面長さんのメイク術!小顔に見えるカバー方法やテクニックとは?

小顔に憧れる女性なら気にしてしまうのが顔の形。なんだか少し面長かも...と気にしている方へおすすめしたいメイクテクニックをまとめました。面長をカバーするポイントを押さえて、いつもより小顔へ見せる具体的なメイク方法をご紹介します。

面長さんのメイク術!小顔に見えるカバー方法やテクニックとは?

目次

  1. 面長さんが小顔は無理...と諦める前に
  2. 小顔に見せるメイク方法
  3. 【眉毛】小顔に見せるための眉毛は太く長めに
  4. 【アイメイク】面長さんは絶対するべき!下瞼メイク
  5. 【チーク】面長さん必須メイク“横長チーク”
  6. 【シェーディング】生え際と顎に入れることで面長解消に
  7. 【ハイライト】シェーディングとの合わせ技で小顔に見せるメイクテクニック
  8. 【リップ】肌馴染みの良いカラーがおすすめ
  9. 面長さんが避けたほうがいいNGメイク例
  10. クールな印象の面長さんを小顔に見せることでより女性らしく

面長さんが小顔は無理...と諦める前に

もしかしたら面長かも、もう少し小顔だったら...と鏡を見るたびに思ってしまう人も多いはず。実はメイクテクニックでカバー出来る部分がたくさんあります。全体的なバランスを少しずつ調節することで、必ずいつもより小顔に見えると思わせるテクニックをご紹介します。

小顔に見せるメイク方法

面長さんが気になるのは縦のラインが長く感じること。そのため“顔が長いのでは?”と不安になることも多いはず。でも実は大きな差はあまりありません!顔の印象はバランスによって決まります。

面長さんのメイク方法で大切なポイントは、まずは眉の位置を決め、アイメイクで目の印象を強めます。アイライナーは長めにし、まつ毛も上げすぎないのがポイント。ハイライトを入れたら、チークとシェーディングでしっかり引き締めていきましょう。手順は多く感じますが、仕上がりの差は歴然です。それでは部分的に説明していきます。

【眉毛】小顔に見せるための眉毛は太く長めに

顔の額縁と呼ばれるほど大切な眉毛!面長さんにおすすめは?

アイブロウのポイントは、太めにやや長くかくことです。眉毛の位置が上にあるほど、顔の重心も分散して見えるため、必ず眉下を書き足します。細い眉毛で眉山を高くかくことは避けたほうが無難です。出来るだけ平行になるように心がけましょう。

ふんわり太めの平行眉が、面長さんに一番似合う眉毛です。太さが気になる人は明るめのアイブロウパウダーを使ったり、眉マスカラを試してみて下さい。一気に垢抜けた印象に変わります。

眉下に輪郭をとることがとても大事なポイントです。毛量が少ない人はペンシルで書くと自然な眉毛になります。目と眉毛の間を狭くするように、きちんと輪郭をとっていきましょう。長さもきちんと出すことで、余白が削られて小顔効果に繋がります。近くで見るだけではなく、鏡を離して遠くからバランスを見ながら進めていくのがおすすめです。

眉下に入れるハイライトも大切です。のっぺりとした面を作ることは面長さんにとってマイナスイメージ。柔らかなハイライトの光を入れることで、アイメイクも際立ちます。

【アイメイク】面長さんは絶対するべき!下瞼メイク

目の位置を印象づけるアイメイクは面長さんにとても重要!

頬の分量が気になる面長さんにとって、下瞼をどうメイクするかで印象が変わってきます。一番効果的なのは“涙袋”を作ること。自然な仕上がりの涙袋メイクは面長さんの強い味方です。

パール感のアイシャドウをぷっくりさせたい部分にぼかし、その下は影になるようにアイブロウペンシルでラインを入れ、シャドウでぼかす方法です。影を入れる時にはニコッと笑って位置を確認することをお忘れなく!

頬の下の長さは涙袋メイクでかなり変化させることが出来ます。それだけではなく、目を大きく見せてくれるのも嬉しいポイント。影を入れても自然な涙袋の作り方は面長さん必見のメイクテクニックです。

影を入れることに抵抗がある方は、パールのシャドウをのせるだけでもかなり凹凸感が生まれますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。自然な涙袋メイクにするためには、ラメ感が強いアイシャドウは避けて、パールの透明感をプラスすることをおすすめします。

アイラインも外せないポイントです。縦長の印象がある面長さんが似合うアイラインは、目の形に沿って少し下がり気味、そして長めに引くこと。目の幅を広げて見せることで、横のラインを与えます。そうすると不思議と頬下の余白も狭くなったように感じるから不思議。長めの引いたアイラインだけが目立つのを避けるために、アイシャドウでぼかすことも大切です。

ここで注意したいのはまつ毛。くるんと上向きカールだと頬の長さが強調されてしまいます。根元からカールするのではなく、ナチュラルなカールにしましょう。マスカラも根元から塗らずに、目尻を重点的に横に伸ばすように塗ります。面長さんに似合う色っぽい印象のまつ毛になります。

【チーク】面長さん必須メイク“横長チーク”

チークなしでは終われない!重要アイテム

面長さんが一番気にしているのが頬の縦長ライン。チークを横長に入れることで小顔に見せる方法があります。チークは面長さんにとって必須メイクアイテム間違い無しです。入れることで目の下から頬の長さを必ずカバー出来るで、何よりも大事なメイクプロセスです。

面長さんは横長に入れて、縦の長さを緩和しましょう。一番避けたいのは、頬骨に沿って斜めに入れる方法。シャープに見えますが、面長さんはもともとシャープな印象があるので横長に入れることが大切です。

丸く大きくぼかすチークは、頬の面積が大きく見えてしまうこともあるため注意が必要です。また目の下のチークも、頬が長く見えるおそれがあるため、面長さんは避けたほうがいいメイク方法です。一度横長に入れてみると、それ以外ありえない!と思えるほど小顔に見せてくれるメイクテクニックなので、ぜひお試しください。

【シェーディング】生え際と顎に入れることで面長解消に

気になる顔の長さを一気に解消!

顎に軽く入れるだけで、顔の長さがかなりカバー出来ます。前からだけではなく、左右の横からもチェックしてナチュラルなシェーディングになるようにしましょう。入れ過ぎには注意が必要です。動画で解説されているのでわかりやすいですね!

普段やらない人にとってシェーディングは難しいイメージがありますが、こうやって見てみると簡単に馴染ませていることがわかります。ふわっと一手間かけるだけで印象がかわるのがシェーディングです。動画を参考にして自分でもやってみてはいかがでしょうか?

【ハイライト】シェーディングとの合わせ技で小顔に見せるメイクテクニック

ハイライトを入れるだけでプロにメイクしてもらったかのような仕上がりに

ハイライトを入れる目的は、顔を立体的に見せるためです。立体的にというと“顔を大きく見せたくない…”思ってしまう人もいるかもしれませんが、顔の一部分に光が集まることで引き締まっている部分がより際立つことになります。面長さんにとってハイライトを入れることが効果的なのはそのためです。ハイライトで光を集め、チークで血色を足し、シェーディングで引き締めましょう。

小顔に見せるためにはハイライトで立体感を出すのが小顔メイクの方法です。目の下瞼から指一本ほどの場所、頬の上あたりのハイライトがポイント。鼻筋を長く入れすぎてしまうと縦のラインが強調されてしまうので、鼻骨あたりに軽く入れる程度にしましょう。

シェーディングだけではなく、ハイライトとチーク全ての力を合わせることによって、縦のラインを緩和し、女性らしい印象に仕上げていきます。シェーディングとハイライトが一緒になったメイクパレットも使いやすくてとても便利です。

手軽に使いやすいハイライトスティックもおすすめです。眉下、鼻骨の上、目頭など細かい部分にも対応できるテクニックいらずの優れもの。顎先にハイライトを入れるのは逆効果になってしまうので、必ずシェーディングにするようにしましょう。

【リップ】肌馴染みの良いカラーがおすすめ

ナチュラルにすることで唇の位置を目立たせないのがポイント

唇の位置も出来れば上に調節したい面長さんのリップメイク。出来ればベージュやコーラルピンクなど、肌から浮かない色を選びましょう。鼻下から上唇までの長さが気になる人は、ややオーバーリップのみにラインを引くのがおすすめです。唇の上にハイライトをほんのり忍ばせるのもテクニックの一つです。

落ち着いたブラウンも面長さんにおすすめカラーです。唇を目立たせるより、ナチュラルできれいな色をのせることが小顔効果につながるテクニックです。どうしても濃い色を使いたい時は、指に一度とってからポンポンとなじませるようにすると自然な色づきになります。

面長さんが避けたほうがいいNGメイク例

面長さんを強調させてしまうようなメイクも知っておこう

睫毛をぱっちりとカールさせるメイクは、面長さんが避けたほうが無難です。上へ強調してしまうため、目の下から頬までの距離が強調されてしまいます。睫毛の影を演出することで面長さんならではの大人っぽい色気を演出することが出来るでしょう。

はっきりとした発色や濃い色のアイシャドウも、メイクの主役にしないほうが吉と出る可能性があります。遠くから見た時に、目の位置が上に上がってしまうので、使う時は薄く伸ばすことをおすすめします。その時は下瞼にも必ずアイシャドウを入れるのを忘れずに!目の面積全体を大きく見せて、横幅を広げるメイクを心がけるのがポイントです。

クールな印象の面長さんを小顔に見せることでより女性らしく

大人っぽいイメージに見えるので、実は憧れられることも多い面長さん。面長だから…と気にする前に、メイクのテクニックで小顔に見せて、よりスッキリとしたイメージを作っていってみてはいかがでしょうか。いつのまにかコンプレックスがチャームポイントに変わっているかもしれません。まずは自分に似合うメイク法を見つけましょう。

メイクに関する記事はこちら

Thumbかっこいいメイクの仕方を伝授!大人クールでセクシーな目元の作り方は?
Thumbパーソナルカラー診断が秋タイプの女性必見!似合う色やメイク・コスメ特集
Thumb涙袋がない人の理由は?自力での作り方・可愛い美人メイクを紹介
Thumb美人眉でモテ顔になろう!書き方・整え方や理想のメイクのコツとは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧