アスパラガスの栽培方法・育て方のコツ!種まきの時期や手入れの仕方は?

柔らかくてみずみずしいアスパラガス。鮮度が命のアスパラガスは、自分で栽培して採れたてを味わいましょう!アスパラガスの育て方は、期間こそかかりますがとっても簡単!アスパラガスの育て方や栽培を成功させるコツなど詳しく見て、採れたてを味わいましょう!

アスパラガスの栽培方法・育て方のコツ!種まきの時期や手入れの仕方は?

目次

  1. アスパラガスを栽培しよう!初心者でも簡単な育て方は?
  2. 栽培の前に知っておきたい!アスパラガスとは?
  3. アスパラガスの育て方は?栽培スケジュールを確認
  4. アスパラガスの育て方を見ていこう!栽培の前に土作りから
  5. 苗の育て方!アスパラガスの1年目の栽培は種まきと育苗
  6. いよいよ2年目の育て方!アスパラガスの本格的な栽培スタート
  7. 育て方で重要な追肥の仕方とは?アスパラガスの2年目は株の栽培
  8. 手入れを怠らないのも大事な育て方!アスパラガスの様々な対策
  9. 3年目以降のアスパラガスの育て方は?栽培を長く楽しむ方法
  10. いよいよ収穫も!3年目のアスパラガスの育て方は?
  11. アスパラガスの栽培の一番の楽しみ!収穫の仕方は?
  12. 栽培中に気を付けたいアスパラガスに付く害虫は?
  13. 育て方に気を付けて!栽培中は病気にも注意
  14. 育て方のコツは?アスパラガスの栽培を成功させるコツ
  15. 野菜の栽培がもっと楽しく!育て方に慣れれば野菜の幅も広がる

アスパラガスを栽培しよう!初心者でも簡単な育て方は?

家庭菜園で野菜を栽培するのが、ブームですね。最近スーパーで見かける野菜は、どれも高騰して中々たくさん食べるのが難しくなってきています。それならと、簡単な育て方の野菜や、プランターなどの限られたスペースでも栽培出来る野菜を栽培している人が増えています!育てやすい品種なども増えてきているので、初めて野菜の栽培を始める人も増えています!

そんな中で、今回注目したいのがアスパラガスです!柔らかくてみずみずしいアスパラガスは、肉料理との相性も良く、さっぱりとした香りが魅力で好き嫌いがあまりない野菜でもあります。しかし、アスパラガスは足が早い野菜でもあります。冷蔵庫にちょっと入れておくと、すぐに固くなってしまったりみずみずしさが無くなってしまいます。

そんなアスパラガスは、自分で栽培して採れたてを味わっちゃいましょう!アスパラガスの育て方はとっても簡単で、初心者でも栽培する事が出来るんです!今回は、そんなアスパラガスを簡単に栽培する方法をご紹介していきます。育て方だけでなく、栽培を成功させるコツなど詳しくご紹介していくので初心者でもアスパラガスを栽培する事が出来ちゃいます!

栽培の前に知っておきたい!アスパラガスとは?

まずは、栽培の前にアスパラガスについて見ていきましょう!アスパラガスは、ユリ科の植物です。南ヨーロッパが原産とされていて、多年草としてオランダキジカクシや松葉ウドと言う名前でも親しまれています。ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスが一般的ですが、これは品種の違いではなく、実は育て方の違いによって作られています。

アスパラガスと言うと、春になると食べたくなる野菜です!みずみずしく、しゃくしゃくとした歯ごたえが魅力です。しかし、その魅力は美味しさだけにとどまらず栄養の高さも魅力です!ビタミンやミネラルも豊富で、野菜の特徴である食物繊維も豊富に含まれています。また、最近注目を浴びているアスパラギン酸がアスパラガスには豊富に含まれています!

アスパラギン酸は、その名の通りアスパラガスに豊富に含まれている事からその名が付けられた栄養素です。アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、うまみ成分としても活躍します。また、疲労回復や体調を整えるだけでなく、美肌や毒素の排出など様々な効果を持っている栄養素でもあります!

アスパラガスの育て方は?栽培スケジュールを確認

アスパラガスの育て方に移る前に、まずはアスパラガスの栽培スケジュールを確認していきましょう!アスパラガスは、実は栽培を始めると10年ほど楽しむ事が出来る植物です。地植えする場合には、栽培する場所をしっかりと考えてから育てて行く必要があります。初心者や、栽培する場所が限られている場合にはプランターでの栽培が特におすすめです。

アスパラガスは、種まきから育てる方法と苗を購入して育てる方法と2通りあります。種まきの場合には3月頃から種まきを始めて2年目に植え付けを行い、3年目から収穫が可能になります。苗を購入して育てて行く方法の場合には、11月に植え付けを行い、翌年の5月頃から収穫が可能になります。種まきからは3年、苗からは2年で収穫となります。

収穫を迎えてからは、どちらも10年程度栽培していく事になります。初心者におすすめの育て方は、苗を購入する育て方です!1年短縮でき、その間の手入れがなくなるのでアスパラガスの栽培が簡単になります。種まきから育てる育て方は、手間がかかりますが全て自分で栽培していくので野菜の家庭栽培に慣れている中級者におすすめの方法です。

アスパラガスの育て方を見ていこう!栽培の前に土作りから

さて、いよいよアスパラガスの栽培を始めましょう!アスパラガスの栽培は、種まきから育てる方法と苗から育てる方法どちらも土作りから始まります。育て方によって、土作りする時期が異なります。それぞれ植え付けの1ヶ月くらい前に土作りをする必要があるので、種まきから育てる方法は2月頃に、苗から育てる方法は10月頃には土作りをしておきましょう。

今回は、長期栽培のアスパラガスなのでプランターでの栽培方法でご紹介していきます。まずはプランターの準備ですが、小型のプランターで構いません。しかし、深さがある物を選ぶようにしましょう!土は、初心者なら市販の野菜用の培養土を使用しましょう!その際には、鉢底に赤玉土などを敷き詰めてから土を入れ、水はけが良くなるようにしておきます。

また、アスパラガスの育て方で重要なコツになってくるのが肥料です!追肥もコツとして後々ご紹介していきますが、まずは土作りでしっかりと肥料が混じった土を作る事も大事なコツです。堆肥と元肥をしっかりと入れて全体に馴染むように耕しておきましょう。

苗の育て方!アスパラガスの1年目の栽培は種まきと育苗

いよいよアスパラガスを栽培していきましょう!まずは種まきから育てる方法です。種まきから育てる方法では、育苗と言う苗を育てて1年目を過ごします。苗から育てる方法では、この1年は省かれます。まずは苗の育て方を見ていきましょう!用意するのは育苗ポットです。8㎝くらいの育苗ポットに、アスパラガスの種を3~4粒蒔いて軽く土をかぶせます。

10日ほどでアスパラガスの芽が出てきます。アスパラガスを発芽させるコツは温度管理です!アスパラガスは、25℃前後が生育温度です。発芽させる為にも、温度に気を付けてあげましょう!発芽してからは、手入れとして土の表面が乾いてから水やりをしましょう!その後、冬になり葉が枯れたのを確認したら土より上の部分を刈り取りましょう!

いよいよ2年目の育て方!アスパラガスの本格的な栽培スタート

1年目は育苗の期間。さて、いよいよアスパラガスの本格的な栽培が始まる2年目です!2年目は、1年目で育苗した苗をさらにしっかりと育てる期間です。育て方は、主にプランターへの植え付けと追肥などの基本的な手入れが大事なコツになって来ます。買ってきた苗から育てる方法は秋に、種まきから育てる方法では春に植え付けていくので土作りをしておきましょう!

まずは植え付けです。アスパラガスの植え付けは、用意しておいたプランターに30㎝以上の感覚で苗を植え付けていきます。ポットよりも少し大きめの植え付けの穴を空けておき、なるべく根を広げるように植え付けるのがコツです。その後、3㎝くらい土をかぶせて水をたっぷりと与えましょう!種まきからの場合には、霜がおりなくなった3~4月に植え付けます。

育て方で重要な追肥の仕方とは?アスパラガスの2年目は株の栽培

2年目は、主に苗を育てる期間です。買ってきた苗からの育て方は、大苗で苗が育っているので冬越しの手入れだけで済みますが、種まきから育てる方法では苗を育てる必要があります。追肥は主に3回です。1回目の追肥は、春先の植え付けが終わって落ち着いた3~4月に、根本付近に1株当たり10g程度の化学肥料を混ぜて与えます。

2回目は、8~9月の新芽が出てきたら1回目同様に与え、3回目は年をまたいで2~3月頃に同様に与えます。買ってきた苗の場合には、3回目からの追肥のみになります。アスパラガスの育て方のコツは、苗をしっかりとした物に育てる事が美味しいアスパラガスを収穫するコツです!肥料枯れしてしまわないように、しっかりと追肥をして肥えた土を作ってあげましょう!

手入れを怠らないのも大事な育て方!アスパラガスの様々な対策

2年目は、冬越しの為の手入れも行います。1年目は枯れた上部を刈るだけでしたが、2年目は病気にならないように冬越しするためにもしっかりとした対策と手入れをして冬を迎えさせてあげます。また、苗を育てていると大きくなるので苗が倒れてしまう事があります。その為にも、苗が倒れるのを防止する為の手入れも必要になって来ます。

まずは夏の生育期に起こりやすい苗が倒れてしまうのを防ぐ為にも、支柱を立てて倒れないようにしてあげます。60㎝くらいにアスパラガスの苗が育ったら、支柱を四隅に立ててあげましょう!冬越しは、1年目同様に枯れた上部を刈り取り、雑草を取り除いてから藁などを土の表面にかぶせて霜から守ってあげましょう!追肥の際に土寄せも行うと良いでしょう。

3年目以降のアスパラガスの育て方は?栽培を長く楽しむ方法

2年目までの育て方が終わりました。3年目からは、春にアスパラガスを収穫していく事が出来ます!しかし、アスパラガスは栽培が10年くらい続く野菜。それ以降の育て方はどのようにしていくかと言うと、特にこれ以上の育て方はないのです!なので、3年目からは2年目の育て方を延々と毎年繰り返していくだけです。冬越しなどの手入れも同様です。

アスパラガスの一番収穫が出来て苗が元気なのは、3~5年目くらいまでになります。それ以降は徐々に元気が無くなっていき、10年目になると株が疲れて来ます。それを目安に新しい株に交換するなどして育てていきましょう!アスパラガスは連作障害が無いので、堆肥と元肥をしっかりと混ぜれば同じ土でも栽培していく事が出来ます!

いよいよ収穫も!3年目のアスパラガスの育て方は?

3年目の春からアスパラガスを収穫していく事が出来ます!買ってきた苗からの場合には2年目が収穫です。育て方は変わりませんが、収穫しつつも育てる苗は残しておくようにしましょう!収穫の時期は、4~6月くらいです!20㎝くらいの大きさになって、穂先が開きそうなアスパラガスを収穫していきましょう!

収穫の時期を過ぎて、6月以降にもアスパラガスは芽が出て来ます。しかし、収穫の時期を過ぎたアスパラガスを収穫してしまうと、株がどんどん弱っていってしまい翌年以降の収穫に影響を及ぼす可能性が出てきてしまいます。収穫の時期を過ぎて出てきたアスパラガスは、そのまま育てて翌年の為にも株を育ててあげるようにしましょう!

アスパラガスの栽培の一番の楽しみ!収穫の仕方は?

アスパラガスの栽培で一番の楽しみである収穫の仕方です。アスパラガスは、ハサミなどで収穫可能になった株を根本付近から切り取って収穫をしましょう!穂先の密度が高く、全体の色味が濃い物が美味しいアスパラガスになっています。また、穂先まで太さが均一でしっかりとしたアスパラガスも美味しいアスパラガスです!太い物から収穫しましょう!

まだ細いアスパラガスは、何株か残しておくようにすると翌年以降もアスパラガスの収穫をたっぷりと楽しむ事が出来ます!計画的に収穫してあげてください。また、アスパラガスは収穫すると乾燥しやすくなってしまいます。収穫したアスパラガスを保存するコツは、切り口を乾燥から守る事です。切り口などを濡れたキッチンペーパーなどで包んで保存しましょう!

栽培中に気を付けたいアスパラガスに付く害虫は?

アスパラガスを好む害虫についてご紹介していきましょう!アスパラガスは、手入れをしながら害虫がついていないか確認する事が大事です。手入れの際に害虫がついていたら駆除するようにしましょう!ジュウシホシクビナガハムシと言う、てんとう虫に似た害虫がいます。これは、アスパラガスの茎によく付く害虫です。見つけ次第駆除しましょう!

また、ネギアザミウマやヨモギエダシャクのような幼虫も付きます。見つけ次第駆除するか、有機性の殺虫剤を使用して駆除する方法も有効です。アスパラガスの手入れの際には、茎だけでなく土寄せや土作りの際に虫がいないか、幼虫が紛れこんでいないかを確認して害虫を防ぐようにしましょう!

育て方に気を付けて!栽培中は病気にも注意

アスパラガスの栽培中にかかりやすい病気についてもご紹介していきましょう!アスパラガスの栽培中によくなる病気には、茎枯病があります。茎に褐色の半纏が出てきたら、茎枯病の症状です。寒さに負けてしまったり、土のカビによってかかってしまう病気です。藁を敷いて泥はねを防ぐ、冬越しの際には寒さ対策をするなどをしっかりとして防ぎます。

また、紫紋羽病と言う病気になってしまう場合があります。これは、茎から穂先にかけて黄色くなってしまう病気ですが、根も空洞になってしまい株自体がダメになってしまいます。見つけ次第引き抜いてしまいましょう。どんなに栽培中に気を付けていても、病害虫の被害に遭ってしまう場合があります。早期発見で対処する事が大事なので、細かくチェックしましょう!

育て方のコツは?アスパラガスの栽培を成功させるコツ

アスパラガスの栽培を成功させるコツは、まずは育苗時には温度管理をしっかりとしましょう!そして、植え付け後には肥料が枯れる事が無いようにしっかりと追肥を行ってアスパラガスの苗をしっかりと育てて行きます。水やりも適度に行い、しっかりと1~2年は株自体を太らせて育てる事で収穫がしっかりとしたものになります。

また、病害虫の被害に遭わない為にも水はけの良い土を作り、冬越しをしっかりと対策を立てて行います。弱い株や、枯れた上部はしっかりと刈り取ってあげる事で、翌年の栄養が他の部分に行ってしまう事を防いでくれます。

野菜の栽培がもっと楽しく!育て方に慣れれば野菜の幅も広がる

アスパラガスの栽培は、買ってきた苗から育てれば初心者でも簡単に栽培する事の出来る野菜です。種まきからは、育て方に慣れた中級者向きです。アスパラガスの栽培に慣れれば、様々な野菜を栽培する事も出来ます!栽培の幅を広げて、野菜の栽培を楽しんでいきましょう!採れたては格別です!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb春菊の簡単な栽培方法まとめ!家庭菜園やプランターでの育て方のコツは?
Thumb水菜の栽培方法を紹介!種まきの時期など育て方のコツ・注意点は?
Thumbニラの栽培方法まとめ!種まきや苗植えの時期など育て方のポイントは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-30 時点

新着一覧