DeNAの井納選手の嫁は美人アスリート妻?話題の彼女の画像をチェック!

DeNA・井納翔一選手が自らのお嫁さんをことについてネット上で傷つくことを書き込まれたことで、書き込んだ相手を訴えたことがニュースで取り上げられました。DeNA・井納翔一選手のお嫁さんはどんな妻なのか、また訴訟はどうなるのかまとめてみました。

DeNAの井納選手の嫁は美人アスリート妻?話題の彼女の画像をチェック!

目次

  1. DeNAの井納選手のお嫁さんが美人アスリート妻であることで話題に!
  2. ネットで美人と話題になったDeNA井納選手のお嫁さんネットの反応は?
  3. お嫁さんが実は美人なDeNA井納選手とは?
  4. 画像をチェック!DeNA井納選手のお嫁さんはどんな顔か?
  5. 気になるDeNA井納選手とお嫁さんの馴れ初めは?
  6. 芸能人?一般人?DeNA井納選手のお嫁さんは何をしている人なのか?
  7. DeNA井納選手とお嫁さんとの間に子供はいるのか?
  8. お嫁さんの美人さにだれもが憧れている
  9. 井納選手のお嫁さんについて書き込んだ方は?
  10. これからもDeNA井納選手とお嫁さんが仲良くありますように

DeNAの井納選手のお嫁さんが美人アスリート妻であることで話題に!

プロ野球チームDeNAベイスターズの投手・井納翔一(いのうしょういち)選手が2016年1月に結婚したがニュースになりました。そんなDeNA井納選手のお嫁さんが美人アスリート妻だと噂になっています。DeNA井納選手は結婚してから2016年・2017年と好成績で、妻の存在が心身共に支えとなっているのでしょう。

ネットで美人と話題になったDeNA井納選手のお嫁さんネットの反応は?

DeNA井納選手のお嫁さんについてネットの反応では、美人であるという声が多数です。どこかで否定的な意見をしている方もいたようですが、それは真実ではないのでしょう。

美人なはずのお嫁さんなのにネット掲示板で傷つく投稿が

DeNA井納選手のお嫁さんについて、ネット上の某掲示板でDeNA井納選手のお嫁さんについての書き込みがされており、2018年2月9日号「フライデー」(講談社)は、DeNA井納選手が書き込みをした方へお嫁さんと自分の名誉が侵害されたとして訴えたことを掲載しました。

その内容は191万9,686円の損害賠償を請求するもので、週刊誌のみではなくテレビ報道やネットのニュースにもなりました。一般のネットユーザーに対する多額の損害賠償請求額や、一部ではネットでの書き込みだけで訴えを起こすのは大げさすぎないかと世間から関心が集まっています。

2018年1月には第1回口頭弁論が行われ、まだ和解にまで至っていません。今度、191万9686円の損害賠償請求がどのようになるのか注目が集まっています。

芸能人からもSNSでコメント

2018年1月31日に芸人コンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが報道番組「ビビット」(TBS系)で、ネット掲示板でいくら匿名といっても軽い気持ちで相手を傷つける投稿したことが井納選手の訴訟により、これからのネット社会の成熟につながってくることを語っており、井納選手の行動に肯定的にコメントを残しています。

お嫁さんが実は美人なDeNA井納選手とは?

井納翔一選手は横浜DeNAベースターズに所属するプロ野球選手です。1986年5月1日に東京都江東区で生まれでプロ入り前は木更津総合高等学校に進学し、2年生の時に同校が第85回全国高等学校野球選手権大会出場しましたがベンチ入りメンバーに入れず、スタンドから応援することになります。

また高校3年間で甲子園出場した経験がなく、群馬県にある上武大学へ進学します。上武大学野球部は関甲新学生野球連盟1部リーグ戦に30回優勝、全日本大学野球選手権大会に15回、明治神宮野球大会に8回の出場を誇る名門です。井納選手は4年生のときに頭角を現し、春秋連続リーグ優勝と同時に最優秀防御率をマーク。さらに第57回全日本大学野球選手権大会に出場しました。

卒業後は、社会人野球のNTT東日本に入団し、4年目で主軸の選手として活躍します。第83回都市対抗野球大会に出場したときは準決勝まで進みますが、優勝チームであるJX-ENEOSに敗れました。そして2012年のドラフト会議で、DeNAから3巡目に指名され、契約金6,000万円、年俸1,000万円で入団しました。

デビューとなる2013年は開幕戦から一軍の先発ローテーションに入り、5月7日のDeNA対広島カープ戦でプロ初勝利をあげます。シーズン終了後、「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本VSチャイニーズ・タイペイ」で日本代表入りし中継ぎで2試合登板しました。2017年は25回登板し、勝率0.375、防御率3.84をマークし、DeNA日本一獲得に貢献しました。

画像をチェック!DeNA井納選手のお嫁さんはどんな顔か?

DeNA井納のお嫁さんの画像は上のツイッター画像が出回っています。この画像から確かに美人なお嫁さんですね。「美人アスリート妻」とは、井納選手のお嫁さんがアスリートっぽい顔や雰囲気ではないかとネット上で話題にあっているからです。

井納選手は結婚したお嫁さんについて、フリーアナウンサー平井理央(ひらいりお)さんに似ていると語っていました。さらに井納選手のお嫁さんの画像がネットで明らかになると、平井理央アナウンサーに似ていると反応が多数。

たしかに、DeNA井納選手のお嫁さんの画像と平井理央アナウンサーの画像を見比べてみると、目元や鼻の形や雰囲気など似ているように思えます。野球選手はアナウンサーと交際・結婚になることが多いですが、井納選手が美人アナウンサー似の一般人というあたりは、どこか好印象なように思えてきますね。

気になるDeNA井納選手とお嫁さんの馴れ初めは?

DeNA井納選手と美人妻の出会いは2014年12月に知人の紹介を通じて知り合ったそうです。初対面でDeNA井納選手は一目ぼれで、これが運命の出会いだったと思ったそうです。2015年から交際を開始し約1年間の交際をへて結婚しました。結婚後は食事面でも支え、シーズン中はどんな成績でも笑顔で迎えてくれることで井納選手にとってとても気持ちを楽になったようです。

芸能人?一般人?DeNA井納選手のお嫁さんは何をしている人なのか?

DeNA井納選手のお嫁さんは、名前や年齢、仕事など非公開のままで、発表されたときはフリーアナウンサーの平井理央似の美人であるということしか公開されていませんでした。少なからず、女子アナウンサーや芸能人、モデルなど業界人ではないでしょう。おそらく一般職の女性であると考えられます。

DeNA井納選手とお嫁さんとの間に子供はいるのか?

DeNA井納選手とお嫁さんの間には2016年9月6日に長男が生まれています。現在息子さんはまだ1歳ですが、これから野球をさせるのか注目ですね。また、お嫁さんとの結婚と子供さんができたことで、野球での成績向上につながることが予想されます。そう考えれば、DeNA井納選手をさらに応援したくなります。

お嫁さんの美人さにだれもが憧れている

井納選手の妻が美人なことについて、どんな男性も羨ましく思えているのでしょう。ネットでも井納選手の結婚や妻が美人なことに羨ましい声が多数ありました。しかし、一部では逆の内容で投稿する方もいたました。

一部では否定的な意見をする女性も

20代女性は軽い気持ちで書き込んで、まさかこんなことになるとは思ってなかったと語っています。また200万円近いお金を払うこともできなく、どうしたらいいのか途方に暮れていることも週刊誌のインタビューで語っています。しかし、このように週刊誌のインタビューへ応えているということは、20代女性が一連のネタを週刊誌側へ売ったのではないか一部でいわれています。

20代女性の方が週刊誌側に売ったという見方はネット上のSNSや掲示板で話題になっており、DeNA井納選手のお嫁さんについて書き込み、なおかつ週刊誌へ売り込んだことへ否定的な声が多数書かれています。しかし、20代女性の方が賠償金請求に支払うことができなければ、少しでもお金になるよう週刊誌のインタビューに語りお金を得ることは仕方ないようにも思えます。

井納選手のお嫁さんについて書き込んだ方は?

DeNA井納選手はどのようにして、ネットの書き込みをした方を割り出したのか気になることです。書き込みを割り出すためには、まず掲示板管理者へ問合せIPアドレスを入手します。IPアドレスを基に、書き込んだ人を割り出すために、書き込みをした人が使っているプロバイダーに個人情報開示を求めます。このとき情報開示請求に77万円もかかります。

プロバイダーは情報開示に対して、該当するユーザーに対し公開して良いのかを尋ねます。本人の承認がとれた場合は本人へ損害賠償を請求できます。また、承認されなかった場合は、拒否された側から裁判によって公開について争うこともできます。

これまで一連のプロセスは、井納選手が行ったのではなく専門の業者やコンサタントによって行われたことが考えられます。情報開示請求に77万円がかかり、さらに代行する業者、コンサルタントルや弁護士に支払う金額もあるため、少なくとも150万円、最大で損害賠償額と同じ200万円かかるのではないか言われています。

これからもDeNA井納選手とお嫁さんが仲良くありますように

今後、ネット上での心無い誹謗中傷記事が無くなることを願ってやみません。

このように井納選手は思っているようです。井納選手はプロ野球選手である以上、野球のことでマスコミからたたかれることもありますが、ネット住民からいろいろなことを言われるかもしれません。しかし、愛する妻や子供について書かれたことには憤りを感じたのでしょう。それは誰も同じです。オリエンタルラジオ中田さんがおっしゃるように、今回の損害賠償請求がネット上のモラルに繋がるでしょう。

客観的に見ても、自身のことならまだしも家族の書き込みについてについては許せない気持ちにさせられます。安易に傷つくことを書くことは控えることが重要といえるでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-12-03 時点

新着一覧