オーラの色の意味を解説!カラーの種類を分けて性格や特徴を紹介

今回着目するのは「オーラ」です。オーラには、さまざまな色があり、さらに意味もあります。そんなオーラが持っている色の意味をご紹介すると共に、その色が持っている性格などについて特集していきます。果たして数あるオーラの色にはどんな意味があるのでしょうか?

オーラの色の意味を解説!カラーの種類を分けて性格や特徴を紹介

目次

  1. オーラの色の特徴で性格が分かる!?その意味を要チェック!
  2. オーラの色の意味の前に…基本の「き」から見ていこう!
  3. 【赤色】のオーラの意味を知りたい!
  4. ほんわかとした優しい光【ピンク色】のオーラの意味をチェック!
  5. ポジティブなオーラの色【オレンジ】の意味って?
  6. はつらつ元気なオーラ【黄色】の意味が知りたい!
  7. バランスの取れたオーラの色【緑色】の意味
  8. 平和を愛するオーラ【青色】の意味とは?
  9. 深くて神秘的なオーラの色【藍色】の意味
  10. スピリチュアルなオーラの色【紫色】の意味とは?
  11. 純粋な強さを持ったオーラ【白色】の意味はコレ!
  12. ブレない未知のオーラ【黒色】の意味とは?
  13. 高い潜在能力の持ち主のオーラ【金色】の意味
  14. 知的で頑固な共通点があるオーラ【灰色&銀色】の意味
  15. こんな自分になりたい!オーラは磨けるの?
  16. あなたのオーラは何色?意味を知ってオーラを纏う!

オーラの色の特徴で性格が分かる!?その意味を要チェック!

皆さんは「オーラ」という言葉を聞いたことがありますか?オーラとは、一体どんなものなのでしょうか?今回は、そんなオーラの色の意味について特集していきます。オーラには、たくさんのカラーバリエーションがあり、カラーごとに意味が違います。そのオーラの色に込められている意味や性格をお届けします。

オーラの色の意味の前に…基本の「き」から見ていこう!

最初にお話しするのは、オーラについてです。言葉は聞いたことあったしても内容まではあまり知らない方もいると思います。オーラの色の意味などをご紹介する前に、オーラとはどんなものなのかをチェックしていくことにしましょう。

オーラとは…【周りにある波動や雰囲気のこと】

オーラとは、私たちの周りにある目には、見えないエネルギーのベールのことを指します。他の呼び方をするなら「波動」や「光」という方もいるでしょう。私たちの一番身近な言葉を使うとすると「雰囲気」にあたります。

目には見えなくてもその人の前に立つとどこか他の人と違う感じを受けたり、落ち着くと感じる時もあると思います。そういう時も、知らないうちに相手のオーラや雰囲気を感じて反応しているのです。

オーラは変化する?

オーラは、私たちの心身の状態を現す鏡のようなもので感情や精神の影響を受けると言われています。外的な要因によって変化しますが、内的な要因によってカラーが変わったり、縮まったり、曇ったり、輝き出したりするそうです。

Thumb雰囲気美人になる方法・特徴まとめ!美人オーラを出すコツってある?

【赤色】のオーラの意味を知りたい!

先ほどは、オーラについての基礎知識を少しお話ししました。ここからは、今回のテーマでもあるオーラの色によって変わる意味合いや特徴、性格などをお届けしていきましょう。カラーによって違う意味にはどんなものがあるのでしょうか?まずは、オーラの赤色の意味や性格の特徴からスタートです。

赤色の意味とは?

赤色に込められているキーワードは、情熱やエネルギッシュです。赤というカラーは、他の色よりも一番始めに出来た色と言われているそうで、始まりを意味しています。基本や根本という意味も持っており、家族などの血のつながりを現す色でもあるようです。

赤いオーラの性格的特徴とは?

赤色のオーラを持つ人の性格は、とても情熱的でパワフルなので、リーダー的な存在になっています。さらに、現実的で周りとの繋がりを大切にします。恋愛に置いても、ロマンチストで情熱的な一面がありますが、恋愛だけに関わらず、あまりの情熱に自分を犠牲にしたり、客観的に見れないこともあるそうなので気をつけましょう。

ほんわかとした優しい光【ピンク色】のオーラの意味をチェック!

2つめのオーラの色は「ピンク」です。ピンクのオーラには、どんな意味合いがあるのでしょうか?なんとなくイメージ出来る方もいるかもしれませんが、改めて一緒にチェックしていきましょう。

ピンク色の意味とは?

ピンク色が持っている意味は、「愛」「繊細さ」「自己受容」です。ピンクのカラーは、まるで母が子を思うような全てを優しく包み込んでくれる無条件の愛を象徴しているそうです。そのため、優しさや思いやり、たくさんの人に与えられる愛を現したカラーになっています。

ピンク色のオーラの性格的特徴は?

ピンク色のオーラを持っている人の性格の特徴は、無条件に誰に対しても愛情を注げて周りを大切にすることのできることがあります。そして、自己受容のカラーでもあるので、周りだけでなく、ありのままを受け止められる人です。

そのため、自分に対しての愛情も持っている人が多くいます。マイナスなことも愛に溢れたポジティブなことに変えられるパワーの持ち主だそうです。

ポジティブなオーラの色【オレンジ】の意味って?

3つめのオーラの色の意味でピックアップするカラーは、「オレンジ」です。今まで赤色とピンク色のオーラの意味をご紹介してきましたが、オレンジはまた違った意味や特徴を持っています。

オレンジ色の意味とは?

オレンジ色のカラーキーワードは、「楽しさ」「依存と自立」「社交的」があります。オレンジ色を見た時にイメージするのは、太陽や南国などの温かい雰囲気です。そのため、楽天的なエネルギーを持っているそうです。

このエネルギーのおかげで大切なものが内側にあることに気づかせてくれて自立させてくれたり、マイナスな状況から脱出させてくれるパワーを持っている特徴があるそうです。

オレンジ色のオーラの性格的特徴とは?

オレンジ色のオーラを持っている人の性格は、楽天的でポジティブなことからチャレンジ精神旺盛な冒険家と呼ばれています。その性格からじっとしていることが苦手で、頭も体も常に動いています。たまに、周りが動き過ぎて周りが見えなくなってしまうことがあります。行動しているのもいいですが、時にはペースを落としてみるのもGOODです。

はつらつ元気なオーラ【黄色】の意味が知りたい!

次は、4つめのオーラの色の意味です。次の色は、「黄色」です。黄色も先ほどのオレンジと同じように暖色系の色ですが、一番特徴的なのは、数ある色の中で一番明度彩度共に高いカラーです。その「黄色」の特徴と性格を見ていきましょう。

黄色の意味とは?

黄色のカラーが持っているキーワードは、「喜び」「ユーモア」「自己」です。黄色から連想されるものは光です。その光を自分や物事に当てて明確的に見ることが出来ます。さらに、この光を物事の明るい部分に当てて見るという意味があり、喜びやユーモアにも深く関わっているそうです。

黄色のオーラの性格的特徴は?

黄色のオーラを持っている人の性格は、知的でユーモアがあります。先ほども触れたように黄色は、カラーの中で最も明るい色になります。黄色いオーラを持っている人の一番の特徴は、理由を聞かなくても情報や状況を把握出来る周りを見る力です。逆にそれがマイナスに働いて、心配しすぎたり、不安に襲われることもあるようです。

バランスの取れたオーラの色【緑色】の意味

5つめのオーラの色は、緑色です。緑色のオーラにもさまざまな意味合いが隠れています。果たして、緑色のオーラの特徴やそのオーラの色を纏っている人の性格にはどんなものがあるのでしょうか?

緑色の意味とは?

緑色が持っているカラーキーワードは、「バランス」「スペース」「気づき」です。緑という色は、自然の中に溢れています。色相の中でも暖色系にも寒色系にも属さない中間色なので、バランスが取れていると言われています。

さらに、リフレッシュやリラックスを連想させる色でもありますし、その自然で広大なイメージから自分のことを広い視点から見れるという意味もあります。

緑色のオーラの性格的特徴とは?

緑色のオーラを持っている人の性格的特徴は、穏やかで人付き合いがうまい特徴があります。さらに、広い視野で自分を見つめれますが、時にそれが難しくなることがあります。そういう時は、原点に立ち返り、自分のことを客観視する必要があります。しかし、人付き合いが上手すぎて相手に流されることがあるので気をつけましょう。

平和を愛するオーラ【青色】の意味とは?

5つめにご紹介するオーラの色の意味は、青色です。青色も色の中でスタンダードな色であり、寒色系の代表的なカラーです。青色と聞くと少しマイナスなイメージがありますが、それだけではありません。

青色の意味とは?

青色のオーラが現すキーワードは、「平和」「信頼」「コミュニケーション」があります。青と聞いてイメージされるのは、海や空です。広い海や空のような寛大さと水から連想させる冷静さを象徴しています。さらに、青は平和の象徴と言われている通り、全てを優しく包み込んでくれて守ってくれるようなイメージがあります。

青色のオーラの性格的特徴は?

青色のオーラを持っている人の性格的特徴は、冷静な平和主義者ということです。一見クールに見えるので、感情がなくて冷たい人だと思われがちですが、本当は広い心を持っていて、争いごとを嫌う思いやりの人です。時に苦しい局面に立たされたとしても自分の内側にある穏やかな面を常に忘れずにいることが大切だそうです。

深くて神秘的なオーラの色【藍色】の意味

6つめの見ていくオーラの色の意味は、藍色です。藍色は、書く人によってはインディゴブルーや群青色として表現されることもあります。それでは、藍色のオーラの意味を見ていきましょう。

藍色の意味とは?

藍色が持っているカラーのキーワードとして挙げられるのは、「感受性」「直感力」があります。藍色は、青よりも深い色でまるで深海のような神秘的な色です。この藍色は、自分の真実を見る色でもあるそうで、他の色に比べて少し不思議で独特の雰囲気を持っています。

藍色のオーラの性格的特徴は?

藍色のオーラを持っている人の性格的特徴は、感受性が豊かで安心感を感じられるような雰囲気を持っています。そのため、とても神秘的で一緒にいると不思議な感じがします。さらに、自分の環境や自分に対してプライドを持っているので、周りに理解されなくても気にしません。

スピリチュアルなオーラの色【紫色】の意味とは?

次は、紫色のオーラの意味を見ていきましょう。紫色は、赤色と青色を混ぜた色味です。藍色と同様に深みのある色味ですが、また違った意味合いや特徴があります。紫色のオーラには、どんな意味や特徴があるのでしょうか?

紫色の特徴とは?

紫色のオーラが持っているカラーキーワードは、「スピリチュアル」「ヒーリング」「奉仕」です。紫という色合いは、とても高貴で霊的なものと関連していると言われています。さらに、紫を構成する色味は、「青」と「赤」で正反対の色味になります。紫のオーラの色は、両極端のものが混在しているという特徴もあるようです。

紫色のオーラの性格的特徴は?

紫色のオーラの性格的特徴は、スピリチュアルに興味があったり、強い精神性に興味がある特徴があります。その中で、時に自分のために手助けして奉仕しているつもりでも、それがいつのまにか相手のためになっていることもあります。

そんな不思議な一面を持っていることもあり、他人には理解されにくいところもありますが、その複雑さが紫色のオーラを持っている人の魅力です。

純粋な強さを持ったオーラ【白色】の意味はコレ!

続いてご紹介するオーラの色は、白色です。白色は、透き通った清潔感のあるイメージがありますが、オーラの視点から見るとどんな意味や特徴があるのでしょうか?早速スタートしていきます。

白色の意味とは?

白色が持っているカラーキーワードには、「浄化」「涙」「強さ」があります。白という色は、クリアという認識もされており、全ての色を包み込むような強いエネルギーを持っていると言われています。黄色が象徴する光とは、また違って全ての色が均等に混ざった光を現しているそうです。そのため、純粋さや透明感も象徴しています。

白色のオーラの性格的特徴は?

白色のオーラを持っている人の性格的特徴は、強い正義感と純粋さを兼ね備えたところがあります。白色のオーラを持っている人は、色んな困難や苦しみを乗り越えて来たことで心の強さを持ち、プラスの部分とマイナスの部分の両方を持っている特徴があるようです。

ブレない未知のオーラ【黒色】の意味とは?

いよいよ10つめのオーラの色です。10つめのオーラの色は、黒色です。オーラの色の中には、赤やピンク、青、緑などの色味があるカラー以外にも先ほどご紹介したような白や黒のモノトーンもあります。

黒色の意味とは?

黒色に含まれるカラーキーワードは、「未知」「無意識」「神秘」があります。黒というカラーは、色がないため全てを飲み込むようなマイナスなイメージを持ってしまいますが、この黒という色の中にも意味があります。黒色の深層心理を考えると見えない部分や未知の部分というイメージがあるため、今まで見えてなかった部分を見るという意味もあるようです。

黒色のオーラの性格的特徴は?

黒色のオーラを持っている人の性格的特徴は、ブレないところがあると言われています。黒は、どんな色を混ぜても一切変わらない色です。そのため、どんなことがあってもコレだと決めたことはぶれず最後までやりきる部分があるようです。しかし、他の視点から見ると疲れている時に出るオーラの色とも言われているようです。

高い潜在能力の持ち主のオーラ【金色】の意味

次にご紹介するオーラの色の意味は、金色です。ゴールドに輝く金色のオーラにはどんな意味があるのでしょうか?キラキラと輝くような金色のオーラには、こんな意味がありました。

金色の意味とは?

金色が持っている色のキーワードには、「自己価値」があります。そのキーワード通り自分の価値に関わる色と言われています。自分の中に輝いている色とも言われていて、自分の価値に気づき、自分へスポットを当てることが大切だとされています。さらに、金色は黄色とオレンジを混ぜ合わせた色という特徴もあります。

金色のオーラの性格的特徴は?

金色のオーラを持っている人の性格的特徴には、生まれつき輝いた潜在能力を持っていて、基本的にポジティブで人に対して奉仕することが好きな所もあるので、人から愛される性格の持ち主です。さらに、努力することを惜しまず、その姿も魅力と思っている所があります。

知的で頑固な共通点があるオーラ【灰色&銀色】の意味

最後にご紹介するオーラの色は、灰色と銀色です。時には、銀色ともいわれますが、それぞれに違った意味合いがあります。ここでは、2つのオーラの色を比較しながらご紹介しましょう。

灰色と銀色の意味とは?

灰色の色のカラーキーワードは、「ストイックさ」です。強い意志を持ち合わせたカラーでそれが性格にも現れています。そして、銀色のカラーキーワードは、「探究心」「知的さ」です。銀色は、寒色系に分類され、スマートでクールなイメージがあります。

灰色と銀色のオーラの性格的特徴は?

灰色のオーラを持っている人の性格的特徴は、プライドの高さと物事に取り組む時には、強い意志を持ってストイックに取り組む一面にあります。負けず嫌いなところや我慢強い性格の持ち主でもあります。そして、銀色のオーラを持っている人の性格的特徴は、探究心があり、曲がった所が嫌いな頑固な一面を持っています。

こんな自分になりたい!オーラは磨けるの?

最後にご紹介するのは、色ではなく、このオーラは自分で磨くことが出来るのかというところです。オーラは、「波動」や「雰囲気」というお話を最初にしましたが、果たして自分が持っているオーラは磨くことが出来るのでしょうか?

磨く方法①ポジティブな思考や言葉を使う

オーラを磨く1つめの方法は、出来るだけポジティブな思考や言葉を使うことです。しかし、時には苦しいことや信じられない出来事も起きると思います。そういう時も、ポジティブな方向へと思考を持っていく習慣をつけることが大切です。毎日意識しながら行っていくことで、少しずつ出来るようになります。

磨く方法②自分の時間を楽しむ

2つめのオーラを磨く方法は、自分の時間を楽しむことです。相手への思いやりや心配りはもちろん大事ですが、まずは自分への思いやりを持って自分が楽しいと思うことをしたり、笑顔になれる時間をたくさん作るようにしましょう。こうすることで、自然と幸せなオーラや感謝などのプラスのオーラが溢れてきます。

あなたのオーラは何色?意味を知ってオーラを纏う!

気になるオーラの色はありましたか?オーラの色は、もともと性格を現すオーラの色もありますが、時には自分の今の状態を教えてくれるオーラの状態もあります。そして、オーラの色は自分の内側の状態で変化します。自分を磨いて素敵なオーラを身につけてみましょう。

もっとオーラについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb運命の人には特徴がある?直感だけではない!顔や雰囲気にも表れる?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧