそうです。

特に心疾患や脳卒中、神経疾患、さらには糖尿病や癌のリスク回避にも一定の効果が見られ、朝からコーヒーを飲む人は飲まない人に比べて、なんと自殺率まで低いのだそうです。コーヒー効果はすごいですね!

コーヒーが体にいい理由は抗酸化作用にあります。酸化というのは簡単にいえば錆びついてしまう事です。人間の細胞は古くなって老化してくると酸化が起こって錆びついてしまうのですが、コーヒーの抗酸化作用が、この細胞の酸化を防いでくれる事が期待できるそうです。その結果、コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて細胞の酸化度合いが低く、長寿の傾向にあるという事なんです。

健康効果だけじゃない!朝のコーヒーの美肌効果:クロロゲン酸

抗酸化作用ときくと、美容に関心のある女性ならピンとくるかもしれません。コーヒーには美肌作用もあるんです!

コーヒーの匂いや色の元となっている成分はクロロゲン酸というポリフェノールでコーヒー豆中に5~10%含まれます。ポリフェノールといえば赤ワインに含まれている事で有名な成分ですが、コーヒーにも含まれているようです。その美容効果に期待して、ポリフェノール入りのチョコレートなども販売されています。

クロロゲン酸と呼ばれるポリフェノール成分に期待できる美容効果といえばアンチエンジングです。体内で酸化を抑えてくれる事により、老化現象をくいとめてくれる効果が期待できるんですね。さらにクロロゲン酸にはメラニン色素の生成を抑制してくれる効果もあります。シミを防いでくれる美白効果が期待できますね!

さらにクロロゲン酸の抗酸化作用は、ニキビを防ぐ効果も期待できます。ニキビとは毛穴に皮脂や角栓が詰まり、それが酸化することによっても起こりますが、コーヒーの持つクロロゲン酸が皮脂の酸化を防いでくれます。

カフェインにも美肌効果があった!朝のコーヒー

コーヒーの代表的な成分としてあげられるカフェイン。何かと悪者にされがちなカフェインですが、適量を守ればやはり美肌効果が期待できます。

カフェインには中枢神経に作用して、心拍数をあげる働きがあります。心拍数が上がることで血流が良くなり新陳代謝が活発になります。これにより古い角質が剥がれ落ちるターンオーバーのサイクルを正常に戻してくれるんですね。ターンオーバーが正常になれば、くすみやニキビにも効果が期待できます。

カフェインには胃腸の働きを活発にしてくれる働きもあります。大きな声では言えないけれど、便秘に悩んでる女性も少なくありませんよね。便秘は肌に吹き出物もできるし、お腹が張って苦しいしと体にいい事は一つもありません。コーヒーに便秘解消効果も期待できるのは、女性にとってはうれしい限りです。朝のコーヒーで快適なお通じを目指しましょう。

朝のコーヒーにはダイエット効果も?

実はコーヒーにはダイエットにも効果があるのをご存知でしたか?美肌に健康にダイエットといえば、常に女性の関心事トップ3ですよね。

脂肪は、体内に摂取されると分解され、脂肪酸とグリセリンになります。この体にたまった余分な脂肪を燃焼させるのがダイエットですよね。コーヒーには摂取された脂肪をすばやく分解してくれて、さらに体にたまった脂肪酸の燃焼も助けてくれる作用があるようです。

ただ、コーヒーを飲むだけで脂肪がどんどん燃えてくれるわけではありません。あくまで運動の脂肪燃焼効果を助けてくれると思いましょう。コーヒーの脂肪燃焼効果が作用しだすのは、飲んでから20~30分後と言われます。朝にいっぱいのコーヒーを飲み、通勤の時には一つ遠い駅まで歩いてみませんか?健康にもよく手軽にダイエットできそうですよね。

朝だけじゃない!そのほかにもあるコーヒーのダイエット効果とは?

脂肪の燃焼を助けてくれるコーヒーですが、実はもう一つダイエットにうれしい効果があるんです。それは、満腹中枢を刺激して、食欲を抑えてくれるということなんです。

いつもダイエットを気にしているけれど、どうしても痩せられないという女性の中には、ダラダラと食べるのがクセになっている人もいます。ダイエットのために朝食の量を少な目にしてるのに、やっぱり口さみしかったり物たりなくて、オフィスでもついついお菓子に手が出てしまう・・と言った事はありませんか。

そんな人は朝食後のコーヒーを習慣にしてみましょう。コーヒーのカフェインの刺激で満腹感が得られやすくなり、またコーヒーを飲んだら食事は終わり!と脳にインプットすることで、無駄に食べる事を防いでくれます。朝だけではなくランチ後のコーヒーを習慣化することによりダイエットにも効果的です。

朝食後だけじゃない!美容効果を引き出すコーヒーの飲み方

朝食後やランチ後に飲む事で、ダイエット効果も期待できるコーヒーですが、美容効果のためにも是非知っておいてほしいコーヒーの飲み方の注意点があるんです。それは、朝にたくさん飲むのではなくこまめに飲むという事なんです。

シミやシワを防いでくれるポリフェノールは朝にたくさんコーヒーを飲んでも体に蓄積することができません。通常3~4時間で排泄されてしまいます。そのために日中屋外での仕事の人なら、朝にコーヒーを飲んでも、お昼前にはポリフェノールは体外に排出されてしまっている事になりますね。

そのため、コーヒーは朝にたくさん摂るよりも、こまめに摂取したほうが美肌効果をより引き出せるんです。屋外での仕事の人は朝のコーヒーを少し少な目にして、タンブラーなどで持ち歩き少しづつ飲んだほうがコーヒーの美肌効果を期待できることになります。こまめに飲めるように工夫してみましょう。

ThumbタンブラーのおすすめTOP10!マイボトルでコーヒーを楽しもう!

コーヒーのデメリットとは?

驚くべき健康効果や美容効果が期待できるコーヒーですが、やはりメリットもあればデメリットもあるというもの。コーヒーのデメリットについても知っておきましょう。

まず、美容効果もあるカフェインですが、このカフェインの代表的な作用として、覚醒作用があげられます。朝、すっきり目覚めるためにコーヒーを飲むのはこの覚醒作用を期待してですよね。でも、中枢神経に作用するせいで体は興奮状態になり、夜眠れなくなったりしてしまいます。

さらに朝から飲みすぎると、利尿作用のせいで夜中に目が覚めてしまうということも考えられます。また飲みすぎは胃のあれを誘発し、胃もたれや胃潰瘍の原因になったりもします。どんなに健康効果を期待できるとしても、やはり飲みすぎは良くないようですね。

Thumbブラックコーヒーは1日何杯まで?ダイエット効果やカフェインの効能を調査

あなたは朝から飲む派?コーヒーの適量とは?

高い健康効果や美肌効果が期待できるコーヒーですが、飲みすぎは避けたいですよね。オフィスでも朝いちばんにコーヒーを淹れ、仕事中はずっとデスクの上にはいつもコーヒーが置いてあると言う女性もいるのではないでしょうか?

朝にはすっきりできるカフェインの効果ですが、カフェインの感受性は人によって違いもあります。でも、やはり一日3杯程度にとどめておくのがいいようですね。人によってはカフェインの覚醒作用は12時間以上続くとも言われています。夜12時にベッドに入る方ならコーヒーを飲むのは朝から午前中だけにしたほうが無難ですね。

カフェインへの感受性がそんなに高くなくても、夕方以降は避けたほうが賢明です。女性の体はとても変化しやすいもの。その日の体調などでやはり眠れなくなる事もあります。せっかく美肌にためにコーヒーを飲んでも、睡眠不足で朝起きられない、という事になってしまえば仕事にも支障が出てしまいますね。

朝のコーヒー飲み方の注意点とは

コーヒー好きな方なら、朝目がさめたら一番にコーヒーを入れる、という事が多いと思います。朝は特に部屋に漂うコーヒーの香りでリラックスしてすっきり目覚めたいですよね。

でも、朝一番で飲むコーヒーには、飲み方の注意点があるんです。それはブラックで飲まないという事。朝起きた時というのは胃の中が空っぽになっています。ここにブラックコーヒーを飲んでしまうと胃液の分泌を促してしまって、胃の荒れを起こしやすくなります。

必ず朝食を食べてから、もしくは朝一番にコーヒーを飲みたいならミルクをたっぷり入れたカフェオレにしましょう。胃への過剰な刺激を避けて、体に優しい飲み方をすることが大事です。

Thumbカフェオレのカフェイン含有量は?コーヒー牛乳や紅茶の成分も分析

淹れ方にも注意点があった!朝のコーヒー

朝いっぱいのコーヒーから始まる一日。あなたはコーヒーメーカー派?それともドリップ派でしょうか。朝のコーヒーの効果を最大限に引き出すために淹れ方にも注意点があるんです。

そればズバリ、お湯の温度。コーヒーにせっかくたくさん含まれているポリフェノールのクロロゲン酸は80度以上になると壊れてしまいます。そのため熱湯で淹れたコーヒーにはせっかくの美肌効果が期待できなくなってしまいます。

コーヒーメーカーではお湯の温度調節は難しいですよね。できればハンドドリップでのコーヒーの淹れ方が理想的ですね。慣れてしまえばハンドドリップも決して難しくはありません。美容と健康のために明日の朝から始めてみませんか?

Thumbハンドドリップのコーヒーが美味しい!基本の淹れ方・プロ直伝のコツを解説

その他にもあった!朝のコーヒー飲み方の注意点とは!

その他にもコーヒーの飲み方には注意点があります。朝だけではなく昼でもコーヒーを飲む際に砂糖を入れる事には注意が必要です。

砂糖の摂りすぎは、ダイエットにも悪くお肌へも良くない事は、女性の常識ですよね。いくら朝のコーヒーが肌にも健康にもいいからといって、砂糖を入れ過ぎてしまっては逆効果です。ブラックコーヒーが苦手という人は、砂糖の変わりにハチミツやメープルシロップなどで代用しましょう。

ミルクにも注意点があります。小さなポーションになっているコーヒーミルクはトランス脂肪酸といわれる油の塊です。お肌にも健康にも当然よくありません。朝いちばんで飲むコーヒーだけに限らず、ミルクを入れる時は新鮮な牛乳か豆乳にする事が大事です。

朝食は食べない人へのおすすめ!コーヒーと一緒に取りたい物とは?

何かと忙しい現代の女性。朝はなるべくギリギリまで寝ていたい!朝起きたらコーヒーを飲みながら急いでメイクだけをして会社に間に合うよう駅まで走る、という女性も多いのではないでしょうか。

たとえ新鮮な牛乳をたっぷり入れたカフェオレにしても、やはり朝ご飯を食べないというのは健康には良くないですよね。そんな女性はコーヒーと一緒にチーズを食べてみませんか?チーズはやはり脂肪燃焼に効果のある食べ物で、コーヒーとの相乗効果で太りにくい体質になる効果が期待できます。

チーズはフランス料理のデザートとしてコーヒーと共に供される事の多い食材です。フランス料理のこってりした脂肪分をチーズとコーヒーで分解させる事が目的なんですね。チーズなら朝から調理する手間いらず!朝には何かと忙しいあなたでも、ほんの2分もあれば食べられます。美と健康は密接した関係です。明日の朝からさっそく試してみてはいかがでしょうか。

朝のコーヒーはガマン!それでもうれしいコーヒー効果

朝にコーヒーの香りでリラックスして一日を始めるのが楽しみだった女性が、朝のコーヒーを飲めなくなった。その理由としては赤ちゃんを授かった、ということが多いのはないでしょうか?

確かに、カフェインはへその緒を通じて胎児にも取り込まれてしまいます。赤ちゃんの健康のためにもここはぐっとガマンですよね。でも、妊娠中は何かとストレスも溜まりやすく、それに朝のコーヒーまで我慢するのは酷というものです。また妊娠中は特にお肌は敏感になりシミができやすいのも事実です。

そんな時は朝だけカフェインレスのコーヒーを楽しみましょう。クロロゲン酸はコーヒーの匂いや色の元になっている成分なので、カフェインレスでも失われる事はありません。シミやシワを防いでくれる効果やダイエット効果は変わらずにあります。とにかく食欲のコントロールが難しい妊娠中、カフェインレスコーヒーで体重が増えすぎるのも防いでくれるかもしれません。

Thumbデカフェとは?カフェインレスとの違いや美容効果があるコーヒーとは?

まとめ:朝からのコーヒーで健康的な生活を!

朝にいっぱいのコーヒーで一日を始める。こまめにコーヒーを飲むようにして、普通のカップの大きさなら一日3杯程度にとどめ、夕方以降は飲まないかカフェインレスにする。朝いちばんで飲むときは新鮮なミルクたっぷりのカフェオレにして胃への刺激を避ける。砂糖はなるべくいれないなど、注意点を守って正しい飲み方をすれば、コーヒーは健康にも美肌にも強い味方になってくれます。

さっそく明日の朝から朝食後のコーヒーを習慣にしてみませんか?部屋中に漂うコーヒーの香りに包まれて始まる一日は、いつもとは違った朝になるかもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-26 時点

新着一覧