バルサミコ酢の簡単レシピ集!定番からアレンジまで美味しい使い方

バルサミコ酢を買ったものの、ほとんど使わず棚の奥で眠っているなどということはありませんか?使い方がよくわからないという声を聞くこともありますが、バルサミコ酢のレシピは色々あり、使い慣れるとその万能さにはまるお酢です。今回は定番から以外なレシピまで紹介します。

バルサミコ酢の簡単レシピ集!定番からアレンジまで美味しい使い方

目次

  1. バルサミコ酢は栄養たっぷり
  2. サラダによく合うバルサミコ酢ドレッシングレシピ
  3. 彩り焼き野菜のバルサミコ酢かけレシピ
  4. すっきりとこく深いバルサミコ酢豚レシピ
  5. 豚バラのバルサミコ酢煮込みレシピ
  6. バルサミコ酢がポイントなポークビンダルレシピ
  7. さっぱり美味しい鶏肉のバルサミコ酢焼きレシピ
  8. 簡単!鶏レバーのバルサミコ酢煮レシピ
  9. タコとトマトのバルサミコ酢マリネレシピ
  10. ぶりのバルサミコ酢照り焼きレシピ
  11. バルサミコ酢で大人なミートソース
  12. 果物をさらに美味しくするバルサミコ酢レシピ
  13. 絶品デザート!バルサミコ酢入りフィグログレシピ
  14. 元気になるバルサミコ酢入りスムージレシピ
  15. まとめ:バルサミコ酢で料理の幅を広げよう!

バルサミコ酢は栄養たっぷり

イタリア特産のバルサミコ酢は、色々なスーパーでも見かけるようもになり一般的になり人気もありますが、まだ使ったことがない人が多い調味料でもあります。バルサミコ酢は「香り高いお酢」という意味を持ち、その名の通り濃厚で独特な香りがします。

バルサミコ酢にはブドウの種類や製法が法律で定められ、最低でも12年以上の熟成が必要な「トラディツィオナーレ」と呼ばれる年代物のバルサミコ酢もあり、50年や100年のものは高級品として1本数万円から数十万円するものもあります。そういったバルサミコ酢は風味がよいため、食前酒として飲んだりそのままドレッシング代わりに野菜にかけたりして使うことが多いそうです。

ワインビネガーとバルサミコ酢の違い

バルサミコ酢はワインビネガーの一種といわれることもありますが、製造方法が違います。バルサミコ酢は煮詰めたブドウ果汁を木の樽に詰め、添加物を一切加えず定期的に種類の違う樽に移し替えながら長い期間をかけて熟成させていきます。ワインビネガーはブドウ果汁にワイン酵母を加えてアルコール発酵させ、さらに酢酸菌も加えて熟成させます。

ワインビネガーとの違いがわかったところで、さっそくバルサミコ酢を使った人気レシピを紹介していきます。混ぜるだけで簡単にできるドレッシングからデザートまで色々紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

サラダによく合うバルサミコ酢ドレッシングレシピ

バルサミコ酢の定番の使い方といえばドレッシングです。オリーブオイルとバルサミコ酢を合わせて塩こしょうで味を整えるだけの簡単ドレッシングもおすすめですが、さらに人気のドレッシングのレシピを3種類紹介します。

まずひとつめのドレッシングは、オリーブオイル大さじ2、バルサミコ酢大さじ1、しょう油、砂糖、おろしニンニク各小さじ1、黒こしょう少々をよく混ぜ合わせます。ふたつめのドレッシングは、オリーブオイル大さじ5、しょう油、バルサミコ酢各大さじ1、おろし玉ねぎ小さじ1、おろしニンニク小さじ1/3、砂糖ふたつまみ、塩こしょう少々をよく混ぜ合わせます。

みっつめのドレッシングは、オリーブオイル、バルサミコ酢、マヨネーズ、しょう油を1:1:1:1で混ぜ合わせるだけなので、その日に使いたい分量に合わせて作ってください。どのドレッシングも材料さえ用意できれば後は混ぜ合わせるだけなので簡単です。

Thumb美味しいドレッシングの作り方!簡単に手作りできるおすすめレシピ

彩り焼き野菜のバルサミコ酢かけレシピ

焼き野菜は好きな野菜で作れる簡単レシピで、たっぷりのオリーブオイルで焼けば焼き目がきれいに付き、より美味しそうな仕上がりになります。温野菜サラダとしてバルサミコドレッシングをかけて食べたり、鶏肉や豚肉料理の付け合わせとしてもおすすめです。

レシピは①黄色パプリカ1/2個、ズッキーニ1本、好みのきのこをそれぞれ食べやすい大きさにカットします。②フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、①の野菜を焦げ目が付くまで両面焼き、塩こしょうをふりかけます。③お皿に盛り、バルサミコ酢、しょう油各大さじ1を回しかけ、好みのチーズを散らします。

すっきりとこく深いバルサミコ酢豚レシピ

普通の酢豚よりも甘さ控えめでさっぱりと食べられるバルサミコ酢豚は、中華で人気の黒酢酢豚と似たコク深さもあり一度食べるとはまります。豚肉は脂身の少ない肩ロースを選ぶようにし、たっぷりの油ではなく、多めの油で揚げ焼きにしても同じように作れます。

レシピは①豚肉は肩ロースのブロックで350~500gを選び、表面の脂を取ったら豚肉の繊維を切るように1cm間隔で切り込みを入れ、3cmくらいの角に切ります。②豚肉に塩小さじ1/3、酒大さじ1、こしょう少々をもみ込み15分くらい置き下味をつけます。

③バルサミコ酢大さじ3、砂糖、酒各大さじ2、塩小さじ1/2を混ぜておきます。④赤パプリカ1個を食べやすい大きさにカットします。⑤下味をつけた豚肉に片栗粉をしっかりまぶし、中温の油で揚げたら、パプリカもサッと油にくぐらせます。⑥フライパンに揚げた豚肉と合わせ調味料を入れ、強火で照りがでるまで炒めたらパプリカを加えてサッと混ぜ合わせます。

片栗粉を豚肉にまぶすとき、ポリ袋に入れて行うとまぶしやすく粉が飛び散らず便利です。パプリカではなく、レンコンを合わせても美味しい酢豚になります。その場合は、先にレンコンを茹でてから最後に加えてください。

豚バラのバルサミコ酢煮込みレシピ

バルサミコ酢で煮込むことで豚バラがさっぱりと上品な味になります。じゃが芋などと一緒に煮込んでも美味しく、豚肉がたっぷり食べられます。普段のおかずとしてだけでなく、おもてなしにもおつまみにもピッタリな人気レシピです。

レシピは①豚バラ500gは3~4cmの角切りにし、多めの熱湯でゆでこぼします。②鍋にバルサミコ酢、しょう油、ワインまたは酒大さじ3、砂糖大さじ2、ニンニク1片と①の豚肉を入れたら、豚肉がかぶる程度の水を入れて強火にかけます。②煮立ったら中火にしてアクを取り除いたら弱火にし、フタをして豚肉が柔らかくなるまで1時間以上煮込みます。

③肉が柔らかくなっても汁気が残っている場合は、強火にして煮詰めます。豚肉が柔らかくなる前に煮詰まった場合は水を足し、甘みなどが足りない場合は煮詰めるときに調味料を加えて味を整えてください。

Thumbトンポーロー(豚の角煮)はとろける食感!本格中華のレシピや作り方を紹介!

バルサミコ酢がポイントなポークビンダルレシピ

ポークビンダルは、ピリ辛と酸味を楽しむ南インドで人気のカレーです。本来はワインビネガーを使いますが、バルサミコ酢を使うことでまろやかな仕上がりになります。マリネ液に漬け込んだ豚肉を使い、スパイスを効かせた人気の本格カレーです。

カレーは玉ねぎをあめ色になるまで炒めて作るレシピが多いですが、そこまで炒める必要がなく、炒めては煮込むを繰り返すだけなので、手間はかかりますが作り方は簡単です。バルサミコ酢を食べなれない人にもカレーなら食べやすくおすすめです。

Thumbカレー隠し味レシピ!絶対美味しくなる調味料・スパイスランキング!

さっぱり美味しい鶏肉のバルサミコ酢焼きレシピ

バルサミコ酢を使った鶏肉の照り焼きもおすすめです。鶏肉は食べやすい大きさにカットして作っても、大きいままで作ってもよく、丼にしても美味しいです。バルサミコ酢は火を通すとよりまろやかになり、酸味の苦手な子供も食べやすくなります。

レシピは①鶏もも肉2枚は皮と余分な脂をとり、数ヶ所切り込みを入れます。②鶏肉に酒大さじ1と塩こしょうをかけて20~30分置いて下味を付けます。③バルサミコ酢大さじ2、しょう油、みりん、酒各大さじ1を合わせておきます。④フライパンにサラダ油を少し入れて熱し、鶏肉の両面に焼き色を付けたら水を少し入れてフタをして蒸し焼きにします。

⑤鶏肉の中まで火が通ったら合わせ調味料を加えて全体に絡めたら鶏肉は一度フライパンから取り出し、調味料を煮詰めます。皿に盛り付けるとき、1人前ずつならそのまま、大皿に盛り付けるなら食べやすい大きさに鶏肉をカットして煮汁をかけてください。


Thumb鶏胸肉の照り焼きレシピまとめ!簡単で美味しい作り方のご紹介!

簡単!鶏レバーのバルサミコ酢煮レシピ

鶏レバーは貧血気味の人や女性に嬉しい人気食材ですが、臭みが気になるときがあります。ですが、バルサミコ酢で煮ることで臭みが取れさっぱりと食べやすくなります。鶏肉のレバーははじめに小さくカットするとパサついてしまうだけでなく、アクがたくさん出てしまうので盛り付け前に食べやすい大きさにカットしましょう。

レシピは①鶏肉のレバー200gは脂肪や血の塊を取り除いたら2~3つにカットします。②鍋にバルサミコ酢 、しょう油、砂糖、酒各大さじ1と鶏肉レバーを入れ強火にかけ、沸騰してきたら弱火にしてフタをして7分煮ます。③フタを取って中火にして煮詰め、とろみがでたら火を止めます。

タコとトマトのバルサミコ酢マリネレシピ

刻んだトマトを炒めてバルサミコ酢と合わせたマリネ液は、タコだけでなく他の魚や肉とも相性がよく、覚えておくと便利なレシピです。2時間以上漬け込むので先に作っておくこともできるので、簡単なパーティーメニューとしてもおすすめです。

レシピは①ゆでタコ300gは2cm角、トマト2個は3cm角、玉ねぎ1/4個はみじん切りにします。②バルサミコ酢大さじ2、はちみつ小さじ2、しょう油小さじ2/3、おろしにんに少々を混ぜ合わせ、トマト1個を1cm角にカットします。③フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱して、②のトマトを入れて崩れるまで炒めたら合わせ調味料を加え、塩こしょうで味を整えます。

④③を容器にあけて粗熱が取れたら①とオリーブオイル大さじ2を加えて和えます。⑤冷蔵庫で2時間以上冷やし、食べるときにドライパセリをふります。5mmくらいの厚さにカットしてトーストしたフランスパンにマリネ液を付けて食べるのもおすすめです。

Thumbトマトマリネの人気レシピ!はちみつや玉ねぎ入り簡単日持ちサラダ

ぶりのバルサミコ酢照り焼きレシピ

ぶりの人気レシピといえば照り焼きは外せませんが、和食の定番ともいえるぶりの照り焼きが、バルサミコ酢で美味しくしかも簡単に作れます。上に乗せるたたき長いもがさらに美味しさを引き立てて、ぶりの苦手な人でも完食してもらえそうです。

レシピは①ぶりに軽く塩を振り、臭みを出すと共に身を引き締めます。②長いも20gは粘りが出るまでたたいておき、しょう油、みりん、酒、バルサミコ酢各小さじ2、砂糖小さじ1を合わせておきます。③ぶりの水気を取り、薄力粉をはたきつけたら、熱したフライパンにサラダ油を少したらし、中火でこんがりと焼きます。

④両面焼けたら合わせ調味料を入れ、とろみが出るまで煮詰めます。⑤皿に盛りつけ、たたき長いもをトッピングします。ぶりは焼くと脂が出てくるため、調味料を入れる前に少しふき取りますが、体によい脂なのであまり神経質にならなくても大丈夫です。

バルサミコ酢で大人なミートソース

ミートソースはパスタの人気レシピのひとつですが、くどさを感じて食べ飽きてしまうこともあります。バルサミコ酢を加えることでさっぱりとした味になり、パスタソースとしてだけでなく、グラタンやドリアなど色々なレシピに応用できます。

レシピは①玉ねぎ1/2個、にんじん1/3本、セロリ1/3本はみじん切りにします。②フライパンにサラダ油をひいて熱し、チューブ入りニンニク3cmと①を炒め、火が通ったら合いびき肉250gを加えて炒め、塩こしょうします。③カットトマト缶1缶、コンソメ、砂糖各大さじ1を加えて弱火で5~8分ほど煮込んだらバルサミコ酢大さじ1を加えてひと煮たちさせます。

果物をさらに美味しくするバルサミコ酢レシピ

簡単で以外な食べ方ですが、バルサミコ酢をそのままイチゴにかけて食べるのもとても美味しい食べ方です。できれば12年以上熟成させたバルサミコ酢がおすすめですが、それ以外ならバルサミコ酢とはちみつを2:1の割合で混ぜてかけてください。

バルサミコ酢はイチジクとの相性も抜群です。イチジク2個のへたを取り皮をむいたら、食べやすい大きさにカットしてバルサミコ酢、オリーブオイル各小さじ2と砂糖小さじ1/2と和え、イタリアンパセリを散らせばできあがりです。簡単にできワインのおつまみにもピッタリです。

絶品デザート!バルサミコ酢入りフィグログレシピ

見た目はサラミのようですが、ドライフルーツとナッツを合わせてぎゅっと固めたイタリア伝統のお菓子です。ドライイチジクは必須ですが、アニスシードはなければ入れなくても大丈夫です。クラッカーに乗せてチーズを重ねればワインのおつまみにピッタリです。簡単に作れますが作りたては切りにくいので、冷蔵庫で5日は寝かせるのがポイントです。

レシピは①くるみ70g、アーモンド40gは弱火のフライパンで乾煎りします。②ドライのイチジク130gとプルーン70gは適当にカットしフードプロセッサーに入れて何度か回してペースト状にしたらレーズン50g、バルサミコ酢小さじ1、アニスシード小さじ1/2、こしょう少々を加えてさらに回します。

③ラップを広げて②を手で平らに伸ばしたら①を全体におき、少し埋めるようにしたら4cmくらいの棒状にらっぷごと丸めます。④さらにアルミホイルでくるんだら冷蔵庫で5~7日ほど寝かせます。食べるときは、5mmほどの厚さにカットしてください。

Thumbドライフルーツのカロリーと栄養を調査!太る原因や美肌効果・効能とは?

元気になるバルサミコ酢入りスムージレシピ

元気が欲しいときや、ちょっと疲れたときにおすすめなバルサミコ酢入りのスムージです。イチゴの香りとコンデンスミルクの甘さとバルサミコ酢の風味が程よく混ざりあい、甘すぎずとても飲みやすい人気のスムージーです。

レシピは、イチゴ100g、コンデンスミルク大さじ3~4、牛乳200ml、バルサミコ酢大さじ2、氷6~8個をミキサーに入れてなめらかになるまで混ぜ合わせます。冷凍イチゴを使う場合は、先にイチゴだけミキサーにかけてから他の材料を入れてください。

Thumbいちごスムージーはダイエットに効果的!美味しく痩せるレシピを紹介!

まとめ:バルサミコ酢で料理の幅を広げよう!

バルサミコ酢は、そのままかけるだけで料理の味がグンと上がりおしゃれな仕上がりになることで人気がありますが、使いこなしている人が少ない調味料でもあります。ですが、オリーブオイルと合わせるだけでドレッシングになったり、バニラアイスにかけるだけでも美味しく食べる事ができます。もしバルサミコ酢を使ったことがないなら、これを機会にぜひ使ってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-05-23 時点

新着一覧