缶詰の美味しいレシピまとめ!簡単アレンジ・本格料理の作り方を紹介

缶詰はメインレシピに取り入れたり、おかずレシピやデザートレシピに取り入れることができる万能食材です。保存期間が長く、キャンプなどに持ち運ぶことができる手軽さも嬉しいですね。今回は、缶詰を使った人気のおすすめレシピをご紹介します。

缶詰の美味しいレシピまとめ!簡単アレンジ・本格料理の作り方を紹介

目次

  1. 時短レシピに缶詰は必須
  2. 豊富な種類が嬉しい!魚の缶詰を使ったレシピを紹介
  3. 本格中華も缶詰でできる「サバ味噌麻婆豆腐」レシピ
  4. 旨味を凝縮した「イワシのポテサラ」レシピ
  5. 缶詰で時短調理「サンマの蒸しパスタ」レシピ
  6. 調味料なしで美味しい「カツオ缶詰炒め」レシピ
  7. ご当地レシピも簡単に「イカ飯風」レシピ
  8. 旨味たっぷり!お肉の缶詰を使ったレシピを紹介
  9. おもてなしにも人気!「焼き鳥缶詰のミニピザ」レシピ
  10. 炊飯器でお手軽に「焼き鳥缶詰の炊き込みご飯」レシピ
  11. 朝食にもおすすめ「コンビーフトースト」レシピ
  12. 鮮やかで華やかな野菜を使ったサラダレシピを紹介
  13. 食卓がおしゃれになる「ビーツの缶詰サラダ」レシピ
  14. 甘みを凝縮した果物の缶詰を使ったデザートレシピを紹介
  15. おやつにもおすすめ「ヨーグルトソルベ」レシピ
  16. 缶詰を使って美味しいレシピを作ろう

時短レシピに缶詰は必須

忙しいときや、簡単に調理を済ませたいときに便利な食材が缶詰です。缶詰は様々な種類が販売されており、サバやイワシといった魚の缶詰から鶏肉やコーンビーフといったお肉の缶詰、そして調理積みの野菜や果物などがあります。缶詰バーなども展開されるなど缶詰の人気はどんどん上昇しています。

缶詰の魅力は、保存期間の長さに加えて本格的な風味を味わうことができるといった点です。レシピに加えることで、簡単なアレンジでも本格的なレシピに仕上がります。簡単に調理を済ませたいときや忙しいとき、美味しいレシピを作ることができるのは嬉しいですね。

今回は、人気の高い缶詰レシピをご紹介します。栄養をたっぷりと詰め込んだ魚の缶詰を使った本格的なレシピやお肉の缶詰を使った美味しいレシピ、野菜の缶詰や果物の缶詰を使った簡単でお手軽な本格的なレシピなどはすぐに作れるおすすめのレシピです。

豊富な種類が嬉しい!魚の缶詰を使ったレシピを紹介

魚の缶詰は、缶詰の中でも豊富な種類を誇っています。魚の種類もさることながら、本格的な調理を施されている缶詰が多いのでそのままレシピに取り入れてアレンジを加えることで魚の旨味を味わうことができるレシピに仕上がります。安価で購入できる点も嬉しいですね。

魚の缶詰の中でも人気の高いサバの缶詰やイワシの缶詰、サンマの缶詰を取り入れた本格的なレシピをご紹介します。魚をさばく手間や下処理を行う手間が省かれるので時短で美味しいレシピを作ることができますね。旨味を詰め込んだ魚の缶詰を使って家庭で簡単に本格的なレシピを味わいましょう。

本格中華も缶詰でできる「サバ味噌麻婆豆腐」レシピ

サバの缶詰は水煮や味噌煮など様々なアレンジが施された缶詰が販売されています。そのため、しっかりと味付けを行わなくても大丈夫なレシピに取り入れることができます。今回は、サバ味噌煮を使用した麻婆豆腐レシピをご紹介します。本格的な中華レシピも缶詰を使えば簡単で美味しい仕上がりになりますよ。

1.魚の缶詰を使った「サバ味噌麻婆豆腐」のレシピ

作り方は、サバ味噌煮2缶の身を取り出して食べやすい大きさにほぐします。絹豆腐2丁は2センチ角に切って軽く茹で、にんにく1片・生姜1片・みじん切りにしたねぎ適量・3センチに切ったニラを用意します。熱したフライパンに油大さじ1・にんにくを加え香りが立つまで炒めます。

香りが出たら生姜・ネギを加えて炒めましょう。炒まったら、ほぐしたサバの身・絹豆腐・サバ缶詰の汁・水1カップを加えて沸騰させます。沸騰し始めたら、豆板醤大さじ1・酒大さじ1・醤油大さじ1を加えて味をととのえます。水溶き片栗粉を加えてとろみをつけニラ・ごま油を回しかければサバ缶詰を使った味噌麻婆豆腐レシピの出来上がりです。

旨味を凝縮した「イワシのポテサラ」レシピ

ポテトサラダレシピは家庭によって作り方やレシピが異なります。家族の好みに合わせて味付けやアレンジを行うポテトサラダは、イワシをプラスしてアレンジを加えることで旨味をぎゅっと凝縮させることができます。いつものポテトサラダがマンネリしてしまったときにはイワシの缶詰を用いてアレンジレシピにトライしましょう。

2.魚の缶詰を使った「イワシのポテサラ」のレシピ

作り方は、じゃがいも3個・にんじん1/4個を小鍋で皮を剥いて柔らかくします。電子レンジを使っても時間短縮になりますね。柔らかくなったらマッシャーなどを使って潰します。玉ねぎ1/4は薄切りにして、水を張ったボウルにつけて辛味を取り除きましょう。

水気を絞った玉ねぎをじゃがいも・にんじんに加えてイワシ味噌煮缶詰・塩・黒こしょう・山椒・マヨネーズ大さじ3・酢大さじ2を加えてしっかりと混ぜ合わせます。味が馴染むように、全体が混ざるようにしてください。山椒を調節することで、美味しいイワシのポテサラレシピので出来上がりです。

缶詰で時短調理「サンマの蒸しパスタ」レシピ

そのまま食べても美味しいサンマの缶詰ですが、パスタレシピに加えて蒸すことでサンマの旨味を最大限に引き出すことができます。さらに、トマトと組み合わせることで酸味のある本格的なパスタが簡単に作ることができます。あっさり味のパスタは胃にも優しいレシピです。

3.魚の缶詰を使った「サンマの蒸しパスタ」のレシピ

作り方はフライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、刻んだ生姜1片・にんにく1片を加えて炒めます。香りが出たら、薄切りにした玉ねぎ1/6個を加えて炒めましょう。玉ねぎがしんなりとして透明になったら、サンマの缶詰を全て加えて、全体を軽く炒めてから一度ボウルに取り出します。

フライパンに水400ミリリットルを入れて沸騰させ、半分に折ったパスタを加えてフタをして茹でましょう。フタを外して水分を飛ばし、サンマの缶詰と食べやすい大きさに切ったミニトマト・トマトケチャップ大さじ2を加えて混ぜ合わせレモン果汁小さじ1・酢小さじ1を加えればサンマの蒸しパスタレシピの出来上がりです。

調味料なしで美味しい「カツオ缶詰炒め」レシピ

缶詰レシピは、その手軽さと簡単なレシピが人気の食材です。カツオの缶詰はカツオ自体にしっかりと味が染み込んでいるので、レシピに余計な調味料を加えなくても簡単に仕上がります。季節を感じる野菜を加えてささっと簡単に炒め合わせれば美味しいおかずレシピが出来上がります。

4.魚の缶詰を使った「カツオ缶詰炒め」のレシピ

作り方は、キャベツまたは春キャベツ1/6を一口大に手でちぎります。油を熱したフライパンに加えます。さらに、カツオ缶詰を汁ごと全て加えてしっかりと炒めましょう。このとき、カツオの身をほぐすように広げながら炒めることで味がキャベツ全体に馴染みやすくなります。

キャベツがしんなりとして、味が全体に馴染んだらできあがりです。器に盛り付けて糸唐辛子を添えれば見た目にも美味しいカツオ缶詰炒めレシピので出来上がりです。包丁を使う手間や、調味料をくわて手間が省かれるので時間短縮しながら美味しいおかずレシピを作ることができますよ。

ご当地レシピも簡単に「イカ飯風」レシピ

ご当地レシピとして人気の高いイカ飯も、缶詰を使えば簡単で美味しくアレンジレシピを作ることができます。イカを購入してさばくといった手間や時間も必要ないので、とても簡単に作ることができますよ。油揚げをアレンジしてイカ飯風レシピを楽しむことができるおすすめの缶詰レシピです。

5.魚の缶詰を使った「イカ飯風」のレシピ

作り方は、油揚げ1枚は熱湯をまわしかけて油抜きを行いましょう。大葉2枚は千切りにして、イカの缶詰は汁気を切って粗めに刻んでボウルに入れましょう。ボウルに千切りにした大葉・ご飯1杯分・生姜少々・味噌小さじ1を加えてご飯に馴染むようにしっかりと混ぜ合わせましょう。

油揚げの先端を切って袋状にし、中に混ぜ合わせたご飯を詰め込みます。詰め込んだ部分は三角に折ってイカに見えるようにしてから爪楊枝で留口を閉じましょう。包丁で中央部分に4本ほど切り込みを入れて、イカの缶詰の汁を全体に塗ってオーブントースターでこんがりと焼き上げればイカ飯風レシピの出来上がりです。

旨味たっぷり!お肉の缶詰を使ったレシピを紹介

お肉の缶詰は、そのままおつまみとして食べることができる缶詰です。そのまま食べても美味しいお肉の缶詰ですが、一手間アレンジを加えることでさらに本格的なレシピに変身します。お肉は調理時間に時間がかかったり、下処理に手間がかかってしまうのですが缶詰を使うことで時短でレシピに取り入れることができます。

すでに味付けが施されているお肉の缶詰であれば、味付けを行う手間も省くことができますね。加熱を行うことで、より本格的な美味しい味わいになるお肉の缶詰レシピはアレンジも豊富にあります。お肉の缶詰を見つけたときには、ぜひ美味しいアレンジレシピに取り入れてくださいね!

おもてなしにも人気!「焼き鳥缶詰のミニピザ」レシピ

作り方が面倒であったり生地作りに時間を要してしまうピザレシピですが、餃子の皮を使用したり材料を缶詰でアレンジすることで簡単な作り方でお手軽レシピに仕上がります。餃子の皮を生地にすることで作りすぎる心配もなく、人数に合わせて調節することができるのでおすすめのレシピです。

1.お肉の缶詰を使った「焼き鳥缶詰のミニピザ」のレシピ

きのこ類は根元を切り落としてからしいたけは薄切り、えのきは半分に切り、しめじは手でほぐしておきましょう。餃子の皮の上にお好みのきのこ・焼き鳥缶詰・溶けるチーズを順番に載せます。お好みで千切りにしたキャベツを乗せても美味しく仕上がります。

グリルに入れて表面がこんがりとするまで10分ほど加熱しましょう。チーズがトロッと溶け始めて餃子の皮の縁がこんがりと焼けたら出来上がりです。取り出して刻みのりや七味唐辛子を振りかければお手軽で簡単な焼き鳥缶詰のみにピザレシピの出来上がりです。

炊飯器でお手軽に「焼き鳥缶詰の炊き込みご飯」レシピ

炊き込みご飯レシピは具材によって様々なアレンジを行うことができるレシピです。旬の野菜をふんだんに使った炊き込みご飯は美味しいものですが、冷蔵庫に野菜がないときには缶詰を使った炊き込みご飯がおすすめです。あらかじめ味がしっかりついている焼き鳥缶詰であれば失敗しらずのレシピになります。

2.お肉の缶詰を使った「焼き鳥缶詰の炊き込みご飯」のレシピ

作り方は米をよく洗って20分ほど水に浸しておきましょう。鶏ガラスープの素小さじ1・醤油小さじ1・焼き鳥缶詰・メンマ適量を加えて全体をざっくりと混ぜ合わせます。米に適した水を加えて、炊飯ボタンを押せばあとは出来上がりを待つだけです。ふっくら美味しい炊き込みご飯レシピの出来上がりです。

炊飯器のボタンを押してお任せするだけなので、失敗しらずのレシピとして人気があります。野菜がないときや、お肉がないときにも焼き鳥缶詰があればボリュームのある炊き込みご飯を味わうことができます。タレがついているタイプの他にも塩味の焼き鳥も美味しく仕上がります。

朝食にもおすすめ「コンビーフトースト」レシピ

簡単でお手軽に作ることができる缶詰レシピは、朝食レシピとしても取り入れることができます。いつものトーストにコンビーフをアレンジしたトッピングを行うことで朝から栄養たっぷりの食事を摂ることができますね。元気を出したいときの朝食レシピにおすすめの一品です。

3.お肉の缶詰を使った「コンビーフトースト」のレシピ

作り方はコンビーフ1缶を用意し、すりおろしたにんにくを混ぜ合わせましょう。トーストにコンビーフを塗って、溶けるチーズをたっぷりとふりかけてからトースターでこんがりと焼き上げましょう。チーズがトロッと溶け出したら食べごろになります。黒こしょうを振りかければコンビーフトーストの出来上がりです。

野菜が足りないと感じるときには、レシピにキャベツを追加しても美味しい仕上がりになります。コンビーフは、野菜を美味しく味わうことができるので、千切りにした野菜や薄切りにした野菜を乗せて一緒に焼くことでアレンジレシピに仕上がりますよ。朝からたっぷりと食べることができるおすすめレシピです。

鮮やかで華やかな野菜を使ったサラダレシピを紹介

魚やお肉の缶詰が多い中、野菜の缶詰が販売されていることをご存知ですか?高騰しやすい野菜ですが、缶詰であれば比較的安価で購入することができて長期間保存することができるのでおすすめです。レシピに取り入れて造り方をアレンジすることで美味しい仕上がりになります。

野菜の缶詰は、味付けが行われていないものもあるので様々なレシピに取り入れることができますね。必要なときに必要な分だけ使用することができる缶詰は、一人暮らしの方や二人暮らしの方にも人気があります。ちょうどいいサイズで販売されている野菜の缶詰を使っておしゃれで華やかなサラダを作りましょう。

食卓がおしゃれになる「ビーツの缶詰サラダ」レシピ

あまり馴染みがない方も多いビーツは、海外では一般的に食卓に取り入れられている食材です。ボルシチレシピにも取り入れられているビーツは、栄養がたっぷりと詰まっているのでヘルシー志向の方にはすでに取り入れられていますね。ビーツは缶詰でも販売されているので、簡単にレシピに取り入れることができます。

野菜の缶詰を使った「ビーツの缶詰サラダ」のレシピ

ビーツは食べやすい大きさに切りましょう。ルッコラ1束は食べやすい大きさに切り、チーズ20グラム・くるみ30グラムも食べやすい大きさに刻んでおきましょう。少し食感が残る程度の大きさにすることで、噛むほどに甘みを感じることができるサラダになります。

ボウルにオリーブオイル大さじ2・バルサミコ酢大さじ1と1/2を加えて塩こしょうで味をととのえましょう。ドレッシングが出来上がったら、器にルッコラ・ビーツ・チーズ・クルミを盛り付けてドレッシングをまわしかけましょう。味が馴染んだらビーツの缶詰サラダレシピの出来上がりです。

甘みを凝縮した果物の缶詰を使ったデザートレシピを紹介

風邪を引いたときには果物の缶詰を購入する方も多いのではないでしょうか?果物の缶詰は桃やみかん、マンゴーやフルーツミックスなどいろいろな種類が販売されています。そのまま果物を食べたり、フルーツシロップにしても美味しいですがアレンジを加えることでデザート作りにも役立ちます。

さっぱりとした味わいの果物の缶詰は、作り方やレシピをアレンジすることで本格的なデザートレシピで大活躍します。果物単体を購入すると高値になってしまいますが、すでに調理済みの果物の缶詰であれば安価で購入することができますね。保存期間が長いので、デザートを作りたいときにさっと用意できる利点もあります。

おやつにもおすすめ「ヨーグルトソルベ」レシピ

缶詰を使ったデザートレシピは、様々なレシピがありますが今回はヨーグルトソルベをご紹介します。食後のデザートレシピとして、午後のおやつレシピとして食べることができるヨーグルトソルベの簡単レシピとなっています。果物缶詰を使って美味しいデザートレシピをたくさん作りましょう。

果物の缶詰を使った「ヨーグルトソルベ」レシピ

白桃缶詰は粗みじん切りにし、ヨーグルト300グラムと混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしましょう。しっかりと固まったら一口大に切って、ミキサーなどを使って攪拌し滑らかにします。再度冷蔵庫で冷やし固め、器に盛りミントの葉を添えればヨーグルトソルベレシピの出来上がりです。

缶詰を使って美味しいレシピを作ろう

缶詰は様々な種類が販売されています。魚の缶詰やお肉の缶詰、野菜の缶詰であればおかずレシピやメインレシピに取り入れることができます。デザートレシピであれば、豊富な果物缶詰の中から選ぶこともできますね。長期保存ができる缶詰を使って、時間短縮しながら美味しいレシピを作りましょう。

あわせて読みたい缶詰についての記事はこちら

Thumbオイルサーディンの人気レシピ集!簡単おいしいアレンジ料理のアイデアは?
Thumb美味しいおすすめ缶詰ランキング!安いものから高級品までご紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-25 時点

新着一覧