市販のヘアカラー暗めでおすすめなのはコレ!セルフで簡単なやり方は?

家で簡単に暗め髪に染めることができる市販のヘアカラー剤はお金がない方や簡単にセルフカラーを行いたい方に便利ですよね。そこで市販の暗めヘアカラー剤でおすすめのものやセルフでも簡単に染められる塗り方について紹介していきます。暗め髪でおしゃれ女子を目指しましょう。

市販のヘアカラー暗めでおすすめなのはコレ!セルフで簡単なやり方は?

目次

  1. 暗めのヘアカラーが大人可愛いと人気!
  2. 市販のヘアカラーを使って簡単にセルフで染める方法
  3. ズボラな方には簡単に染められるタイプのヘアカラーがおすすめ
  4. 市販のおすすめ暗めヘアカラーを紹介
  5. 人気の暗めカラー「ミルクジャムヘアカラー・生チョコガナッシュ」
  6. 高発色のヘアカラー「ビューティーン・メイクアップカラー」
  7. 暗めカラー豊富のヘアカラー「リーゼプリティア泡カラー」
  8. 立体感のある綺麗なカラーに「ロレアルパリ・フェリア3Dカラー」
  9. ダメージ補修ができる「エブリカラートリートメント」
  10. 暗めの市販ヘアカラーでナチュラルスタイルを楽しむ

暗めのヘアカラーが大人可愛いと人気!

大人っぽく見えてどんな服装にも合わせやすい暗めのヘアカラーが最近では人気を集めています。暗めのヘアカラーだと、色落ちや髪が伸びてきた時のプリンも目立ちにくいのでおすすめです。またセルフでヘアカラーをしても失敗しにくいので市販でヘアカラーを行う方も多いです。時間やお金がない方一度自分でセルフカラーをしてみるのもおすすめです。

市販のヘアカラーを使って簡単にセルフで染める方法

市販ヘアカラーは、家で簡単にヘアカラーチェンジをすることができる便利なアイテムになっています。そこで市販のヘアカラーを使った簡単な染め方について紹介をしていきます。初めて市販ヘアカラーを使って染める方も是非参考にしてみてくださいね。髪の毛の長さに合わせて市販ヘアカラーの個数を買い分けましょう。泡タイプは長めでも少量で済むのでおすすめです。

暗めの市販ヘアカラーをする時に準備するアイテム

市販のヘアカラーの中には、液やトリートメント、手袋などが揃っていますが汚れてもよい服や塗り終えたあとに髪を包むラップ、タオル、床に敷く新聞紙などを用意しておくと便利です。また泡タイプじゃない場合はコームタイプのヘアブラシを持っておくと綺麗に全体にヘアカラーが染まるのでおすすめです。ダークカラーは色がつきやすいので液飛びに注意しましょう。

1:ヘアカラーの箱を開けて液を作る

市販のヘアカラーを開けると説明書が入っているので、説明書に沿って液を合わせていきます。泡タイプのものはポンプタイプのものに入れていきますが、液はフタをしめて振ってからコームがついているヘッドに付け替えることができます。液を作ったらすぐに塗り始めないと効果が薄くなるので早めにヘアカラーを始めましょう。

2:髪の毛をブロッキングしてヘアカラーを塗りやすくする

泡タイプの場合はブロッキングをしなくてもよいですが、液状タイプのものはブロッキングをして塗りやすい状態に準備しておきましょう。ハーフアップをするように上下、左右と順番に分けていくとムラなく塗り進めることができます。ヘアクリップは汚れてもよいものを用意しましょう。耳の後ろや生え際など忘れがちなところも意識しておきましょう。

3:素早く暗めの市販ヘアカラーを塗っていく

ブロッキングをしたら説明書に沿ってヘアカラーを塗っていくだけです。暗めのカラーは少しムラが出てもわかりにくいです。明るい髪からダークヘアカラーを行う場合は明るめの部分からヘアカラーを乗せて染めていきましょう。また根元は色が入りやすいので時間を調節しながらヘアカラーを塗っていくのがおすすめです。

4:ヘアカラーを塗り終えたら指定の時間を待って洗い流す

ヘアカラーを髪全体に塗り終えたら20分前後、説明書の通りに時間を置いて流すだけです。塗り終えて髪をまとめたらサランラップを巻きつけることで髪が温まって浸透しやすくなるのでおすすめです。あまり寒い場所だとヘアカラーが浸透しにくいので温度にも注意しましょう。髪の太い方は通常より少し長めに時間を置いておくと綺麗に染まります。

ズボラな方には簡単に染められるタイプのヘアカラーがおすすめ

ブロッキングをして1本1本塗りこんでいく液タイプの市販のセルフカラーの塗り方を紹介しましたが初心者の方や過去にセルフカラーに失敗してトラウマがある方、ズボラな方などにおすすめの市販ヘアカラーがあります。タイプとおすすめのポイントを紹介していくので市販のヘアカラーを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

泡タイプは特に簡単に暗めのヘアカラーができるのでおすすめ

泡で出てくる市販のヘアカラーは、ブロッキングもせずに直接髪の毛につけていき揉み込んでいくだけで髪の毛全体を泡で染めることができるおすすめのヘアカラーになっています。ただし泡カラーは他のヘアカラーにはない「界面活性剤」を含んでいるので、染めたあとのヘアケアをしっかり行う必要があります。アフタートリートメントがついているタイプもあるのでおすすめです。

トリートメントタイプは徐々にヘアカラーができる

ブリーチを済ませた髪の毛や、少し明るめに染めた髪の毛にはトリートメントタイプのヘアカラーがおすすめです。毎日トリートメントをすることで徐々に綺麗な暗めカラーに染まっていくので、髪にダメージを与えずにヘアカラーを行いたい方におすすめのトリートメントカラーになります。ただし黒髪の方や黒染めをしている方は染まりにくいので市販のカラーをおすすめします。

市販のおすすめ暗めヘアカラーを紹介

簡単にセルフカラーを行うことができる市販のヘアカラーの中で染まりやすかったり、傷みにくかったりと人気のおすすめ市販ヘアカラーを紹介していきます。暗めのカラーの中でも見ているだけで気分が上がる綺麗なダークカラーに染まるものばかりをまとめているので市販のヘアカラーをセルフで行う時は是非参考にしてみてくださいね。

人気の暗めカラー「ミルクジャムヘアカラー・生チョコガナッシュ」

ドラッグストアでも買える「ルシードエル」から販売されている市販ヘアカラーです。名前の通りジャムタイプのヘアカラーになっていて、液だれがしにくく簡単に髪の毛を染めることができるのでセルフカラーが苦手な方にもおすすめの市販ヘアカラーになります。明るめの髪もしっかり綺麗な暗めダークカラーに染まるのでおすすめです。

ヘアケア成分が含まれている市販ヘアカラー

市販ヘアカラーをした時に痛みがちな髪の毛をケアしてくれる「コラーゲン」「パールエキス」「シルクエッセンス」などのヘアケア成分が含まれているのでサラサラな髪に仕上がります。「生チョコガナッシュ」は赤みの少ない綺麗な暗めのダークカラーになっているので人気が高い市販のヘアカラーです。ブロッキングがいらず簡単セルフカラーができるところも魅力です。

アッシュよりの可愛い市販暗めカラー「クラシックミルクティ」

くすみのあるブラウンをプラスしたミルクティーのヘアカラーです。暗めの髪の毛にもしっかりくすませることができるので人気が高い市販のヘアカラーになります。明るめの髪を染める場合は、一度カラーのトーンを落としてから染めるとより暗めになります。ツヤ感のある暗めアッシュにしたい方にはおすすめです。

高発色のヘアカラー「ビューティーン・メイクアップカラー」

元の髪が暗めでもしっかりカラーを入れることができる人気の市販ヘアカラーになります。他の市販ヘアカラーとは違う、オリーブっぽいカラーやカシスカラー、ネイビーカラーなど深みのあるトレンドカラーが入っているのでおしゃれな暗めカラーに染めることができるのでおすすめです。季節で新しいカラーが販売されるのも人気が高いです。

暗めカラー豊富のヘアカラー「リーゼプリティア泡カラー」

他の市販の泡カラーと比べても泡の密度が高く髪の根元にピタッとフィットしてくれるのでセルフで塗っても塗り残しをおこさず綺麗に暗めカラーを染めることができるおすすめ市販ヘアカラーです。また泡カラーの量もかなり多いのでロングヘアの方も1箱で髪全体を染めることができます。アフターカラーヘアパックで染めた後のヘアケアもしやすいです。

市販人気の秘密はカラーバリエーションの多さ

カラーバリエーションがとにかく多く、暗めのナチュラルブラウンだけでも6種類あります。少し赤みを足したい方は「ナチュラルモカ」ピンク系を加えたい方は「エレガンスピーチ」がおすすめです。もともと暗めの髪を染める場合は「キャンディベージュ」や「マシュマロブラウン」などが人気です。簡単に染めることができるので初心者にもおすすめの市販ヘアカラーです。

立体感のある綺麗なカラーに「ロレアルパリ・フェリア3Dカラー」

独自のカラーリング技術が含まれている市販のヘアカラーで、セルフとは思えない立体感のあるヘアカラーを作ることができるおすすめの市販ヘアカラーです。髪を染めたあとのケアもしっかり行える「アフターカラートリートメント」がついているので髪の毛の傷みを防ぐことができます。ツヤ感、うるおい感を出しながらサロンに行ったような綺麗な髪に仕上がります。

おすすめの暗めヘアカラーは4色

おすすめの暗めカラーは何色かあり、レッド系のカラーが入っている「アールグレイ」「サクラ」くすみ系とイエロー系を綺麗に混ぜた「マロングラッセ」マットで赤みのない「クラッシーブラウン」がおすすめです。自分の元のヘアカラーに合わせてヘアカラーを選ぶようにしましょう。季節に合わせて好きな差し色を選ぶのがおすすめです。

ダメージ補修ができる「エブリカラートリートメント」

トリートメントタイプのヘアカラーで、徐々に髪の毛を染めることができるヘアカラーです。カラーバリエーションが多く、ベージュやグレー、グリーンなどほんのりカラーを入れられる暗めヘアカラーを楽しむことができます。髪に塗り込んだら5分放置して洗い流すだけの簡単セルフカラーが行えます。

暗めの市販ヘアカラーでナチュラルスタイルを楽しむ

ただブラックカラーの色ではなく、少しくすんだダークカラーや赤みがかったダークカラーなど暗めのヘアカラーでもいくつか種類があります。光の当たる角度によって色が少し変わるところが魅力的です。暗めの市販カラーでセルフカラーをしたら、ナチュラルなヘアスタイルに仕上がります。最近ではダークカラーが流行っているので大人可愛いメイクやコーデにもぴったりです。

市販の暗めヘアカラーに関連する記事はこちら

Thumbヘアカラー剤のおすすめ10選!髪の痛みを抑え簡単キレイに染まるのは?
Thumb【インナーカラー】セルフのやり方・ブロッキング方法【黒髪・ボブ・ヘアカラー】
Thumb茶色の髪色ヘアカタログ!暗めのブラウンヘアカラーが人気!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧