ブルーベース・イエローベース診断!見分け方や特徴まとめ!

皆さんはパーソナルカラーという言葉を聞いたことがありますか?パーソナルカラーは、ブルーベース、イエローベースで肌タイプを診断する方法です。今回は、ブルーベースとイエローベースで診断する自分のお肌の見分け方や特徴をご紹介します。色んな場面で活用してみましょう。

ブルーベース・イエローベース診断!見分け方や特徴まとめ!

目次

  1. 自分でも診断出来る!?ブルーベース?それともイエローベース?
  2. ブルーベース&イエローベースって一体何?
  3. 2つの特徴はどこ?ブルーベース&イエローベースの色の特徴
  4. ブルーベースとイエローベースを診断する3つのポイント
  5. 目&髪色の特徴をチェック!ブルーベースとイエローベースの違いは?
  6. 腕の血管で診断出来る!?ブルーベースとイエローベースの見分け方
  7. ファンデで診断しよう!あなたはブルーベース?イエローベース?
  8. 似合う色と似合わない色を合わせるとこう変わる!
  9. ブルーベースかイエローベースかを知るとこう役立つ!
  10. 自分に似合う色選びにはブルーベースとイエローベースを活用しよう!

自分でも診断出来る!?ブルーベース?それともイエローベース?

時々、「ブルーベース」「イエローベース」という言葉を耳にしたことがありませんか?日本人のお肌は、色々な角度から分類することが出来ます。今回は、ブルーベースとイエローベースを診断して見分ける肌タイプの見分け方をご紹介します。お店に行かなくても自分で簡単に診断出来る見分け方はもちろん、それぞれの特徴をお届けしていきましょう。

ブルーベース&イエローベースって一体何?

まずは、ブルーベースとイエローベースとは一体何かというところからご紹介していくことにしましょう。具体的な見分け方をお届けする前に、ブルーベースとイエローベースの基礎知識からお話ししていきますね。

ブルーベースとイエローベースは…【肌タイプの見分け方】

ブルーベースとイエローベースとは、パーソナルカラーで使われる用語です。パーソナルカラーとは、自分の肌タイプを知って自分に最も似合う色を診断する診断方法です。その中で、ブルーベースとイエローベースという言葉が良く登場するのですが、これは人の肌タイプを大きく2つに分類したものです。

色の特徴は?

色はとても不思議なもので、黄色がかったピンクとブルーがかったピンクの上に同じ肌色を置いて見た時、色が違って見えます。色は同じ色だったとしても周りの色に影響される特徴があります。このように色が周りの色に影響されて異なる色に見えてしまう現象を対比現象と言います。これを活用した見分け方がパーソナルカラーです。

〝自分に似合う〟が見つかる、日本初のパーソナルカラーに特化した会員制美容メディア「COLOR ME」

2つの特徴はどこ?ブルーベース&イエローベースの色の特徴

続いては、そんなブルーベースとイエローベースの色の特徴についてお話ししていきます。果たして、ブルーベールとイエローベールとはどんな特徴があるのでしょうか?ブルーベースとイエローベースの肌の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

ブルーベースとは?

ブルーベースとは、寒色系に分類され、青みがかった肌色を指します。ファンデーションの色味で表現するとピンク系の色味になります。優しいパステルカラーやビビットでくっきりとしたポップカラーがブルーベースのお肌には似合います。

イエローベースとは?

イエローベースは、暖色系に分類され、黄色みがかった肌色を指します。日本人に多い肌タイプは、このイエローベースの方です。ファンデーションでいうとオークル系にあたり、温かみのあるヴィヴィットカラーやアースカラーが似合う肌色になります。

ブルーベースとイエローベースを診断する3つのポイント

次にお届けしていくのは、ブルーベースとイエローベースを診断する3つのポイントです。日本人には、イエローベースを持っている人が多いというお話をしましたが、ブルーベースの人も多く存在します。日本人の肌を診断するためのシンプルな方法がこのパーソナルカラーです。

ポイント①持っているパーツをチェック

私たちの顔の中には、髪の毛や目、唇などのさまざまなパーツがあります。その1つ1つのパーツの色を見るとブルーベースかイエローベースかを見分けることが出来ます。例えば、黒目の色、地毛の色、唇の色などがブルーベースかイエローベースかの見分け方のポイントの1つです。

ポイント②顎に当てた時の肌色をチェック

2つめの見分け方のポイントは、顎の下に色を持って来た時のお肌の色の変化を見ます。後ほど詳しくご紹介しますが、この見分け方は、色んな場面で活用することが出来ます。パッと見は同じように見える日本人のお肌を診断することが可能です。

ポイント③血管の色をチェック

3つめの見分け方のポイントは、血管の色です。腕の裏にある血管の色を見て自分がブルーベースかイエローベースかを診断します。これは、表面からでも診断することが可能なので、自分でも気軽に見極めることが出来ます。

目&髪色の特徴をチェック!ブルーベースとイエローベースの違いは?

ここからは、見分け方の基準にもなる1つ1つの方法を具体的にご紹介していきましょう。最初にご紹介するのは、黒目の色や髪色を見てブルーベースかイエローベースかを診断する方法です。早速スタートしていきます。

ブルーベースの目や髪色の特徴は?

ブルーベースの人の目の色の特徴は、黒目が暗めの茶色だったり、白目の部分が青みがかっています。光に当たると茶色くなる人はいますが、ブルーベースの人の黒目の色と白目のコントラストがくっきりしているところがあります。そして、生まれた時の髪の色が黒や茶色がかった色味が特徴です。

イエローベースの目や髪色の特徴は?

イエローベースの人の目の色の特徴は、黒目の色が茶色や明るめの茶色をしています。光に当たっても茶色く光って、どちらかと言えば茶色がかった黒目が魅力です。さらに、白目が黄みがかっているのも診断ポイントです。そして、地毛の色は、ダークブラウンや茶色の人を指します。地毛の中にも黄色みを感じる特徴があります。

Thumbパーソナルカラー診断が春タイプの女性必見!似合う色やメイク・コスメ特集

腕の血管で診断出来る!?ブルーベースとイエローベースの見分け方

次に注目して見ていくのは、腕の裏にある血管です。ブルーベースとイエローベースの人は、血管の色が違うと言われています。それでは、早速自分の腕の裏を見て血管の色を比較してみましょう。この血管の色の見え方で2つの肌色が診断出来るそうです。

ブルーベースの血管の色は?

ブルーベースの人の血管の色は、見た時に青色をしています。肌から透けて見える色がブルーがかかった色をしているとブルーベースと診断出来る基準の1つになります。

イエローベースの血管の色は?

イエローベースの人の血管の色は、緑色をしています。ブルーベースの人と同じく、肌から透けて見えた色がブルーベースの人とは少し違って緑っぽく見える特徴があるようです。私たちの体の中には、ブルーベースとイエローベースを診断出来る要素がたくさんあります。

Thumbパーソナルカラー診断が冬タイプの女性必見!似合う色やメイク・コスメ特集

ファンデで診断しよう!あなたはブルーベース?イエローベース?

続いての診断方法は、ファンデーションを使って診断する方法です。ドラックストアなどに行くと色んな色のファンデーションが置いてあります。それを腕の裏につけて数種類つけて自分の肌色の変化を見るという見分け方です。その方法を具体的にご紹介します。

ブルーベースのファンデーションは?

ブルーベースの人に似合うファンデーションの色は、ピンクオークルやピンクライトなどのピンクとつく色味になります。ブルーベースの人のお肌は、ビンクがかったところが特徴なのでファンデーションの色もピンク系を選ぶようにしましょう。

イエローベースのファンデーションは?

イエローベースの人に似合うファンデーションの色は、ライトベージュやライトオークル、オークルなどの色味になります。日本人は黄色人種と呼ばれているほど黄色がかったお肌を持っている人も多いので、分からない時は、オークル系の色味を加えて診断してみるのもGOODです。

似合う色と似合わない色を合わせるとこう変わる!

次は、自分の肌の色をブルーベースかイエローベースか診断する時に似合う時の変化と似合わない時の変化をご紹介していきましょう。似合う色と似合わない色を合わせた時には、どんなお肌の変化があるのでしょうか?

似合う色を合わせた時は?

ブルーベースの人が似合う色を合わせた時は、お肌の色がより美白に見せてくれます。さらに、お肌に透き通るような透明感を与えてくれるのもブルーベースの人の特徴です。一方、イエローベースの人が似合う色を合わせた時は、柔らかみを感じる健康的な肌色に見せてくれます。

似合わない色を合わせた時は?

一方、似合わない色を合わせた時のブルーベースの人のお肌は、透き通るような肌色というよりも、不健康に青白く見えてしまうところがあります。まるで血の気が引いたような肌色に見えてしまいます。そして、イエローベースの人が似合わない色を合わせるとお肌が健康的というよりもくすんだ黄色に見えるという特徴があります。

ブルーベースかイエローベースかを知るとこう役立つ!

最後にお話ししていくのは、このブルーベースやイエローベースの診断方法を知っているとどんなふうに役に立つのかという点です。パーソナルカラーを活かす方法をご提案します。

メイクアイテム選びに役立てよう!

自分の肌色を知ることは、メイクアイテムを選ぶ時にも役立てることが出来ます。特に、アイシャドウやチーク、リップの色を選ぶ時、迷ってしまうことはありませんか?そんな時に自分がどの肌色に属するのかを知っておくととても便利です。

ファッション選びに役立てよう!

ブルーベースとイエローベースを活かす場面は、ファッションアイテム選びです。服屋さんなどに行った時にどっちの色にしようか迷ってしまうことがあると思います。そんな時は、気になる色の服を持って鏡の前に立って、顎の下に当てながら見てみましょう。

この時にどこを見るかというと顎の部分の肌色の変化です。両方の服を交互に当てた時にどう変化するかを見ることで、どっちが自分のお肌に合うのかを診断することが出来ます。

自分に似合う色選びにはブルーベースとイエローベースを活用しよう!

ブルーベースとイエローベース、日本人だけを見てもさまざまな肌色の人が一緒に暮らしています。それぞれに特徴もあり、その特徴や診断方法を知ることで、自分をさらに魅力的に見せることができるようになります。日本人の肌の色は色々ありますが、それも1つの個性です。その個性を活かしながらヘアメイクやファッションなどを楽しみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-06 時点

新着一覧