チョコレートケーキのカロリー・糖質を調査!ホール・カットの場合を比較

老若男女に大人気のチョコレートケーキですが、そのカロリーや糖質も気になりますよね。チョコレートケーキのホールとカットでのカロリーや糖質について調べてみました。ダイエット中の方でもチョコレートケーキを我慢せず食べる方法もあります!ぜひ参考にしてみてください。

チョコレートケーキのカロリー・糖質を調査!ホール・カットの場合を比較

目次

  1. カロリーが気になるけど大好きなチョコレートケーキ
  2. チョコレートケーキのカロリーはどのくらい?
  3. カロリーが高いけど栄養もあるチョコレートケーキ
  4. 糖質もチョコレートケーキは多いの?
  5. 種類が多いチョコレートケーキ
  6. チョコレートケーキの種類とカロリー一覧
  7. カロリーオフのチョコレートケーキを作ってみよう
  8. カロリーオフのチョコレートケーキの口コミ
  9. ケーキのカロリーが気になったら運動をしてみよう
  10. まとめ:カロリーが気になる方でもチョコレートケーキを食べる方法はある!

カロリーが気になるけど大好きなチョコレートケーキ

チョコレートケーキは子供から大人まで大人気のケーキです。チョコレートを使ったケーキにはたくさん種類があり、クリスマスやバレンタインにはよく食べられます。とても美味しいケーキですが、甘いのでカロリーが気になります。

画像のようにチョコレートケーキには苺のトッピングもよく合いますね。チョコレートケーキのカロリーや糖質について徹底的に調べてみました。ダイエット中の方やカロリーが気になる方はぜひ参考にしてください。

チョコレートケーキのカロリーはどのくらい?

では実際にチョコレートケーキのカロリーを調べてみました。チョコレートケーキにはガトーショコラ、フォンダンショコラ、ブラウニーなど様々な種類がありますが、一般的なチョコレートケーキで調べてみました。卵・バター・小麦粉・グラニュー糖・ミルクチョコレート等を使用したもので、1カット438カロリーです。ホールと比較すると3,500カロリーほどになります。

この一般的なチョコレートケーキの1カットを消費するためには164分のウォーキングか、99分のジョギングか、62分の水泳をやらなければ消費できません。チョコレートケーキはとても美味しいですが、カロリーも高いケーキということです。

カロリーが高いけど栄養もあるチョコレートケーキ

カロリーが高いチョコレートケーキですが、栄養もあるのか調べてみました。チョコレートケーキにはビタミンAが多く含まれており、続いてビタミンK、ビタミンB2が多く含まれています。

チョコレートケーキに含まれるビタミンAは、発育促進や、お肌の健康促進や、最近から身体を守るなど様々な重要な役割を持っています。チョコレートケーキを食べることで、カロリーを多く摂取しますが、身体にとって大切な栄養を得ることができます。

糖質もチョコレートケーキは多いの?

では続いては一般的なチョコレートケーキの糖質について調べてみました。糖質とはご飯などの栄養素である炭水化物のグループです。炭水化物は糖質と食物繊維に分けられます。糖質は脳の働きにとても重要な栄養素となります。

先ほどの1カット438カロリーのチョコレートケーキの糖質は35.81g(143.24カロリー)となります。とても糖質が高いことがわかります。これがホールになると糖質は286g(1,146カロリー)です。

種類が多いチョコレートケーキ

チョコレートケーキと言ってもチョコレートケーキには様々な種類があります。どんなチョコレートケーキがあるのか調べてみました。

チョコレートケーキには、チョコレートクリームのケーキ、ガトーショコラ、ホンダンショコラ、チョコレートタルト、エクレア、チョコシフォンケーキ、ブラウニー、ザッハトルテなど本当にたくさんの種類があります。ケーキによって材料が違うのでカロリーも変わってきます。それぞれのチョコレートケーキのカロリーを比較してみました。

チョコレートケーキの種類とカロリー一覧

さきほどお伝えしたようにチョコレートケーキにはたくさんの種類があります。では実際に種類別にチョコレートケーキのカロリーを調べてみました。

今からどのチョコレートケーキを食べようかなと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。コーヒーとチョコレートケーキの相性は抜群です。

ザッハトルテ

ザッハトルテとは、オーストラリアの伝統的なお菓子で人気も高いチョコレートケーキです。表面がチョコレートでコーティングされていて、スターバックスでも人気のケーキです。

ザッハトルテのカロリーですが、1カット513カロリーです。ホールにすると4104カロリーとなります。一般的なチョコレートケーキと比較しても、とてもカロリーが高いケーキだということがわかります。

ブラウニー

ブラウニーはアメリカ生まれのチョコレートケーキです。チョコレートケーキとナッツを一緒に四角く焼き上げたものをブラウニーと呼びます。

ブラウニーはナッツが入っているので意外と高カロリーです。一口サイズにカットされた4センチほどの正方形で79カロリーです。小さいサイズで食べやすくカロリーも低くみえますが、たくさん食べすぎるとカロリーが高くなってしまいます。

エクレア

エクレアはシュークリームにチョコレートがかけられたお菓子です。細長い形が特徴的ですね。よくコンビニやスーパーなどにも置いてあります。

エクレアはチョコレートが上にかかっているだけなので、他のチョコレートケーキと比較するとカロリー控えめです。エクレア1個あたり197カロリーほどです。おやつに食べるのにちょうどいいですね。

フォンダンショコラ

フォンダンショコラはフランスで生まれたチョコレートケーキです。ケーキを割ると中からチョコレートがとろりと出てくるのが、とても人気があるチョコレートケーキです。

フォンダンショコラは、カットはせず小さめのホールで食べることが多いと思いますが、そのホールで1個あたり314カロリーほどです。温かいフォンダンショコラは格別ですよね。

ガトーショコラ

ガトーショコラとは、フランス語で焼きチョコレートの意味を持つチョコレートケーキです。外側がさっくりとしていて、中がふんわりとしたケーキです。バレンタインの手作りケーキでも人気の高いチョコレートケーキです。

ガトーショコラは一般的なチョコレートケーキと比較すると小麦粉の量が少ないのでカロリーが控えめです。1カットで273カロリーほど。ホールだと2184カロリーになります。

チョコレートタルト

チョコレートタルトとは、タルト生地の上にチョコレートを流し込んだチョコレートケーキです。小さい子でも食べやすく人気の高いチョコレートケーキです。

チョコレートタルトは1カット366カロリーです。ホールになると2928カロリーほどです。トッピングも色々ついているものが多いチョコレートタルトですが、トッピングがあるとその分カロリーも高くなってしまいます。

チョコレートシフォンケーキ

チョコレートシフォンケーキとは、シフォンケーキにチョコレートを入れて焼き上げたチョコレートケーキです。ふわふわの生地で、軽い口当たりが好きな方も多いのではないでしょうか?

チョコレートシフォンケーキは、チョコレートと薄力粉で作られたケーキですが、ふわふわはメレンゲで作られているので大きいサイズでもあまりカロリーは高くありません。1カット184カロリーで、ホールだと1472カロリーほどになります。シフォンケーキにはホイップクリームが添えられることが多いですが、これがあるとカロリーがアップしてしまいます。

カロリーオフのチョコレートケーキを作ってみよう

市販のチョコレートケーキはカロリーが高いものが多いので、どうしてもチョコレートケーキが食べたいときは手作りしてみるのもおすすめです。

カロリーオフのチョコレートケーキのレシピを調べてみると、たくさんのレシピがでてきます。どんなケーキがカロリーオフになるのか調べてみました。

小麦粉を大豆粉に変えてみよう

チョコレートケーキを作るときに、小麦粉を大豆粉を代用すると糖質カットになります。糖質カットすることで、カロリーオフになります。

最近では大豆粉を使ったパンケーキミックス等が販売されています。大豆粉は栄養も多いですし、市販品を使うことで、簡単にカロリーオフのチョコレートケーキを作ることが可能です。

豆腐やおからを混ぜて作ってみよう

材料の一部を豆腐やおからに変えてチョコレートケーキを作るのもおすすめです。カロリーオフのチョコレートケーキでは豆腐やおからを使ったものが多いです。

こちらのブラウニーはおからを使ったものになります。ダイエット中の方には嬉しいですね。また豆腐やおからを使って作ることで、栄養を摂ることができます。

カロリーオフのチョコレートケーキの口コミ

ツイッターにて、カロリーオフのチョコレートケーキを作っている方々がいました。とても参考になる作り方が載っていました。

生チョコケーキにも豆腐を代用できるようです。またオールブランを使ってチョコレートケーキを作ることもできるそうなので、ダイエット中で栄養や食物繊維が不足がちな方にもおすすめです。

ケーキのカロリーが気になったら運動をしてみよう

どうしてもチョコレートケーキを食べたくて食べてしまったら運動をしてカロリーを消費してみましょう。

運動することで食べてしまった罪悪感を消し去ることができます。ランニングやウォーキング、ジムに行く、水泳など方法はたくさんあります。ケーキ一個分のカロリー消費するのは大変ですが、少しでも運動をしてカロリー消費をしましょう。

まとめ:カロリーが気になる方でもチョコレートケーキを食べる方法はある!

チョコレートケーキのカロリーと糖質について調べてみましたが、チョコレートケーキは他のケーキと比較してカロリーや糖質が高いことがわかりました。ホールとカットを比較してもかなりカロリーが違ったので、食べるときは1カットにするのがよさそうです。

そしてチョコレートケーキにはたくさんの種類がありました。ダイエット中の方は、チョコレートケーキの中でも比較的カロリーが低いものを選んで食べるのがおすすめです。また手作りで食材を変えることでカロリーオフのチョコレートケーキを作ることも可能です。カロリーが気になる方でも様々な方法で美味しくチョコレートケーキを食べましょう。

合わせて読みたいチョコレートの関連記事

Thumbチョコレートは糖質制限中もOK?ダイエットにおすすめの種類を紹介
Thumbチョコレートが太るのは間違い?太らない食べ方と選び方を徹底解説
Thumbチョコレートのカロリーを調査!種類別の比較やダイエット中の食べ方は?
Thumbチョコレートは甘くて美味しいだけじゃない!健康や美容にも良い?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧