口寂しい時の対策法は?カロリーを気にしないおすすめおやつも紹介

口寂しい時の対策におすすめの太らない低カロリーおやつをまとめました。カロリーを気にして太らないように対策すれば口寂しい時もおやつを食べられます。おすすめの太らない低カロリーおやつを取り入れて、口寂しい時の対策をしていきましょう!

口寂しい時の対策法は?カロリーを気にしないおすすめおやつも紹介

目次

  1. 口寂しい時の対策方法を知りたい!
  2. なぜ口寂しいと感じることがあるの?
  3. どうしても口寂しい状態が我慢できない時はおやつを工夫しよう
  4. 1日あたりのおやつのカロリーはどのくらいまでならOK?
  5. 食べ方も工夫して口寂しい時の対策をすることが大切
  6. ナッツは口寂しい時のおやつにおすすめ
  7. ドライフルーツをおやつに取り入れて口寂しい状態から抜け出そう
  8. 太らないおやつなら口寂しい時にスルメを食べよう
  9. 低糖質なビターチョコレートもおすすめしたい太らないおやつ
  10. 0カロリーゼリーも口寂しい時におすすめのおやつとして人気
  11. ヨーグルトを口寂しい時のおやつに役立てよう
  12. ゆで卵を口寂しい時に食べて対策してみよう
  13. 温かい豆乳で口寂しいのを紛らわすのもおすすめの対策方法
  14. 口寂しい時に避けておきたいおやつは?
  15. 太らないおすすめのおやつで口寂しい時の対策をしよう

口寂しい時の対策方法を知りたい!

ダイエット中でも口寂しい時はある

ダイエットをしている時も「口寂しいなあ」と感じることはよくありますよね。口寂しい状態が続くと、どうしても何か食べたくなってしまうのが困ったところ。口寂しいのが我慢できない場合は、太らないおやつを取り入れるのがおすすめです。太らないおやつであれば、ダイエット中に口寂しい状態になったとしても安心ではないでしょうか。

口寂しいからといった高カロリーなおやつを食べていると、体重増加につながってしまいます。せっかくダイエットをしていたとしても、口寂しいのに負けておやつをたくさん食べてしまっては意味がないですよね。そうならないように太らないおやつをあらかじめ取り入れていくことが大切です。口寂しいのを紛らわすことができるおやつをチェックしておきましょう。

太らない低カロリーおやつで対策していこう

「口寂しい状態をどうにかしたい!」「どういったおやつだったらダイエット中に食べても大丈夫?」といった場合に役立つ口寂しいときにおすすめのおやつをまとめました。食べ方の工夫の仕方もご紹介するので、ぜひ口寂しい場合に役立ててみてはいかがですか。美味しいのにヘルシーなおやつで口寂しいのを乗り切っていきましょう。

Thumbお腹すいたら間食してもいい?ダイエット中におすすめのおやつやコンビニ食

なぜ口寂しいと感じることがあるの?

ストレスがたまると食欲中枢に刺激が与えられる

それでは、なぜ急に口寂しいと感じるようになってしまうのでしょうか。口寂しいと思う要因としてあげられるのがストレス。人はストレスがたまるとドーパミンが分泌される働きがあります。ドーパミンの分泌により食欲中枢が刺激されるのが口寂しい状態になるメカニズム。ストレスをためないことが口寂しい状態を回避できる対策になります。

ストレスがたまらないのがベストですが、ダイエットでカロリー制限をしているとストレスが溜まりがちですよね。また、仕事や勉強などが忙しくてストレスが溜まってしまうこともあります。蓄積されたストレスが口寂しい状態を生み出してしまうので注意が必要。特にダイエット中はどか食いにつながってしまう可能性があります。

口寂しい状態になったらまず5分待ってみる

口寂しいと感じた場合は、まずは5分経過するのを待ってみましょう。5分ほど時間が経過をするのを待つことによって、口寂しいのが徐々に薄れていくとされています。口寂しいなと思ったらすぐに食べ物に手を出すのではなく、我慢するようにしてみてはいかがですか。ちょっとした我慢によって口寂しいのが意外と簡単に消えることもあります。

どうしても口寂しい状態が我慢できない時はおやつを工夫しよう

太らない低カロリーおやつならダイエット中も安心

「我慢してみたけれども、やっぱり口寂しい状態がなおらない!」という場合は、低カロリーなおやつを取り入れていきましょう。低カロリーなおやつを太らないように取り入れれば、口寂しい状態が続いたとしても体型に大きな影響を与えなくて済みます。口寂しい状態になるのを見越して、あらかじめヘルシーなおやつを準備しておいてはいかがですか。

簡単に手に入れられるおやつを活用しよう

どんなにヘルシーなおやつだとしても、簡単に手に入らないと日常的に活用するのは難しいですよね。スーパーやコンビニなどで気軽に購入することができるおやつなら口寂しいと思った時に対策することができるので便利です。身近で手に入れられるヘルシーなおやつを活用して、口寂しい時の対処法として活用していきましょう。

1日あたりのおやつのカロリーはどのくらいまでならOK?

口寂しい時は200kcalくらいのカロリーに抑える

口寂しい時におやつを食べる場合はカロリーについてもしっかりと把握しておく必要があります。1日の摂取カロリーに大きな影響を与えない程度のカロリー量であれば、おやつを食べても安心ですよね。おやつを食べる場合は200kcal以内に抑えるようにしましょう。200kcalをオーバーするとカロリーの取りすぎになってしまいます。もちろん、カロリーは低ければ低いほど良いです。

小分けにしてカロリーオーバーを防ごう

口寂しい時におやつを食べ始めたら止まらなくなってしまった、ということもあり得ますよね。特にダイエット中は一度食べ始めると止めることができるカロリーオーバーになってしまう失敗も引き起こしやすいのではないでしょうか。そういった失敗を防ぐためにおすすめなのが小分けにする方法です。

1日のおやつを小分けにして保存袋などに入れておけば、食べ過ぎを予防することができます。1日1袋と決めておけば食べるのが止まらなくなるのも防げるのではないでしょうか。持ち運びやすい小袋や容器を活用してみてくださいね。

Thumbお腹がすいた時ダイエット中はどうする?ごまかし方やおすすめのおやつ紹介

食べ方も工夫して口寂しい時の対策をすることが大切

時間を意識した食べ方で対策しよう

時間も意識しながらおやつを食べていくと効果的です。食事をとってから4時間後、次の食事の4時間前を目安におやつを食べるのがおすすめ。食事と食事の合間におやつを食べることで満腹中枢を刺激することができます。おやつでお腹を満たしておくことで次の食事のどか食いを防ぐこともできるので、ぜひ時間を工夫してみてくださいね。

よく噛んで食べるのがおすすめの方法

口寂しい時は、しっかりとよく噛んで食べることも大切になります。早食いをしているといつまでも満腹にならず、食べ過ぎの原因となるため気をつけましょう。よく噛んでおけば満腹中枢が刺激されるため、おやつの量が少なくても満足感のあるおやつを楽しめるのではないでしょうか。1口あたり30回ほど噛むことによって口寂しい状態を解消してみてくださいね。

ナッツは口寂しい時のおやつにおすすめ

栄養豊富で美容にも役立つナッツ類

それでは、口寂しい時におすすめしたいおやつについてチェックしていきましょう。口寂しい時にまずおすすめしたいのがナッツ類。アーモンドやクルミ、カシューナッツといったナッツ類はビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれた便利な食材です。体に良い栄養がたくさん含まれているため、口寂しい時だけでなく栄養を補給したい時にも最適ではないでしょうか。

噛みごたえがあり、満腹になりやすい

ナッツ類は噛みごたえがあるので、満腹中枢を刺激できるのも嬉しいポイント。しっかりとよく噛んでいけばナッツの旨味を感じることができ、美味しくいただくことができます。いろいろな種類のナッツがありますが、選ぶ時に気をつけておきたいのが素焼きタイプを選ぶこと。塩分がついていたり、オイルを使っているナッツだとカロリーが高くなるので気をつけましょう。

ドライフルーツをおやつに取り入れて口寂しい状態から抜け出そう

甘みがあり、栄養もたくさん含んだドライフルーツはおやつに最適

続いて口寂しい時におすすめしたいのがドライフルーツです。ドライフルーツもナッツと同じようにビタミンやミネラル類が豊富に含まれているため、口寂しい時のおやつにぴったり。甘みが濃縮されているため、甘いものが食べたいなあという場合にもおすすめです。砂糖などが添加されていない、無添加のドライフルーツを選んでみてくださいね。

持ち運びしやすいのも魅力

ドライフルーツは持ち運びしやすいのも魅力です。生の果物もおやつとしては最適ですが、持ち運びしにくいのが難点。ドライフルーツであれば袋に小分けにしてカバンの中に入れられるので、外出先でも気軽に口寂しい状態を解消できるようになります。マンゴーやイチゴ、アプリコット、イチジクなどいろいろなドライフルーツをミックスするのもおすすめ。

太らないおやつなら口寂しい時にスルメを食べよう

よく噛んでいるうちに空腹を紛らわせられる

太らないおやつとしておすすめしたいのがスルメです。噛みごたえのあるスルメは噛んでいるうちに満腹中枢を刺激し、口寂しい状態を解消できるのが嬉しいポイント。噛めば噛むほどスルメの美味しさがしみだし、美味しくいただけます。スルメも小分けにして持ち運びしやすいので、気軽に取り入れてみてはいかがですか。

塩分には気をつけよう

スルメを食べる時に気をつけたいのが塩分。塩分が添加されているスルメだと、食べ過ぎによって塩分のとりすぎになってしまうことがあります。スルメを購入する時は、成分表示をチェックして塩分がどのくらい含まれているかを確認しておきましょう。また、何もつけずにそのままスルメを食べることも重要なポイントになります。

低糖質なビターチョコレートもおすすめしたい太らないおやつ

脂肪の分解に役立つカカオポリフェノール

ビターチョコレートも口寂しい時に取り入れておきたいおやつです。「チョコレートを食べると太るのでは?」と思ってしまいがちですが、カカオ比率の高いビターチョコレートであればダイエットに役立つ栄養を摂取することができるとされているのがポイント。カカオポリフェノールに脂肪を分解する働きを期待することができます。

70%以上のカカオ含有率のビターチョコレートを選びましょう。ノンシュガータイプなど、なるべく健康志向のビターチョコレートを選ぶことが大切です。

食べ過ぎはNG

ダイエットの役に立つビターチョコレートですが、もちろん食べ過ぎはNGです。食べ過ぎることでカロリーや糖質のとりすぎになってしまうため気をつけましょう。一口サイズのビターチョコレートを2個くらいに抑えるなど分量の調整が必要です。板チョコレートタイプの場合は、あらかじめカットして小分けにしておくのがおすすめ。板チョコのままだと食べ過ぎの原因になります。

Thumb糖質制限ダイエット中のおやつまとめ!コンビニで買えるお菓子も!

0カロリーゼリーも口寂しい時におすすめのおやつとして人気

0カロリーなら太らないためダイエット中も安心

コンビニやスーパーなどで簡単に手に入れることができる0カロリーゼリーもおすすめ。カロリーや糖質が0なのに甘みを感じられ、美味しく食べられるのが魅力です。ゼリーはあまり噛まずに食べてしまいがちかもしれませんが、しっかりとよく噛むことも大切。ぜひ口寂しい時に活用してみてくださいね。

味の種類も多い

0カロリーゼリーは味の種類が豊富なのも嬉しいポイント。リンゴやオレンジなどお好みのフレーバーを選んでみてはいかがですか。いろいろなフレーバーを揃えておけば、飽きずに楽しむことができます。ぜひ美味しい0カロリーゼリーを口寂しい時に楽しんでみてくださいね。

ヨーグルトを口寂しい時のおやつに役立てよう

無脂肪のプレーンヨーグルトがおすすめ

プレーンヨーグルトも口寂しい時にぴったりのおやつ。乳酸菌やたんぱく質などが豊富なヨーグルトは健康的なおやつとして役に立つのではないでしょうか。ダイエット中はカロリーを抑えるために無脂肪タイプを選ぶのがおすすめです。また、不要なカロリーを摂取しないために砂糖が添加されていないプレーンヨーグルトを選びましょう。

ドライフルーツをトッピングしても美味しい

甘みが欲しいな、という場合はトッピングを工夫してみましょう。ドライフルーツを細かくしてトッピングすれば自然な甘みを感じられるヨーグルトになります。ドライフルーツだけでなくナッツも混ぜると良いかもしれないですね。甘味料を使いたい場合は、ノンカロリーシュガーを使ってみてはいかがですか。また、栄養豊富なはちみつも甘み付けにはおすすめです。

Thumb太らない間食の仕方!ダイエット中におすすめのコンビニお菓子・おやつ・食べ物

ゆで卵を口寂しい時に食べて対策してみよう

タンパク質やビタミンが豊富なゆで卵

ゆで卵は食べ応えがあり、満足感も得られやすいので口寂しい時に役立ちます。卵料理にはいろいろな種類がありますが、ゆで卵ならすぐに作れますし余計な調味料を使わなくても美味しく食べられるのでちょっとしたおやつにぴったり。ビタミンやたんぱく質といった栄養も豊富に含まれているため、健康的なおやつとして満喫することができます。

そのまま食べるのがおすすめ

ゆで卵を食べる時は何もつけないのがおすすめ。マヨネーズなどの高カロリーな調味料を使うとカロリーが上がってしまうため気をつけましょう。また、半熟よりも固茹での方が噛みごたえがあるのでお腹を満たしたい時は固茹でにしてみてはいかがですか。

温かい豆乳で口寂しいのを紛らわすのもおすすめの対策方法

栄養も豊富な豆乳は口寂しい時の対策に最適

簡単に口寂しい状態を解消したい場合に役立つのが豆乳です。大豆イソフラボンやサポニンといった栄養が豊富な豆乳は、健康的な体作りに最適。美容効果やダイエット効果などいろいろな働きを期待することができます。ゆっくりと味わいながら飲んでいけば満腹感も得られるので、固形物だけでなくこうした飲み物も活用してみてくださいね。

温めることで腸の働きを活性化

豆乳を飲む時は人肌程度に温めるのがおすすめです。冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むことによって、腸を温めるのがポイント。腸が温まることで働きが活性化され、便秘の解消につなげることができます。豆乳だけでと物足りない、という場合は少量のはちみつを混ぜて甘みを添加するのもおすすめ。ココアパウダーやきな粉といった栄養豊富な食材を加えても美味しく飲めます。

Thumb太らないおやつってあるの?手作りレシピ&コンビニで買えるおすすめお菓子

口寂しい時に避けておきたいおやつは?

高カロリーなスナック菓子

おすすめしたいおやつがある一方で、避けておきたいおやつもあるのでチェックしておきましょう。まず避けておきたいのがスナック菓子。高カロリーで脂質も多いスナック菓子は食べ過ぎることで体重増加の原因になるだけでなく肌荒れの原因になってしまうこともあります。また、軽い口当たりなので満足感を得られず食べ過ぎてしまうのも問題です。

洋菓子や和菓子も避けよう

糖質がたくさん含まれている洋菓子や和菓子といったおやつも避けておいた方が無難。一気にカロリーオーバーになってしまいます。また、アイスクリームなどもカロリーが高めなので避けておいが方が良いでしょう。

口寂しい時は基本的に少量のヘルシーなおやつを食べることで紛らわせることができるので、食べるおやつの種類をしっかり工夫してカロリーオーバーにならないようにしてくださいね。カロリーが低くても満足感のあるおやつはたくさんあります。

太らないおすすめのおやつで口寂しい時の対策をしよう

太らないおやつを準備しておけば、口寂しい時のストレスを軽減することができます。よく噛んで食べるなどの食べ方も工夫すると効果的。ヘルシーなおやつで口寂しいのを紛らわしてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧