甘酒の飲み方でおすすめは?栄養価が高い甘酒を美味しく飲む方法!

栄養豊富な甘酒の美味しい飲み方や適量についてまとめました。アレンジを加えた美味しい甘酒の飲み方を取り入れることで、栄養の必要量をしっかりと摂取することができます。甘酒の適量や美味しい飲み方アレンジをチェックして、アレンジしていきましょう。

甘酒の飲み方でおすすめは?栄養価が高い甘酒を美味しく飲む方法!

目次

  1. 栄養を摂取できる甘酒の飲み方や美味しいアレンジを知りたい!
  2. 甘酒にはどんな種類がある?
  3. 日常的に摂取する飲み方で美容効果を期待できる甘酒
  4. 保湿効果のある栄養も含むのが甘酒の魅力
  5. 美しい髪を保ちたい時にも栄養豊富な甘酒の飲み方を取り入れよう
  6. 甘酒には高い整腸作用を発揮する栄養が豊富
  7. ダイエット効果を発揮する甘酒の栄養は?
  8. 甘酒の健康的な飲み方のためには分量が大切
  9. どんなタイミングの飲み方が甘酒の効果を発揮する?
  10. 甘酒の効果をしっかり出す飲み方とは
  11. 美味しい甘酒の飲み方アレンジなら豆乳をプラスしよう
  12. 食物繊維をアップさせるのに最適な甘酒の美味しい飲み方
  13. 栄養満点な甘酒スムージーの美味しいアレンジ
  14. 代謝をアップさせるなら生姜甘酒アレンジを取り入れよう
  15. 美味しいアレンジを活用して甘酒の飲み方を工夫しよう!

栄養を摂取できる甘酒の飲み方や美味しいアレンジを知りたい!

豊富な栄養があることで知られる甘酒

甘酒といえば、さまざまな栄養が含まれる昔からの飲み物として知られていますよね。「飲む点滴」と呼ばれるほどバリエーション豊かな栄養が含まれているため、健康を保ちたい時にぴったりです。甘酒には美容やダイエットにも良い栄養が含まれているため、いつまでもきれいでいたい方も甘酒を飲んでみてはいかがでしょうか。

甘酒の効果をしっかりと引き出すためには飲み方も重要になります。1日に必要な甘酒の分量を把握し、美味しいアレンジを取り入れることで日常的に甘酒を活用することができそうですよね。体に良いからといってたくさんの分量を飲むと体に良くない影響を与える可能性もあるのでどのくらいが適量か知って健康的に甘酒を飲んでいくようにしましょう。

美味しい甘酒の飲み方で栄養を補給しよう

「甘酒の効果を引き出すことができる飲み方を知りたい!」「甘酒の美味しいアレンジにはどんなものがある?」といった場合に役立つ甘酒の飲み方についてまとめました。1日に飲んでおきたい甘酒の分量についてもまとめたので、健康的に甘酒を飲みたい時に役立ててみてくださいね。美容やダイエットに良い働きを期待できる甘酒を活用していきましょう。

Thumb生甘酒の簡単な作り方を紹介!今注目の健康・美容効果について徹底調査

甘酒にはどんな種類がある?

酒粕と米麹の2種類の甘酒がある

甘酒の飲み方を知る前にまず把握しておきたいのが甘酒の種類。甘酒は原料によって2種類に分けられることをご存知ですか?甘酒には、酒粕で作ったタイプと米麹で作ったタイプがあります。酒粕は日本酒を作る過程で出てくる副産物なので、微量のアルコールを含んでいるのが特徴。また、酒粕を使った甘酒は甘みを出すために砂糖を入れていることがほとんどです。

米麹を使った甘酒は麹を発酵させて作っているのが特徴。発酵させる過程で甘みが出てくるので、砂糖を入れなくても自然な甘みを楽しむことができます。また、酒粕を使った甘酒と違ってアルコールが含まれていないのも魅力。このように味わいは同じようでも甘酒は原料によってその種類は全く変わってきます。

米麹の甘酒を取り入れた飲み方がおすすめ

酒粕を使った甘酒も米麹を使った甘酒も体に良いことは変わりありませんが、どちらかというと米麹を使った甘酒がおすすめです。米麹を使った甘酒であればアルコールが含まれていないので、どんな人でも飲めるのが魅力。また、砂糖を入れない自然な甘みを楽しめるのでダイエット中も安心です。米麹の甘酒がある場合は、取り入れてみてはいかがですか。

Thumb甘酒は酒粕と米麹でどう違う?酒粕を使った簡単作り方・レシピもご紹介!

日常的に摂取する飲み方で美容効果を期待できる甘酒

メラニンの生成を抑える栄養が豊富

それでは、甘酒には具体的にどのような効果を期待することができるのでしょうか。甘酒には美容に良い栄養が豊富に含まれています。甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑えられるのが特徴。メラニンはそばかすやくすみ、シミといった肌の老化の原因となる物質なので取り除くことで若々しい肌を保つことができます。甘酒を飲んでメラニンの生成を抑えておきたいですね。

肌の新陳代謝も活発化

甘酒には肌の新陳代謝を上げる働きも期待することができます。肌の新陳代謝は、くすみのない透明感のある肌をキープするために大切。古い角質が新しい角質に生まれ変わり、きれいな状態を保てるようになります。甘酒には代謝を高める効果のあるビタミンB群が豊富。また、アンチエイジング効果の高いフェルラ酸も代謝を高める効果があるので美肌作りに最適です。

保湿効果のある栄養も含むのが甘酒の魅力

天然の保湿成分を作り出すアミノ酸が豊富

甘酒には肌を保湿するのにぴったりな栄養が豊富に含まれています。肌の潤いを保つためには、もともと肌に含まれている天然の保湿成分が欠かせません。甘酒に含まれているアミノ酸には天然の保湿成分を作り出す効果を期待することができるので、保湿をしたい時に最適。潤いのある肌を保ちたい時にも甘酒を飲んで美肌をキープしていきたいですね。

甘酒のビタミンB群が皮膚の再生をサポート

甘酒に含まれているビタミンB群は肌の代謝を高めるだけでなく、皮膚の再生をサポートする働きもあるとされています。皮膚の再生や粘膜の強化の助けになるため、肌の潤いを保つのにもぴったり。

肌が乾燥するとシワなどの原因になる他、毛穴開きの要因にもなってしまいます。毛穴が開くと皮脂よごれなどもたまりやすくなるため、乾燥を防ぐことは美肌のためにとても大切なポイント。

美しい髪を保ちたい時にも栄養豊富な甘酒の飲み方を取り入れよう

キューティクルを整えるビタミンB群

綺麗な髪質を保つためにも甘酒が役立つことをご存知ですか?髪の毛をきれいに保つためには、シャンプーやコンディショナー以外にも体に取り入れる栄養が必要になります。甘酒に含まれるビタミンB群にはキューティクルを整えるのに最適な働きをしてくれる効果を期待できるのが魅力。キューティクルが整えられることで、ツヤのあるきれいな髪を保つことができます。

抜け毛を防ぎ、強い髪の毛を作るシステイン

甘酒が含むシステインには抜け毛を防ぐ効果も期待することができます。髪の毛に栄養が行き届かないと抜け毛の原因になってしまうので、健康的な髪を保ちたい時にもぜひ甘酒を活用しておきたいですね。

肌だけでなく髪質の改善にも役立つ甘酒を飲んで、若々しい状態をキープしてみてはいかがですか。体内からしっかりと栄養をとることで、いつまでもきれいでいることが可能になります。

甘酒には高い整腸作用を発揮する栄養が豊富

悪玉菌を減らして善玉菌を増やす

甘酒は美容や美しい髪作りに必要な栄養だけでなく、整腸作用にも良い効果を発揮してくれる栄養が豊富に含まれています。甘酒には善玉菌が含まれているのがポイント。善玉菌は、腸が正常に働くために欠かすことができない物質です。善玉菌が減り、悪玉菌が増えると便秘などの原因となるため気をつけておきましょう。

甘酒を飲むことで善玉菌を増やし、悪玉菌を減らせるとされています。腸の働きがあまり良くない、というときも甘酒を飲んでおきたいですね。

整腸作用の高い食物繊維

甘酒には食物繊維も豊富に含まれているのが嬉しいポイント。食物繊維は腸の働きを活性化させる働きを期待できる栄養です。日々の食事の中で食物繊維が不足すると便秘の原因となるので気をつけておきたいですね。日常的に甘酒を飲むことで食物繊維を摂取し、腸の働きを刺激することができます。スムーズにどうは異物を排出するためにも甘酒を飲んでみましょう。

老廃物を排出することは、美容やダイエットに大きな影響を与えます。老廃物が蓄積されると体の代謝が落ちてしまうため、肌のターンオーバーが落ちてしまうのが問題。肌のターンオーバーが行われないと古い角質が残り、くすみの原因となってしまいます。また、エネルギーの消費量も落ちるのでダイエットの妨げに。そうならないように便秘は解消しておきたいですね。

ダイエット効果を発揮する甘酒の栄養は?

エネルギーの消費率を上げるパントテン酸

甘酒はダイエット中に飲むのにもぴったりな飲み物です。甘酒に含まれているパントテン酸にはエネルギーの消費率を高める働きがあるとされているのが嬉しいポイント。エネルギーを効率的に消費することによって、脂肪の燃焼率も高まります。その状態で運動をすれば効率的なダイエットに役立てることができるので、ぜひ取り入れておきたいですね。

栄養豊富なだけでなく満腹感も得られやすい

甘酒は満腹感を得られやすいのも特徴です。栄養をしっかりと補給しながら満腹感を得たい時に最適。ダイエット中はカロリーを気にして栄養不足になったり、空腹でストレスが溜まってしまうことがありますが、そんな時は甘酒を飲んでみてはいかがですか。甘くて美味しい甘酒であればダイエットの妨げになることなく満足感を得られやすくなります。

Thumb甘酒のカロリーや糖質はどれくらい?ダイエット効果を高める飲み方は?

甘酒の健康的な飲み方のためには分量が大切

1日あたり200mlの量を守る飲み方がおすすめ

甘酒にはいろいろな健康効果を期待することができますが、その効果をしっかりと発揮させるためには飲む分量が大切になります。体に良いからといって大量に飲んでも意味がないので気をつけてくださいね。甘酒は1日あたり200mlくらいの分量を飲むのがおすすめ。このくらいの分量であればしっかりと栄養を補給しながらカロリーも控えめに抑えられます。

分量が多すぎる飲み方はカロリーオーバーに

甘酒をたくさん飲むとカロリーオーバーになるので気をつけましょう。甘酒は100mlあたり80kcalほどのカロリーになるため、何杯も飲むとあっという間にカロリー過多になってしまいます。200mlであれば160kcalに抑えることができるので、毎日の食事に取り入れてもダイエットの妨げにはならないのではないでしょうか。

どんなタイミングの飲み方が甘酒の効果を発揮する?

甘酒は基本的にどの時間帯に取り入れてもOK

甘酒はどのくらいのタイミングに飲むのが良いのでしょうか?基本的に甘酒はどの時間帯に飲んでもその効果を発揮してくれると言われています。そのため、甘酒は好きな時に飲んで大丈夫。小腹が空いた時に飲んで空腹を満たすなど自分にぴったりな飲み方で取り入れてみてはいかがですか。

朝と晩に分けて取り入れる飲み方がおすすめ

どのタイミングで飲んでもOKな甘酒ですが、おすすめしたいのが朝と晩の2回に分けて飲む方法。朝に飲むことで甘酒をエネルギーとして吸収し、栄養を補給することができます。また、甘酒は夜に飲むことでリラックス効果を得られるので快眠を楽しみたい時に最適。しっかりと寝ることができたら成長ホルモンの分泌を促進できるので健康的な体づくりに役立ちます。

甘酒の効果をしっかり出す飲み方とは

温める飲み方がぴったり

甘酒の効果をしっかりと引き出したい場合は50℃くらいに温めるのがおすすめ。甘酒は50℃に温めることで酵素の働きを活発化させることができるとされています。冷たい甘酒を飲むよりも温かい甘酒を飲んだほうが腸を温め、働きを促進することもできるのでぜひ温めてから甘酒を飲んでみてくださいね。

温めすぎる飲み方は避けよう

甘酒は温めたほうが健康的に摂取することができますが、温め過ぎはNG。50℃を超えて沸騰させてしまうと酵素が壊れてしまいます。せっかくの栄養がダメになってしまうので温め過ぎには気をつけてくださいね。沸騰させないように、50℃くらいに調整していきましょう。食品用の温度計があると便利です。

美味しい甘酒の飲み方アレンジなら豆乳をプラスしよう

コラーゲンの生成をサポートする豆乳

甘酒の栄養にプラスアルファすることで、さらに効果を高めることができます。まずおすすめしたいアレンジが豆乳甘酒。豆乳にはコラーゲンの働きを促進する効果があるとされているため、ハリのある肌を保ちたい時に最適です。また、大豆イソフラボンが肌を若々しい状態に保つとされているのが魅力。

美容効果を高めたい時に最適な飲み方

甘酒と豆乳のダブルの美容効果で、綺麗な肌をキープするようにしてみてはいかがですか。豆乳を入れることでマイルドな味わいにすることができるのも魅力です。甘酒と豆乳はとても相性が良いので、ぜひ組み合わせて飲んでみてくださいね。

食物繊維をアップさせるのに最適な甘酒の美味しい飲み方

抹茶をプラスするアレンジが美味しい

食物繊維をプラスしたい場合は抹茶を甘酒に加えてみてはいかがですか。抹茶には食物繊維以外にカテキンも含まれているため、脂肪の吸収を抑える効果も期待することができます。ほろ苦い抹茶の風味は甘酒と相性ぴったり。和風の味わいを堪能することができ、飽きることのない美味しさを楽しめます。

きな粉のアレンジを取り入れた飲み方もおすすめ

食物繊維の他にタンパク質やイソフラボンも豊富なきな粉もおすすめ。大豆を原料としたきな粉にはいろいろな栄養が含まれているため、健康的に甘酒を楽しみたい場合に最適です。こうばしい風味がプラスされ、アクセントになるのも嬉しいポイント。整腸作用を高めたい場合は、抹茶やきな粉などを活用してみてくださいね。

栄養満点な甘酒スムージーの美味しいアレンジ

りんごやオレンジなど好みのフルーツと一緒に攪拌

甘酒のアレンジは他にもいろいろあります。飲みごたえのある甘酒ドリンクを楽しみたい時にぴったりなのが甘酒スムージー。甘酒にりんごやオレンジ、キウイ、イチゴなどお好みのフルーツをプラスしてミキサーなど攪拌すればできあがりです。ビタミンやミネラル豊富なフルーツを組み合わせることで美肌や整腸作用に役立てられるので、取り入れてみてくださいね。

野菜を加えても美味しい

フルーツだけでなく野菜を加えるのもおすすめ。ほうれん草や小松菜などの野菜を入れても美味しい甘酒スムージーを作ることができます。フルーツや甘酒の甘みにより、野菜を入れたことがわからないくらいの味わいになるため、野菜が苦手な人にもおすすめ。効率的にビタミンを摂取できます。

Thumb甘酒の栄養価・成分が凄かった!どんな効果がある?【飲む点滴】

代謝をアップさせるなら生姜甘酒アレンジを取り入れよう

すりおろした生姜は代謝の上昇に最適

代謝を上げる効果をさらに引き出したい時はすりおろした生姜を入れてみてはいかがですか。すりおろし生姜を甘酒に入れて温めることで、代謝を上げる作用を高めることができます。体全体がポカポカとするので、冷え性を改善したい時にも最適。

シナモンを加えたアレンジも美味しいのでおすすめ

生姜と甘酒の組み合わせにはシナモンをプラスするのもおすすめです。シナモンには血管を強化する働きがある他、アンチエイジング効果も期待できるので健康的な体作りに最適。甘くてスパイシーな香りが加わり、さらに美味しく甘酒を飲めるのも魅力的なポイントです。このように甘酒のアレンジ方法はバリエーション豊か。好みの食材を組み合わせて、飲んでみてくださいね。

美味しいアレンジを活用して甘酒の飲み方を工夫しよう!

甘酒には美肌やダイエット、便秘解消などさまざま効果を期待することができます。甘酒の効果をしっかりと引き出したい時は分量を守ることが大切。また、酵素の働きを促進するために適温に温めることも重要なポイントになります。アレンジを加えれば飽きることなく飲み続けることができるので、お好みの味になるように工夫して甘酒を楽しんでみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧