トマトピューレは忙しい日に便利!おすすめの美味しい時短レシピ

トマトピューレは煮込む手間が省かれているので時短レシピに最適です。今回は、トマトピューレを使ったおすすめレシピをご紹介します。時間がかかりやすいカレーやドリア、煮込み料理やスープなどもトマトピューレを使えば時間短縮の美味しいレシピに大変身します!

トマトピューレは忙しい日に便利!おすすめの美味しい時短レシピ

目次

  1. トマトピューレとは?
  2. ここが嬉しい!トマトピューレのメリット
  3. お手軽&簡単!トマトピューレを使ったご飯レシピを紹介
  4. 定番の美味しい味「トマトドリア」
  5. アクセントを効かせた「ひき肉カレー」
  6. 炊飯器で時短レシピ「エビピラフ」
  7. 美味しさアップトマトピューレを使ったパスタレシピを紹介
  8. ナッツがポイント「ミートナッツパスタ」
  9. 時短でお手軽「ツナのトマトパスタ」
  10. トマトがしっかり絡む!「トマトソースのニョッキ」
  11. 体の中から温まる!トマトピューレを使ったスープレシピを紹介
  12. 自宅で作れる美味しい「ミネストローネ」
  13. たっぷり野菜が美味しい「トマトミルクスープ」
  14. 時短で作れる嬉しいレシピ「スープロールキャベツ」
  15. トマトピューレで美味しい時短レシピを作ろう

トマトピューレとは?

料理本や料理レシピの紹介サイトなどでよく取り上げられるトマトピューレとは、トマトを生のままコトコトと煮込み裏ごしして煮詰めた状態のものをさします。たっぷりのトマトをそのまま煮詰めているので、トマトピューレは新鮮なトマトの濃厚な味をレシピに取り入れることができるようになっています。

今回は、濃厚なトマトを味わうことができるトマトピューレを使ったおすすめのレシピを紹介します。トマトを煮詰める時間が省かれているので時短にもなりますね。たっぷりのトマトを使ったトマトピューレレシピを、今夜の食卓のメインに取り入れてみませんか?

トマトピューレとトマト缶は違う?

トマトピューレと同様に取り上げられるのがトマト缶です。トマト缶はホールトマトまたはカットトマトが入っている缶詰のことをさします。トマト缶はトマトを湯むきして煮詰めた状態になっているので、トマトピューレよりも味が薄くなってしまいます。味付けも施されていないので、臨機応変にトマト風味の料理に取り入れることができます。

ここが嬉しい!トマトピューレのメリット

トマトピューレは、簡単にトマトの栄養を摂取することができます。時期を過ぎてしまうと高騰してしまうトマトですが、トマトピューレであれば値段の変動もあまりないので安価で購入することができます。トマトに含まれるリコピンを効率よく、たっぷりと摂取することができるといったメリットがあります。

トマトピューレであれば、トマトを購入して煮詰めるといった手間や時間を省くことができます。そのため簡単に調理やレシピに取り入れることができるので大変便利です。保存期間も長いものが多いので、トマトピューレを安売りしているときにたくさん購入しておくと便利でおすすめです。

手作りトマトピューレもおすすめ!

購入することができるトマトピューレですが、トマトをたくさん購入しておけば自宅でもトマトピューレを作ることができます。保存期間が短いトマトですが、トマトピューレにしておくことで保存期間も長くなりレシピにも取り入れやすくなるので便利ですね。冷凍庫で長期保存もできるといったメリットもあります。

お手軽&簡単!トマトピューレを使ったご飯レシピを紹介

トマトピューレとご飯は相性抜群の組み合わせです。作り方が面倒に感じてしまうドリアなどは便利なトマトピューレを使うことで時間短縮になり美味しさをギュッと閉じ込めたドリアを作ることができます。トマトを煮込むといった手間や時間が短縮されることで、ドリア以外にもおかずを用意することができますね。

今回は、トマトピューレを使った美味しいご飯レシピをご紹介します。便利なトマトピューレを使うことで、面倒に感じてしまいがちなご飯レシピも時間短縮で作ることができます。定番のトマトピューレレシピから、簡単に作れる時短レシピなどお気に入りのご飯レシピを作ってくださいね!

定番の美味しい味「トマトドリア」

トマトピューレを使った定番のドリアといえば、ミートドリアです。お手軽で便利なトマトピューレを使うことで時間短縮しながらドリアを作ることができますよ。時間がかかってしまいやすいドリアですが、簡単な具材と組み合わせることで時短で美味しいドリアを作ることができるおすすめのレシピです。

トマトピューレを使ったトマトドリアの作り方

よく洗って皮をむいたじゃがいも1個・ブロッコリー40グラム・トマト1個・を食べやすい大きさに切りましょう。じゃがいもは水を張ったボウルに浸しておきましょう。油を薄く引いたフライパンを熱し、ひき肉50グラムを加えて炒めます。ひき肉の色が変わったら、水1カップを加えます。

さらにブロッコリー・コンソメキューブ1個を加え沸騰させます。煮立ったらじゃがいも・トマト・トマトピューレ100グラム・オリーブオイル大さじ3・牛乳50ミリリットルを加え塩こしょうで味付けを行います。バターを塗った耐熱皿にご飯を盛りトマトソースをかけてチーズとパン粉を散らしてオーブンで15分ほど焼き上げれば出来上がりです。

アクセントを効かせた「ひき肉カレー」

カレーとトマトピューレの組み合わせは意外に思われるかもしれませんが、意外にも相性がよく口の中で美味しく交わってくれます。カレーの辛味とトマトピューレの酸味が混ざった、時短で本格的なカレーを作ることができます。いつものカレーに飽きたときに取り入れてくださいね!

トマトピューレを使ったひき肉カレーの作り方

水煮大豆をフードプロセッサーを使って粗めに潰しておきましょう。玉ねぎは粗みじん切りにします。サラダ油をひいて熱したフライパンに玉ねぎを加えて中火で加熱します。玉ねぎが透明になってしんなりとしたら、豚ひき肉80グラムを加えます。色が変わったらカレー粉大さじ1を加えましょう。

水煮大豆・水150ミリリットル・トマトピューレ50グラム・味噌小さじ2・醤油大さじ1/2・ローリエ1枚・すりおろしたにんにくと生姜を加えます。全体を混ぜ合わせて、煮立ったらフタをして弱火で10分ほど煮込みます。とろみがついたら塩で味をととのえて、お好みの香草をトッピングして出来上がりです。

炊飯器で時短レシピ「エビピラフ」

ピラフにトマトピューレを加えることで、ほんのりと酸味を感じることのできるピラフに仕上がります。トマトピューレの量を調節することで、ケチャップライスとしてレシピに取り入れることもできますね。具材をアレンジすることで様々なピラフを楽しむことができる便利なレシピです。

トマトピューレを使ったエビピラフの作り方

えびの殻をむいて背わたを外しておきましょう。塩もみをして、片栗粉を加えて揉んでから水洗いを行なって海老の臭みをとっておきましょう。マッシュルーム缶とコーン缶は簡単に水洗いを行なって水気を切り、パセリはみじん切りにして水気を切ります。ご飯も洗っておきましょう。

サラダ油を熱したフライパンにバター20グラムを加えてみじん切りにした玉ねぎを炒めます。えび・マッシュルーム・コーンを加えて炒め、塩こしょうで味をととのえましょう。炊飯器にご飯と白ワイン大さじ3・トマトピューレ大さじ4・顆粒チキンスープの素大さじ1を加えてご飯に合わせた水を加えて炊飯ボタンを押して出来上がりです。

美味しさアップトマトピューレを使ったパスタレシピを紹介

トマトピューレを使ったパスタは、時間短縮でアレンジも豊富です。トマトピューレは、パスタの麺にも絡みやすく味が馴染みやすいので時間がないときのランチレシピとして取り入れたり疲れて帰宅したときの時短レシピとして取り入れることができるのでおすすめです。

煮込む手間のいらない便利なトマトピューレは、忙しい方や時間に追われているけど栄養のあるものを食べたい方におすすめです。トマトピューレを加えることで味に深みのあるパスタを作ることができますよ。便利なトマトピューレを使って、簡単で美味しいパスタレシピを作って見ましょう!

ナッツがポイント「ミートナッツパスタ」

ミートパスタに慣れた方も、ナッツが加わることで新鮮なパスタレシピとして味わうことができます。クルミを砕いて加えることで、食感も楽しみながらパスタを楽しむことができますよ。便利なトマトピューレを使った、手軽さが嬉しいおしゃれなミートナッツパスタはおすすめです。

トマトピューレを使ったミートナッツパスタの作り方

にんにくはみじん切りに、クルミは粗く刻んでおきましょう。玉ねぎをみじん切りにして、オリーブオイルを熱したフライパンに加えて炒めます。中火で炒め、しんなりとして透明になったらひき肉150グラム・みじん切りにしたにんにく・粗く刻んだクルミを加えて炒めます。

ひき肉がそぼろ状になったら トマトピューレ150グラム・酒大さじ2・味噌大さじ1・ローリエ1枚を加えてフタをします。中火で8分ほど加熱し、パスタを別の鍋で茹でましょう。パスタが茹で上がったら、茹で汁をおたま2杯分加えてパスタを絡めましょう。3分ほど加熱しタイムやバジル、粉チーズや粗びき黒こしょうをかければ出来上がりです。

時短でお手軽「ツナのトマトパスタ」

時短で作れるパスタレシピですが、さらにツナの缶詰を使用することで調理時間をぐっと短縮することができます。忙しいときの時短ランチレシピとしても人気のツナとトマトパスタは、簡単に作れる美味しいパスタレシピです。時間がないときにもおすすめの美味しいパスタレシピですよ。

トマトピューレを使ったツナのトマトパスタの作り方

ブロッコリーとほうれん草は、大きめの鍋で少し固めに茹でて小さく切っておきましょう。別の鍋でパスタを茹で始めます。オリーブオイルを熱したフライパンにみじん切りにしたにんにく、食べやすい大きさに切ったベーコンを炒め合わせます。ベーコンがカリッとするまで炒めましょう。

水気を切ったツナ缶・トマトピューレを加えます。さらにコンソメ小さじ2・粉チーズ適量・塩こしょう少々で味付けを行ってからほうれん草・ブロッコリーを加えます。全体が馴染んだら、パスタを加えて味が絡むようにしっかりと混ぜ合わせましょう。粉チーズを振りかければツナのトマトパスタの出来上がりです。

トマトがしっかり絡む!「トマトソースのニョッキ」

ニョッキとは、じゃがいもと小麦粉を混ぜ合わせて練って団子状にしたパスタを指します。いつものパスタレシピにマンネリしてしまったときには、アレンジしたニョッキはいかがですか?モチっとした食感と、トマトピューレの組み合わせは味が馴染みやすく美味しいのでおすすめです。

トマトピューレを使ったニョッキの作り方

鍋にオリーブオイル大さじ1を加えて熱し、みじん切りにした玉ねぎとみじん切りにしたにんにくを加えて透明になるまで炒めます。さらに、細かく刻んだなすとマッシュルームを加えて全体をかき混ぜます。全体が混ざったら、刻んだトマト缶とトマトピューレ大さじ2・赤ワイン1杯を加えて15分程煮込みます。

煮込まれたら塩こしょう、砂糖を加えながら味をととのえましょう。あらかじめ用意しておいたニョッキを加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。ニョッキはじゃがいもと薄力粉、塩を練って茹で上げれば出来上がります。たくさん作って、たっぷりとニョッキを味わいたいですね。

体の中から温まる!トマトピューレを使ったスープレシピを紹介

トマトをスープに取り入れようとすると、湯むきをして煮込んだりと時間がかかってしまうものです。時間に余裕があるときは構いませんが、時短でレシピを作りたいときや忙しいときには便利なトマトピューレがおすすめです。すでに調理済みのトマトピューレは簡単にスープを作ることができます。

トマトソースは、程よい酸味と甘みを感じることができます。コトコトと煮込むことで、体の中から温まるスープを作ることができますね。寒い時期のスープとして取り入れたり、冷えた体を温めるときの時短スープとしてもおすすめです。トマトピューレを使った美味しいスープレシピをご紹介します。

自宅で作れる美味しい「ミネストローネ」

お店で食べる機会も多いミネストローネですが、トマトピューレを使えば自宅でも美味しいミネストローネを作ることができます。トマトによく合う野菜を加えてコトコトと煮込むだけで簡単に作ることができるミネストローネは、ほっと一息つきたいときにおすすめのスープレシピです。

トマトピューレを使ったミネストローネの作り方

ベーコンは1センチ幅に切り、トマトは湯むきを行います。玉ねぎとじゃがいも、人参とセロリは1センチ角に切りましょう。キャベツは適当な大きさにちぎっておきます。鍋にオリーブオイルまたはサラダ油大さじ2を加えてベーコンと玉ねぎをしっかりと炒めましょう。

玉ねぎが炒まったらじゃがいも・にんじん・トマト・キャベツを加えてしっかり炒めます。キャベツがしんなりしたら水カップ4・トマトピューレ大さじ4・コンソメ小さじ1/2を加え10分ほど煮込みます。茹でたマカロニを加え、塩こしょうで味をととのえたらはちみつ小さじ1を加えてミネストローネの出来上がりです。

たっぷり野菜が美味しい「トマトミルクスープ」

さっぱりとした味わいのトマトスープですが、ミルクを加えることで深みのある脳子なスープに大変身します。ミルクが入っていることで、体の中から温まりやすく栄養も摂取できるおすすめのレシピです。野菜をたっぷりと入れて、ヘルシーで美味しいトマトミルクスープを味わいましょう。

トマトピューレを使ったトマトミルクスープの作り方

にんじん・玉ねぎ・じゃがいも・しめじ・キャベツ・ピーマンなどお好みの野菜を用意したら食べやすい大きさに切りましょう。鍋に水180ミリリットル・塩・野菜を加えて野菜が柔らかくなるまで蒸し焼きにします。牛乳200ミリリットル・コンソメ・トマトピューレを加えます。

一煮立ちしたら塩こしょうで味をととのえましょう。お好み味になったら、器に盛り付けて粉チーズを振りかければトマトミルクスープの出来上がりです。牛乳以外では、豆乳を使用しても美味しいスープが出来上がりますよ。

時短で作れる嬉しいレシピ「スープロールキャベツ」

ロールキャベツにトマトピューレを使ったスープを加えることで、ダシがしっかりと染み込んだ美味しいスープトールキャベツに仕上がります。時間がかかってしまいがちなロールキャベツですが、トマトピューレを使うことで味が決まりやすく深みのあるロールキャベツを味わうことができます。

トマトピューレを使ったスープロールキャベツの作り方

キャベツは1枚ずつ丁寧に外し、熱湯でサッと茹でましょう。ザルなどにあげて、全体をよく冷ましてください。油を引いたフライパンにみじん切りのためねぎを加えて炒め、粗熱をとっておきます。ボウルに玉ねぎのみじん切り・ひき肉250グラム・パン粉1/4カップ・塩小さじ1/2・こしょう少々・牛乳大さじ3・ナツメグ少々を加えます。

キャベツの葉でタネを包み、巻き終わりは爪楊枝で留めます。鍋にロールキャベツとローリエ2枚・固形スープ2個・水400mlを加えフタをして中火で10分煮込みます。 トマトピューレ1カップ・ケチャップ大さじ4・砂糖小さじ2・塩小さじ1/2・こしょうとナツメグを加え15分ほど煮込み、バターを加えれば出来上がりです。

トマトピューレで美味しい時短レシピを作ろう

トマトピューレはお手軽で簡単にレシピに取り入れることができますね。煮込み料理はもちろん、オーブンで加熱しても美味しく食べることができます。レシピが時短になるトマトピューレを使って、いつものレシピも簡単にアレンジを行いましょう!

あわせて読みたいトマトについての記事はこちら

Thumbきゅうりとトマトの人気レシピ!サラダやマリネなど簡単美味しい作り方は?
Thumbトマトの消費レシピまとめ!美味しく食べられる人気の料理を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧